ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

08 2011

月刊スーパーマン

110707_225540_convert_20110707225913.jpg
「空を見ろ!」「鳥だ!」「ジェット機だわ!」
「アッ スーパーマンだ!」

◆スーパーマンのテーマ

◆アリやペレも最高だけど何ていっても世界一は“スーパーマン”だ
月刊スーパーマンは映画スーパーマン第1作の公開に合わせてマーベリック出版から刊行された月刊誌です。
全部で24号発行されたようですが僕が持っているのは1~3、5~14、16~20、22号(手元に残ってた分と古本屋で入手した分)までです。
スーパーマンの邦訳はもちろん、ワンダーウーマンやスーパーガールなどの邦訳もなされておりなかなか貴重な邦訳コミックではないでしょうか。
とはいえ中古の相場は1冊500~600円程度なので探せば割と入手しやすいほうの本だと思います(定価以上の価格ですけど)

翻訳は小野耕世倉健人(『くら けんと』・・・?)などの様々な方が担当されているのですが、そのどれもが非常に崩した文章というか、かなり緩いものとなっています。

クラークとブルース_convert_20110707232435
ブルースの喋りが・・・

クリプと_convert_20110707232445
調子こいてるクリプト

びっクリプトン!_convert_20110708023007
「びっクリプトン!」

クリプトン星人の間で流行っていたのかスーパーガールも言います。
※8月号の「コム博士のアメ★コム質問箱特集」によると、原書でも驚いたときに「Great Krypton!」と言っているようです。
驚きを表すときに使われる「Great Scott!」とか「Great God!」のスーパーマン版の表現だそうです。
翻訳スタッフは上手い事訳しおる。


がきデカ_convert_20110708030219
がきデカ

和田アキ子て_convert_20110707232715
ジャッキー佐藤に和田アキ子て

アッコはこの時代からこんな感じにいじられてたんですね。
ていうか原書読んで無くてもこの時点でけっこう遊んだ翻訳がされてることが分かります。
ていうかもう訳してないレベルですね。

調べてみるとどうも『原書の文章を相当削っている』とのことらしいです。
噴出しに埋まるように翻訳した結果でもあるんでしょうか。

スーパー倒産_convert_20110708005321

ジョナサン・ケントがスーパーパワーを手にする『スーパーとうさん』なるエピソードがあったりして、元から軽くカオスだったりする話はこのノリの邦訳のほうが合ってる気がします。

個人的にはゴームズやスパイダーマンフレンズを見ているような感覚にもなれるので結構好きな感じの邦訳です。
さすがに今のアメコミでこんな邦訳されたらたまらないですけど(笑)
キャラ解説やバックボーンの解説があったりしてその辺は親切です。

漫画以外にもナゾラー(リドラー)のパズルコーナーや貴重な話が書かれているコラム、
日本の有名漫画家などが書くエッセイなどバラエティに富んでいます。

黄金バット_convert_20110708003411
今、一部で話題の黄金バットの作者、
永松健夫がスーパーマンの漫画を書いていたというコラム
(クリックで拡大)

【参考写真】
(※WEB魚拓。りへい書房という通販サイトに出品されていたモノです)

水木しげる先生がスーパーマン、プラスチックマンの漫画を書いていたという話とかはネットで見たことがあるんですが結構国内でアメコミ作品が描かれる事って多かったんですかね。

書き下ろし_convert_20110708003457

第1号で手塚治虫先生は「私とスーパーマン」というコーナーでアメコミを語りました。
その後創刊一周年記念の13号で小野耕世と手塚治虫の対談が行われました。
(※手塚治虫対談集第3巻にも収録されています)
上記のイラストはこの13号のために書き下ろされたものです。
他にも松本零士先生が文章をかかれていたり永井豪先生が同コーナーでスーパーマンのイラストを書き下ろしていたりなかなか珍しい絵が見られるコーナーでもあります。
個人的にはこの手塚治虫先生のイラストと7号のモンキー・パンチのイラストがお気に入り。

原てつお_convert_20110708010813

読者コーナーの盛り上がり様も見ていて楽しいです。
質問コーナーやお便りコーナー、投稿イラストなど現在の少年漫画雑誌の投稿コーナーのようなテンションです。
てかしれっと原哲夫先生の名前があるんですけど。
出身地と同じ埼玉県からの投稿だしデビュー前の1979年という時期から見てやっぱり本人なんですかね?

広告_convert_20110708011412

広告もスーパーマン仕様というこの懲り様。
でも残念ながら最初の頃だけでした。
英語かと思ったら単にローマ字なだけなセリフがシュール。
スーパーマンは何を上手い事言おうとしているのか。

◆感想
今となってはなかなかクラシックストーリーが翻訳されないので、当時のコミックが読めるこの雑誌はなかなか読んでいて楽しいです。

とはいえ同時期掲載にこだわってきた所為なのか、作品の質にはかなりばらつきがある感じはあるのですが…
(市川裕文氏の同人誌によると、これが読者離れを起こして休刊となった原因らしいです)

ストーリー性がかなり強くなり、美麗なアートが楽しめる現在のアメコミももちろん好きですが、こういう軽めの内容の短編作品も魅力的。
『Showcase Presents』(ゴールデンエイジからシルバーエイジを中心に収録している単行本)とか邦訳されないかなぁ。

カオス表紙_convert_20110708012641

◆月刊スーパーマン収録作品メモ(未完成)
月刊スーパーマンに収録されている作品をリスト化しました。
どの号に何の話が入ってるかを確認するため個人的なメモ記事です。

【第1号】

スーパーマン1_convert_20111120084210

1952年06月:Superman #76
1971年01月:Superman #233
1973年   :Amazing World of Superman
1974年07月:Superman Family #165
1977年04月:Superman Family #182

【第2号】

スパガ_convert_20111120085844

1960年05月:Adventure Comics #272
1971年03月:Action Comics #398
1974年05月:Superman Family #164
1974年09月:Superman Family #166
1977年04月:Superman Family #182

【第3号】

気持ちいー!_convert_20111120091521

1954年03月:Superman #88
1973年02月:Superman #261
1975年01月:Superman Family #168
1977年04月:Wonder Woman #230
1977年04月:Superman Family #182

【第4号】

1968年05月:World's Finest #175
1975年07月:Superman Family #171
1976年07月:Wonder Woman #224
1976年07月:Superman #301

【第5号】

仲間割れ_convert_20111120093130

1964年08月:Superman's Girlfriend, Lois Lane #51
1969年02月:Wonder Woman #180
1971年05月:Superman #237
1975年03月:Superman #285
1975年07月:Superman Family #171

【第6号】

ムキムキマン_convert_20111120094548

1957年05月:Adventure Comics #236
1971年07月:Superman #240
1976年05月:Wonder Woman #223
1976年07月:Superman Family #177
1977年01月:Superman #307

【第7号】

ゴミン!_convert_20111120095542

1960年10月:Superman #140
1971年08月:Superman #241
1975年04月:Superman #286
1976年11月:Wonder Woman #226
1977年02月:Superman #308

【第8号】

え?_convert_20111120100705

1971年09月:Superman #242
1977年01月:Wonder Woman #227
1977年03月:Superman #309
1977年06月:Superman Family #183

【第9号】

なにをする!_convert_20111120101751

1972年03月:Superman #249
1973年04月:Wonder Woman #205
1976年02月:Superman #296
1977年06月:Superman Family #183
1977年08月:Superman Family #184

【第10号】

JLA_convert_20111120102621.jpg

1974年07月:Wonder Woman #212
1976年03月:Superman #297
1977年10月:Superman Family #185
1977年12月:Superman Family #186
1978年06月:Action Comics #484

【第11号】

うひょ~_convert_20111120103834

1961年08月:Superman's Girlfriend, Lois Lane #29
1973年09月:Superman #267
1974年09月:Wonder Woman #213
1976年04月:Superman #298
1977年04月:Superman #310
1977年12月:Superman Family #186

【第12号】

・・・・すごい力だ_convert_20111120105021

1963年02月:Action Comics #297
1974年11月:Wonder Woman #214
1976年05月:Superman #299
1977年05月:Superman #311
1978年02月:Superman Family #187

【第13号】

ダイナマイトベイビ~_convert_20111120110111

1967年05月:Action Comics #350
1975年01月:Wonder Woman #215
1976年06月:Superman #300
1977年06月:Superman #312
1978年04月:Superman Family #188

【第14号】

パジャマがつんつるてん

1974年09月:Superman Family #166
1975年03月:Wonder Woman #216
1976年08月:Superman #302
1977年07月:Superman #313
1978年06月:Superman Family #189

【第15号】

1967年02月:Superman #193
1976年11月:Superman #305
1977年05月:World's Finest #244
1977年08月:Superman #314
1978年08月:Superman Family #190

【第16号】

16_convert_20120220020327.jpg

1968年01月:Superman #202
1973年01月:Supergirl #2
1976年12月:Superman #306
1977年09月:Superman #315
1978年05月:World's Finest #250

【第17号】

17_convert_20120220020337.jpg

1968年01月:Superman #202
1974年01月:Supergirl #9
1974年09月:Superman #279
1977年10月:Superman #316
1978年05月:World's Finest #250

【第18号】

良きライバル_convert_20111120111300

1973年10月:Supergirl #7
1975年04月:Superman #286
1977年11月:Superman #317
1978年05月:World's Finest #250

【第19号】

19_convert_20120220020346.jpg

1960年11月:Superman #141
1961年09月:Adventure Comics #288
1970年10月:Superman's Pal, Jimmy Olsen #133
1978年01月:Superman #319
1978年11月:World's Finest #253

【第20号】

20_convert_20120220020355.jpg

1960年11月:Superman #141
1961年12月:Adventure Comics #291
1970年12月:Superman's Pal, Jimmy Olsen #134
1978年02月:Superman #320
1979年01月:World's Finest #254

【第21号】

【第22号】

22_convert_20120220020519.jpg

1954年10月:Action Comics #197
1971年03月:Superman's Pal, Jimmy Olsen #136
1978年04月:Superman #322
1978年10月:Superman Family #191
1979年04月:Superman Family #194

【第23号】

1956年03月:Superman #47
1967年02月:Superman #193
1971年04月:Superman's Pal, Jimmy Olsen #137
1978年05月:Superman #323
1978年12月:Superman Family #192

【第24号】


若干ネタにこそしましたが、本書の翻訳は回りくどい言い回しがことごとくそぎ落とされており、テンポが良くて凄く読みやすいのが魅力。
月刊スーパーマンの自由な翻訳を読んでると、
現在の邦訳アメコミももうちょっとくだけたしゃべりにさせても良いんじゃないかと思う今日この頃です。

ここまでしろとは言いませんけど。
   
関連記事

7 Comments

ピーマン男  

No title

はじめまして、以前からちょくちょく覗かせていただいてます。
ツルゴアさんの記事を読んでハードルのあったアメコミ本を手に取ることが出来ました。
特にBATMANオリジナル・コミック日本語版はここで知らなければ終生手に取ることはなかったかもしれません、ありがとうございます。

今回の記事も非常に興味深いですw
手塚治虫先生はアメコミに影響を受けたと話には聞いていましたが、スーパーマン姿の鉄腕アトムでそれが実感できますね。
スーパーとうさんには腹抱えましたw

2011/07/08 (Fri) 13:10 | EDIT | REPLY |   

michael  

No title

>>ピーマン男
初めましてピーマン男さん。
僕の記事でアメコミに興味を持ったなんて言われたらもう…
嬉しくてしょうがないじゃないですかー!
ホントにブログやっててよかったと感じます。
アメコミを流行らせてゆくゆくは邦訳アメコミの値段を落ち着いたものにするのが今の僕の夢です。

>手塚治虫先生
ぶっちゃけ第1号の手塚先生のエッセイはスーパーマン語りというよりアトム語りの内容って感じだったんですけど13号の対談ではがっつりアメコミを語っています。
何でもジョーカーが好きなキャラなんだとか。

2011/07/08 (Fri) 20:16 | EDIT | REPLY |   

久仁彦  

No title

月刊スーパーマン!いつか手を出したいと思いつつ古本屋めぐるも未だに出会えない代物です。
(探し方が悪いだけか?)
寺沢武一先生やら藤子先生のインタビューやらも収録と聞いておりますがやはり見つけ次第ゲットすべきか。
原哲夫先生はニール・アダムスの影響も強く受けたと聞きましたが当時から哲夫先生だったんだなあ…。

2011/07/09 (Sat) 00:01 | EDIT | REPLY |   

michael  

No title

>>久仁彦さん
古本屋を漁って雑誌ポップコーンを入手したなんて話もある掲示板で聞きましたから古本屋には宝が眠っています。
月刊スーパーマンでなくても何らかの絶版アメコミが見つかるかもしれません。

>寺沢武一先生やら藤子先生
藤子不二雄先生はパーマンとスーパーマンが共演しているイラストを描かれたようです。
収録号の4号は未所持ですが13号にイラストが収録されているのでそれで拝む事ができました。
寺沢武一先生が書かれた号は未所持なんですよね…ああ読んでみたい。

>やはり見つけ次第ゲットすべきか。
いや、その前に僕に一報下さい。
他意は無いですからまず一報下さい。

2011/07/09 (Sat) 14:38 | EDIT | REPLY |   

驚きました  

驚きました

おじゃまします。こんにちは。

さっき、ふと、思い出したんです。そういえば昔「月間スーパーマン」っていうコミックあったよなって。
で、画像検索したらこちらのサイトからの画像にヒット致しまして、
こちらのページを拝見致しておりました。

「びっクリプトン」う〜ん、懐かしいな。手塚先生も描いてたっけ。
読者のイラストかあ、え、あれっどこかで見たような、、
なんと自分の作品でした!
投稿したのを完全に忘れておりました。何年ぶりの再会だろう。
しかも、北斗の拳の原哲夫さんも載っていたとは。。驚きました。

で、この号は何号なのか、もし分かればお聞きしたいです。

2014/12/04 (Thu) 14:45 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>驚きましたさん
>なんと自分の作品でした!
マジですか!どの絵なのか知りたいけど併記されているのがどれも実名だから聞くに聞けない…!

知りたいのは原哲夫先生の絵が載っている号でいいんですかね?
それでしたら第18号ですよ~。

2014/12/04 (Thu) 20:14 | EDIT | REPLY |   

驚きました  

michael様
どうもです。
たしかに実名ですよね、参ったなあ(笑)

まさに「びっクリプトン」です。
たったの2クリックで、拙画と再会です。
何回検索しても約 461,000 件中、一番最初にこちらの、「ビザロ星」の画像が出るんですよねえ。。


当時、雑誌に何度か掲載されて喜んだのは覚えてますが、このイラストは、
見たらすぐ思い出したんですが、35年間完全に忘れておりました。
こちらのブログが無ければ、多分、一生思い出さなかったかもしれないでしょうし、原哲夫さんと同じところに載ってたとか絶対知り得ません。
(よく気付いたものだと感心しております。)
まあ小さな掲載でしょうが、こういう記念的な雑誌に小さく参加しているというのが、ちょっと嬉しいですね。
18号、いつかゲットしたいです。 いやあ懐かしいですね。
ありがとうございました。

しかし中々素晴しいサイトですね。アメコミの記事の深い事!

2014/12/04 (Thu) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment