ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

30 2017

G・ウィロー・ウィルソン&エイドリアン・アルフォナ他/Ms.マーベル:もうフツーじゃないの

もうフツーじゃないの表紙
『最高だわ。厄介もあるけど。こうなったのは何かの宿命よ。
 一人を救った。もうやめる?それとも続ける?
 これを望んでいたんでしょ。
 私はもう、一部なのよ…大きな存在の』

NO NORMAL

『インフィニティ』の戦いのさなかに炸裂した「テリジェン・ボム」は、超人類インヒューマンズの遺伝子を持つ人間を超人に変えた。

ジャージーシティに住む16歳のムスリムの少女、カマラ・カーンもその一人。家族や友人、周囲との関わり方に悩む一方で、二次創作まで手がけるヒーローオタクでもある彼女は、偶然、手に入れたこの力とどう向き合っていくのか?

新世代のヒロインとして注目を集めるMs.マーベルのデビュー作にして、ヒューゴー賞を受賞した傑作がついに登場!


◆収録作品

2014年03月:All-New Marvel NOW! Point One #1.NOW ※「Garden State of Mind」のみ収録。
2014年04月:Ms. Marvel Vol.3 #1
2014年05月:Ms. Marvel Vol.3 #2
2014年06月:Ms. Marvel Vol.3 #3
2014年07月:Ms. Marvel Vol.3 #4
2014年08月:Ms. Marvel Vol.3 #5


◆BORN IN THE U.S.A.
ヴィレッジブックスによる新世代マーベルヒロイン3ヶ月連続刊行がスタート!!
その第一弾として邦訳されたタイトルはマーベル初のムスリム(イスラム教徒)のヒーロー、10代の少女カマラ・カーンが主役の『Ms.マーベル』
(厳密にはカマラ以前にもX-MENで『ダスト』というイスラム教徒のミュータントのヒーローが登場したりしているけども、主役級の扱いでデビューしたヒーローはやはりカマラが初)
カバーアートは邦訳版だけのオリジナル、コヤマシゲト氏による描き下ろしだー!

911の同時多発テロにより起こったアメリカ国内のムスリムに対する偏見や反ムスリム熱は今現在大分落ち着いてきたとはいえやはりまだまだ根が深い問題となっている中、ムスリムという設定のカマラがマーベルの新ヒーローとしてデビューした事は大きく注目を集めたとか。
本作のライター、G・ウィロー・ウィルソンと編集者であるサナ・アマーナトはどちらも女性のムスリムであり、また本作の舞台を全米でもムスリムが多く生活しているジャージーシティに設定しているあたりにも本気度を感じる。

そんな注目作である本作『Ms.マーベル』の第1巻は、アメリカの人気司会者であるスティーヴン・コルベアコナン・オブライエンが話題にしたり、ニューヨーク・タイムスのグラフィック部門ベストセラーリストで第2位を記録したり、ヒューゴー賞の最優秀グラフィックストーリー賞を受賞しただけでなく、2016年の「全米女性誌月間」にて編集者のアマーナトがホワイトハウスに招かれ、本書をオバマ大統領に手渡したというエピソードまであるのだとか。凄すぎるな!

obamaamanatsocial_2.jpg
【Marvel’s Sana Amanat Introduces Barack Obama at White House Event】

そんな大変な話題作である『Ms.マーベル』の内容をそろそろ紹介!

主人公のカマラ・カーンは、さっきも書いたようにニュージャージー州ジャージーシティに住む16歳のムスリムの女子高生。
周りのみんなが普通の生活を送るなか、戒律で保健体育の授業が受けられなかったり、お弁当がパコラ(野菜の天ぷら)だったり、他の人々が祝わないような祝日を祝ったりなど、両親から周囲と違う生活を強いられる事に不満を抱いているイマドキの女の子。

ある日カマラは自宅をこっそり抜け出して友人に誘われたパーティーに顔を出しに行ったその途中、妙な霧に包まれる。
そこでアイアンマンとキャプテン・アメリカ、そして憧れのヒーローであるキャプテン・マーベルにスーパーパワーを与えられる幻覚を見てしまい……ふと気がつくと彼女はキャプテン・マーベルのかつての姿、『Ms.マーベル』そっくりの姿に変身してしまっていた!

変身!カマラ・カーン

Ms.マーベルとなったカマラ・カーンのスーパーパワーは、手や足を伸ばしたり身体の一部を大きくできる『変形能力』、数センチ程度にまで縮んだり数メートルにまで巨大化もできる『縮小・拡大能力』、そして見た目を着ている服まで含めて自在に変えられる『変身能力』の3つ!

突然不思議なスーパーパワーを獲得したことに戸惑いつつも、ヒーローに憧れていた自分がこうした力を手に入れたのは何かの宿命であると捉え、家族にはこの力の事をナイショにして普通の生活を送りつつ、カマラはスーパーヒーロー『Ms.マーベル』として活動することを決意するのだった!

ちなみにカマラがキャプテン・マーベルに憧れを抱いているのは、彼女が初登場となった2013年9月のキャプテン・マーベル第7シリーズ#14でキャロルに異星人クリーから救ってもらった事も関係しているらしい。

キャプテン・マーベル第7シリーズでのカマラ初登場
1コマ目で目を丸くしてる女性がカマラ
この頃はまだ名前も設定されていないカメオ出演であり、
現在と全然デザインが違うのもあって正直カマラと言われてもあまりピンと来ないね……

◆感想
カマラという名前の意味

ヒーローオタクが高じてネット上でスーパーヒーローの二次創作(ファン・フィクション)を発表したり(といってもこの世界にはアイアンマンやキャプテン・アメリカなどが実際に存在しているわけなので二次創作って言い方が正しいのかはよくわからないけど)、戒律に厳しくも娘思いな心優しい両親、信心深いけどニートな兄の4人家族の一人娘だったり、個性豊かな同級生たちとの学生生活が並行して描かれたりと、解説にもあったけどどことなく最初期のスパイダーマンのような話の流れが堪らない。
とはいえカマラのキャラ設定や造形は実にイマドキなコミックのソレ。

それと日本人にはあまり馴染みのないイスラム教の戒律やムスリムの描写が実に丁寧に描かれていて新鮮な面白さがある!!
あと普段の生活に不満を持っているカマラだけど、なんだかんだ両親の教えがヒーロー活動をする上での指針となっているのがとっても良さみを感じる部分でもあるのだ。

……と、記事内で色々ムスリムがどうとか書いてきたけど、個人的にはシンプルに美少女褐色っ子が主役で大活躍するって点だけでもこう……すごいツボに来るものがあって……
極端な話キャラ萌え的な楽しみ方をするのも全然アリだと思う。実際ライターもこの作品はイスラムを代表するものとして書いているわけではないようだしね。
(詳しくは下記のインタビュー記事を)

ストーリーは序盤の序盤で、まだこれから色々展開がありそうな“引き”で終わっているので、2巻以降が刊行されるのかが気になるところ。第3シリーズ完訳は難しいとしてもキリの良いところまでは邦訳されてほしいかな……!

【新「ミズ・マーベル」は、なぜ変身できるイスラム教徒の女子高生なのか?】
「WIRED.jp」上で行われたG・ウィロー・ウィルソンへのインタビュー記事。
このコミックはイスラム教徒である女の子が主人公ではあるが、そこには決してイスラム教徒を代表させようといった意志は全く無い。良質な記事なので必読。


「カマラは決して何かの象徴ではありません。彼女はまさしく、気まぐれでユニークで素晴らしい、彼女自身なのです。宗教の看板娘ではありませんし、小奇麗な箱に入れることはできません。」
関連記事

2 Comments

東豊  

Ms.Marvel

はじめまして。いつも感想楽しく読ませてもらってます&刊行スケジュール表は毎度お世話になってます。

私も本作は非常に面白かったので続き読みたいなぁと。マーベルnowまでなら割とハードル低いのですがいかんせんヴィレッジは色々抱え過ぎてるので個人的に若干難しそうなイメージです(マーベルのメインストーリーに加えてTFやらSWやらクライシスやら)

本作のファンフィクションですが日本的な例えだと恐らく実在の人物を題材にした「ナマモノ」と呼ばれるジャンルになるかと。基本的にスポーツ選手や芸能人を使った作品もあるので、スーパーヒーローが実在する向こうの世界にもあってもおかしくないかと思います。
個人的には「向こうにもやっぱりそういう文化?があるんだなぁ」とちょっと感心しました。
後はエッジ・オブ・スパイダーバースのチームアップ回でのスペマベ推し発言はまさかファンフィクション設定を当人に言ったんじゃないよね?と思いました(笑)

2017/10/01 (Sun) 00:21 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>東豊さん
はじめまして!そうかナマモノかぁー……なんか昔TVでダウンタウンだかオードリーのBL同人が取り上げられていた事を思い出しました。そう考えると結構濃ゆいジャンル……いや作中の描写を見た感じマーベル世界では結構普遍的なジャンルなのかな?(そもそもカマラちゃんは腐ではない)

>スペマベ推し発言
ありましたね~本人を目の前にしてNLカップリングの推しをアピールしちゃうの!
カマラちゃんはカップリングの解釈違いでネット上で激論を繰り広げていたりもするのだろうか。
そういう疑問を解消するためにもやはり2巻以降の刊行は責務だと思いました。

2017/10/01 (Sun) 19:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment