ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

23 2017

マッド・ファット・ワイフ

マッド・ファット・ワイフマッド・ファット・ワイフ
【原題】Norbit 2007年【米】


赤ちゃんのころに親に捨てられ、中国人が経営する孤児院で育ったノービット。彼は誰もが認めるいい奴だが、それゆえに押しの強いおデブなラスプーシアと結婚することに。彼の胸にあるのは、小さいころに両想いでありながら、新しい親に引き取られたために離れ離れになってしまったケイトの存在。そんなケイトが、大人になって町に帰ってきた。しかし、彼女の横には婚約者の姿が。あきらめかけたノービットだったが、その婚約者の悪巧みを知り……

***

エディ・マーフィーが気弱な主人公ノービット、ノービットを支配する鬼嫁ラスプーシア、そしてノービットの義父ウォンの3役を一人で演じたドタバタコメディ映画。そんな演技に力の入った内容でありながら第28回ゴールデンラズベリー賞にて最低主演男優賞、最低助演男優賞、最低助演女優賞を受賞してしまっている悲しい一作。

基本的に本映画はブクブクと太った暴力的な妻ラスプーシアが繰り出すハチャメチャな行動のインパクトで笑わせてくる作風です。ただこのラスプーシアが本気で愛嬌すら感じない不快な性格をしているので、このキャラクターを受け付けられるかどうかで本作を楽しめるかが決まってくる感じがある。
タイトルにもなってるこの妻ラスプーシアはノービットとケイト、二人の恋愛を壊そうとする悪役ポジションなので吹っ切ってこういうキャラ造形にしてるのかもしれないけど。

最初のうちは子供の頃からの付き合いもあって妻であるラスプーシアに純粋に愛情を向けていたノービット。でもこのラスプーシア、段々と身勝手な鬼嫁っぷりが目立つようになり、ついには白昼堂々と不倫までする始末。不倫現場を目撃してショックをウケるノービットに対して悪びれるどころか逆ギレするという悪妻ぶり。
でもノービットの前にかつて両思いだったケイトが現れると嫉妬丸出しで彼の恋路を妨害しまくる。
一応愛情はあるのかそれとも奴隷を失いたくないのか、その辺の描写が弱くてイマイチはっきりしないのもこの映画のなんか足りない部分かも。

「ラジー賞にしては面白い」と聞いて鑑賞したけれども、やっぱ他のエディ・マーフィーのコメディ映画に比べると数段落ちる内容だったかなぁ。
でもラスプーシアがバルーンハウスで大暴れして子供たちをどんどん外に跳ね飛ばしたり、ウォータースライダーを滑った事でロケットのように発射されたりといった巨体をネタにしたシーンの数々にはベタな映像ながら吹いてしまった。

関連記事

0 Comments

Leave a comment