ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

17 2017

ウルフ・オブ・ウォールストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリート予告編ウルフ・オブ・ウォールストリート
【原題】The Wolf of Wall Street 2013年【米】


一攫千金を夢見るジョーダン・ベルフォートは、ウォール街の証券会社に就職する。しかし、トレーダーとしてデビューを飾る日に“ブラック・マンデー”が起こり失業してしまう。その後レストランで出会ったドニーとドラッグのディーラーを雇い株式会社を設立、1ドルにも満たない“ペニー(クズ)株”を巧みな話術で金持ちに売りつける商法で巨額の富を手にする。一気にウォール街のカリスマとなったジョーダンは、稼いだ金を高級車やドラッグ、娼婦につぎこみパーティ三昧の狂乱の日々を続けるが……。

***

20代の若さで悪名高き投資会社に君臨し億万長者となるも、ドラッグ依存症になり証券詐欺で刑務所行きとなった激動の人生を歩んだ実在の人物、ジョーダン・ベルフォートをモデルとした犯罪ドラマ。
もっというと原作はこのジョーダン・ベルフォートが執筆した回顧録『ウォール街狂乱日記―「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』となっています。
本映画はR18指定なだけあって下品なセリフや演出も大量。

そんな映画の主人公ジョーダン・ベルゴートを演じるのはレオナルド・ディカプリオ。僕ぶっちゃけそこまで色々映画を見てるわけじゃあなくて、未だに「ディカプリオの代表作と言えばやっぱタイタニックだよねー」って感じの人間だったのですがこの映画を見て完全にそのイメージが上書きされちゃいました。それだけ本作での熱演、っていうか狂演っぷりが凄まじいし最高すぎた。もう終始行動がメチャクチャ過ぎてて笑う~!!

仲間とともに口の上手さとアイディアで法律違反ギリギリなやり口と巧みなセースルトークを用いて金持ちの客を対象に株を買わせ、大量のカネを得てどんどん会社を急成長させていく。一種のカリスマ的存在にまで上り詰めたジョーダンの下には人が集まり、絶妙に社員を焚き付けては更なる大金を生み出す。そして使い切れないほどの金を持った人間達はモラルに欠けたバカ騒ぎの為にその金を注ぎ込んでいて……ここまでくると狂気に満ちている。

3時間もある長尺の映画で、最後の最後まで金、暴力、セックス、ドラッグ、金、暴力、セックス、ドラッグ……って感じで熱気と乱痴気騒ぎっぷりが続いており、どこまでも下品で低俗なノリなんですがそのストーリーの勢いにどっぷりハマって全くダレずに見れちゃいました。オススメ!!

 
関連記事

2 Comments

No Name  

No title

これ観ましたよ
この熱演でオスカー取れないディカプリオは悲劇、だしアカデミーは節穴
まぁ次作で取ったけどね…

2017/09/05 (Tue) 20:55 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>No Nameさん
賞を取れなくてもこの作品での熱演は確かなものとして僕らの心に残ってるから…!

2017/09/07 (Thu) 02:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment