Menu

スコット・スナイダー&グレッグ・カプロ他/バットマン:ブルーム

バットマンブルーム表紙

「僕は…僕はバット…」
「あの…ここに座っても?」
「は、はい、どうぞ。すみません。ちょっと…」
「一人で考え事を?時々ここに来るのを見かけましたよ」
「ええ…この近くで事故に遭ったもので」
「へぇ、偶然ですね。僕もなんです」


ジム・ゴードンが追い詰められるとき、
ついにコウモリの翼がゴッサムに舞い戻る!

ジョーカーとの決死の戦いのあと、記憶を失ったブルース・ウェインは、かつてない幸福のなかで過ごしていた。美しい女性の傍らで、ゴッサムの愛すべき子供たちを支援する活動に従事していたのだ。
しかし、時折もう一つの人生が脳裏をよぎる。暴力と暗黒に覆われながらも、市民から称えられていた過去の自分の姿が――。今、“バットマン”がブルースを呼ぶ声が聞こえる。果たして彼は、過去の姿を取り戻すのか?愛する女性と築き上げた、完璧な、そして幸福な自分の人生を捨ててまで。


◆関連作品過去記事
【バットマン:梟の法廷】
【バットマン:梟の街】
【バットマン:梟の夜】
【バットマン:喪われた絆】
【ジョーカー:喪われた絆〈上・下〉】
【バットマン:ゼロイヤー 陰謀の街】
【バットマン:ゼロイヤー 暗黒の街】
【バットマン:真夜中の事件簿】
【バットマン:エンドゲーム】
【バットマン:スーパーヘヴィ】

◆収録作品

2014年03月:Detective Comics Vol.2 #27
2016年01月:Batman Vol.2 #46
2016年02月:Batman Vol.2 #47
2016年03月:Batman Vol.2 #48
2016年04月:Batman Vol.2 #49
2016年05月:Batman Vol.2 #50


◆This city is about to die. Happy Tuesday!
記憶を失った事でバットマンとしての使命感もなくなり、一人の人間としての幸せを掴んだブルース・ウェイン。
だが、“バットマン”になれるのはやはりブルース・ウェインただ一人なのだ。
心に迷いが生じ、ジョーカーとの最終決戦の場となった広場のベンチで思い悩むブルース。
そこに、あのジョーカーとの戦いに巻き込まれた被害者だという『見知らぬ白スーツの男』が現れ、ブルースに声をかける……

白スーツの男との会話

『スーパーヘヴィ』編完結となるスナイダーバットマン第9巻『バットマン:ブルーム』。
スナイダーバットマンのストーリーもいよいよ本巻でクライマックスです。

犯罪者に“種”なるスーパーパワーを与える装置をばら撒き、ゴッサムを混乱の渦に叩き込みはじめた謎のヴィラン、ミスター・ブルーム。
新バットマンとなったゴードンは長い調査と戦闘の末、ようやくブルームを捕らえることに成功した……と思われたが、彼の撒いた“種”は想像以上に街に広がっていた……彼は単独で動いていたわけではなく、同じようなマスクをした仲間が複数存在していたのだ。
さらに力を与える“種”を1000個街に隠した事を、ミスター・ブルームはゴッサム市民に触れ回る。

「隣人を愛しているか?いや、憎んでいるだろう?向こうも同じだ。あいづちにお追従……違うだろう?悪態を付け!ののしれ!
そうだ。言ってやれ。罵倒しろ。不法にここに住む連中のおかげで、税金が跳ね上がるんだ。もしお前が不法にここに住む者なら、祖国を台なしにしたうえに、追い出そうとする奴らを毒づけ。
こう言ってみろ! “自分以外、地獄に落ちればいい” どうせこの街はあらかじめ階級で分けられている。枯れゆく花々が肥やしだ。だからこれ以上、人生をムダにするな。はした金で満足するな。巨人の世界に足を踏み入れて、自分の取り分をいただけ!
滅ぶべきものは滅びるに任せろ。代わりにすばらしい何かを育てればいい」


ブルームの演説は、ゴッサムでの人生に不満を持つ市民の心を大きく揺さぶった。
ゴッサムは“種”の力を求める市民らの奪い合いで荒れはじめ、種の力を得た市民が暴れまわる地獄と化した。
街の危機を知り、急いで恋人のジュリーや大切な子どもたちのいる児童館に戻るブルースだったが、子どもの一人がブルームの種の力を使ってしまい……

『ヒーローの復活』というのは元来“熱いもの”だと思うのだけれど、こと本作のバットマンの復活譚は切なさも大きい。

“バットマン”であれば食い止められたはずの悲劇が目の前で起こった事で、ブルース・ウェインはバットマンに戻る事を決意する。
しかし執事のアルフレッドは“バットマン”が死に、「犯罪通りに足を踏み入れなかった」ブルース・ウェイン……自分が待ち望んていた姿となった主の新しい人生を壊させまいと、必死に考え直すよう説得する。

ブルース・ウェインを殺させるわけにはいかない

アルフレッドに感情移入すればするほど辛いシーンなので非常に涙腺に来る……
この画像のアルフレッドの台詞にある“機械”ってのがブルースが『もしもの時』を想定して開発しておいた代物なんだけど、バットマンという存在を永遠のものにするためにここまでの準備をしていたのかと思うと、使命感や正義感の強さ云々というよりはもはや狂気に近いものを感じる。

本書の巻末にはスーパーヘヴィ編よりも結構前に描かれた、バットマン75周年記念号である2014年の『Detective Comics Vol.2 #27』収録のスナイダーによる短編が入っているのだけれどこれがその“装置”を題材にした内容になっており、「こんな早い段階からスーパーヘヴィ編の伏線を張っていたのか」と驚かされます。
さすがにストーリーはパラレル的な扱いだとは思うけども。

◆感想
最高だった……
「もはや信者の意見じゃないか」と言われようとも、スナイダーバットマンはこれまで刊行されてきた邦訳アメコミの中でも頭一つ抜けて面白い作品だと断言できる。
もう……もうほんとすっげえよこのコミック……
アルフレッドとの会話も屈指の名シーンだし、「白スーツの男」との会話も素晴らしすぎるし、若干モリソンみのある演出なバットマン復活の流れも最高だった。

ブルームVSバットマン最後の戦い
スナイダーバットマン最後のヴィランであるブルームは、
生活レベルの格差があまりに大きいゴッサムの市民の不満や悪意の代弁者というのが味わい深い
彼の“種”に手を出した市民の多くはブルームの意見に同調したわけで、
ブルームとの戦いはある意味「ゴッサムシティとの戦い」でもあると思う

スナイダーバットマンは来月発売の『バットマン:エピローグ』がいよいよ最終巻。
スナイダーによるバットマンの一大叙事詩がどのように締めくくられるのか、今から楽しみ。
関連記事
Theme: アメコミ | Genre: サブカル
アメコミ(DC)
トラックバックURL: http://michaelgoraku.blog22.fc2.com/tb.php/1350-6f4fcbf7