Menu

シン・ゴジラ

シンゴジラ予告編シン・ゴジラ
2016年【日】


東京湾・羽田沖—。
突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。
首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を占める中、内閣官房副長官・矢口蘭堂だけが、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。内閣総理大臣補佐官の赤坂秀樹をはじめ、周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。
慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は鎌倉に上陸。普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく。
政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。さらに米国国務省からは、女性エージェントのカヨコ・アン・パタースンが派遣されるなど、未曽有の脅威に対し、日本のみならず世界もその行方を注視し始める。
そして、川崎市街にて、“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。
果たして、人智を遥かに凌駕する完全生物・ゴジラに対し、人間に為す術はあるのか?

『ゴジラ FINAL WARS』から数えて12年ぶりとなる久々の東宝製ゴジラ。監督は『ふしぎの海のナディア』『新世紀エヴァンゲリオン』で有名な庵野秀明。
本作『シン・ゴジラ』のテーマは「現代の日本に突然ゴジラが現れたら一体どうなるのか?」というものであり、ゴジラに対抗するためのスーパーXなどといった空想科学技術は完全に廃され、2016年時点で現実世界の日本が持っている技術で未知の存在・ゴジラに対抗していく様が描かれていく作品となっています。あくまで現実に可能な作戦で未知の脅威に立ち向かっていくというのがミソであり、この映画の最大の見所。

ファミリー向け路線なことが多く、作風も怪獣同士の戦いやら怪奇風味やら実にバラエティ豊かだったのですが、本作は日本国政府がゴジラという大規模災害の問題解決に奔走する群像劇に仕上がっていて、とにかくリアル寄りな作り!
本作のどんどん進化していくゴジラの不気味さと恐怖感は、この現実的な世界観のおかげで膨れ上がっているのは間違いない。
アクション中心というわけではなく、政府関係者の人々の会話シーンにかなりの尺を割いているのだけれど、かと思えば登場人物自体の掘り下げはほぼ行っておらず、話がブレないようあくまで様々な作戦や対処法を立案する描写に留めているのがまた堪らない。普通は退屈になりそうなパートなのに本映画の魅力的な、というかメインともいえるパートと断言できるくらいに面白い。

もう本当に最高だった!!これまでのゴジラシリーズとは一切繋がりを持たない(といっても作中に色々なゴジラネタは仕込まれている)単独で楽しめる映画なので、あまりゴジラに詳しくない自分でも物語に没入できたよ!超オススメ!

【品川君はもっとデキる子だった! 『シン・ゴジラ』未公開シーン】

 
関連記事
Theme: 映画レビュー | Genre: 映画
映画
トラックバックURL: http://michaelgoraku.blog22.fc2.com/tb.php/1345-09f0e8f8