ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

20 2017

白雪姫

白雪姫予告編白雪姫
【原題】Snow White And The Seven Dwarfs 1937年【米】


美しく心優しい白雪姫。その美しさを妬む継母の女王から命を脅かされ、森の奥深くに逃れた白雪姫は、7人のこびとたち―おとぼけ、ねぼすけ、くしゃみ、てれすけ、ごきげん、先生、おこりんぼ―と出会い、一緒に暮らし始めます。
ある日、老婆に姿を変えた女王が訪ねて来て、毒リンゴを口にしてしまった白雪姫。横たわる白雪姫の傍らで悲しむこびとたちの元に王子様が現れて……

***

グリム兄弟による童話『白雪姫』を原作としたディズニーの長編映画の記念すべき第一作であり、かつ世界初の長編カラーアニメーション映画。日本での公開は第二次世界大戦の影響もあって1950年と遅め。
特筆すべきは80年前の作品とは思えぬほどに滑らかに動く上質なアニメーションと映像の美しさ。
現在のアニメと比較しても全く見劣りしないどころか、『ロトスコープ』という実際に俳優の動きをカメラで撮影してそれをトレースして描くという恐ろしく手間の掛かった手法を用いており(といっても全部が全部トレースというわけではなく、キャラクターの動きにリアリティを出すシーンを決めてこの手法を使っていたとのこと)、それ以外にも女王のマントのなびき方、あまりにリアルな水に広がる波紋の動き等など、下手すればこの1937年の作品に技術で勝つ方が大変なのではないかというぐらいに美しい。

挿入歌「私の願い」「ワン・ソング」「歌とほほえみと」「口笛ふいて働こう」「ブラドル・アドル・アム・ダム」「小人達のヨーデル」「いつか王子様が」そして超有名な「ハイ・ホー」とどれも全て耳に残る印象的なものばかり。
「こびとたちの行儀が悪くて下品」という理由で没となったシーンに使われている「ミュージック・イン・ユア・スープ」も大好き。
(映像の中ではちゃんと白雪姫が正しいマナーを教えているし没になったのは勿体無い気もする)


名作ってのは本当に色褪せることなくどの時代でも楽しめるものなのだなぁと改めて思わされる作品でした。超オススメ!!

 
関連記事

0 Comments

Leave a comment