ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

18 2016

ジェームズ・タイノンⅣ&フレディ・E・ウィリアムズⅡ他/バットマン/ミュータント タートルズ

バットマンミュータント・タートルズ表紙

「ジム、何があった?」
「その答えが簡単に済んだ時代もあったはずなんだが…
 君の手袋に、頭痛を悪化させるネタが隠れてないことを祈ってるよ」

「頭痛…そいつは大変だ。オレたちを見ないほうがいいかもな」
「目を閉じろ…引退後の人生設計だ…しゃべる大ガメのいない、温かい土地…」
「ジム、彼らは私の友人だ」
「これが“友人”って生き物か。
 バーバラに何度もすすめられたが、やっぱり私には向いてないようだ」


ゴッサムシティを守るために、ケープをまとい犯罪と戦うバットマンにとって、敵には事欠かなかった。ところが突然、新手が出現する。シュレッダーと悪の忍者軍団が次元を渡って、ゴッサムに襲来したのだ。彼らの目的は元の世界に戻るための科学技術である。もちろん、その過程でゴッサムは征服される……バットマンの宿敵たちの手を借りて。だが、まったく見たこともないヒーローが出現して、闇の騎士は共闘することになる。
バットマンとミュータント タートルズ、そしてスプリンター先生が力を合わせるのだ。果たしてコウモリ、ネズミ、そしてカメたちは、両次元でも極めつけの悪党どもを倒すことができるのか?


◆収録作品

2016年02月:Batman/Teenage Mutant Ninja Turtles #1
2016年03月:Batman/Teenage Mutant Ninja Turtles #2
2016年04月:Batman/Teenage Mutant Ninja Turtles #3
2016年05月:Batman/Teenage Mutant Ninja Turtles #4
2016年06月:Batman/Teenage Mutant Ninja Turtles #5
2016年07月:Batman/Teenage Mutant Ninja Turtles #6


◆ミュータント・タートルズOP集

てぃーえん 入店 にんじぇてーろず×3
みょろぜろ 圧勝 ぬるぽ!
てーろ もーずもず ふぃんすんふぁいねんチーン!(うぇwwうぇwwwへwww)
でーひろ いーなハクション アンダグリーン(ハゲろコラッ!www)
まらいーぼー サラロンタック!
じすテラおっぱいズの 河野スナック!
てぃーえん 入店 にんじぇてーろず×2
プリンとってん とぅーピン捻挫 ティーン(広がるコレっ!www)
りーなど リンドLティラー ダンスましーん(だそーだっちゃwww)
らふぁやレズ食う ばっぶ~~(るーいぶぇぃくwww)
馬鹿ランジェロ is ぱいりんとぅー(ぽれ~~www)
てぃーえん 入店 にんじぇてーろず×3

みょろぜろ 圧勝 ぬるぽ!

◆コウモリ×カメ=最強?
バットマンほどの大御所ベテランヒーローともなると、他会社のキャラクターとの共演も数多い。
マーベルコミックスからはパニッシャースパイダーマンキャプテン・アメリカデアデビル、90年代に日本でもブームとなったイメージコミックスのスポーン、時にはプレデターエイリアンとも戦ったりしたし、ダークホースコミックスのヘルボーイ、イギリスのコミックのジャッジ・ドレッドと共闘することもありました。
アニメ『バットマン:ブレイブ&ボールド』の51話ではスクービー・ドゥーまさかの競演を果たしてたりします。

ブレイブ&ボールド51話
実は昔制作された『Scooby-Doo Meets Batman』というアニメが下敷きになっているエピソード
なんかバットマンが生足を披露しているんだけれども、これは
『元となったアニメで起こった塗りミス』を再現しているという芸コマな演出なのだ

そして2015年12月に新たなクロスオーバー作品が刊行されました。
今回バットマンが競演する作品はなんと『ミュータント・タートルズ』!!またぶっ飛んだ組み合わせだな!!
ベースとなっている世界観はどちらも現在展開中のコミック版。バットマンはニュー52の世界で、タートルズはIDWが現在刊行しているシリーズからの登場。
といっても時系列がいまいちハッキリしない感じになっているので、正史かどうかは気にしないほうが良さげ。
宿敵であるクランゲの策略により、また別の敵であるフット軍団とそれを率いるシュレッダーと共にこの別次元の世界、ゴッサムシティに飛ばされてしまったというのがタートルズ参戦の経緯。
前述した1987年アニメ版ではシュレッダーとクランゲはコミカルなコンビだったけれども、現行シリーズでは互いに敵対している勢力という設定みたい。へー。

で、この世界にやってきたシュレッダーはゴッサムヴィランのペンギンと手を組み、ナビーン・カーンという科学者を人質にして元の世界へ帰るための次元の扉を開き、両方の世界を支配せんと目論みだす。強力な組織を得たと思ったらシュレッダーに良いように使われちゃってるペンギンが実に小物。
その計画を潰すため、バットマンは異次元のヒーローチーム、タートルズのレオナルドラファエロドナテロミケランジェロ、そして彼らの師匠のスプリンターと手を組んでシュレッダーと対峙するのだった!!

世界最強のチームアップだ

まさかの喋るカメ、そして彼らの師匠であるネズミのスプリンターなどタートルズ勢に対するバットマン勢の反応はみな一様に困惑のそれで笑う。
記事トップにもセリフを引用したゴードン本部長なんか頭痛で大変そう。
ただバットマンは初対面時に「カメ…」とちょっぴり動揺して以降はあっさり受け入れてるのがスゴい。
何十年も色々なクロスオーバーをこなしてきただけの事はあるね。

ミュータント・タートルズは結構コミカルなアクション物というイメージがアニメの影響であるんだけど、現行のシリーズはシリアス度が高いのもあってか、このクロスオーバーでもわりと容赦なく人が死んでいくのは驚きだったりします。
タートルズとスプリンターも現行シリーズでは『遠い過去では彼らは親子同士な忍者の家族だったがシュレッダーに殺害され、現代世界でカメとネズミに転生し、謎の液体ミュータジェンによって今の姿に転生した』というハードな設定になっているのだとか。

そしてこのクロスオーバーでは別世界ゴッサムシティに来た影響でミュータジェンの効果が切れつつあり、元の世界に帰れないと死んでしまう(厳密には知性を失いただのカメとネズミに戻ってしまう)という深刻な状況。
そんな大ピンチでありながら、気が急いているラファエロ以外はどこかのんきしているのだった。

大変な状況でも和みを忘れない

ストーリー終盤はバットマンからダミアンが、タートルズからはケイシーが参戦し、ゴッサムヴィランも大集合して騒動がよりパワーアップ!!
コウモリとカメは協力して二つの次元のヴィランをぶっ飛ばし、ミュータジェンの効果が切れる前に事態の解決を図ることが出来るのか!?

◆感想
面白かった!!
ミュータント・タートルズ知識は子供の頃に観たコミカルな1987年版(日本では1993年に地上波放送)ぐらいしかなくて、しかもキャラクターもなんとなく「こんなキャラ居たな~」ぐらいのうろ覚えっぷりな状態だったんたんだけど、それでも十二分に楽しめたよ!

話には聞いていたけれども今のタートルズ、ビジュアルがすげえ格好よくなっていてビックリ。それでいてムードメーカーなミケランジェロを筆頭にみんな行動が10代の少年らしくてコミカルで結構和む。というかミケランジェロはウェイン家の階段でスケボーしたりダミアンのゲーム機を勝手に使って遊んでたりと人ん家ではしゃぎすぎではないか。

ミケランジェロはしゃぎすぎやで
アルフがキレそう

あとバットケイブの設備の充実っぷりにテンションがあがるチームのブレイン、ドナテロとかバットマンとよく衝突する熱い性格のラファエロとか、近接戦闘ではバットマンに勝っているっぽいリーダーのレオナルドとか、全6話の中でしっかり個性が描かれてる。

コレ読んだ影響でちょっとミュータント・タートルズに興味が湧いてきたかも。
今小プロはIDWから2011年に刊行がスタートしたタートルズのシリーズ等の日本語版をバンバン出してるんだよね。
このシリーズはシリアス度が高めで評判も良いのでちょっと気になる。その内読んでみようかな。
【アメコミ版『ミュータント タートルズ』ついに登場!】
【『ミュータント タートルズ』から目が離せない!】
【懐かしの90年代アニメ『ミュータント タートルズ』のコミック版を邦訳化!】

ちなみに向こうではバットマンとタートルズのクロスオーバー第2弾が発表されており、今度はそれぞれのアニメ版の世界観をベースとした内容が展開されていくのだとか。
【Batman/Teenage Mutant Ninja Turtles Adventures | DC Database | Fandom powered by Wikia】

こっちも完結したら日本語版刊行されてほしいね……

ケビン・イーストマン画
巻末には大量のバリアント含めたカバーアート集を収録
ミュータント・タートルズを生み出したケビン・イーストマンによるアートもあるよ!

関連記事

2 Comments

久仁彦  

タートルズはほとんど知りませんでしたが、エントリに影響されて読んでみたら当たりでした。
基本ムッツリキャラのクセに誤解が解けたらむちゃくちゃ協力的になるバットマン萌え。
この人他社の共演キャラにはむしろ馴染みのDCキャラより優しいのでは…。

スプリンター先生がバットマン顔負けの調査&格闘能力持ってたり気になるので小プロの既刊も買うべきかな…?

2017/01/04 (Wed) 01:07 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>久仁彦さん
>この人他社の共演キャラにはむしろ馴染みのDCキャラより優しいのでは…
なんかめっちゃ打ち解けてましたよねタートルズ勢と。
タートルズのどこかゆるい雰囲気はバットマンの表情までも柔らかくしてしまうのだろうか。

2017/01/04 (Wed) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment