ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

05 2016

アイアムアヒーロー

映画アイアムアヒーロー予告編アイアムアヒーロー
2016年【日】


鈴木英雄35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。
そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる……徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美と元看護師・藪と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった……
果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

***

花沢健吾による同名の漫画『アイアムアヒーロー』を原作としたゾンビアクション映画。ベースとなっているのは原作の1巻から8巻のアウトレットモール脱出までという結構なボリュームなんですが、2時間の尺に収まるようそこは色々設定や構成などが上手くアレンジされております。
主人公の英雄の妄想の友人・矢島の登場が無くなっていたり、彼女の徹子が英雄の理解者的立場ではなくなっていたり、ヒロイン、比呂美の過去に関する言及がほぼほぼ無かったりと、原作では必要だけど2時間弱の映画では尺やテンポの都合もあって不要かもしれない要素を色々排除、その分わかりやすく爽快なエンターテイメント性に全力を注いだ作りになっています。

一番驚いたのは「邦画でもここまで洋画と張り合えるゾンビ映画が作れたんだ」という点。CGと特殊メイクのクオリティは一級品だし、作中で『ZQN』と呼ばれているゾンビ達の不気味過ぎる言動やありえない動き、そしてその素早さからなる恐怖感も凄まじかった。
あとR-15なだけあって結構グロいのよね。原作コミックはZQNのデザインこそ気持ち悪いけどスプラッタ要素は意外と薄かったりするんですが、この映画版は容赦なくモツと血が飛び交いまくる!!
本作は英雄を演じる大泉洋を筆頭に、どの俳優陣も演技力が高いのでほんと満足。

ただ原作がまだ未完結である以上、この映画もかなり中途半端な終わり方をしてしまうのがネック。2016年11月時点で未完なので、今回こういうパンデミックが起こった原因が全く語られないままエンディングに突入しちゃう。まあこれは仕方ないんだけども。ここまで原作の雰囲気を再現しておきながら完全オリジナルのオチを付けるってのもアレだしね……
でも説明不足のまま流れで終わるってのもある意味ではゾンビ映画らしいかも(小声)。

とにかく、原作ファンにも原作未読の人にも強くオススメできるゾンビ映画なのは間違いない。是非観てみて!そして原作コミックも超面白いので読んでみて!

あとはアレかな、お笑いコンビのメイプル超合金がカメオ出演しててビックリした。それとアイアムアヒーローとdTVの連動企画でこういうミュージックビデオも作られてたとか。


映画の内容とはかすりもしないけどメイプルZQN合金の登場パートはちょっと好き。

関連記事

0 Comments

Leave a comment