ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

09 2016

白ゆき姫殺人事件

白ゆき姫殺人事件予告編白ゆき姫殺人事件
2014年【日】


美人OL殺害の容疑をかけられた地味なOL……
彼女の“本当”の姿と事件の“真相”とは!?


国定公園の“しぐれ谷”で日の出化粧品の女性社員・三木典子の遺体が発見された。社内イチと言われる美女が何十ヵ所も刺された末に火をつけられるという凄惨な事件は、“白ゆき姫殺人事件”と呼ばれ、世間で大きく注目を集めるニュースになる。
情報番組「カベミミッ!」のスタッフでツイッターが“話し相手”の赤星は大学時代の仲間で日の出化粧品社員の里沙子から突然の連絡を受ける。里沙子によると、白ゆき姫殺人事件の犯人は典子の同期の城野美姫なのだという……。情報を得た赤星は、独自に取材を開始。数々の証言から、地味で典子とは対照的だった美姫が、事件当夜典子を車に乗せていたこと、その後、大きな荷物を抱えて電車に乗ったこと、そして美姫が恋していた相手・篠山を典子に取られたことなどが明らかになっていく。赤星は自身が取材した証言を元に美姫が犯人と断定するような内容を番組で放送。
さらに、事件発生当初から情報をツイッターで垂れ流していたこともあり、ネット上では美姫の実名や過去が次々に明かされていく……
同じ頃、ビジネスホテルに身を隠していた美姫は自分の半生を手記に綴り始めていた……。美姫の本当の姿、そして事件の“真相”とは……!?

***

湊かなえの同名小説を原作としたサスペンス映画。
タイトルや予告編の雰囲気もあって、第一印象が「衝撃的な真相に近づいていくのを楽しむ」タイプのミステリー作品かなと思ったのですが、そこを期待するとまず肩透かしを食うかも。
本作のメインはSNSやネット炎上、人々が好き勝手に広げてしまう噂、マスコミの加熱報道などといった、インターネットと情報化社会の闇と恐ろしさを描いたドラマとなっています。
偏向報道やインターネットでの叩きによって、いつの間にか『冷酷な殺人鬼』という人物像が作り上げられてしまう事件の容疑者、美姫。実際にも普通に起こっている光景だけになかなかゾッとしない。
劇中で起こる“事件の真相”を必死に推理しようとするよりも(実際真相もそこまで捻られた内容ではないし)、SNSなどのツールが持ち合わせている、この身近な問題に関心がある人の方が楽しめる映画だと思います。

ちなみに映画と連動して、劇中に登場する架空の音楽グループ『芹沢ブラザーズ』の公式サイトが開設されたり、登場人物である赤星のツイッターアカウントを実際に用意するなどなかなか面白い試みを行っていたりもしました。
【芹沢ブラザーズ OFFICIAL SITE】
【RED_STAR(@RED_STAR_07)さん | Twitter】

 
関連記事

0 Comments

Leave a comment