ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

11 2018

ケイト 設定メモ

[レディ・アドマイヤ]ケイト_[プロフィール]
身長:157cm
体重:45kg
血液型:O
年齢:20歳
誕生日:8月15日
利き手:右
スリーサイズ:83/59/85
星座:獅子座
出身地:イギリス
趣味:日本の雑誌を見るコト

・道に迷っていたところをPに助けてもらったことがきっかけでスカウトされた
(デレステ「ケイトとのメモリアル1」、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

―街中―

ケイト「ハーイ。Let's see……駅はどちらにありマスカ?」
P「(道を教える)」
ケイト「Oh,yeah!ありがとうございマス!とても親切にしていただいて、うれしいデス!本当に助かりマシタ。本を買いにきたのデスガ、初めて来たから道に迷いマシタ……。私、ケイト。日本の文学を勉強している留学生デス。今日はたくさん本を買いマシタ!日本のノベルとコミック、これはファッションの雑誌デスネ。And……コレはアイドルの雑誌デス!イギリスには置いていない本がたくさんありマス。日本はとってもExcitingデス!」
P「アイドルに興味が?」
ケイト「ハイ!日本のアイドル、イギリスでも人気デスネ。私もよくmusic videoを見ていマシタ。とってもkawaiiデス!見ててHappyな気持ちなれマス。」
P「アイドルにならない?」
ケイト「What?私が、アイドル……デスカ?You're kidding!外国人が日本のアイドルなんて!日本のkawaiiは私にはできない、思いマス。」
P「kawaiiです」
ケイト「Err……アナタ、ナンパモノ、デスカ?そんなこと、初めて会った私に言うナンテ。でも、私、日本のコト学ぶために来マシタ。まだまだ勉強足りない、だからアイドルできまセン。だから……ゴメンナサイ、デスネ?」
P「アイドルになることも勉強です」
ケイト「Oh……フフ、面白いデス。たしかに言いマスネ、ヒャクブンは、エット……。」
P「百聞は一見に如かず」
ケイト「ソウ!それデス!アナタ、プロデューサーは先生デスカ?さっそくひとつ勉強になりマシタ!Well……質問しマス。アナタ、本気で私のコト、アイドルにできる思いマスカ?」
P「Of course!」
ケイト「……フフ、アナタのハート、わかりマシタ。私、もっともっと日本のコト勉強したいデス。だからアイドルやってみようと思いマス!日本の言葉、カルチャー、アイドルのこと……私にいろいろ教えて下サイ!よろしくお願いしマス、プロデューサー!」

ケイト「街でスカウトされたとき、とてもびっくりしまシタ。留学先でのmiracle!それとアナタのhotなハートに♪」


・日本文化に興味があり、日本の事を勉強するためにイギリスから留学してきた
(デレマス「ケイト(特訓前」アイドルコメント、「[シャッターチャンス]ケイト(特訓前)」マイスタジオ(親愛度MAX)、「[迎春神楽]ケイト(特訓前)」アイドルコメント、お仕事(親愛度MAX)、「[迎春神楽]ケイト+(特訓後)」親愛度MAX演出、「[冬月うさぎ]ケイト+(特訓後)」マイスタジオ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、シンデレラガールズ劇場第934話、デレステ「ケイト【R】」親愛度50、「ケイト【R+】」ホーム、ルーム、「[シャッターチャンス]ケイト」プロフィール、ホーム、ルーム、ルームタップ時、「[シャッターチャンス]ケイトの特訓エピソード」)

[シャッターチャンス]ケイト

ケイト「ハァイ。私、ケイト。イギリスから留学してきたのに、日本でアイドルデビューなんて、冗談でショ? デモ、アナタ、ハートに負けたデス。そんな言われたらアイドルになって、みんなビックリさせるヨ」

ケイト「プロデューサーともっとたくさん日本を巡りたいデス♪」

ケイト「Wow! 正月に飾るdecoration! 名前は…タマカザリ? このorangeや紙、葉にも、神聖な意味があるんデスネ。日本のお正月、興味深い物がいっぱいデス! 詳しく教えてクダサイ、プロデューサー!」

ケイト「プロデューサーと私で、互いの国への扉になりたいデスネ」

ケイト「自分の知らない文化に飛び込むchanceをくれたこと、感謝してマス。これからも私にたくさん、日本を、プロデューサーを教えてクダサイ♪」

ケイト「ウサギもやりたいコトがあって、月から地球へ…私とおそろいデス♪」

ケイト「イギリスで、日本のアイドルの事、たくさん勉強シマシタ。日本のカルチャーって、とてもlovelyデス♪」

ケイト「日本のカルチャーが大好きで、日本に留学してきまシタ。ファッション、フード、ミュージック…興味がありマス!」


シンデレラガールズ劇場第934話

ケイト「アイドルの勉強を始めて、たくさん日本を知ることできマシタ。普通の留学生では勉強できないこともたくさん!まだまだ日本語上手くしゃべれませんケド……少しずつ、私の気持ちをちゃんと伝えられるようになってきたと思いマス。プロデューサーへの気持ちも、ちゃんと言葉にしマスネ。私を選んでくれて、ありがとございマス!これからもよろしくお願いしマス!」

ケイト「イギリスから留学してきて良かったデス!毎日がso surprised!」

ケイト「日本の文化が大好きデス。もちろんアイドルも大好きデスヨ!」

ケイト「Hey!御用デス!フフ、驚きましたカ?ジャパニーズカルチャーに触れられるの、とても嬉しいデス。記念に一枚撮りまショウ!もちろん、プロデューサーも一緒にデス♪」

ケイト「Wow!ここが噂の仲見世デスネ!どこから回るか迷いマス…」

ケイト「日本の工芸品は、どれもにぎやかでcuteデスネ!」

ケイト「familyへのお土産、悩みますネー…買いたいものがたくさんデス…」

ケイト「ジャパニーズカルチャー、奥が深いデス…」

ケイト「おサムライさん、一度じっくり見てみたいデスネー」

ケイト「木刀は、popularなお土産と聞きマシタ。何に使うのでショウ?」

ケイト「ンー…ゲイシャのような髪型、一度challengeしてみたいデスネ」

ケイト「Wow!どこを見ても、日本のお土産がいっぱいで迷いマスネ!プロデューサー、記念に1枚撮って欲しいデス!Thank you、プロデューサー。おかげでたくさん写真が撮れマシタ!日本、素敵な場所がたくさんありマスネ。神社、お寺、温泉……どれも大好きデス。でも、私が今、一番見たい景色……分かりマスカ?stageの上から見える景色デス!ライトの光と、ファンの笑顔がキラキラして……。何より、たくさんのsurpriseが詰まってマス。普通の留学生じゃ絶対に見れなかった、日本の風景……大好きな国に暮らす人々のsmileが、私に元気をくれマス!だから……。みなさんから貰ったsurpriseと大好きって気持ち、今度は私がstageの上からお返しシマス!だから、しっかり受け止めてネ!」


・色々な本を読んでいる
(デレステ「ケイト1コマ劇場①」、デレマス「ケイト(特訓前」マイスタジオ、「ケイト+(特訓後)」マイスタジオ、「[シャッターチャンス]ケイト(特訓前)」アイドルコメント、「[リラックスプレイス]ケイト(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、マイスタジオ(親愛度MAX)、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30、デレステ「ケイト【R】」ホーム、「ケイト【R+】」ルーム)

ケイト1コマ劇場1

ケイト「本、読むのが好きデス」

ケイト「ハァイ! プロデューサー、オススメ、本とかありマスカ?」

ケイト「日本語の本、読めるヨ?」

ケイト「ハァイ! プロデューサー、本を読むと勉強になりマス」

ケイト「Hey、御用デス!…ふふ、冗談デス♪でも、ちょうちんを手に持つおサムライさんは日本の雑誌で見たことありマス!だから私も一枚、記念に撮りたいデスネ。プロデューサー、カメラお願いしマス♪」

ケイト「ひなたぼっこ…ふふ…かわいい日本語デスネ! 暖かい日に、ひなたぼっこしながらの読書は、最高デス! 日本は、晴れの日が多くてGood! プロデューサーも、私と一緒に本を読みまショウ♪」

ケイト「日の当たるガーデンで…のんびりと読む日本文学…いいものデス!」

ケイト「この本、もし読んでいたら、プロデューサーの感想も聞きたいデス♪」

ケイト「本を読むのが好きデス。日本文学、コミック…とても興味がありマス!日本語の勉強もできてgood!」

ケイト「ミステリー、ノンフィクション…本は何でも読みマスヨ!今度、プロデューサーのオススメを教えてくだサイ♪」

ケイト「帰りに本屋サンに行きたいデス。いっしょに行きマショウ!」

ケイト「プロデューサー、オススメの本とかありマスカ?」

ケイト「みんなでレッスンして汗を流す…マンガで読んだ青春みたいデス!」

ケイト「雑誌で見てた世界に私がいるんデスネ…不思議な気持ちデス」


・ロンドンより少し北に位置する所に実家がある
(デレマス「[UKスタイル]ケイト(特訓前)」マイスタジオ)

ケイト「私のhomeはロンドンよりもう少し北デス。一緒に行きますカ?」


・お酒を飲むことが好き
(デレマス「[UKスタイル]ケイト(特訓前)」アイドルコメント、お仕事、親愛度MAX演出、「[UKスタイル]ケイト+(特訓後)」マイスタジオ(親愛度MAX)、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、ボード5解放セリフ、デレステ「ケイト【R+】」ルーム)

[UKスタイル]ケイト

ケイト「ハァイ、まさかアイドルのお仕事でhomeに帰ってくるなんて思ってなかったデス。ペアサイダーも懐かしいネ! 日本じゃあまり売ってなくて…。プロデューサーの分も買ってきたから一緒に飲みましょ?」

ケイト「お仕事…一口なら大丈夫デス♪」

ケイト「お仕事はいいからプロデューサーも飲むデース♪」

ケイト「フフフ、ほろ酔いでプロデューサーとお話するの楽しいデス。UKの素晴らしさ伝えますヨ。次のPubに行きましょう♪」

ケイト「プロデューサー、またPubに行きましょうネ♪」

ケイト「イギリスにいたころは、よくPubに行きまシタ。日本だと…んー、立ち飲み屋みたいな感じデスネ!」

ケイト「Danceのレッスンで汗をかいた後は、Pubでペアサイダーを♪プロデューサーも一緒にどうデスカ?」

ケイト「20歳だから日本でもお酒飲めマスネ。今度Pubに行きまショウ!」


・イギリス料理がイマイチな事を自覚している
(シンデレラガールズ劇場第1031話、デレマス「[UKスタイル]ケイト+(特訓後)」マイスタジオ、「アイドルLIVEツアー in イギリス」オックスフォードエリアボス オックスフォードエリアC、「[冬月うさぎ]ケイト(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、親愛度MAX演出、「3周年クリスマスハッピープレゼントキャンペーン」ケイトのイギリス仕込みのプレゼント フレーバーテキスト、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、「アイドルトーク」)

シンデレラガールズ劇場第1031話

ケイト「アー…UKの…イギリス料理には期待しちゃいけませんネ…」

※とはいえ故郷の料理にはやはり思い入れがある模様。
開始前コメント⇒ケイト「前回は油断してしまいマシタ。故郷に帰ってきて浮かれてたデス。でも今回はそうはいかないデース!」
バトルコメント⇒ケイト「日本との違いを見せつけマス!」
バトル後コメント⇒ケイト「また負けたデス…。故郷の料理食べて元気をもらいマース!」

ケイト「キレイに焼き上がりマシタ♪Stargazy pieの完成デス!UKの料理はhmm…あまり馴染みがないでしょうカラ、ママに聞いたレシピを日本風にarrangeしまシタ。私がUKと日本で学んだ味を、どうぞ召し上がれ♪」

ケイト「UKのstargazy pieは…チョット…」

ケイト「Stargazy pieは、勇気ある者にまつわる料理…。いつも私に勇気をくれるプロデューサーに食べてもらいたいデス♪」

【ケイトのイギリス仕込みのプレゼント】
イギリスの伝統的なクリスマスプディング。ブランデーをかけて火をつけて食べるらしい。

ケイト「日本のフード、とってもおいしいデス!イギリス料理は…あまり評判よくない、デスネ…」

ケイト「フェイフェイの作る料理はDeliciousデス!Homeの料理よりも好きネ♪」
菲菲「ケイトの国の料理は、中華料理とは比べられないネー……」


・日本料理を作ることもある
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

ケイト「日本の家庭料理にチャレンジしてミマシタ!「芋のホッタラカシ」…じゃナカッタ!「芋のニッコロガシ」!Yummy♪」


・プロポーションには自信がある
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちプロフ、デレステ「ケイト【R】」ホームタップ時)

ケイト「私、プロポーションには、チョットだけ自信アリマース! プロデューサーが選んだ衣装…期待してマス♪」

ケイト「プロポーションには、チョットだけ自信がアリマース!」


・セクシー方面のプロデュースにも乗り気な模様
(デレマス「[スプラッシュビューティー]ケイト(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、親愛度MAX演出、お仕事(親愛度MAX)、「[バレンタインデビル]ケイト+(特訓後)」マイスタジオ、親愛度MAX演出、マイスタジオ(親愛度MAX)、「[紅葉温泉]ケイト(特訓前)」お仕事、お仕事(親愛度UP)、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

[スプラッシュビューティー]ケイト

ケイト「ハァイ、プロデューサー♪今日は私のグラマラスな水着姿を見せてあげマース。どう、グラビアみたいなポーズ!ンッフーン♪…あー…もしかしてプールだとミスマッチデスカ?少し…視線が気になりマース…」

ケイト「Hey!ナイスバディー?ンー♪」

ケイト「私がセクシーアイドルでOKって、プロデューサー分かってくれマシタか?もし分からないなら、もっとよく見せて上げマース!」

ケイト「気持ちを込めて…プロデューサーにサービスショット♪」

ケイト「ふふふ、私、セクシースタイルでアピールするバレンタインデーのコアクマ♪」

ケイト「セクシーな私に取りつかれたプロデューサーは、チョコを食べるたび私を想いだしマース♪とろけるSweetなキオクと一緒にネ♪」

ケイト「プロデューサー…コアクマの魅力、確かめてみてクダサイ」

ケイト「湯煙りはセクシーに見えますネ♪」

ケイト「プロデューサー、浴衣姿、似合いますか?ウナジがsexy?」

ケイト「スパイ映画のアクションシーン、tryしてみたいデス!ミステリアスな美女になって…誘惑したいデス♪」


・菜帆の性格は母親と似ているらしい
(デレマス「[紅葉温泉]ケイト+(特訓後)」マイスタジオ)

ケイト「ナホはスウィートだけど、実はタフですネ!まるでHomeのママみたいデース♪」


・UKの文化を知ってもらいたいという気持ちもある
(デレマス「[レディ・アドマイヤ]ケイト(特訓前)」マイスタジオ、「[スプラッシュビューティー]ケイト+(特訓後)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、「第3回水着DEドリームLIVEフェスティバル」第7ラウンド ライバルユニット2 ナイトブルーレザー・クラシカル、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

ケイト「UKのコト、もっとイッパイ知ってほしいデス♪私の大好きな故郷デスカラ」

ケイト「ンー、この季節は、エクセレントデス!たくさんのhotな視線が、私にエナジーをくれマシタ!今こそUKが生んだアイドルのパワー、見せてあげマース!止まらないドラムス、ヘヴィに響くベースに乗って、here we go!!」

ケイト「遠い国に来ても、私、忘れてマセン。小さい頃に聴いてたmusic…」

ケイト「日本で活躍して、レジェンドになってみせマス。UKのロックスターみたいに!」

※出現時
ケイト「Classicalな衣装で、私の故郷の風、ミナサンに感じてもらいマス!」
惠「異国情緒を伝えるLIVEよ…。さぁ、旅路はここから始まるわ」

※LIVE開始時
ケイト「UKの音、聞いてクダサイ…」
惠「異国の風を、吹かせて…」

※勝利
ケイト「メグミは旅が好き、デスヨネ。私の故郷、イツカ一緒に行きマショウ!」
惠「ふふっ、素敵なお誘いね。ケイトを育んだ景色、ぜひ歩いてみたいわ」

※引き分け
ケイト「Fanの人たちも、私の故郷に興味を持って…トテモ嬉しいデス!」
惠「アイドルの魅力を、もっと知りたいと思ってもらえる…いいものね」

※敗北
ケイト「みなさんのfeel…私たちも感じマシタ!故郷を愛してマスネ♪」
惠「互いの文化が重なって、生まれたステージ…私たちも楽しめたわ」

ケイト「UKと日本、とても遠いですが、私のチカラで、2つのcountryがつながったら…fantastic♪」


・トレーナーとUKの最新ムーブメントの話をしている
(デレマス「ぷちデレラ」ボード4解放セリフ)

ケイト「トレーナーと、UKの最新ムーブメントの話をシマス。UKソングからも学べるコトがイッパイありますからネ!」


・いつか故郷でステージに立ちたいと思っていた
(デレマス「ぷちデレラ」テクニカルボード)

※この夢は2013年1月22日のイベント『アイドルLIVEツアー in イギリス』での「[UKスタイル]ケイト」にて結構早く叶っている(ちなみにケイトのぷちデレラ実装は2015年11月28日)。
ケイト「いつか故郷でステージに立ちたいデス。その夢に向けて…fly away!」


・両親はケイトのアイドル活動を応援している
(デレマス「[UKスタイル]ケイト(特訓前)」アイドルコメント、お仕事、親愛度MAX演出、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、Lv11~30、Lv21~30)

ケイト「Hey! プロデューサー!UKでLIVE出来るなんて…夢みたいデス! 私のfamilyも見に来てくれるって言ってマシタ! 今まで日本で学んだこと、アイドルのこと…全部見せて楽しんでもらいマス!」

ケイト「familyも応援してくれマス!」

ケイト「プロデューサーは、とても大切なパートナーデス! 私のfamilyに是非紹介したいデース! フフフ♪」

ケイト「故郷にいるダディとマミーは、私のコト、とても応援してくれてマス! でも遠いから…たまにサビシイ…」

ケイト「私がアイドルをやるなんて…familyも驚いてマシタ。デモ…一番、私自身がSurpriseデース♪」

ケイト「ロンドンのparentが、LIVE映像を見てくれマシタ!つい長電話してしまって…デモ、とてもhappy♪」


・演技にやや苦手意識がある
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、テクニカルレッスンVi Lv1~30、Lv1~10、Lv11~20、Lv21~30)

ケイト「VisualやVocalレッスンは得意デス…だけど、演技は大変デス。日本語…まだまだですカラ…」

ケイト「自分をcoolに見せる方法、とっても興味がアリマス! 色々な人の意見を聞いて、役立てたいデス!」

ケイト「演技レッスン…etudeデスネ? 演じる力は、とっても大切! 日本語を学ぶときにも活かされてマス!」

ケイト「ムムム、日本人の細かい動きやエモーション…「所作」と言うデスカ?とてもmysteriousで…難しいデス!」

ケイト「自分をcoolに見せる方法、とっても興味がアリマス!色々な人の意見を聞いて、役立てたいデス!」

ケイト「ケイトはケイト。イギリス出身のspecialなアイドルだから、私にしかできないspecialな演技、目指しマス!」


・ダンスには自信がある
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30、テクニカルレッスンDa Lv1~30)

ケイト「danceならまかせてクダサイ!音楽は体に染みついてマス!UKは音楽大国ですカラ!Come on!」

ケイト「私、体を動かすのが大好きデス!groovyなmelodyを聴くと、体が勝手にdanceしたくなりマス!」


・ウィンクが上手
(デレマス「ぷちデレラ」ボード6解放セリフ)

ケイト「イギリス人は、みんなウィンクが上手なんですヨ?ホラ、wink!ふふふ、プロデューサー、ドキドキしちゃいマスカ?」


・すれ違う人には挨拶をしている
(デレマス「ぷちデレラ」ベースレッスン Lv11~20)

ケイト「すれ違う人に「Go for it!」と挨拶してマス。みんなびっくりするけど、ニッコリ返事してくれマスヨ♪」


・UKミュージックに慣れ親しんで育ってきた
(デレマス「ぷちデレラ」テクニカルレッスンVo Lv1~30、Lv1~10、Lv11~20、Lv21~30)

ケイト「UKは、greatなアーティストがたくさん生まれた国…私も負けずに、ステキなsongを歌いたいデス♪」

ケイト「LaLaLa~♪発声練習は、やはりVocalの基本デスネ♪音程もそうですが、発音にも気をつけマス!」

ケイト「ロンドンには、色々なジャンルの曲があふれていまシタ。ダカラ、私のリズム感は、natural bornなのデス!」

ケイト「UKの音楽ファンは、とても耳が肥えていて厳しいデス。彼らが納得できる歌を…聴かせたいデス!」

ケイト「UKロックは、とてもaggressive!このリズムを私のsongに生かせたら、最高にcoolデスネ!」


・UKファッションが好きだが、世界中の色々な衣装を着てみたいとも思っている。また日本のファッションも勉強中
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちプロフ、デレステ「ルーム共通セリフ」アクション発生時(鏡など)、「ケイト【R】」ホームタップ時、「[シャッターチャンス]ケイト」ホームタップ時)

ケイト「コンサバティブなUKファッションも大好きデスガ、世界中の色々な国の衣装トカ、着てみたいデス♪」

ケイト「日本のファッション、勉強中デス!」

ケイト「ジャケットとパンツのstyleが好きデスネ」

ケイト「草履と洋服のcoordinateを考えているのデスガ…難しいデスネ」


・ネックレスを沢山持っている
(デレステ「ケイト【R】」ホームタップ時)

ケイト「ネックレス、たくさん持ってマス。毎朝、選ぶのが楽しいデスネ」


・肩があまり凝らないタイプ
(デレステ「ケイト【R】」ルームタップ時)

ケイト「ンン、massageデスカ?デモ、私肩こりしないデスヨ?」


・外国人タレントとしてではなく、アイドルとして売れることを目指している
(デレステ「ケイト【R+】」ルーム)

ケイト「外国人タレントじゃなくて、アイドルとして頑張りたいデス」


・日本での思い出はすべて写真に収めている
(デレステ「[シャッターチャンス]ケイト」親愛度50)

ケイト「日本での思い出は、全部写真に残してマス。大好きなこの国で過ごした、大切な時間……ずっと忘れないように、残しておきたいデス。」


・天気が良いとつい歌を口ずさんでしまう
(デレステ「[シャッターチャンス]ケイト」ルームタップ時)

ケイト「La~…♪天気が良いと、つい歌を口ずさんでしまいマス」


・「[冬月うさぎ]ケイト(特訓前)」でつけているミトンは母親から譲ってもらったお気に入りのもの
(デレマス「[冬月うさぎ]ケイト(特訓前)」マイスタジオ)

[冬月うさぎ]ケイト

ケイト「カワイイkitchen mittenはママから譲ってもらいマシタ♪My favorite!」


・親愛を示すためによくハグやキスをする
(デレマス「2013年誕生日アイドル紹介」親愛度MAXコメント、「2014年誕生日アイドル紹介」親愛度MAXコメント、「2015年誕生日アイドル紹介」親愛度MAXコメント、「2016年誕生日アイドル紹介」通常コメント、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、「ケイト【R+】」ルームタップ時親愛度MAX、「[シャッターチャンス]ケイト+」ルームタップ時親愛度MAX)

【参考サイト:イギリスでのご挨拶 : 英国紳士と国際結婚@ロンドン】
ケイト「親愛のシルシにプロデューサーにkissしてあげマス! 私の国じゃ挨拶代わりデスヨ? キモチだけでもpresent♪」

ケイト「さぁ、今日はプロデューサーとPartyデスネ! まずはPresentをくだサイ。ほっぺにKissデスヨ♪」

ケイト「Birthday Partyはプリティなドレスを着て、プロデューサーとダンスしたいデスネ!上手に踊れたら、ご褒美にKissしてくれマスカ?」

ケイト「You remember! 私のbirthday、覚えててくれたなんてうれしいデス!ンー、ギュッ!Oh…ごめんなさい、Hugが強過ぎまシタネ…♪」

ケイト「挨拶代わりのkiss、日本ではしないんデスネ…。母国ではfamilyでもfriendsでもしマスヨ?ふふふ」

ケイト「挨拶デスカ?ンー…hug?それからkissしマス?フフフ♪」

ケイト「チークキスは親愛の証デス!恥ずかしがらずLet's try!」


・立ち飲み居酒屋へ行き、たこわさをつまみに一杯やるらしい
(デレステ「ケイトのウワサ」)

・時々、漢字で「毛糸」とサインするらしい
(デレステ「ケイトのウワサ②」)
  
関連記事