ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

19 2011

アクションパズル ラビ×ラビ

title_convert_20110619083543.jpg

忘れそうになってたけど3DSからDSiウェアを購入できるんだよなぁ・・・

6月7日のアップデートによりe-shopが利用できるようになり、
またDSiウェアを3DSに引っ越すことができるようになりました。
現在e-shopはお店のショーウィンドウのように、
新規のソフトやおすすめのコンテンツのみを前面に押し出している構成になっており、
検索機能を利用しないとお目当てのコンテンツがやや探しにくいようになっています。
DSiウェアは検索して探さないと見つからない感じに(リンクを用意してほしい)
VCや期間限定無料配信のエキサイトバイクだけでは物足りなくなったので、
DSiウェアで何か面白そうなものはないかと探して購入したのがこのゲーム、『ラビ×ラビ』
たったの200円。
3-5_convert_20110619084351.jpg
ジャンルは『アクションパズル』
主人公の『アリス』と相方のうさぎ『リリ』を操作して『アリス』をゴールのトビラまで導くのが目的。
全50ステージとなかなかの問題数。
二人にはそれぞれ特徴があり、その特徴をしっかり把握するのがクリアの鍵となります。

元々はiPhone/iPod touchで配信された『ラビット★ラビリンス』というゲームのアレンジ移植だそうで。
こちらとはステージなど色々違いが多いようです。
【ラビット★ラビリンス公式サイト】

アリスはジャンプ力が低いですが、頭の上にリリを乗せて移動したり
(頭に乗せていればリリが針に触れていても大丈夫
一部ステージに存在する帽子を被ったり、トビラの鍵を開けることが可能です。

リリはジャンプ力が高く、またアリスの踏み台になる事でアリスを大ジャンプさせる事が可能です。
ちょっとしたテクニックとして、滞空しているアリスにジャンプしてもう一度押し上げる事も可能。
また、Yボタンでレンガブロックを破壊する自爆を使うことが出来ます。
demo_convert_20110619090005.jpg
5ステージクリアするごとにちょっとしたデモシーンが。
漫才のような掛け合いが楽しめます。
10-5_convert_20110619090407.jpg
しかしこの見た目ほんわかした感じとは裏腹に、
ゲームが進行するにつれて結構捻った解き方が要求されるようになります。
どこでリリを自爆させちゃうか。
あのアイテムやスイッチや鍵は本当に利用する必要があるのか。
・・・と、ちょっとしたミスリードが混じってきてこれがホント頭を悩ませてくれます。
何回『詰まったかも』と思ったことか。
2-1_convert_20110619091022.jpg
下画面のアイコンはそのステージのクリアランクを表しており、
スペード>ハート>ダイヤ>クラブの順に高評価となっている


しかし理不尽に感じるほどの謎解きは無かったように思えます。
諦めそうになりながらもなんだかんだで自力でクリアすることが出来ました。

クリア後はちょっとしたタイムアタックに挑戦するのも楽しみ方のひとつです。
このゲーム、解法は一つではなかったりするため、タイムを縮める手段を色々模索してみるのも面白さの一つ。
最高評価の『スペード』を取るのが本当にシビアで、かなりアクションの腕が求められます
タイムを縮めてスペード評価を貰うには1秒、いや1ミリ秒だって無駄にはできません。

この手のゲームは解法を知っちゃうとやる事が無くなる様に感じますが、
このタイムアタックがあることでかなりやりこめます。
いかに素早くアリスとリリを切り替え、ラビを用いた大ジャンプを利用できるかがカギ。
ed2_convert_20110619091901.jpg
とにかく全クリするにはゲームの仕様をしっかり把握する事ですね。

扉を開けられないリリでも鍵は拾える
こととか、
リリは帽子を被れない、これを逆手に取るとリリの上から帽子を重ねることが出来ることとか、
帽子の上に敵を乗せることが可能な点とか色々。

下画面にはちょっとしたヒントが出るんですが、
後半手順が複雑になってくるとあまり役に立つ内容でもなくなります。
continued_convert_20110619091911.jpg
ED後に次回作をほのめかす演出が・・・
と言ってもとっくに続編の『ラビ×ラビえぴそーど2』は発売してますけどね。
関連記事

0 Comments

Leave a comment