ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

12 2018

遊佐こずえ 設定メモ

[ふわふわドール]遊佐こずえ_[プロフィール]
身長:130cm
体重:28kg
血液型:B
年齢:11歳
誕生日:2月19日
利き手:右
スリーサイズ:62/50/65
星座:魚座
出身地:高知
趣味:しゅみってなぁに?

・中庭で休憩していたPのもとにいつの間にか現れ、そのままスカウトされた
(デレステ「遊佐こずえとのメモリアル1」)

―中庭―

疲れた……

P「少し休もう……」

……?温かさを感じる……

こずえ「すぅー、すぅー……。」

隣で少女が眠っている……

P「(起こす)」
こずえ「……ふわぁ。……あなた、だぁれぇー?」
P「プロデューサーだよ」
こずえ「……ぷろでゅーさー?へんななまえだねー……?さっきねー……たのしいゆめ、みれたのー……。あったかくて、きらきらしててー……ぷろでゅーさーとおひるねー……たのしいねー……。」
P「かわいい!」
こずえ「えぇー……かわいいー……?たのしいゆめみたらー……かわいいー……?」
P「もっと楽しいことをしない?」
こずえ「またおひるねするのー……?うんー……いいよー。こずえ、いっぱいねられるよー……。」
P「アイドルをやろう」
こずえ「あいどるー……なにするのー?」
P「笑顔になるんだよ」
こずえ「わらうのー?ふわぁ……いいよぉー……あいどるやるぅー……。でもぉー……こずえ……ふわぁ……。すぅ……すぅ……。」

少女は眠ってしまった……

P「(一緒に寝る)」

楽しい夢が見られそうだ……


・「かわいいもの」が好き
(デレマス「遊佐こずえ(特訓前)」マイスタジオ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

こずえ「かわいいのー…すきー…ふわぁ」

こずえ「こずえ…かわいいのー…すきー…。かわいいこずえー…ぷろでゅーさーは…すきー?」


・服をひとりで着ることができず、母親など他の人に手伝ってもらっている
(デレマス「遊佐こずえ(特訓前)」マイスタジオ、「[スペーススタイル]遊佐こずえ(特訓前)」お仕事、「[スペーススタイル]遊佐こずえ+(特訓後)」お仕事、「[マジカルエンジェル]遊佐こずえ+(特訓後)」マイスタジオ、デレステ「遊佐こずえ【R】」ホームタップ時、ルーム、「遊佐こずえ【R+】」ホームタップ時)

こずえ「おふく、ママがきせてくれるのー」

こずえ「ねー…おきがえしてー?」

こずえ「おきがえー…できないのー…」

こずえ「きせてもらったのー…えへー…」

こずえ「このおようふくは、ままがきせてくれたのー。りぼんもー」

こずえ「おようふくきるのてつだってー…てつだえー…」

こずえ「おようふくきるのー…すたっふのおねえさんがてつだってくれたー…」


・自分の年齢をあまりちゃんと覚えていない
(デレマス「遊佐こずえ(特訓前)」お仕事、デレステ「遊佐こずえ【R】」ホーム)

こずえ「こずえ…11さい…だっけー…?」

こずえ「こずえー…11さい…だっけー?ときどきわすれちゃうー…」


・台本は一度読むとすぐに覚えてしまう
(デレマス「遊佐こずえ(特訓前)」お仕事、「[ふしぎなちから]遊佐こずえ(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、親愛度MAX演出、シンデレラガールズ劇場第756話、デレステ「遊佐こずえ【R+】」ルームタップ時、デレステ「遊佐こずえとのメモリアル4」)

[ふしぎなちから]遊佐こずえ

こずえ「だいほんよんだの…もうおぼえちゃったよー…?つぎのはー?」

こずえ「『ここからさきはー……ひとの…たちいれぬばしょー…』こずえー…だいほん…ぜんぶおぼえたよー…。たちいれぬ……こずえもはいっちゃだめー…? ふーん……じゃあ、どこいくのー…?」

こずえ「ぜーんぶよめるよー…ふわぁ…」

こずえ「こずえ…おはなし…すきー。だから…すぐ…おぼえるー…」

こずえ「だいほん…よんだー…。もっとよめるよー…ぷろでゅーさー…つぎのだしてー…。んー…? ないのー…? ざんねんー…ふわぁ…」


シンデレラガールズ劇場第756話

こずえ「あたらしいだいほんちょうだいー…こずえ、すぐおぼえられるよー…」

―公園―

今日はこずえの初仕事……ドラマの撮影日だ

こずえ「ふわぁー……さつえいってー……いっぱい、まつねー?」
P「台詞は覚えた?」
こずえ「せりふー……ぜんぶおぼえた、よー……すぅ……。」

眠ってしまった……脇役で台詞も少ないので大丈夫だろう。出番まで寝かせてあげよう……

―数分後―

???「この台詞のままじゃ、ダメだ!改稿させてもらう!」
こずえ「うー……?おっきなこえ……?」
脚本家「何度も言わせないでくれ!この台詞のままでは私のドラマじゃないんだ!今、この場で書き直せば問題なかろう!」
スタッフB「またあの脚本家先生か……。」
スタッフC「大御所だから監督も強く言えないんだよ。」
スタッフA「お待たせしてすみません。実は脚本が一部、変更されまして……。こちら、新しい台本です。」
こずえ「あれー……?こずえのせりふ……いっぱいー……。」

こずえの台詞が大幅に増えている……!

P「もう少し時間をください」
こずえ「へいきだよー……もうおぼえたー……。」
P「本当に?」
こずえ「ほんとだよー……こずえ、おぼえるのとくいー……。」

……こずえを信じてみよう

監督「各々、よろしいでしょうか?それではいきまーす……よーい……スタート!」
女優「「……家族ごっこはもうおしまい。あたしはアンタの母親なんかじゃない。だから……あたしのことはもう忘れなさい」。」
こずえ「…………。」

やはり無謀だったのだろうか……

こずえ「「……嘘、下手だね?」。」

こずえの雰囲気が……?

こずえ「「私知ってるよ。病気、なんだよね?死んじゃうかもしれないくらい、重い病気……。突き放そうとしたって、そうはいかないんだから。忘れてなんか、絶対あげないよ……お母さん」。」

監督「…………はっ!?い、いかん、つい見惚れて……カット!オッケー!」
こずえ「ふぅ……ぷろでゅーさー……。こずえ、おしばいじょうずにできてたー……?」
P「すごかった!」
こずえ「えへへー……。おしばいはねー……ちがうひとになるのー……。だいほんのひとを……まねっこするんだー……。」
脚本家「いや、素晴らしい!さきほどの演技は見事だった!」
こずえ「んー……だれー……?」
P「脚本家の先生だよ」
脚本家「君、うちの劇団に来てその才能を磨きなさい。うちは何人もの大物俳優を輩出してきた実績がある。必ず君もそのひとりになれるはずだ!」
こずえ「うー?ぷろでゅーさー……?」
P「こずえは女優さんになりたい?」
こずえ「じょゆうさん……?なにするひとー……?ぷろでゅーさーは……いっしょ……?」
P「いっしょにはいられない」
こずえ「じょゆうさん…………。ぷろでゅーさーといっしょじゃないのは……やー……。」
脚本家「何を甘ったるいことを!断言する!君は女優の道を進むべきだ!」
こずえ「……ちがうもん……。こずえー……あいどる、だもん……。」
P「……すみませんがお断りします」
脚本家「なっ……未来の大女優の芽を摘むつもりか!?」
P「こずえはアイドルです」
脚本家「~~~ッ、もういい!話にならん!後悔しても知らんぞ!」
こずえ「うー……もう、へいきー……?」
P「平気だよ」
こずえ「こずえ、ぷろでゅーさーといっしょー……?こずえー……これからも、あいどるー……?」
P「今まで通り、こずえはアイドルだ」
こずえ「よかったぁー……。こずえねー……ぷろでゅーさーといっしょにあいどる、がんばるー……えへー……。」


・歌うことが好き
(デレマス「[スペーススタイル]遊佐こずえ(特訓前)」お仕事、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30、テクニカルレッスンVo Lv1~30)

こずえ「おしごとー…うたうのすきー」

こずえ「おうたはね…こずえー…だいすきだよー…。パパとママも…こずえに、うたってくれるのー」

こずえ「こずえ…おうたすきー…。はやくれんしゅうしよー…。ねー…はやくー…はーやーくぅー」


・歌やダンスもすぐに覚えることができる
(デレマス「[スペーススタイル]遊佐こずえ+(特訓後)」お仕事、テクニカルレッスンVo Lv11~20、テクニカルレッスンDa Lv1~30、Daレッスンエピソード1、デレステ「遊佐こずえとのメモリアル2」)

こずえ「うたもー…だんすもー…おぼえちゃったよー? つぎはー?」

こずえ「こずえねー…わすれないよー?りずむとー…おんてい?とかねー…。いつも…ぴったりー」

ここずえー…おしえてもらったとおりに…できるよー…。だんすー?…くるくるするのー?ずえ「」

こずえ「ふわぁ……すてっぷって……なぁにー……?あとを……うごかすのー?へー……すごいねぇー……。こずえも……やるー?……ほぇー……わかったー……。まねっこ……とくいだよー……。おてほんみたいに、うごかすー……こうするー……。あいどるはねー……だんす、するんだってぇ。……こずえは……あいどるなのー?あいどるなら……だんす、するねー……。えっとぉ……おてほんのまね、とくいだよー……ほらぁ、かんたんだねー?こずえ、できたよー。たーんも……くるくるぅー……えへへー、たのしーねー。こずえ……ようせいさんみたーい……。もっと、ようせいするー……。」

P「おうたを歌おう?」
こずえ「……………………おうた、うたうのー?おうたはね……こずえー……だいすきだよー……。ぱぱとままも……こずえにうたってくれるのー。」
P「お手本のまねをしてみて」
こずえ「うん……わかったー……。こずえ、うたうよー……。きいててねー……。」

可愛らしい歌声が響いた……

こずえ「ぷろでゅーさー……。こずえ、ちゃんとできたー……?」
P「上手だったよ」
こずえ「ほんとー……?おてほんどおり……かんたんだったよー……。まねっこじょうずなのー……。」


・「なんでもできる」らしい
(デレマス「[スペーススタイル]遊佐こずえ+(特訓後)」マイスタジオ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

こずえ「こずえはなんでもできるよー?」

こずえ「こわいのと…かなしいのと…こずえはぜんぶしってるよー…。だから…なんでもなのー」


・昼寝が大好き
(デレマス「遊佐こずえ(特訓前)」お仕事(親愛度UP)、「[スウィートフェアリー]遊佐こずえ(特訓前)」お仕事(親愛度UP)、デレステ「ルーム共通セリフ」)

こずえ「んー…ぷろでゅーさーも…いっしょにおひるね…するぅー…?」

こずえ「ふわぁ…そろそろ…ぷろでゅーさーと…おひるねのじかんー…」

こずえ「いっしょにおひるねするぅー…?」


・一人でいるとすぐに眠たくなってしまう
(デレステ「遊佐こずえ【R】」親愛度25)

こずえ「こずえねー……ひとりだとすぐにねむたくなっちゃう……。でもー…ぷろでゅーさーがいればだいじょうぶだねー……。こずえがねちゃったら……おこしてー……ふわぁ……。」


・扇風機の存在を知らなかった
(デレマス「[スウィートフェアリー]遊佐こずえ(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、LIVEバトル)

[スウィートフェアリー]遊佐こずえ

こずえ「なつー…あついー…。うー…ふわぁー…?かぜー…かぜーふいてるぅー…。せんぷーきー?なにこれぇー…ひんやりー…。ぷろでゅーさーも…こずえといっしょに…ひんやりするぅー…?」

こずえ「こーずーえーはー…うちゅーじんー…だよー…わわわわわー…」

こずえ「あーっていうと…こえがへんー…ぷろでゅーさーもー…あ゙ー」

こずえ「ふわあ゙あ゙あ゙ー」


・アイスクリームはミント味が好物
(デレマス「[スウィートフェアリー]遊佐こずえ+(特訓後)」親愛度MAX演出、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

こずえ「あいすくりーむ…みんとは…すーってして…だいすきー…。だから…ぷろでゅーさーもー…みんとあじにー…なっちゃえー」

こずえ「すーすーの…つめたいあいすくりーむ…すきー…。これ…みんとっていうのー?へぇー」


・アヤとはよく一緒に遊んでもらっている
(デレマス「第8回ドリームLIVEフェスティバル」ライバルユニット ようせいさんとおねえさん、シンデレラガールズ劇場第345話、第346話)

※出現時
こずえ「おうたのー…じかんだよー…うたおうねぇー…」
アヤ「あぁ、歌おうな。どんな歌でも、アタシが合わせてやるよ」

※LIVE開始時
アヤ「1、2、3、ほら、こずえ!」
こずえ「えへへー…はーい…」

※勝利
こずえ「かったぁー…ごほうびー…くれるぅー?」
アヤ「わかってるよ、お人形遊びだろ。あとでたくさんしような!」

※引き分け
アヤ「子供って、勝って喜ぶほうが伸びると思うんだ。だから次は…」
こずえ「こずえー…のびるー?こずえはー…ずっとこずえだよー…?」

※敗北
こずえ「ふわーぁ…あのねー…こずえ…おうたのまえにー…ねむー」
アヤ「お、おい!?あー、みんな、今日はここまでだ!力ずくで幕を…!」


シンデレラガールズ劇場第345話 シンデレラガールズ劇場第346話

・舞の歌声はやさしい雰囲気があって好きらしい
(デレマス「第11回アイドルLIVEロワイヤル」後半ステージ5日目ライバルユニット フェアリーフェザー)

※出現時
こずえ「らいぶー……まいと…いっしょにー……ふわぁ……」
舞「わっ?! こずえちゃん、もしかして眠くなっちゃいましたか?」

※LIVE開始時
こずえ「だいじょうぶー…」
舞「それなら歌、がんばろうね!」

※勝利
舞「こずえちゃんの歌、なんだかふわふわって気持ちになります♪」
こずえ「まいのうたもー…こずえー…すきー…やさしいのー……ふわぁ」

※引き分け
舞「次のステージまで時間あるね。こずえちゃん、お昼寝しますか?」
こずえ「まいもねるー…? いっしょにねるー…ねろー…すぅ……」

※敗北
こずえ「……ふわぁ…こずえ…みんなのうた…もっときくー…」
舞「私も、みんなの歌、気に入りました! もっと聞きたいです♪」


・カレーは甘口派
(デレマス「[はじめていっぱい]遊佐こずえ(特訓前)」お仕事、マイスタジオ(親愛度MAX))

こずえ「かれー…あまいのがすきー…」

こずえ「あまいのー…つくるよー…」

こずえ「ぷろでゅーさー…かれー…すきー…?こずえ…かれー…すきー」


・温泉卵が好物
(デレマス「[紅葉温泉]遊佐こずえ(特訓前)」アイドルコメント、お仕事、お仕事(親愛度UP)、シンデレラガールズ劇場第602話、第674話)

[紅葉温泉]遊佐こずえ

こずえ「これー…おんせんたまごー…。おいしくてー…こずえ…すきー。ほらー…とろとろー…。ぷろでゅーさー…、ひとくちー…とくべつにあげるねー…。あーんしてー…? あーんしろー…んー…」

こずえ「おんせんたまごってー…おんせんさんがー…うんだのー…?」

こずえ「こずえのおうたもー…おんせんたまごー…。とろとろだよー…」


シンデレラガールズ劇場第602話 シンデレラガールズ劇場第674話

・まれに何もない虚空をじっと見つめている
(デレステ「遊佐こずえ1コマ劇場①」)

遊佐こずえ1コマ劇場1

・ひとりぼっちはさみしいらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

こずえ「…ひとりは…さみしいねー。…ぷろでゅーさーも…さみしいー?こずえといっしょー…」


・何故か自分のことを「おにんぎょう」と自称している
(デレマス「遊佐こずえ(特訓前)」マイスタジオ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30、デレステ「遊佐こずえ【R】」ルーム)

こずえ「こずえ…おにんぎょうなのー…」

こずえ「かわいいおふく…いっぱいふえたのー…。こずえー…おにんぎょうなんだってー…」

こずえ「こずえ…おにんぎょうみたいっていわれるのー…おにんぎょうだよー?」


・緊張するタイプではない。そもそも緊張が何かよく分かっていない
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20)

こずえ「…きんちょー…みんなするのー…いいなー…こずえもするぅー。………………きんちょー?」


・両親はこずえのお願いを聞いてくれるらしい
(デレステ「遊佐こずえ【R】」ホーム)

こずえ「ままもぱぱもー、こずえのおねがいきいてくれるのー…えへー」


・頭をなでられるのが好きだが、眠たくなってしまう
(デレステ「遊佐こずえ【R】」ホームタップ時、ルームタップ時親愛度MAX)

こずえ「ふわぁ…なでなでされるとー…ねむたくなっちゃうのー…」

こずえ「あたまなでなでされるのすきだよー…もっとしてー…」


・髪の毛は自分で結んでいる
(デレステ「遊佐こずえ【R】」ホームタップ時)

こずえ「かみのけ、むすんだよー…こずえがやったのー…。じょうずー?」


・人形遊びが好き
(デレステ「遊佐こずえ【R】」ルーム)

こずえ「おにんぎょうであそぶのすきー…かわいいかわいいするのー」


・勉強も頑張ると母親と約束している
(デレステ「遊佐こずえ【R+】」ホーム)

こずえ「おべんきょうもがんばりまーす…ままとのおやくそくだよー…」


・何かしらの特殊な能力を持っている?
(シンデレラガールズ劇場第180話、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、デレステ「イベントコミュ 遊佐こずえ編」第1話、第2話、第3話)

シンデレラガールズ劇場第180話
デレ劇第180話ではこずえが流れ星に願い始めた瞬間
記録的な流星群が発生した

こずえ「こずえがうたうとねー…おーでぃしょんのひと…おねむなのぉー…。おきてー…。」

※イベントコミュ「ススメ!シンデレラロード」ではPとアヤの意識に干渉して『3人一緒に同じ夢を見る』という事をやっていた。
こずえ「すぅ……すぅ……」
アヤ「こずえ、寝ちまったな。ロケ一緒に行ってやれないのは残念だけど……しょうがないか。……へへ。こずえの寝顔見てるとさ、こっちまで眠くなってくるんだよな……くぁ……。」

なんだか眠たくなってきた……

こずえ・アヤ「すぅ…………すぅ…………。すぅ…………すぅ…………。」

風の音がする……そしてなんだか寒いような……

???「……サー……デューサー……プロデューサー!寝るな!寝たら死ぬぞ!」

耳元でアヤが叫んでいる……

???「……わぁ……うわぁー……ふわぁぁぁ。」
アヤ「この声……こずえか!?」
こずえ「そりー……そりー……どんどんすすむよー……。あやー……ぷろでゅーさー……いっしょにあそぼー……。」
アヤ「こ、こずえ!?何して……っていうか、どこだよここ!?」
こずえ「ゆきー……きれいー……。えへへ、みんなでみれたねー……。あやも……うれしいー……?」
アヤ「」「え?あ、ああ……嬉しいぞ。雪なんて久しぶりに見たし……じゃなくて!」
こずえ「あやー……いっしょにすべるー……すべろー……。」
アヤ「こ、こずえ……そんな引っ張るなって……!な……何だよこれー!?」

裕美「こずえちゃんとアヤさん……とプロデューサーさん。こんなところで寝てる。」
クラリス「これは、企画書?打ち合わせの途中でお昼寝でしょうか。」
裕美「こずえちゃんの写真撮影ロケ企画……。へぇ、可愛い写真ができあがりそう。」

***

P「はっ!?」
アヤ「あ、あれ……アタシら、さっきまで雪山にいたはずじゃ……!?」
こずえ「あやー……ぷろでゅーさー……。こずえー……おはなのようせいなんだってー……。おはなのかんむり……つくろー……?」
アヤ「花の冠?悪いけどこずえ、今はそんな場合じゃ……。」
こずえ「つくらないのー……?」
アヤ「うう……そ、そんな目で見るなよな……。」
P「つくろう」
アヤ「だーっ!わかったよ!いくらでもつくってやるよ、こずえ!」
こずえ「えへー……あや……やさしいねー……。」

―???―

P「はっ!?」
アヤ「今度は何だよ……京都か、ここ?」
こずえ「まいこさん……あいたいなー……しかさんもー……。」
アヤ「鹿は奈良だぞ、こずえ。」
こずえ「へー……。」

***

P「はっ!?」
アヤ「おおーっ!お次は海外か!地球のへそ、エアーズロック!初めて見たぜっ!」
P「慣れてきたね」
アヤ「まあ……なんつーか。いちいち驚いてても仕方ないかなって。」
こずえ「あやー……・おでかけ……たのしいー?」
アヤ「ん?ああ、楽しいぞ!考えてみたらお得かもしれないな。タダであちこち行けてるんだし!」
こずえ「そっかー……うふふー……。」


・『実は別の世界の住人』である事をほのめかすようなセリフがある
(デレマス「遊佐こずえ+(特訓後)」マイスタジオ)

こずえ「…こずえはねー…ここじゃないところからー…きたんだってぇ」


・みんなのはなしをきいているだけでしあわせなきもちになるらしい
(デレステ「遊佐こずえのウワサ」)

・かんたんじゃないことはあんまりないらしい
(デレステ「遊佐こずえのウワサ②」)
    
関連記事