ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2016

東郷あい 設定メモ

[ドライブトゥネクスト]東郷あい_[プロフィール]
身長:167cm
体重:45kg
血液型:AB
年齢:23歳
誕生日:2月7日
利き手:両
スリーサイズ:82/57/83
星座:水瓶座
出身地:福島
趣味:サックス

・街で大学の後輩の女の子たちに慕われている姿を見かけたPにスカウトされ事務所入りした
(デレステ「東郷あいとのメモリアル1」)

―街角―

女の子の一団が歩いてくる……

女性A「あいさん、この前、駅前に新しいカフェができたんですっ!コーヒーが美味しいんですって!今度いっしょに行きましょうよっ!」
あい「それはいいね。コーヒーは好きだよ。」
女性B「あいさんが行くなら、私も行きたーいっ!あいさん、この後はどうですか?」
あい「寄るところがあるんだ。すまないね。今日はこのあたりで失礼するよ。」
女性C「そうですかぁ……。今度ぜったいいっしょに行きましょうね!じゃあ、また……。」
あい「あぁ、気をつけて。またそっちにも顔を出すよ。」

女の子たちは名残惜しそうにしながら、去って行った……

P「すごい人気だ」
あい「ん?あぁ……大学の後輩でね。私を慕ってくれているんだ。……それで、君は?君もコーヒーを誘ってくるのかい?」
P「(名刺を差し出す)」
あい「フム。芸能事務所のプロデューサーか。こういうのには覚えがあるよ。それで、君は私に何をさせたいと?」
P「アイドルを」
あい「私をアイドルに……?フッ……君は面白いことを言うな。芸能事務所というからにはモデルかタレントかと思えば……私にアイドルを勧めるとは……。アイドルはどちらかというと男性からの需要に応えないといけない職業だろう。私はあいにくと、男性に媚びるのが得意ではなくてね。まぁ、君がさっき見たように女性にはウケがいい方だが……。そんな私にアイドルをさせようというのかい?」
P「どちらも魅了すればいい」
あい「へぇ……現状にとらわれるな、というわけか。なかなか面白いことを言うな……。男女ともに魅了する、私にはそれができると?」
P「できるようにする」
あい「フフッ……やはり面白いな、君は。私を成長させる、ということか。しかし、なぜ私に声を?そんなことができると思ったのかい?」
P「できないとでも?」
あい「はっはっは……まったく、面白いな。君の態度を見ていると、私にもできそうな気がしてきたよ。アイドルとやらが、さ。……いいだろう。私がアイドルになったからには、みんなを魅了するために、君にも存分に働いてもらうよ。覚悟するように。いいね?」


・アイドルになるまでは得意な事だけをこなして賞賛を得てきていた
(デレステ「東郷あいとのメモリアル2」、「東郷あい【N】」親愛度20)

―事務所前―

あい「初レッスンだな。外に出てきたわけだが、これから何をするんだ?」
P「走り込みを」
あい「体力作りというわけか。運動は苦手ではないし、問題はないと思うよ。それじゃ、行こうか。」

あい「はぁ……はぁ……これほどキツイとはな……。少し、休憩させてくれないか。」

あい「はぁ……。走りきれると思っていたんだが、この有り様だ。情けないな……。君もそう思うだろう?」

P「思う」
あい「フッ、ストレートだな。ストレートな物言いは嫌いじゃないが、胸にくる……。長らく、こんな思いはしていなかった……。今まで、自分が得意なことしかしてこなかったんだ。そうしたら、賞賛を得るのは容易だった。でも、今は違う……。」
P「アイドルは甘くはない」
あい「……そのようだな。だが、ここで諦めるのが一番甘えているんじゃないか?……休憩は終わりだな。行こうか、プロデューサーくん。最後まで走りきってみせるよ。」

※P「思わない」選択時。
P「思わない」
あい「甘やかしてくれるのか?……あぁ、そうか、私は今まで甘やかされてきたんだな。今まで、自分が得意なことしかしてこなかったんだ。そうしたら、賞賛を得るのは容易だった。でも、今は違う……。」

あい「そうだな……。正直に言うと、アイドルは……予想以上だったよ。今まで、物事に挑戦するときに、それほど苦戦した記憶がなくてね。でも、今の私には課題が山積みだ。恥ずかしいことだとは思っていないよ。むしろ、嬉しいし、誇らしい気持ちだ。人として、また成長できるだろう。」


・もともと写真を求められる事が多かったため、写真撮影には慣れている
(デレステ「東郷あいとのメモリアル3」)

―撮影スタジオ―

あい「ポーズは、これでいいのかな?」
カメラマン「うん、いいよいいよー。キマってるねー。」
あい「……………………。」

―撮影後―

あい「ふぅ。こんなものかな。」
P「慣れているね」
あい「あぁ、撮られること自体は慣れているかもしれないな。昔から、友人や後輩にねだられることが多くてね。だが……本当にこれでよかったのかい?」


・意識的に男性のように振る舞っているわけではなく、可愛い物を好む一面もある
(デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」撮影現場 プロデュース、ノーマルコミュ、デレステ「[美貌の麗女]東郷あいの特訓エピソード」、「東郷あい【N】」ルームタップ時)

あい「この衣装、やや少女趣味かな…だが、嫌いじゃないよ」

あい「しかし、私にこんなかわいらしい役とは…まぁ、おおかた見当はついているが…」
パーフェクト⇒あい「やはり、君だな。こういうのが好みなら、今日はきっちり演じてみせよう…フフッ」
グッド⇒あい「実は嫌いではないのだがね。春は新境地開拓にはいい季節かもしれないな」
ノーマル⇒あい「まぁ、できないわけではないさ。人間、不可能と思った瞬間から成長が止まるのさ」

あい「ファンサービスもすんだことだし、行くとしようか。今日のお仕事は終わりだったはずだな。どこかへ連れて行ってくれてもいいんだ。」

デレステ_2017-09-15-09-40-31

あい「まさか、こんなに可愛らしい場所へ連れてきてもらえるとはな……。冗談でも、どこかへ連れて行けと言ってみるものだな。柄にもなく、はしゃいでいるよ。……素直に嬉しいんだ。君が私を知っていてくれること。普段は、女性ファンに黄色い声援をもらうことが多いだろう。男性のように振る舞おうとしているわけではないんだが……。アイドルとして、格好よさを求められているのなら、それに応えるまで。完璧にこなしてみせるし、自信もあるよ。でも、知っていてほしい。それが私の全てではないと……。私だってスカートも穿くし、花だって愛でる。私が自分の在り方に迷ったりしないように……。君だけは、本当の私を知っていてほしい。本当の私を知る君のプロデュースなら、信じていけるからな。さぁ、今度はどんなふうに魅了してあげようか。可憐に、華麗に。仰せのままに。今日の私は、優秀な執事だからな。」

あい「スカートも履くさ。そのうち目にする日もくるだろう」

※過去カードを見るに私服がスカートな事はちょくちょくあるのだが、デレマス「[エレガントI.C]東郷あい+(特訓後)」のお仕事セリフによると着慣れているわけではないらしい。

あい「いまいちスカートには慣れなくて…」


・嗜む程度にはお酒は飲む。だがそこまで強くはない
(デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」お花見会場 プロデュース、ノーマルコミュ、エンドレスプロデュース ノーマルコミュ、「アイドルチャレンジ 目指せ優雅なお嬢様」西園寺邸」)

あい「お酒の嗜みくらいはあるよ。強いかは…どうかな」

あい「うう…少し飲まされすぎたか…なんだか…意識が…」

あい「プロデューサーくん、すこしノドが乾いてしまったよ。私の飲みたい物はわかっているだろうね」
パーフェクト⇒あい「そうそう、これが飲みたかったんだよ。ふたりで飲み比べといこうじゃないか」
グッド⇒あい「ジュースか。まあいい、未成年の子たちもいるしな。酔いの不足は、桜の花で補おう」
ノーマル⇒あい「…イカ焼きを渡されるとはな。やれやれ。…味は悪くないが、私は不満だ」

あい「いくら宴席とはいえ、私が正体をなくすわけがないだろう?心配のしすぎだと思うが…」
パーフェクト⇒あい「たまには一緒に正体をなくしてみるか?君となら、とことん飲み明かすのも悪くない」
グッド⇒あい「仮に自分を見失ったとしても、プロデューサーくんがフォローしてくれるから安心だよ」
ノーマル⇒あい「むしろ私がプロデューサーくんの見張りをしないとな。…たしなむ程度に頼むよ」

※「正体をなくすわけがない」とは言っていたものの、飲みすぎるとこんな感じになってしまう。

あい「フフ、すこし気分が…よくなってきたな。プロデューサーくん、そこを動くんじゃない…」
パーフェクト⇒あい「フフッ、そうさ。おとなしく目を閉じていればいい…。たまには…甘えて…」
グッド⇒あい「写真はやめてくれよ…。こんな姿を残されるのは…さすがにはずかしいさ…」
ノーマル⇒あい「こら、どこへ行く?私は動くなと言っただろう?待つんだ…待つ…」

あい「ウ…。し、しまった…。すこし気分が…。プロデューサーくん、すこし…休ませてくれるか…」
パーフェクト⇒あい「背中を貸してくれるか…あぁ…楽だ…しばらく…このままで…いて…」
グッド⇒あい「冷たいタオルか…。ありがとう…。普段は弱くないのだが…調子に乗りすぎたよう…だ…」
ノーマル⇒あい「ちょっと…向こうれ休憩を…。らいじょうぶ、ついてこなくて、らいじょうぶだから…」

あい「とてもいいワインのテイスティングをさせてもらったが…これは、酔う…」

※酔うとPに大胆に迫ってくるが、酒が抜けると忘れてしまう模様。

デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」結果発表FLASH 最終結果発表より。

あい「あぁ、ちょっといいかプロデューサーくん。花見の席では、その…ありがとう。礼を言うよ。きみがプロデュースしてくれて、仕事も順調に進んだし、なによりとても楽しく過ごせたからね。その…酔って君になにかしていなければいいんだが…とにかく、ありがとう。また頼むよ」

※デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOPより。

あい「酒は、飲めなくはないが苦手なんだ。酔うより先に眠くなってしまって…イタズラは勘弁だよ」


・髪が細く、トリートメントが馴染みやすい
(デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」撮影現場 ノーマルコミュ)

あい「風で少し後ろ髪が乱れてしまったようだ。プロデューサーくん、君のセンスで手直ししてくれるか?」
パーフェクト⇒あい「…プロデューサーくんに髪をいじられていると、不思議な気分さ。…あぁ、不快ではないよ」
グッド⇒あい「フフッ、髪が細くて驚いた、かい?トリートメントはなじみやすい方でね。手入れも楽で助かるよ」
ノーマル⇒あい「少し伸びたかもしれないな。暖かくなってきたし、髪型を変えるのもありかもしれないな」


・幼い頃は髪を伸ばしていた
(デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」撮影現場 ノーマルコミュ)

あい「役であればなんでも演じるが…もし桜の精がいるとしたら、どんな姿なのだろうな?」
パーフェクト⇒あい「私の姿そのままだって?フフッ、あまり桜の精をその気にさせると…惑わされるんじゃないか」
グッド⇒あい「少女、か。幼い頃は髪が長かったから、プロデューサーくんが見ても気づかないかもな」
ノーマル⇒あい「桜のかぶりものをしているのか?それはバラエティ担当のアイドルに任せようか…」


・異性と話した事がほとんどないため色恋は苦手
(デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」撮影現場 スペシャルコミュ、エンドレスプロデュース ノーマルコミュ、ぷちデレラ「Viレッスンエピソード1」、デレステ「東郷あい【N】」ルーム)

あい「演じる仕事で言えば色恋の絡む役はハードルが高いな。経験の問題なのだろうか?」
パーフェクト⇒あい「そうだね。咲かせてみようか、遅咲きの桜…だが、アイドルだから秘めた恋、かな」
グッド⇒あい「じつは色恋は苦手でね…。どうも男性より女性に好まれやすくてね…困ったものさ」
ノーマル⇒あい「経験があるかどうか?無粋だなぁ、君は…」

あい「桜を見ていると、入学式を思い出すな。もうずいぶんと経つが…学生時代のこと、覚えているか?」
パーフェクト⇒あい「美少女…さぁ、どうだろうな。女の友達は何故か多かったよ。男は…あまり話した記憶が無いな」
グッド⇒あい「昔の友だちが今の私を知ったら、さぞ驚くだろうな。まさかアイドルだなんて」
ノーマル⇒あい「…10年も経っていないぞ。私はアラサーではないからな」

あい「実は……色恋沙汰が絡む演技が苦手でね。今日のレッスンはそこでつまづいたから……自分なりに、分析していたんだ。意外かい?昔から、周りにいるのは同性ばかりで……異性と話したことが、ほとんどないんだよ。経験不足が表れたわけさ。」

あい「男友達は…思い当たらないな。周りは気づくと女性ばかりだからね」


・コーヒーはブラック派
(デレマス「[美貌の麗女]東郷あい(特訓前)」マイスタジオ、デレステ「東郷あい1コマ劇場②」、デレステ「[美貌の麗女]東郷あい+」ホームタップ時)

東郷あいデレステ1コマ劇場②

あい「ブラックだが…飲むだろう?」

あい「ウェルカムドリンクは、ブラックコーヒーで。お好きですか?」


・「美学が貫かれているかどうか」がクルマ選びのポイントらしい
(デレマス「[美貌の麗女]東郷あい(特訓前)」マイスタジオ)

[ドライブトゥネクスト]東郷あい

あい「美学が貫かれているかどうか。私のクルマ選びのポイントはそこさ」

あい「この機能美…。笑みが漏れるよ」


ちなみに乗っている車はイラストを見るに『アルファロメオ ジュリア・スプリント』っぽい?

・社交パーティーに参加したことがある
(デレマス「アイドルチャレンジ 目指せ優雅なお嬢様」スタジオ練習)

あい「実は私も社交パーティーの経験がないわけではないんだが…」


・テーブルマナーにはあまり詳しくない
(デレマス「アイドルチャレンジ 目指せ優雅なお嬢様」西園寺邸)

あい「テーブルマナーというのは意外と知らないものだな…。勉強になるよ」


・薫のことは手のかかる妹のように思っている
(デレマス「新春LIVEツアーカーニバル」ライバルユニット 新春コレクション12's、「アイドルチャレンジ 目指せ優雅なお嬢様」リハーサル、「[貫禄のお嬢様・S]東郷あい(特訓前)」マイスタジオ)

※出現時
あい「優雅なだけがアイドルではない。新年の心意気、いなせに表現しよう」

※LIVE開始時
あい「私たちの出初め式だ!」

※勝利
あい「フフッ、私らしくないか? めでたい日に、野暮は言いっこなしだ」

※引き分け
あい「よしよしいいぞ、薫くん。つきたてのお餅めざして、頑張ろうな」

※敗北
あい「ははは、派手に決めてくれたね。見たまえ、参拝客も大喜びだ」

あい「薫は…どうにも放っておけなくてね。手のかかる妹みたいだ。」

あい「ほら薫、衣装を汚さないように気を付けよう。お嬢様らしくな」


あいかおるシンデレラガールズ劇場
シンデレラガールズ劇場での競演も多い
第189話、第190話、第622話より

・世話好きな性格
(デレステ「[美貌の麗女]東郷あい」ルームタップ時、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、 Lv11~20、 Lv21~30)

あい「君も世話好きなのか。気が合うな」

あい「頼まれごとは、断らないようにしているんだ。いざという時に、誰かを頼れるようにもね」

あい「気配りが上手だと、現場のスタッフさんに礼を言われたよ。何気ないことでも、嬉しいものだ」

あい「子供相手だと特に、世話を焼いてしまうんだ。お節介だと思われていないだろうか?」


シンデレラガールズ劇場第473話
シンデレラガールズ劇場第473話より
薫の口を拭いてやるあいさん

・学生時代はよくスキー場に通ってスキーをしていた
(デレマス「[白銀のシュプール]東郷あい(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ)

[白銀のシュプール]東郷あい

あい「フッ、拍手は勘弁してくれ。久々のゲレンデで、内心ヒヤヒヤものさ。だが、プロデューサーくんの前で格好つけることはできたかな。案外、体は覚えているものだね。さぁ、次はふたりでシュプールを描こうか!」

あい「学生時代はよく通ったものさ。雪に惚れ込んでいたのかもな」


・前髪を下ろしてみる気はあまりない?
(デレステ「東郷あい【N】」ホームタップ時)

あい「前髪を下す…?どういうことになるか予想はつくだろう」


・アイドルにスカウトされたのは大学卒業後でありながら未だ進路を決め兼ねていた時期らしい
(デレステ「東郷あい【N】」ルーム)

あい「大学を出て、どうするかってときだったからね。挑戦もいいだろう」


23歳という年齢もあり既に大学卒業後だとは思うのだけれど、アイドルになる前はどういう生活を送っていたのかは2017年9月現在いまいちハッキリしていない。

・ミュージカルが好き
(デレステ「東郷あい【N+】」ルーム)

あい「ミュージカルが好きだと、なぜバレたのかな…?」


・「美しくあろう」と昔から心がけている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

あい「美しくあろうと、昔から心がけている。心の在り方、日頃の振る舞い、そういった部分でね」


・目立つことは特別好きでもない
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

あい「目立つのは嫌いじゃないが、特別好きでもない。主役になるのは、自分のステージだけで十分さ」


・学生時代は運動部ではなかったらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ベースレッスン Lv1~10、Voテクニカルレッスン Lv1~10)

あい「こうしていると、過ぎ去った青春を感じる…別に、運動部に所属していたことはないがね」

あい「昔、後輩に熱心にせがまれて、合唱部を手伝ったことがあったな。フフッ、懐かしい想い出だ」


・「感情があまり顔に出ない」とよく人に言われてきた
(デレマス「ぷちデレラ」Viテクニカルレッスン Lv1~10)

あい「感情があまり顔に出ないと、よく言われたものだ。自分では、そんなつもりはないのだがな」


・アドリブ演技がやや苦手
(デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」撮影現場 スペシャルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20)

あい「アドリブというのは、スラスラ出てこないものだね。なにかうまいコツでもあるのだろうか?」
パーフェクト⇒あい「口に出してみる勇気、か。プロデューサーくんはなかなかいいことを言うね」
グッド⇒あい「息をするように役になりきれていれば、きっと違うのだろうな…ありがとう、良いアドバイスだ」
ノーマル⇒あい「まぁ、私個人はアドリブを入れるのはあまり好きではないが、早苗さんに合わせるとなると、な…」

あい「しっかりした筋書が用意されている仕事は、ありがたいな。アドリブはどうも難しくてね…」


・あまり汗をかかないタイプ
(デレマス「ぷちデレラ」ベースレッスン Lv11~20)

あい「あまり汗はかかない方なんだ…って、君。近いぞ。確かめられても、その…反応に困るんだが」


・レッスンがない日も運動するのが日課になっている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP ボード2(Vi)解放セリフ)

あい「レッスンがない日も、体を動かすのが日課になってきたよ。何かスポーツを始めるのもよさそうだ」


・「リードされたいアイドルのランキング」に名前が挙がっている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

あい「リードされたいアイドルのランキングに、私の名前が載っていたよ。物好きなファンが多いな…フフッ」


・アイドルになってからファッション選びにかける時間が増えた
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

あい「アイドルになってからは、ファッション選びにかける時間が増えたな。悩む時間も楽しんでいるよ」


・演奏に使っているサックスは「アルトサックス」
(デレマス「第10回ぷちデレラコレクション ぷち衣装「アルトサックス」フレーバーテキスト」、[ハンサムレディ]東郷あい カードイラスト)

[ハンサムレディ]東郷あい

キラキラ美しい音色を奏でるアルトサックスです。こう見えて、木管楽器。


・小さなバーのステージでたまにサックスを演奏するらしい
(デレステ「東郷あいのウワサ」)
関連記事