ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2016

藤原肇 設定メモ

[待ちて玉桂]藤原肇_[プロフィール]
身長:161cm
体重:43kg
血液型:B
年齢:16歳
誕生日:6月15日
利き手:両
スリーサイズ:80/55/84
星座:双子座
出身地:岡山
趣味:陶芸、釣り

・自己表現が苦手な事により陶芸の道に行き詰まったため、まず色々な経験を積んで自分を変えるためにアイドルのオーディションに挑戦した
(デレステ「藤原肇とのメモリアル1」)

―オーディション会場―
P「次の方……。」
肇「12番。藤原肇です。よろしくお願いします。まずは、志望動機、ですよね。えっと……。志望動機は……これです。」

少女は焼き物を取り出した……

肇「これを見てどう思われますか?」
P「地味な焼き物だ」
肇「地味……。そう、ですよね……。さすが、アイドル事務所のプロデューサーさん。確かな審美眼をお持ちですね。そう、地味で面白くない器です。……これは、私です。」
P「???」
肇「これ、私が焼いた器なんです。おじい……あ、祖父が陶芸家で、私も幼い頃から陶芸をたしなんでいました。だから、祖父に陶芸の道に進めと言われたんです。でも……私は陶芸の道を選べませんでした。挑戦や自己表現が苦手で、無難なものを選びがち……。そんな私じゃ、陶芸でも……いいえ何をやっても、いいものは生めません。そんな自分を変えたいと思ったんです。だからまずはその一歩として、憧れだった華やかな世界……。アイドルの世界へ飛び込みたいと思ったんです。ここなら、もっといろいろな経験ができると思いましたから。でも……見たところ、不採用でしょうか。私よりもっと確固たる理由を持った方がいましたし、私よりアイドルに向いていそうな、華やかな方もたくさん。」
P「器が小さい」
肇「……おっしゃるとおりです。祖父にも、同じことを言われました。でも私、頑張ります。頑張りたいんです……!」
P「何を表現したい?」
肇「えっ……アイドルになって表現したいもの、ですか……?それは……それは……まだ、わかりません。自分という器に、なにが入れられるのか。……でも!良い器は、どんなものをも、美しく引き立てます。そんな器に、私を変えていただけませんか?」
P「わかった」
肇「採用、ですか? ……ありがとうございます!私、自分を表現できるように……いえ。表現しても恥ずかしくない自分になれるよう、頑張ります!」




・生地をこねるのも得意らしい
(デレステ「藤原肇のウワサ」)

初期Nはじめちゃん
初期Nのこの服装が一部Pに「うどん職人みたい」と言われていたネタを
公式が取り入れたのかもしれない
ただし2017年1月現在、公式で肇がうどんに言及した事はない

・地元の川に棲む主との勝負がまだついていないらしい
(デレステ「藤原肇のウワサ②」)
    
関連記事