ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2016

鷺沢文香 設定メモ

[聖夜の燈火]鷺沢文香_[プロフィール]
身長:162cm
体重:45kg
血液型:AB
年齢:19歳
誕生日:10月27日
利き手:右
スリーサイズ:84/54/81
星座:蠍座
出身地:長野
趣味:本屋めぐり・栞作り

・叔父の経営している書店でバイトしていた時にPと出会い、その後再会した時にスカウトされ、最初は悩んだものの「これも何かの縁かもしれない」と考え話を受けた
(デレステ「鷺沢文香とのメモリアル1」)

―カフェ前―

読書をしている少女がいる

文香「………………………………。」
P「(声をかける)」
文香「………………?……私に、何かご用ですか?……あ、貴方は……先日、書店にいらした方、ですね?たしか、芸能雑誌や写真集を何冊も買われて……それと、アイドルをお求めとか。」
P「(名刺を出す)」
文香「……芸能プロダクションのプロデューサー……?はぁ……それで、資料を買われていたのですか。……ですが、今日は書店はお休みです。私も、ご覧の通り、今日は本を読んでいるただの学生です。」

話をした

文香「……はい……鷺沢文香と申します。……今は学生で……、大学の文学部に通っています。書店は叔父が経営していて、私はそこでアルバイトを。……本が、お好き……なのですか。その、書を探している貴方は、真剣に見えたものですから。お仕事に、情熱を傾けているのですね。……きっと。」
P「(スカウトの話を切り出す)」
文香「……私を、アイドルに……ですか?………………………………。……あの、やはりお話がよく飲みこめないのですが。……すみません、今日はこのあたりで、失礼します。」

―数日後―

文香「……立派な建物……まるで近代図書館のよう。ここが……芸能プロダクション……。」
P「あなたは……」
文香「……あ。……お久しぶりです。突然おしかけてしまい、すみません。……実は、あれからいろいろと考えたのです。……アイドルに興味があるわけではないのですが、合縁奇縁、一期一会……という言葉もあります。貴方と出会ったのも……何かの縁かもしれない、と。あの……もう一度、貴方の言葉で聞かせていただけますか。アイドルという、まだ見ぬページの物語を。……時間は、ありますから。」









・「[密やかな饗宴]鷺沢文香+」のポスターは彼女の叔父が経営する書店で配布されている
(デレステルーム「鷺沢文香のポスター②」)

2017y02m03d_161744238.jpg

鷺沢文香のポスター。
文香の叔父が経営する書店で、小説を3冊買うと、1枚もらえる。
100枚に1枚、サイン入り。(限定10枚)


・食には無頓着な性格であり、それもあって料理もしない
(「PARTY TIMEは終わらない」)

かな子「あ、あのっ!文香さんは好きなケーキとかありますか?そもそも、普段甘いものとか食べます?」
文香「好きなケーキなどは特に…甘いもの、というと…幅が広すぎて、回答に困るのですが…そもそも、食に対して、あまり気を使わない人間です…」

***

かな子「文香さんは、お菓子作りとかしますか?」
文香「私は、そのようなことはまったく…不器用ですから、料理すらしません…」


・電子書籍に手を出さないのは際限なく本を買ってしまうのが怖いからな模様
(デレステ「鷺沢文香1コマ劇場②」)

鷺沢文香①コマ劇場②

・雨上がりだけは、いつも顔を上げて空をみるらしい
(デレステ「鷺沢文香のウワサ」)
    
関連記事