ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

08 2011

ファンタズム(GB版)

VC_convert_20110607233148.jpg

3DSを「2.0.0-2」にアップデート!

これにより「ニンテンドーe-shop」で買い物ができるようになりました!
他にも様々な新機能が追加されましたが、その辺はまあ公式でも見てください。
※(追記:最新のアップデートでDSソフト、DSiウェアの画質が改善されました。
  スパロボなどのゲームでは滲みが非常に気になる感じだったのですがきれいに取り除かれています。
  比較用の画像を用意できないのが残念)


インターネットブラウザでは他人の撮影した3D画像をそのまま見る事ができるのが楽しい。
楽しすぎる。
画像掲示板ではさっそくMPO(3D画像の拡張子)画像スレが盛況だったりします。

ただこの更新を行うと「3D Movie スーパーマリオブラザーズのテーマ」削除されます。
期間限定ってそういう意味だったのね・・・
ですがムービー自体は任天堂の公式サイトで見る事が可能です。
(「2011年1月8日 任天堂ゲームミュージックライブ」で視聴できます。当然2Dですが。)

さっそくニンテンドーe-shopのVC(バーチャルコンソール)でファンタズムを購入!
タイトル_convert_20110608041012何気に3D表示が可能
セレクトもしくはスタートを押しながらゲームを選択する事で、
上記のようなオリジナルの画素数に変更可能です。
(デフォルトでは拡大表示)

拡大&色合い変更_convert_20110608041023
また、L+Rを同時押ししながらYボタンを押すことでGB本来の色合いに変更させることもできます。
地味に凝ってるなぁ。
あとはどこでも自由に中断が可能。
次回起動時に復帰する事が可能です。
(再開すると保存されていたゲームの状況は消えます)

ボタン数的に余るYボタンとXボタンは以下のように設定されています。
Yボタン→セレクト
Xボタン→VCメニュー
キーコンフィグがあったら嬉しかったんですけどね。
あと、VCの解説書は独自の物になってるんですね・・・

PSゲームアーカイブスのように本来の解説書が読めたら嬉しかったんですが。
GB版ファンタズム

ストーリー


OP1_convert_20110608045104.jpg

ある日、ぼくが彼女と歩いていると見知らぬ男たちが襲ってきた。

OP2_convert_20110608045113.jpg

奴らは彼女を連れ去ったうえ、ぼくに拳銃を向けて・・・。

OP3_convert_20110608045122.jpg

OP4_convert_20110608045130.jpg

気がつくとぼくは、見知らぬ部屋にいた。
声を出そうとしたが、おや?声が出ない。
すると後ろから声がした。

「きみはもはや人間ではない。
ゴーストエネルギー体としてわしがここへ呼び寄せたのじゃ」
振り返ると、彼女のお父さんが立っていた。
ここは、彼女のお父さんの研究室だったのだ。
「きみを巻き込んでしまって、すまないと思っている。
 すべては、わしのゴーストエネルギーの研究を狙う、
 悪の秘密結社の仕業なのじゃ」

彼女のお父さんは、ぼくの目をじっと見たまま続けた。

「きみのエネルギーにも限りがあるが、一刻も早く、
 さらわれた娘を助け出してほしい」

ぼくの胸に(胸なんてもうないけど)熱いものがこみあげてきた。
彼女とぼくをこんな目にあわせた奴らを絶対に許さない!

いきなり暗い展開で始まるストーリー。
反面ゲームの雰囲気自体は明るめです。
ノリの良い明るい音楽も耳に残ります。

幽霊となった主人公を操り、敵に乗り移って先へ先へと進めていくアクションゲーム。
乗り移れる敵は個性的なキャラが多く、
ピストルを武器とする「ピストルギャング」
足が速くジャンプ力も高いが攻撃はパンチとキックな「アマゾン」
ジャンプボタンを押した長さだけ高~く上昇可能な「ニンジャ」
杖から光弾を発射できる猫耳の「魔法使い」
などなど・・・

レーザー男_convert_20110608132931画像は彼女の次に強い「レーザー男」

ゲームに慣れてきたら、敵キャラ一人に絞ったプレイでクリアを目指すなんて遊び方でも楽しめます。

グラフィックはアーケードと比べるとクドさが大分薄れた感じに。
【参考画像あり 過去雑記】

アーケードからの変更点は結構多く、
(ゲームスピード、雑魚キャラのオミット、最大HPの統一、敵を一掃するアイテムの削除、
 自分の意思で現在のボディを捨てる事ができる、トゲ地帯に触れるとダメージではなく1ミスに変更、
 ステージの一部簡略化等等・・・)

なにより大きい変更点が、
1ミスすると、
ボス戦だろうがなんだろうがステージ頭からリトライさせられるようになった
という仕様に変更された事。
(アーケードではその場復活)

地味にキツイですが、
鍵を回収したり、暗号のブロックの文字登録のフラグは立ったままになるのでその辺は安心。
何度も挑戦して、ダメージをなるべく受けない立ち回りを身に付けないといけませんよ。

囚われた彼女を救出するための3つの鍵は2面、5面、6面にそれぞれ配置。
こいつを集めて彼女を救ってクリアしないとバッドエンド一直線。
まあ普通に遊んでればすぐに見つかるんですけど。

救出_convert_20110608135028

憑依
彼女を見事救出すると、イベントが発生し彼女に乗り移ることになるのですが、
この彼女の能力が非常にハイスペック。

ラスボス戦
その能力たるやラスボスですらあっさりと倒せてしまうほど。
いつの間にか所持している強力なレーザーガンで圧倒できます。

そのため、彼女を救出せずにラスボスに挑んで勝利すると流れるバッドエンドの方が、
かえって見るのが難しいという事態に。
悲しいエンディング

ED1_convert_20110608140847.jpg

ED2_convert_20110608140855.jpg

ED3_convert_20110608140903.jpg

ED4_convert_20110608140911.jpg

ED5_convert_20110608140920.jpg

ED6_convert_20110608140928.jpg

プレイ後に余韻を残してくれる悲しいエンディング。
でも主人公は幸せそう・・・
涙腺に来るセリフだと思ってます。

ちなみにアーケード版では、
彼女の瞳の色が主人公のものに変化しており、
演出の細かさをうかがい知る事ができます。
AC版 (2)オープニング

瞳の色が!_convert_20110608141541エンディング
小ネタいろいろ

・キャンセル攻撃
通常攻撃を行うとアクションを行っている間若干の硬直時間があるが、
↓(しゃがみ)を行う事でその「間」キャンセルできる。
これを利用すればちょっとした連射攻撃ができる。
ショット系の技だと2連射しか出来ないのは変わらないが、
連射の感覚を短くする事は可能。
ボス戦ではごっそり体力を奪う事が可能な小技。
アクションゲームではよく見るテクニックですけどね。

・幽霊の状態でスタート
ゲーム開始時の練習ステージで誰にも乗り移らず放置すると強制的にステージ1が始まる。
ネタ1_convert_20110608043627

ネタ2_convert_20110608043637
近くに居る敵は練習ステージのキャラと被っているので無視する事によるメリットはおそらく無いです。

・エキスパートモードに挑戦できる
隠し要素_convert_20110608135630
タイトル画面で↑+A+Bを同時押しするとタイトルロゴの上に「エキスパート」の文字が。
敵の配置や攻撃力が変更された高難易度のファンタズムに挑戦する事ができます。
このモードをクリアするといつものEDの後にちょっとした一枚絵が。
うそ~ん!_convert_20110608145222めでたいけどめでたくねぇ!

・いきなりエンディングを見る
タイトル画面で↓+B+セレクト(Y)を同時押しすると、
いきなりバッドエンディングが流れます。
BボタンをAボタンにするとグッドエンドも見る事ができます。
同時押しの判定はややシビアですが。

・隠し通路
ショートカット1_convert_20110628035522
ステージ3序盤の壁。
左の移動床から飛び移ればOK。
先には透明人間がいたりする。
ショートカット2_convert_20110628035530
ステージ4の下水の坂を上りきった先の長い穴を降りたところの壁。
エネルギー回復と透明人間があり。
ショートカット3_convert_20110628035539
またまたステージ4。
ボスの部屋の手前の左の壁に隠し通路が。
ショートカット4_convert_20110628035547
先にはエネルギー回復薬とレーザー男が。
こいつに乗り移ればボス戦も格段に楽になる。
操作感も良く、難易度も適度な高さなので、
手堅く作られた良作アクションゲームだと思います。
バーチャルコンソールで何を買おうか迷っているのならこのソフトをお勧めしますよ!

【参考動画】


【AC版の紹介動画】

関連記事

0 Comments

Leave a comment