ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

04 2018

桃井あずき 設定メモ

[スケルトンチアー]桃井あずき_[プロフィール]
身長:145cm
体重:40kg
血液型:A
年齢:15歳
誕生日:7月7日
利き手:右
スリーサイズ:80/55/78
星座:蟹座
出身地:長野
趣味:金魚すくい

・オーディションであえてかわいそうな雰囲気を演出して、プロデューサーに合格をねだる形で所属した
(デレステ「桃井あずきとのメモリアル1」)

―オーディション会場―

あずき「わ~、遅刻だ遅刻だ、遅刻だよ~。プロジェクトG、やりすぎちゃった~!はいはーい、桃井あずき、来てまーす!オーディション、まだやってるよね?ふー、間に合ったー♪」
P「プロジェクトGとは?」
あずき「プロジェクトGはね、ギリギリで会場に来て、大物っぽく見せる作戦なんだよっ。でも、やりすぎて面接時間終わっちゃったら、台無しだよね。……そんなわけで、あずきは合格?」
P「審査はこれからです」
あずき「あ、そっか!でもあずきをアイドルにした方がいいと思うよっ。センス、かなりいいから。自己紹介するとー、あずきは、呉服屋の看板娘で、キレイな着物をたくさん見て、育ったの。とってもアイドルに向いてると思うんだっ。ねえプロデューサー、合格にして~?してくれないと、あずき……。すぐに呉服屋の跡を継がなきゃいけないの。あーあ、アイドルしたかったなー、っていうか、プロデューサーのところでアイドルさせてほしいな~。」
P「……合格」
あずき「えっ、ホント?ホントに合格!?やったぁ、かわいそう作戦、大成功!作戦の内容はねー。さみしそうな顔して、プロデューサーにやさしくしてもらうの!ね、あずき、アイドルの才能あるでしょ?えへへ♪」


・実家は呉服屋。しかし今は家を継ぐという事はあまり考えたくないらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、11~20、21~30)

あずき「実家は呉服屋さんだから、私服は和服が多いの。意外~!って言われるんだけどね」

あずき「実家を継ぐとか、そーいう話はまだあずきには早いもん。だから、今はアイドルに全力でっ!」

あずき「実家は呉服屋さんだから、私服は和服が多いの。意外~!って言われるんだけどね」

あずき「たまには落ち着いてる系のお仕事もいいかも?これでも呉服屋の元看板娘なんだし♪」


・「色んな服を着てみたい」という思いからアイドルを目指した
(デレステ「桃井あずきの特訓エピソード」)

あずき「あのね、プロデューサー。あずき、いつでも明るく楽しいから、学校とかでもまわりに人がたくさんなの!で、いつも教室で、ファッションショーしてるんだ!制服とか体操着とか、好きにアレンジして着こなすの!最初はみんなではしゃいで楽しんで、喜んでたんだけど、だんだん物足りなくなってきちゃった。だって……。私、呉服屋さんの娘だからっ。普段着より、もっと派手なのとか、すごいのとか、たくさん見てきてるもんね。さすがにお店のものを勝手に着たら怒られるでしょ?で、いろいろ考えて……思いついたの!アイドルなら、かわいいのとか、セクシーなのとか、たくさん着られるもんね。だから、これからあずきも変身しちゃう!えへへっ、和服をはらり着崩してみたよっ。どうかな、色っぽいかな?あずきのアイドル大作戦、ここからスタートだよっ!」


・畳が好き
(デレマス「[艶娘大作戦]桃井あずき(特訓前)」アイドルコメント)

あずき「あっ、プロデューサーさん…もぉ、待ちくたびれたよっ! 出番まだ?まぁ私はもうちょっとのんびりしててもいいかなーって思うの…なんか畳って落ち着くから大好きなんだよねっ!」


・着付けができる
(デレマス「[艶娘大作戦]桃井あずき(特訓前)」マイスタジオ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

あずき「実は着付けとか出来るんだよ!プロデューサーも和服着てみるっ?」

あずき「着付けって、みんな難しいって言うけど~、慣れれば簡単だよ?あ、ダンスと同じかも!」


・子どもっぽい事を気にしており、大人なセクシー路線を希望している
(デレマス「[艶娘大作戦]桃井あずき(特訓前)」マイスタジオ、お仕事、「[艶娘大作戦]桃井あずき+(特訓後)」お仕事、「[湯けむり大作戦]桃井あずき(特訓前)」マイスタジオ、マイスタジオ(親愛度MAX)、「[湯けむり大作戦]桃井あずき+(特訓後)」マイスタジオ、お仕事(親愛度MAX)、「第9回ドリームLIVEフェスティバル」6日目ライバルユニット 湯けむり華姫、「[桜祭りスマイル]桃井あずき(特訓前)」お仕事、「[桜祭りスマイル]桃井あずき+(特訓後)」親愛度MAX演出、「[フレンズ大作戦]桃井あずき+(特訓後)」アイドルコメント、マイスタジオ、親愛度MAX演出、「[ロワイヤル・スクエア]桃井あずき(特訓前)」マイスタジオ、「[サマーバケーション]桃井あずき+(特訓後)」アイドルコメント、デレステ「桃井あずき【R+】」ルーム、「[湯けむり大作戦]桃井あずき」ルーム、「[湯けむり大作戦]桃井あずき+」ホーム、デレマス「ぷちデレラ」)ボード6解放セリフ、Viレッスンエピソード2)

[湯けむり大作戦]桃井あずき_

あずき「色っぽい…ですか?」

あずき「大人っぽく…できたかなっ?」

あずき「プロデューサー、セクシー路線で攻める計画を立ててみようよっ!」

あずき「大人の色気ってこんな感じ?」

あずき「ん、ふぅ…お、今の息遣い、色っぽかったかな。つかえるかも!」

あずき「お色気大作戦!…は、あずきにはまだ早い?子供じゃないよ!」

あずき「プロデューサーにはちょっとオトナなあずきも見てもらおーっ!…え?」

※出現時
あずき「着物でLIVEなら、楓さんを参考に、大人の雰囲気大作戦で♪」
唯「それ面白そう!ゆいも大人の雰囲気でLIVEしちゃうよー☆」

※LIVE開始時
あずき「楓さん、お願いします!」
楓「ふふっ、参ります」

※勝利
あずき「作戦失敗!?残念ながら、あずきに楓さんは無理があったかなー」
楓「あずきちゃんと唯ちゃんは、元気な方が魅力的よ。これでいいの」

※引き分け
楓「私を参考にするなら…まずは一杯、飲みつつお話でも…」
唯「うちら未成年だから、ジュースでカンパイしちゃおっかー!」

※敗北
唯「えへへっ☆大人っぽいゆいたち、大人気になっちゃったね♪」
あずき「楓さんみたいに大人っぽくLIVEも勝って、作戦大成功だねっ!」

あずき「ちょっとだけセクシーを意識して、ファンを釘付け大作戦!」

あずき「セクシー路線もありだよね! プロデューサーさんをドキドキさせながら、私もドキドキできるんだもん♪頬が染まって桜色大作戦、成功ね!」

あずき「ふふふ…たまにはしっとりしたオトナのステージもいいよね?もちろんみんなと元気にLIVEするのもいいね!ファンのみんなもプロデューサーも、いろんなあずきでドキドキさせちゃうから♪」

あずき「オトナの魅力、出てるでしょ~♪」

あずき「アダルトあずきにプロデューサーがドキドキメロメロ大作戦のはずが、あずきの方が照れちゃった。でも楽しかったからいっか♪」

あずき「背伸びしたいっ。女の子だもん」

あずき「うっふーん♪ほらほら、プロデューサー、あずき、こんなポーズもできるんだよ?…だってここは夏のビーチ。オトナの女は「あばんちゅーる」な気分になっちゃったりするもんなんだよ~!」

あずき「見た目なら、先輩たちに負けないんだけどなー。中身、子供だから…」

あずき「子どもじゃないもん。お色気だって…た、たぶんね!」

あずき「こんなにオトナっぽくできるんだから!…成長、感じてくれてる?」

あずき「あずきは歌でもセクシー系でいきたいな。ファンのみんなには、いつもドキドキしててほしいもん♪」

あずき「あっ、プロデューサー!いいところに!あずき、ヴィジュアルレッスンを受けてたんだけど…新たな大作戦に協力してっ!おねがいっ!あのね、トレーナーに言われたの。あずきのヴィジュアルはアイドルとして合格だけど、まだまだ内面がともなってない。子どもっぽいって…。もうっ!あずきはもう15歳なんだよ!?子ども扱いされる年じゃないのに!あずきのセクシー大作戦、ぜんぜん成功してないっ!でも、あずき気付いたんだ。オトナの色気を出すには、まず内側から磨かないとダメってこと。これぞ、新・あずきのセクシー大作戦っ!そこでプロデューサーの出番だよ♪新しい大作戦がちゃんとできてるか、毎日、あずきをちゃ~んと見ててよね!約束だよっ!」


・あいの凛々しい雰囲気に憧れている
(デレマス「[桜祭りスマイル]桃井あずき+(特訓後)」マイスタジオ、「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」お花見会場 プロデュース、撮影現場 ノーマルコミュ、「アイドルLIVEロワイヤル お花見SP」第3ラウンドライバルユニット 桜花小町、「[サマーバケーション]桃井あずき(特訓前)」マイスタジオ)

あずき「東郷さん凛々しくて素敵…」

あずき「東郷さんって格好いい…なんかドキドキしちゃう…」

あずき「うわ、みんなの衣装もすごいなーっ! でもあずきも負けてないよねっ? ねっ?」
パーフェクト⇒あずき「あずきが一番かわいいって?プロデューサーさんったらもうー。えへへっ!」
グッド⇒あずき「早苗さんすっごくセクシー!プロデューサーさんもセクシーなあずきがいい?」
ノーマル⇒あずき「東郷さん…かっこいいな…浮気しちゃうかも…」

※出現時
早苗「さあ、桃色の悩殺衣装で、ファンの確保大作戦を開始するわよ!」
あずき「早苗さん、大作戦はあずきに言わせて欲しかったよぉ…」

※LIVE開始時
あい「大作戦、私も協力しよう」
あずき「あいさん、大歓迎ですっ!」

※勝利
あい「ふぅ…ファンのハートを取り逃がしたようだ。次はこうはいかないよ」
あずき「やったーっ!あいさんの、次の大作戦参加、決定だねっ!」

※引き分け
早苗「よぉーし!もう少しで、ファンのハートを根こそぎ確保よぉ!」
あい「よし、私が女性ファンを受け持とう!二人は男性ファンを頼む!」

※敗北
早苗「大量確保は成功!お姉さんからは、逃げきれないんだから♪」
あずき「あずきのプランが役にたったでしょ♪エッヘン!大成功だったねっ!」

あずき「東郷さん、カッコイイなぁ。あずきも早く、オトナな女性になりたいなぁ…」


・好きなテレビ番組はプロジェクトX
(デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」撮影現場 ノーマルコミュ)

あずき「プロデューサーさんはどんなドラマとか映画とか見るの? あずきに好きなの教えて~」
パーフェクト⇒あずき「あずきが好きなのはもちろんプロジェクト…え? そんなことよりジュース飲めって? なになに?」
グッド⇒あずき「そうだね、アイドル映画もありだと思うなっ! でもお仕事の研究みたいじゃない?」
ノーマル⇒あずき「いろいろ好きって、それじゃわからないよー。一番はどれなのかな~」


・口癖のように飛び出す「作戦」は独自に制作した計画書に纏めているらしい
(デレマス「アイドルプロデュース 春の桜祭り編・アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」エンドレスプロデュース スペシャルコミュ)

あずき「ねえ、またお花見に来れるかな? 約束してくれれば、あずき、もっとお仕事がんばれるよっ」
パーフェクト⇒あずき「明日!? そうだねっ、まだ散らないもんねっ。お花見大作戦は桜が咲いてる間、ずっと継続だよっ!」
グッド⇒あずき「来年だね。うん、じゃあ約束っ。ちゃんと作戦計画書に書いておくからっ」
ノーマル⇒あずき「桜の季節はあずきの季節って覚えてくれたら嬉しいなーっ!」


・寝る時に見る夢にはいつもプロデューサーが出てくるらしい
(デレマス「[メルヘン大作戦]桃井あずき(特訓前)」マイスタジオ(親愛度MAX))

[メルヘン大作戦]桃井あずき

あずき「あずきの夢には、プロデューサーがいつも出てくるのっ」


・衣装は基本的にセクシー系が好き
(シンデレラガールズ劇場第445話、デレマス「[ロワイヤル・スクエア]桃井あずき(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ(親愛度MAX)、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、ボード2解放セリフ)

シンデレラガールズ劇場第445話

あずき「おっ待たせー♪フリフリドレスを着てみましたー♪はい、拍手拍手ー!ホントはセクシー系ドレスが好きだけど、友だちのリクエストなら応えたいよねっ。名付けて、なかよしの大作戦に乗せられちゃおう大作戦!」

あずき「プロデューサーは、セクシードレスも見たいよねっ?ねっ?」

あずき「あずき、セクシー系が大好きだよっ。自信あるし、みんなをメロメロにするのって楽しいし♪」

あずき「もっとセクシーに攻めたいな♪名づけて、あずきの小悪魔大作戦!って、まだ早い?そんなー!」

あずき「セクシー系もカワイイ系も…どっちもカンペキにやっちゃうのが、あずきのアイドル大作戦だよ?」

あずき「セクシー路線が好きだけど、カワイイ路線もイケるよ!あずきのセクシー&カワイイ大作戦発動~っ♪」


・オフの日は服屋で色々な服をチェックしている
(デレマス「[チャイナ大作戦]桃井あずき(特訓前)」マイスタジオ)

あずき「オフの日でも、素敵な服のチェックは怠らないよ。呉服屋の娘だもん♪」


・作戦の中身まではあまり深く考えていないらしい
(デレステ「桃井あずき【R】」親愛度25、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

あずき「すごーい、プロデューサーって、作戦の中身、考えられるんだっ。あずき、名前しか浮かばないのに」

あずき「プランB…は実はなんも考えてなかったりしてー。土壇場を楽しんじゃおう大作戦、だよ♪」


・「どんな服でも似合う」と周囲に評判なスタイルとのこと
(デレステ「桃井あずき【R】」ホームタップ時)

あずき「あずきボディはねー、どんな服でも似合うって評判なのっ!」


・服の手入れ方法には詳しい
(デレステ「桃井あずき【R】」ルーム)

あずき「服のお手入れには、くわしいんだっ。タンスの中、虫干ししておく?」


・花札のルールは知らない
(デレステ「桃井あずき【R】」ルーム)

あずき「花札?できないけど…」


・小さい頃は紙風船やおはじきでよく遊んでいた
(デレステ「[艶娘大作戦]桃井あずき」ホーム、ルーム)

あずき「紙風船におはじき!じつは小さい頃、よく遊んだんだー」

あずき「紙風船、ポンポンする人ー?」


・変身するのが得意
(デレステ「[艶娘大作戦]桃井あずき+」親愛度300、ホーム、ルームタップ時、「桃井あずきとのメモリアル2」)

あずき「あずき、変身は得意だけど…。この格好のまんまでLIVEするのは、やっぱり大変だね。すぐ地が出そうになるし!役になりきったまま、歌ったり踊ったりできるのが、アイドル!プロデューサーに教わっちゃった!和風の格好だけじゃなく、パジャマとかドレスとかも試したいな!あずき、見返り美人だけど、振り向かないよ♪」

あずき「あずき、化けるの得意なんだ。アイドルになった今は、前よりもっと!」

あずき「お座敷ですか?ふふふ、喜んで…。得意の七変化を…」

あずき「あのね……あずき、お芝居は得意だと思うんだけど、セクシーなやつは自信ないんだー。プロデューサー、セクシーって、どこを磨けばいいのかな?声?見た目?それとも体の動き?」
P「全部」
あずき「ええっ、全部~!?そっか、一か所だけがんばっても、セクシーには見えないんだ。大変!でも……。あずきにできないことはないよっ。だって、文化祭の出し物で、なんにでも変身できる大スターだったんだから!」
P「どんな役を?」
あずき「女王様から道端の樹まで、なんでも!いつかお色気も身につけて、セクシーな王女様も、セクシーな樹もできるようになるからね!あ、樹にセクシーは余計かな。じゃあセクシーな王女様だけで……。えへへ……♪」


・帯を引っ張っても解けない独自の着付けを修得している
(デレステ「[湯けむり大作戦]桃井あずき+」ホームタップ時、ルームタップ時)

あずき「帯はあずき流にアレンジ!呉服屋の娘の、腕の見せ所だよね♪」

あずき「帯は引っ張ってもほどけないよ。桃井家直伝の着付けだもん」


・フリルドスクエアのメンバーの中ではあずきの大作戦は「決まらない」という印象らしい
(シンデレラガールズ劇場第331話)

シンデレラガールズ劇場第331話

・金魚すくいが得意
(デレステ「桃井あずき1コマ劇場①」)

桃井あずき1コマ劇場1

・父親は娘の着崩した衣装にあまりいい顔をしていない
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20)

あずき「アイドルの衣装とは言え、着物を着崩しすぎだーって、パパに怒られちゃった。カワイイのにー」


・アイドル活動を通して、以前よりは多少落ち着きを見せるようになったらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

あずき「最近、落ち着いてきたって、ママに言われるんだー。あずき、オトナになってきたかもっ」


・真剣な内容のお芝居では気を抜くと笑いそうになってしまう
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

あずき「真剣なお芝居の最中でも、気を抜くとつい笑っちゃって…。えへへ…、反省反省っ!」


・年下の子と一緒になると少しだけお姉さんの自覚が出て緊張するらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

あずき「年下の子と一緒になると、ちょっと緊張するよ。お姉さんの責任ってやつかな?悪くないね」


・四季の中では夏が一番好き
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

あずき「夏って、大好きっ!浴衣にお祭り、そして金魚すくい!あずき、すごーっく上手なんだよっ」

あずき「冬より夏だよねーっ!だって、たくさんドキドキさせてあげられるでしょ?ね、プロデューサー♪」


・実家の手伝いがあるため部活には所属していなかった
(デレマス「ぷちデレラ」ベースレッスン Lv1~30)

あずき「実家のお手伝いがあるから、部活はしてなかったんだ。こういうの、ちょっと憧れてたな♪」


・大人っぽい歌声をしているらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ボード3解放セリフ)

あずき「トレーナーに歌声がオトナっぽいってホメられちゃった!あずきのセクシーヴォイス大作戦大成功~!」


・歌うことが大好きで、カラオケに行くと声が出なくなるまで歌ってしまう
(デレマス「ぷちデレラ」Voレッスンエピソード1)

あずき「ふぅー…疲れたー!ヴォーカルレッスンなんて初めて受けたよ。あずき、歌うのは大好きだけど…歌の才能ってあるかな?どう?うん、歌うのはすごく楽しいよ!カラオケとかでも、友達と声が出なくなるまで歌っちゃうの。ついテンション上がっちゃうんだよね。でも、自分だけ楽しんでちゃダメってトレーナーに言われたんだ―。あずきはアイドルなんだから、ファンを楽しませなくちゃなんだって。ってことで、もっと歌が上手くならないとねっ!ヴォーカルレッスンをマジメに受けて、あずきの歌姫大作戦、始動だよ!えへっ!この作戦が成功したら、きっと大きなステージで、みんなが感動するLIVEができると思うんだ!プロデューサーも協力してよね♪」


・ダンスに苦手意識がある
(デレマス「ぷちデレラ」テクニカルレッスンDa Lv1~10、Lv21~30、Daレッスンエピソード1、Daレッスンエピソード2)

あずき「むー、ダンスって難しい…。ママに勧められた日本舞踊、習っておけば良かったよ~…」

あずき「ダンスもカンペキにできるようになりたいな♪あずきのダンス大作戦も、大成功させるんだからっ」

あずき「うーん、今日もキツかったぁ…。プロデューサー、ダンスって難しいんだね。思ったように体が動かなくて…いっぱいミスしちゃったよ…。指先まで意識を集中!って言われたけど、踊るのに夢中で、全然気がまわらないんだよね…。あずき、こういうのって苦手だなぁ。ママにもよく言われるんだ。あんたはそそっかしいんだから、もう少し落ち着きなさいって。はぁー…そうは言われてもね。ダンスには集中力とか、繊細さって言うのかな?そういうのも大事なんだよね。あーぁ、あずきにはムリな話なのかも…。でも、ダンスを踊れたらカッコイイでしょ?だから、あずきの踊り子大作戦!まずは気分から入って苦手意識を克服しちゃおーっと♪」

あずき「プロデューサー、あずき、やっとみんなと同じくらいに踊れるようになったよ!とりあえずは、ダンスもギリギリ合格ラインってとこかな?でも、他の子たちと踊ると、自分が浮いて見えるの…。スタジオの大きな鏡で見ると、あずきだけ微妙にズレてるのが、よく分かるし。それって、けっこうヘコむんだ。落ちこぼれになった気分で…。でも、それでもあずき、みんなと一緒にレッスンするの大好きだよ?だってみんな一生懸命だし、苦しい時も励まし合えて…。それに、年上の先輩たちは優しくって、すっごく憧れちゃうんだ!プロデューサー!あずき、この事務所に入れて良かったよ!この事務所で、みんなと一緒なら、どんな作戦でも成功しそうだもんね♪」


・学校の成績を落とさないよう勉強も頑張っている
(デレマス「ぷちデレラ」ステップアップエピソード1)

あずき「…ハッ!プロデューサー、お疲れさまっ。ゴメン、ちょっとウトウトしちゃった。レッスンと学校のテスト勉強が重なって…寝不足気味なの~。レッスンは大切だけど、学校の成績も大事だからね。アイドルが忙しいからって、成績が落ちちゃったら、親が黙ってないからさっ。学校とアイドルの両立大作戦っ!あずきだって、ちゃーんと考えてるんだから♪学校と、レッスンと、あとオフの日のこととかも!勉強も頑張って、レッスンも頑張って、オフの日は友だちと遊びたいっ!あ~、やりたいコトがいっぱいで時間がいくらあっても足りないよ。えへへ、プロデューサーの前だと、ついつい気が緩んじゃうね。明日からまた頑張るから、グチってたのは2人だけの秘密だよ?」


・かつて実家の呉服屋に訪れた和服美人のお客さんの姿が忘れられない思い出として記憶に残っている
(デレステ「[艶娘大作戦]桃井あずきの特訓エピソード」)

あずき「どうせなら、とびっきりの和服美人に撮ってほしいなー。あ、そうだ、プロデューサー。和服美人っていえば……。あずき、忘れられない思い出があるの。あずきの実家、呉服屋なんだけど、そこにすごい美人のお客さんが来たことがあって。和傘を差してて、あざやかな朱色の着物着てて……。本当にキレイだったんだ。まだ子どもだったあずきも見とれちゃって。で、マネっこ大作戦してみたんだけど、全然マネできなかったの、背も服も中身も、全然足りなくて……。あの頃はムリだったけど、アイドルになった今なら、届くかもしれないよね。かなえられなかった夢を、もう1回!えーい♪」

[艶娘大作戦]桃井あずき+

あずき「しゃららーん、そうそう、こんな感じ♪もう子どものあずきじゃないよっ。マネっこ大作戦パート2,今からはじめよー!」


・笑顔には自信がある
(デレマス「ぷちデレラ」ボード5解放セリフ、Viレッスンエピソード1、デレステ「桃井あずきとのメモリアル3」)

あずき「切ない顔やキメ顔もイイけど、笑顔が一番好き!この笑顔でトップを目指すよ!スマイル大作戦!」

あずき「お疲れさま、プロデューサー!今日はヴィジュアルレッスンで笑顔の練習をしたの!あずきの笑顔は、バッチリ可愛いって褒められちゃったよ!えへへ、あずき、笑顔は大得意だもんね。スマイル大作戦、大成功!でもまだまだこれから!次の作戦も、ちゃんと考えてるんだ!名付けて…あずきのセクシー大作戦♪あずきだって女の子だもん、やっぱ女の魅力で勝負できるようにならなきゃね♪うふっ!でも、セクシーな女の人って、どうやったらなれるのかな?うーん、もっと作戦を練り上げなきゃだね。プロデューサーも付き合ってよっ!セクシーなあずきは、ファンのみんなはもちろん、プロデューサーだってメロメロにしちゃうんだからねっ♪作戦は着実に進行中っ♪」

あずき「わかった。それじゃあ最初の1枚大作戦は、この服で。せーの、パチリ♪」
P「一発OK!」
あずき「わ、さすが、あずき!写真は結構自信あるんだー。笑顔の他に、切ない顔とかキメ顔とか自由にできるしっ。じゃあ今ので、最初の1枚大作戦は終了だね♪この次は、最高の1枚大作戦が始まるよ!この作戦は、あずきが思ってるより、ずーっと長い作戦になるかもしれないね。」


・反物の種類にはかなりくわしいらしい
(デレステ「桃井あずきのウワサ」)
    
関連記事