ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

20 2017

綾瀬穂乃香 設定メモ

SR_ [クーリッシュラブリー]綾瀬穂乃香_[プロフィール]
身長:161cm
体重:46kg
血液型:A
年齢:17歳
誕生日:5月29日
利き手:右
スリーサイズ:85/57/84
星座:双子座
出身地:宮城
趣味:バレエ

・バレエでの表現力に限界を感じ始めていたところをPにスカウトされ、一度自分を見つめ直すためにアイドルに転身を決めた
(デレステ「綾瀬穂乃香とのメモリアル1」)

―公園―

穂乃香「はぁ………………。」

ブランコで悩んでいる少女がいる

P「(話しかける)」
穂乃香「どちら様でしょうか。すみません、申し訳ないのですが、今からバレエのレッスンに行かなくてはいけなくて……。行かなくては……いけないのに……。」
P「お話しませんか」
穂乃香「お話……ですか?面白いことは言えませんよ。私、幼いころからバレエ一筋で過ごしてきたもので。同世代の人たちの好みや流行に、いまいち疎いんです。そう、将来の夢は、一流のプリマドンナになることで。そのために、子供の頃から一日も欠かさず練習を続けてきました。…………………でも。」
P「どうしました?」
穂乃香「最近、レッスンが上手くいかないんです。いえ、『上手くいかない』というのとはすこし違う……。なんだか、『楽しくない』んです。なぜでしょう……大好きだったバレエは憧れの夢のはずなのに。昔は楽しかったのに、最近は、トウシューズを履くのもつらくなってしまって……。きっと、私に才能がないからでしょう。自分の表現力に限界を感じてしまって、理想通りに踊れない。そんな自分が嫌で、レッスンも嫌いになってしまって。す、すみません……初対面の方にこんな悩みを打ち明けるなんて。私ったら、厚かましいですね。どうか忘れてください。」
P「アイドルになりませんか?」
穂乃香「アイドル……?テレビで踊ったりする人たちですか?……たしかに、一度バレエから離れて、自分を見つめ直すのも息抜きになるかもしれませんね。あ、すみません……『息抜き』だなんて失礼ですね。でも……よかったら、お話を聞かせていただけますか?アイドル……少し興味が出てきましたから。」


・バレエが楽しくなくなっていた理由は『プリマになってからどうしたいか』という目的が無かったため
(デレステ「綾瀬穂乃香とのメモリアル2」)

穂乃香「あの……綾瀬穂乃香です。夢は、一流のバレリーナになることでした。いつか日本最高のプリマになって……。それで、将来は……。将来……は……。」
P「…………?」
穂乃香「プリマになって……どうしたいんでしょう?その先はあまり考えたことがなくて……。あ……プロデューサーさん、なんとなくわかりました。最近バレエが楽しくなくなっていた理由……。きっと私には……目的がなかったんです。あったのは、プリマへの憧れだけ。プリマになって、なにをしたいのか、なにを伝えたいのか、そういうものが、私にはなくて……。……恥ずかしいです。バレリーナだったのに、踊るどころか、憧れに踊らされているだけ……。これでは行き詰まるのも当たり前ですよね。」

※子供の頃は褒められるのが嬉しくてバレエに取り組んでいたとの事。
デレマス「アイドルチャレンジ 先生と一緒に♪目指せおいしいパン作り」幼稚園の中庭 お仕事より。


穂乃香「子供のころは、お稽古に熱心でした。褒められるのが嬉しくて…」


・バレエは幼少の頃から続けてきた
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、ステップアップエピソード1、ステップアップエピソード2)

穂乃香「バレエは幼少の頃から続けてきました。もはや趣味というより、人生の一部ですね」

穂乃香「私は今まで、一流のバレリーナになるため、血の滲むような努力を続けてきました。幼少より練習を怠った日は一日もありません。でも、実は同時に、どうしても技術が上達しない…。そんな壁にぶつかっていました。なんだか、レッスンが「楽しくない」んです。あんなに大好きだったはずなのに…理想通りに踊れない…。ついには、トウシューズを履くことさえ苦痛になってしまって…。でもそんなとき、プロデューサーさんと出会って、私、考えたんです。思い切って違う世界に入れば、違う景色が見えるのかなって。正しい決断かは、まだ分からないけど…。私、自分を試したいんです。だからプロデューサーさん、これからもよろしくお願いします!」

穂乃香「プロデューサーさん…聞いてください…。私はバレエが好きで、一流のバレリーナになる夢をかなえたくて、必死に練習していました。私にとってバレエは義務になりました。いつの間にか、夢が私をがんじがらめにしてしまって…楽しめなくなっていました。一流のバレリーナを目指したい心とは裏腹に、バレエをすることが苦痛になりそうで…自分自身に、限界を感じていたんです。今思えば、あのときの私は「心」を失っていたんでしょうね。だから、どんなに技術を磨いても、満足いくバレエができなかった…。でも、今の私には「心」があります。アイドルを楽しいと思う「心」。その「心」が満足できるように…これからもアイドル続けたいです!」


・「故郷の味」でもあるずんだ餅が好物
(デレステ「[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香の特訓エピソード」、デレマス「2017年誕生日アイドル紹介」通常コメント、デレマス「[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香+(特訓後)」アイドルコメント、マイスタジオ、デレステ「[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香+」親愛度200、ホーム、ホームタップ時、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

穂乃香「私の故郷は……宮城なんです。美味しいもの、楽しいこと、たくさんありますけど、とくにススメたいのは……あ、あれです!そう、ずんだ餅!枝豆のほのかな甘さと香りが味わえる逸品なんです。アイドルとして、美味しさを伝えられたら……。愛する郷土へ、ささやかな恩返しです。」

穂乃香「このケーキ、中にずんだが入ってるんですね。ふふっ…やさしい、故郷の味…♪プロデューサーさんの気配りが、とても嬉しいです」

穂乃香「あ~ん♪……うん…ホッとする味…でしょうか。プロデューサーさん、私、この味が好きなんです。今日のお仕事で、みんなに私の大好きな故郷の味を伝えられるように、たくさんレポートしてきます!」

穂乃香「ずんだ餅、すてきなお味…♪」

穂乃香「ここで、ひと息入れましょうか。新発売の、ずんだアイスです。プロデューサーさんと、美味しさも楽しさも、半分ずつ…。」

穂乃香「見てください、透き通る緑の餡…!まるで和菓子のプリマです」

穂乃香「この上品な甘さが、ずんだ餅の特徴です。あっさりなのに、深くて…」

穂乃香「あの…。確かめてほしかったのは、ずんだ餅のモチモチ加減で…」

穂乃香「宮城出身なので…好物はやっぱり「ずんだ餅」!少しだけ温めて食べると美味しいですよ」


・これまでバレエでいくつも賞を獲ってきている
(デレマス「綾瀬穂乃香(特訓前)」アイドルコメント)

穂乃香「綾瀬穂乃香。趣味、特技、どちらもバレエです。これまでいくつも賞を取ってきましたが、自分の表現力に限界を感じています…。自分自身に満足したいんです。ご指導お願いします!」


・お菓子作りはレシピを見ながらならなんとかこなせる
(デレマス「[ピュアハート]綾瀬穂乃香(特訓前)」アイドルコメント、親愛度MAX演出)

[ピュアハート]綾瀬穂乃香

穂乃香「初めてでしたけど、お菓子作りは手順を守れば簡単そうですね。…いえ、作りたいから作っているだけで、別に誰かにあげるわけではありません!自分で食べます!ダイエットは…お、お休みです!」

穂乃香「○○プロデューサー……私、自分が思っていたより意外と不器用だったので…いやこちらの話です! その、お口に合えば…!」


・「デレマス[制服コレクション]綾瀬穂乃香」以降は髪型をポニーテールにすることは少なくなっている
(デレマス[制服コレクション]綾瀬穂乃香(特訓前)アイドルコメント、お仕事)

[制服コレクション]綾瀬穂乃香と初期R

穂乃香「○○プロデューサー。学校帰りに直接事務所へ来たので、制服のままなんです。…髪、ですか? あぁ、解いてみたんです。バレエをしていた頃の癖も抜けましたし。新鮮な感じに見えますかね」

穂乃香「髪、まとめるべきでしたか?」


・あまり薄着はしない
(デレマス[制服コレクション]綾瀬穂乃香(特訓前)マイスタジオ)

穂乃香「薄着はしません。体が冷えるとバレエによくないので…癖ですね」

※前述のセリフで「バレエをしていた頃の癖も抜けた」と発言してすぐこのセリフ。ちょっと天然気味?他にも後述するがまだまだ癖は抜けきっていない模様。


・「真面目」とよく人に言われる
(デレマス「[制服コレクション]綾瀬穂乃香+(特訓後)」マイスタジオ、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

穂乃香「真面目とよく言われます…」

穂乃香「真面目な性格だと言われます。もっと肩の力を抜いて…深呼吸…ですか? すー…はー…」


・バレエ一筋だったのもあり、これまで遊びらしい遊びはしてこなかった
(デレマス「[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香(特訓前)」マイスタジオ、「[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香+(特訓後)」マイスタジオ)

穂乃香「遊びらしい遊び…知らなくて」

穂乃香「カラオケ? 行ったことありません」


・「ぴにゃこら太」というマスコットキャラクターが大好き
(デレマス「[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香(特訓前)」お仕事、親愛度MAX演出、シンデレラガールズ劇場第169話、「[クーリッシュラブリー]綾瀬穂乃香(特訓前)」アイドルコメント、お仕事、LIVEバトル、親愛度MAX演出、マイスタジオ(親愛度MAX)、シンデレラガールズ劇場第607話、「アイドルチャレンジ 先生と一緒に♪目指せおいしいパン作り」キッチンスタジオ チャレンジレッスン 難易度A、アクション、パン作り教室 チャレンジレッスン 難易度A、パン作り教室 チャレンジレッスン 難易度SP、シンデレラガールズ劇場第364話、第536話)

[クーリッシュラブリー]綾瀬穂乃香
綾瀬穂乃香デレステ立ち絵
デレステコミュでの立ち絵はデレマスでの「[制服コレクション]綾瀬穂乃香」を改変したものとなっており、
元カードにはなかったぴにゃこら太のぬいぐるみストラップを付けている

穂乃香「見ててね、ぴにゃこら太…」

※ぴにゃのデザインはPと少し雰囲気が似ているというのもあって癒されるらしい。

穂乃香「プロデューサーさんって、このぬいぐるみと雰囲気が似てるみたい…少し癒されます。明日への活力が湧いてきます」


[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香
デレマス「[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香(特訓前)」のイラストでは
通学鞄にぴにゃのキーホルダーを付けているのが確認できる


シンデレラガールズ劇場第169話

穂乃香「次はモデルのお仕事ですから、街に出て勉強を…わっ!おっきな、ぴにゃこら太…。あの、プロデューサーさん、ちょっと行ってきてもいいですか?…はい!すぐに戻りますから!えいっ!あははっ!」

穂乃香「お家では、小さなぴにゃこら太が私を応援してくれてます♪」

穂乃香「おっきなぴにゃこら太ー!」

穂乃香「さん、あのぴにゃこら太、フカフカで可愛かったですね!一緒に撮った写真、机に飾ってるんです。お守りです、ふふ♪」

穂乃香「プロデューサーさん、大きなぴにゃこら太と写真撮りましょう!」


シンデレラガールズ劇場第607話

レッスン前⇒穂乃香「子供たちが喜ぶような創作パンのアイディアを、考えています。」
レッスン結果(ノーマル) ⇒穂乃香「鮮やかな緑色のパンを…うーん、満足いく色は難しそうです」
レッスン結果(パーフェクト)⇒穂乃香「美味しい上に楽しくなれる、ステキなパンを作りたいですね♪」

穂乃香「創作、ぴにゃこらパン!」

レッスン前⇒穂乃香「みんなに、パンができる仕組みを教えてます。自作のイラストで…」
レッスン結果(ノーマル) ⇒穂乃香「パンを焼く前には、一度寝かせて…ゆっくりおやすみするんです」
レッスン結果(パーフェクト)⇒穂乃香「おやすみしたら、ぴにゃ~って元気になって膨らむんですよ!」

レッスン前⇒穂乃香「パンが焼けるまで休憩です。みんな、絵描き歌で遊びましょう!」
レッスン結果(ノーマル)⇒穂乃香「しっかり予習してきました…。この時が、待ちきれなくて…」
レッスン結果(パーフェクト)⇒穂乃香「はい、ぴにゃこら太~♪みんな、かわいく描けましたねっ♪」


シンデレラガールズ劇場第364話

シンデレラガールズ劇場第536話

ローディング穂乃香その1 ローディング穂乃香その2
デレマスローディング画面より

また、デレステの1コマ劇場ではことあるごとにぴにゃこら太をアピールしている。

綾瀬穂乃香1コマ劇場1
綾瀬穂乃香1コマ劇場①より

冴島清美1コマ劇場1
冴島清美1コマ劇場①より

柳瀬美由紀1コマ劇場1
柳瀬美由紀1コマ劇場①より

浅野風香1コマ劇場2
浅野風香1コマ劇場②より

早坂美玲1コマ劇場2
早坂美玲1コマ劇場②より

・「好みがヘン」とよく言われる
(デレマス「[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香(特訓前)」マイスタジオ」、デレステ「綾瀬穂乃香」ルームアクション発生時(ぬいぐるみなど))

穂乃香「好みがヘンって、たまに…。でも、このぬいぐるみはかわいいです」

穂乃香「好みが変って、たまに言われるんですけど…これはカワイイですよね?」


・かわいいキャラに目がない
(デレステ「綾瀬穂乃香」ルーム共通セリフ)

穂乃香「私…かわいいキャラに目がないんです。ヌイグルミに埋もれて眠りたい… 」


・「ぴにゃこら太」が好きになったのは初めてのクレーンゲームで一目惚れして頑張って取ったのがきっかけ
(デレマス「[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香(特訓前)」アイドルコメント)

[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香

穂乃香「ずっとバレエ一筋だったので、ゲームセンターへ来たのは初めてです…。クレーンゲームというのも、なかなか難しかったです。だからかな…これ…とてもかわいいです♪ほら、プロデューサーさん♪」


・体重を落とす癖がついてしまっている
(デレマス[プリマ・ガール]綾瀬穂乃香+(特訓後)マイスタジオ、お仕事(親愛度UP)、デレステ
綾瀬穂乃香」ホーム・ルーム共通セリフ 昼のみ。12時~14時)


穂乃香「やせすぎと言われると困りますね。体重を落とすクセがついてて」

穂乃香「私の体、軽いんです…持ち上げてみますか? ふふっ、ほら」

穂乃香「お昼ご飯は…ヘルシーなものにします。体重は増やせませんから」


・編み物が得意。集中力を鍛える目的で始めたとのこと
(デレマス「[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香(特訓前)」ガチャ、アイドルコメント、シンデレラガールズ劇場第251話、デレステ「[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香」プロフィール、ホームタップ時親愛度MAX)

穂乃香「せっかく作ってるんだから、これができたら…これを…ううん、できあがるのが楽しみね」

穂乃香「こう順番に…ね?大丈夫。慌てずゆっくり進めたら、ちゃんとできるから…。ふふっ、ほら柚ちゃん、丁寧に…早く編むのが目的じゃないの。できあがるまでの時間を楽しみましょう?」


シンデレラガールズ劇場第251話

※余談だが柚がぴにゃのぬいぐるみを刺すフリをした事は微妙にトラウマになっている模様。
デレマス「第24回アイドルLIVEロワイヤル」6日目ゲストLIVEユニット2 フリルドスクエアより。


※出現時穂乃香「ロワイヤルなステージに、フリルドスクエアが勢揃い!この景色、壮観ですねっ」
あずき「あずきたちの、ロワイヤル・スクエア大作戦!ステージの主役は譲れないよ!」

※LIVE開始時
柚「いいカンジのチームワークで!」
忍「目いっぱいに、光るんだ!」

※勝利
柚「みんなの心にぐさーっと刺さる、バツグンのパフォーマンスできたかな?」
穂乃香「刺さる!?…あ、こっちのことじゃないんですね。ビックリした…」

※引き分け
穂乃香「大好きなみんなと一緒にいると、元気が溢れてくるみたいです!」
忍「仲間の声が、力をくれて…そして、お互いに高め合うんだよねっ」

※敗北
忍「負けちゃったけど、満足だよ!思う存分に歌えたからねっ」
あずき「このLIVEを全力で楽しむことが、ロワイヤル・スクエア大作戦の目標だし!」

穂乃香「じゃあ編み物教室、はじめます。こうして引っかけながら編んでいくの。きつすぎないように、ゆるすぎないように…。柚ちゃん、忍ちゃん、もしわからないところがあったら、聞いてね」

穂乃香「そんな、なでられるほどの腕前では…。ほんの…たしなみですから」


・友達と歩くときは一番後ろを歩くようにしている。「何か起きたらすぐ分かるように」とのことらしい
(デレマス「[ロワイヤル・スクエア]綾瀬穂乃香(特訓前)」アイドルコメント、親愛度MAX演出)

[ロワイヤル・スクエア]綾瀬穂乃香

穂乃香「レッスン、お疲れ様でした。そうですね、友だちと帰る時は…だいたい一番後ろです。たいした理由はないんですけれど、なにか起きたら、すぐ見えますし。私なりのベストポジション…かもしれませんね」

穂乃香「プロデューサーさんの気持ち、わかります。私たちが心配で、後ろを歩いてくれてるんですよね。似た者同士、並んで…いきますか?」


・幼稚園でのパン作りのお仕事を通してパンを焼けるようになった
(デレマス「[ベーカリーI.C]綾瀬穂乃香+(特訓後)」アイドルコメント、マイスタジオ、「アイドルチャレンジ 先生と一緒に♪目指せおいしいパン作り」キッチンスタジオ お仕事、キッチンスタジオPhase Shift、本気ゲージアップ、本気モード発動)

[慕われベーカー]綾瀬穂乃香_

穂乃香「ふふっ、本当に幼稚園の先生になったみたい…。今回はパン作りを通して、パンの美味しさや料理の楽しさを、子供たちに教えますよ。そして私自身も、いろいろ学べたら嬉しいですね…ふふっ」

穂乃香「創作パンも、チャレンジできるかな?」

※料理そのものも上達してきているらしい。

穂乃香「料理は、前より上達したと思います。地道に練習してますからね」

穂乃香「…パンに限らず、もともとあまり料理が得意でない私です。だからこのお仕事も最初は不安を拭いきれませんでした。でもみちるちゃんたちの一生懸命さに、教えられました。今は技術よりも大事なものが、求められているんだって。目的は、上手にパンを作ることだけじゃありません。パン作りの楽しさを、子供たちに届けることですから…!まずは子供たちと、心を通わせることからですね。一緒にパンパーティーの準備をして、交流を深めましょう!」

穂乃香「パン作りは、プレゼントを贈る気持ちに似ていますね。食べてくれる人のために、一生懸命に…そんな優しさを込めます!」

穂乃香「パン作りに…いいえ、お料理に大事なことを、私自身が学んでいます。このお仕事をもらえたことに、心からの感謝を!」


・幼稚園のころは「ひよこ組」というクラスにいたことがある
(デレマス「[ほほえみベーカー]綾瀬穂乃香+(特訓後)」マイスタジオ)

穂乃香「幼稚園は、ひよこ組でした。だから懐かしくて…ほら、ピヨピヨ♪」


・バレエをやっていたのもあり、柔軟には自信がある
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30、デレステ「綾瀬穂乃香【R】」ルームタップ時)

穂乃香「柔軟性には自信があります。180度の開脚前屈も朝飯前です。ふふっ、バレエの基本ですから♪」

穂乃香「特技…ですか?Y字バランスで足を180度上げられます。見ますか?」


デレステ綾瀬穂乃香1コマ劇場②
デレステ「綾瀬穂乃香1コマ劇場②」より

・世界史に興味がある?
(デレステ「[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香」ルーム)

穂乃香「世界史は、やはり勉強になります」


・学校で食べる昼食は主にサンドイッチらしい
(デレステ「[ドキドキ☆チャレンジ]綾瀬穂乃香」ルーム)

穂乃香「学校のランチは、おもにサンドイッチとかですね」


・夢中になると周りが見えなくなる
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

穂乃香「夢中になると周りが見えなくなる性格で…。バレエ一筋だったのも、そのせいだと思います」


・「姿勢が良い」「物腰が優雅」とよく言われるらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、ボード3解放セリフ)

穂乃香「姿勢が良く、物腰が優雅だと、よく言われます。長年のバレエで培った技能の賜物、でしょうか」

穂乃香「幼少の頃から、体型の維持や正しい姿勢を常に心がけていました。やはり基礎は大切ですね」


・バレエ曲ではストラヴィンスキーが好き
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

穂乃香「好きなものですか?バレエ曲曲ではストラヴィンスキーが好きです。…すみません、バレエの話ばかりで」


・最近の流行りに疎い
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、21~30)

穂乃香「私、最近の話題や同級生の間で流行っていることに疎くて…。もっと勉強しなくちゃですね」

穂乃香「あ、あのっ…、今時の女子高生って、どんなことに興味があるんでしょう?ご存じですか…?」


・歌や演技に苦手意識があった
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20、ボード4解放セリフ、Voレッスンエピソード1」)

穂乃香「歌や演技は苦手意識がありましたが…ファンの皆さんの声援をうけると、とても嬉しいです」

穂乃香「少し恥ずかしくて…今まで敬遠してきたのですが…歌って、とても楽しいんですね♪」

穂乃香「ふぅ…ヴォーカルレッスン、今日もどうにか無事、終了することができました。お疲れさまでした。…歌は、とても難しいですね…。最初はどうやってバレエの練習がありますから、友人と遊ぶのは稀でした。…その…カラオケなどにも行ったことがなくて…。だから、レッスンで初めて一人で歌ったときは、照れくさくて顔が真っ赤になってしまいました。これでは先が思いやられますね…。アイドルになるためには、やはり歌は必要不可欠。一日でも早く上達して、一人前のアイドルとしてステージに立ちたいです。」


・いつかバレエの要素を取り入れたステージをやりたいと思っている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

穂乃香「いつかバレエの要素を取り入れたステージをやりたいです。きっと素敵なLIVEになりますよ!」


・Pの前だとついわがままになってしまう
(デレマス「[懐かしきエトワール]綾瀬穂乃香+(特訓後)」お仕事(親愛度MAX))

穂乃香「私、わがままなのかも。プロデューサーさんの前だと、つい…」


・どんなところでもストレッチをしてしまうらしい
(デレステ「綾瀬穂乃香のウワサ」)
   
関連記事