ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

22 2017

長富蓮実 設定メモ

SR_ [コール・ミー・メイビー]長富蓮実_[プロフィール]
身長:161cm
体重:45kg
血液型:A
年齢:16歳
誕生日:3月19日
利き手:右
スリーサイズ:83/56/85
星座:魚座
出身地:島根
趣味:ボウリング、古着屋巡り

・セリフのやイラストの多くに昭和アイドルネタが盛り込まれている
(デレマス、デレステ)
※全てのネタを拾っていると膨大な量になるので、本記事では引用したセリフに限定して可能な限り元ネタを明記していきたいと思います。

『@ukyo1616』氏によるデレステ版[フューチャースイートピー]長富蓮実の小ネタ解説

・オーディション会場の廊下でPと出会い、彼女の往年のアイドルのような“清純派”にかける想いを知ったPに採用され所属することになった
(デレステ「長富蓮実とのメモリアル1」)

―オーディション会場廊下―

蓮実「憧れの季節は、もう終わり……。吐息のネットも、悲しみ色……。はぁ……。」
※『南野陽子/吐息でネット』。
P「どうしたの?」
蓮実「あ……すみません。私、いまそこで、オーディションを受けさせていただいたんですけれど……。昔のアイドルソングばかり歌ったら「センスが古い」って言われてしまって。まるで、ローカル局のモノマネ大会みたいって……。「別のは歌えないの?」ってリクエストされたんですけれど、私、どうしても、あの歌で審査してほしくて。」
P「どうして?」
蓮実「私にとって、昔のアイドルソングは大切なものなんです。アイドルのことを大好きな母が、ずっと子守唄代わりに歌ってくれたんです。それを聞いて育ったから……私も歌いたくて。この場だけじゃなくて、これからも、ずっとずっと……。少しでも、そういうアイドルに近づきたいって思ってオーディションに来たんですけど……。もしかしたら、清純派アイドルなんて求められてもいないし、もういないのかもしれませんね。私の好きな昔のアイドルは、思い出の中にしか……。」
P「……」
蓮実「黙って聞いてくださって、ありがとうございました。さようなら……。」
P「待って。それでいいの?」
蓮実「えっ。いいの、と言われても……。もう、そういうアイドルが、どこにもいないなら、しかたないですよね?」
P「まだ君がいる」
蓮実「私が……?でも私はただのアイドル志望の女の子で……。」
P「清純派を復活させよう」
蓮実「そ、そんなことを言ってくれるなんて。もしかして、あなたは……?」
P「自分が採る。アイドル合格だ!」
蓮実「そんな、そんな私……!うぅ、ありがとうございます……。あなたはきっと……アイドルの神様!ぜひ、やらせてください……!開いた、明日への扉……!」


・母親の影響で幼い頃から昭和アイドル好きになった
(デレマス「長富蓮実(特訓前)」マイスタジオ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、ステップアップエピソード1、Voレッスンエピソード2、デレステ「長富蓮実【N】」ホーム)

蓮実「母が昔のアイドル好きで…。私の好みはそのせいかもしれません」

蓮実「昔のアイドルがすごく好きで…カセットテープが伸びるくらい聴いています。私の憧れです!」

蓮実「プロデューサーさんっ、私いま、本当に幸せですっ! もしかして一生分の幸せがきたんじゃないかって、怖くなっちゃうくらい。だってだって、憧れのアイドルになれたんですよ! あっ、まだアイドルの卵ですけど。……あぁ、これって夢じゃないよね! 神様っ!!ふふっ、大げさですか? でも、アイドルは幼い頃から憧れ続けていた夢だったから。もう、毎日ドキドキが止まらないんです…!落ち着いてなんかいられなくって、ソワソワしちゃいます。ここから、プロデューサーさんと私のアイドル人生がスタートするんですよね。私、絶対がんばりますから! ずっと大好きだった伝説のアイドルたちのようなトップアイドル目指して! この手にチャンスを掴みます♪」

蓮実「アイドルソングは幼い頃からよく歌っていたんですが……見よう見まねで歌っているだけじゃ、ダメだったみたいです。私、母の影響で昔のアイドルが好きで。あの頃の歌って、アイドルにしてもシンガーソングライターにしても、名曲がすごく多いんですよね。本当に可愛くて、素敵で……私も、あの人気アイドルみたいになれたらって、ずっと思ってました。だから、真似して歌ったりして。でも、ただの真似じゃダメだって言われました。……そうですよね、真似するだけじゃ本物のアイドルにはなれないんですよね。そう、憧れを現実にしなくっちゃ……!私だけの歌、アイドル長富蓮実の歌を探しに行きますねっ。本物のアイドルになるために!」

蓮実「幼い頃はテレビを観ながら、歌ったり踊ったり。夢中になっていました」

蓮実「母が昔のアイドルが好きで。アイドルソングを聴いて、育ったんです」


・「とある伝説のアイドル」に憧れている
(デレマス「長富蓮実(特訓前)」マイスタジオ(親愛度MAX)、デレステ「ルーム共通セリフ」鏡などに対するアクション発生時、「長富蓮実【N】」ホームタップ時親愛度MAX)

蓮実「プロデューサーさん、私もあの伝説のアイドルみたいになれますか?」

蓮実「憧れのあの人みたいに、綺麗になりたい…」

蓮実「あの伝説の清純派アイドルに手が届く日がくるでしょうか…」


名前は出ないが昭和に活躍したアイドルの誰かの事なのだろう。

・普段は内気な性格との事
(デレマス「[シャイニービーチ]長富蓮実+(特訓後)」アイドルコメント)

蓮実「南の島が、普段は内気な私を大胆に変えてくれそうです!太陽が照りつけるなか、ファンのみんなと、とびっきりのバケーションを過ごしたいです♪まずは1曲聴いてください!プロデューサーさんも!」


・「初恋はまだ」らしい
(デレマス「[シャイニービーチ]長富蓮実+(特訓後)」マイスタジオ)

蓮実「初恋はまだなんです。私の恋人は太陽です、なんて♪」


・「赤いスイートピー」には思い入れがある
(デレマス「[フィーチャースイートピー]長富蓮実(特訓前)」マイスタジオ)

[フィーチャースイートピー]長富蓮実

蓮実「赤いこの花は…私にとって大切な思い入れのある花なんです」
※『松田聖子/赤いスイートピー』。


・また、自分の髪型にも思い入れがあるらしい
(デレステ「[フィーチャースイートピー]長富蓮実(特訓前)」ルーム)

蓮実「花と同じように、この髪型にも思い入れが。憧れなんです」


やはり蓮実が憧れているという伝説のアイドルというのは松田聖子の事なのだろうか。

・加奈に歌って欲しい曲がたくさんあるらしい
(デレマス「第3回アイドルLIVEロワイヤル」ライバルユニット ファンシーフリルス)

※出現時
加奈「蓮実ちゃんといっしょに、LIVE頑張りますよっ!おー♪」
蓮実「ファンのみなさんの応援に、精一杯のステージをお見せしましょう」

※LIVE開始時
加奈「昔のデュエット曲らしいです!」
蓮実「私も高く翔んでみたいです」

※勝利
加奈「えへっ!私たちの勝ちですね!この曲も気に入っちゃいました」
蓮実「時代を超えて響く歌もあります。私もそんな歌を歌いたいです」

※引き分け
加奈「蓮実ちゃんは、私の知らない歌をいっぱい知ってるんだね!」
蓮実「加奈ちゃんに歌ってほしい曲、実はたくさんあるんです。ふふっ」

※敗北
加奈「負けちゃいました!けど、すてきなLIVEが出来たと思います♪」
蓮実「ふぅ…貴方たちの歌に、わたしの心をつかまれてしまいました」


・記憶力には自信がある
(デレマス「第25回アイドルLIVEロワイヤル」1日目ゲストLIVEユニット1 ロワイヤル・クロニクル)

※出現時
雫「さぁ、勝負の始まりですー。ディーラーチーム、攻めていきますよー♪」
マキノ「歴代ディーラーの衣装が勢揃い…壮観でしょう?覚悟はいいかしら」

※LIVE開始時
雫「どの衣装も素敵ですー♪」
蓮実「私たちが作った時代です♪」

※勝利
雫「かっこいいパフォーマンス、バッチリ決まりましたー♪拍手喝采ですー」
マキノ「でも、データ収集はまだ不完全ね…。次の挑戦も歓迎するわ。フフッ」

※引き分け
マキノ「これまでにロワイヤルステージに立った、アイドルたち…データ量は膨大ね」
蓮実「アイドル名鑑、作っちゃいますか?記憶力には自信ありますよ♪」

※敗北
雫「勝ちのチャンスを見逃さない、みなさんの動き、お見事でしたー」
蓮実「みなさんの心を頂くつもりが、逆に狙い撃ちされちゃいました!」

※しかし、デレマス「[コール・ミー・メイビー]長富蓮実+(特訓後)」マイスタジオ(親愛度MAX)では「暗記は苦手」と語っている。
ただしこれも昭和アイドル歌謡ネタなので蓮実なりのジョークかもしれない。


蓮実「暗記はへたですけどプロデューサーさんのナンバーは忘れません」
※『フィンガー5/恋のダイヤル6700』。


・裁縫が得意
(デレマス「[ウォーミングフラワー]長富蓮実(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、親愛度MAX演出)

[ウォーミングフラワー]長富蓮実

蓮実「母の昔のワンピを、スカートにリメイクしてみました! どうですか? 流行り廃りはありますが、変わらないものもありますよね。プロデューサーさんともそんな素敵な関係を築いていきたいです♪」

蓮実「お裁縫は、母から教わって…。ポーチのリメイクなんかもしますよ♪」

蓮実「蓮実、感激です。洋服のリメイクをほめてもらえて…。私、また作ってきます。プロデューサーさんに、もっと感心してもらいたいから♪」
※西城秀樹のバーモントカレーのCM、「ヒデキ、感激!」。


・年上の人に声をかけられることが多い
(デレマス「[コール・ミー・メイビー]長富蓮実(特訓前)」マイスタジオ)

蓮実「年上の方に声をかけて頂く事、多いです。話しかけやすいのかな」


・ベルの音が好き
(デレマス「[コール・ミー・メイビー]長富蓮実+(特訓後)」お仕事)

蓮実「ベルの音は好きです。リンリンリリン…」
※『フィンガー5/恋のダイヤル6700』。


・可愛い仕草は母親と一緒にビデオを見て研究している
(デレマス「[フェリーチェ・チョコラータ]長富蓮実+(特訓後」マイスタジオ、シンデレラガールズ劇場第662話)

蓮実「可愛い仕草は、いつも母とビデオを見て研究しているんです」


シンデレラガールズ劇場第662話

・ポプリが作れる
(デレマス「[手のひらの憧れ]長富蓮実(特訓前)」アイドルコメント、お仕事、シンデレラガールズ劇場第971話)

[手のひらの憧れ]長富蓮実

蓮実「受け取ってください、プロデューサーさん♪ポプリは気持ちのこもった贈り物なのよって、母が教えてくれました。お仕事にちょっぴり疲れたら、レモンの爽やかな香りがココロに風を吹かせますよっ」

蓮実「母は、大切な人にポプリを贈ったそうです。ロマンチックですよね」


シンデレラガールズ劇場第971話

・テレビ情報誌の表紙を飾ることに憧れていた
(デレマス「[手のひらの憧れ]長富蓮実+(特訓後)」アイドルコメント)

[手のひらの憧れ]長富蓮実_

蓮実「フレッシュな気持ちを、お届けっ!ふふっ、てテレビ情報誌の表紙を飾るの、憧れだったんです。あのアイドルや女優も、はじける笑顔で輝いてましたから。だから、私もっ!さあ、ステキな笑顔を見せますよ♪」
※雑誌『ザ テレビジョン』の表紙ネタ。


・レトロアイドルの曲をカバーする仕事をしたいと思っている
(デレマス「[ウォーミングフラワー]長富蓮実(特訓前)」マイスタジオ(親愛度MAX)、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

蓮実「昔の歌謡曲のリバイバルも…挑戦したいです、プロデューサーさん!」

蓮実「カバー曲を歌うお仕事…なんて、どうですか? 往年の歌謡曲を、私なりに歌ってみたくて」

※そして、「3周年クリスマスハッピープレゼントキャンペーン」にてようやくその夢を叶えている。
デレマス「3周年クリスマスハッピープレゼントキャンペーン」蓮実が選んで歌ったプレゼント フレーバーテキストより。


レトロアイドルの楽曲のみを集めた決定盤。蓮実がカバーした曲も収録しているとか。


・「イマドキの子っぽくない」という自覚はある
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、デレステ「長富蓮実【N】」ホーム、ホームタップ時、ルームタップ時)

蓮実「イマドキじゃない子だなって自覚はあるんですよ? でも、これが私らしさかなって思ってます」

蓮実「友だちには古くさいって言われることもあるけど、好きなものは好きです」

蓮実「古くさいのとは違います。レトロ趣味なんですよ。レ・ト・ロ!」

蓮実「センスが、少し変わっているって、よく言われます。でも、それが私です」


・母親は蓮実のアイドル活動を応援しており、今は本人以上に娘の活躍にはしゃいでいる
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

蓮実「アイドルになるよって母に伝えたら、泣いてしまって…。いまは、私以上にはしゃいでいるんです」


・機械には疎く、携帯電話の設定は友達にやってもらっていた
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

蓮実「機械には疎くって…携帯電話の設定も、機械に強い友達にやってもらったくらい…」


・活動が上手く行かず泣き明かすこともあるらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20、ステップアップエピソード2)

蓮実「悔しくて、泣き明かす夜もあるけれど…それでも私の心に、陽はまた昇りますから!」
※『谷村新司/陽はまた昇る』。

蓮実「アイドルのレッスンが始まって、ドキドキして、ワクワクして……それから、いっぱい泣いて、挫けそうになる日もたくさんありました。憧れを形にするのって、すっごく大変なことなんですね。痛感する毎日です。アイドルって、ほんとうに大変なんだなぁ……。私のアイドル人生は、まだまだプロローグなんですよね。幕が開いたばかりだから、私、もっともっと上を目指せるって思ってます。ふふっ、前向きですよ? だって、アイドルですから♪ 何度泣いても、何度つらい目にあっても、笑顔で頑張りたいんです。ファンの皆に認められて、可愛がられるアイドルになるためなら、頑張れます。弱さも強さに変えます! 蓮実ファイト♪ですっ!」


・ファンの顔はしっかり覚えるようにしている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20)

蓮実「握手会では、ひとりひとり目を見て、心をこめて。皆さんの顔、ちゃんと覚えてますよ♪」


・ボウリング用のマイボールを持っており、腕前にも自信がある模様
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30、デレステ「長富蓮実【N+】」ルームタップ時)

蓮実「実はマイボール持ってるんです。ボウリングの腕前、今度お見せしましょうか?ふふっ」

蓮実「ボウリングは好きですけど…わ、私をボールにするのは…!」


・外出する時は帽子にサングラスをかけているらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

蓮実「外出の時は、目立たないように帽子にサングラス…お忍びモードでお出かけです。アイドルですから」


・実はやきもち焼き?
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

蓮実「こう見えて、やきもち焼きかもしれません。私って、ちょっぴり欲張りさん…ですから♪」


・運動はあまり得意ではない
(デレマス「テクニカルレッスンDa」Lv1~10、「ベースレッスン」Lv1~10)

蓮実「私、体を動かすのはあまり得意じゃなくて…でも、トレーナーさんが優しく指導してくれて♪」

蓮実「足が、うまく前に進まなくて…っ! こんなに走れないなんて、思ってもみませんでした…」


・ダンスにはやや苦手意識がある
(デレマス「ぷちデレラ」ボード7解放セリフ、ぷちTOP Lv21~30、Daレッスンエピソード1、Daレッスンエピソード2)

蓮実「めげない、挫けない、諦めない。苦手なダンスだって一歩ずつ努力すれば、必ず道は開けます!」

蓮実「ダンス中にヒールを飛ばしてしまうこともあったけれど…今は、もう飛ばしませんよ?」
※「ザ・トップテン」にて「稲妻パラダイス」を歌っていた堀ちえみが歌唱中ヒールを飛ばしてしまったハプニングが元ネタ。

蓮実「困りました、プロデューサーさん。あの……ダンスって、何から始めればいいんでしょう? 私、わからなくて途方に暮れてしまって……。アイドルのダンスって、ピースをしたり手を振ったり、そんな振り付けを想像していたんです。でも、もっと激しいものもあるみたい。目も回りそうなくらい素早いターンとか、足がもつれそうなステップとか。それに、ビックリするくらい高くジャンプしたりするんですよ?……あんな激しいダンス、私にできるでしょうか。だって、あんなに難しそうなのに……。私、自信がなくなってきてしまって。そう、ですよね……暗い顔は良くないですよね! ごめんなさい、クヨクヨして。まずは、一から学んでいきますね、プロデューサーさん!」

蓮実「プロデューサーさん、見てください。ボックスステップくらいなら、私でもできるようになったんですよ。ほら! ワンツースリーフォー、ワンツースリーフォー♪あっ、もうっ……笑わないでください。真剣なんですよ、これでも。たしかに……まだちょっと、たどたどしいステップですけど。それでも私、いっぱい練習したんです。アイドルには、ダンスも必要だってちゃんとわかってます。だから、猛特訓してきました。今はまだ簡単なステップやターンを使ったダンスしかできません。けれど、猛特訓を重ねたら、激しいダンスもいつか、きっと……!ステージでお披露目する日が楽しみです。ファンの皆に感動と笑顔が届けられるようなダンスを、必ずマスターしてみせますねっ!」


・嘘をつくのが得意ではなく、それもあってお芝居が苦手
(デレマス「ぷちデレラ」Viレッスンエピソード2)

蓮実「『幸福? なんて聞かないで!!』
※『松田聖子/SWEET MEMORIES』。
…………あ! 驚かせちゃってごめんなさい! プロデューサーさんに言ったわけじゃないんです。今のはお芝居の台詞なんです。自主練してたら、つい熱が入ってしまって。プロデューサーさんが来てたの、気づきませんでした。私、嘘をつくのは上手じゃなくて。だから、お芝居ってあまり得意じゃないみたい。それで、足を引っ張ってしまっていて……。トレーナーさんが、本気でお芝居に挑んでいる姿勢が、私の良いところだって言ってくれたから……自主練して追いつきたいんです!全然つらくなんてありませんっ。挑戦できる場所があって、私は幸せだなって思います。だって、努力は絶対報われますから♪」


・蓮実の親衛隊はマナーが良く、かなり統率が取れている
(シンデレラガールズ劇場第231話、731話)

シンデレラガールズ劇場第231話 シンデレラガールズ劇場第731話

・四季の中では夏が好き
(デレステ「長富蓮実【N】」ホーム)

蓮実「やっぱり、夏はいい季節です。砂浜に吹く、青い風…♪」
※『松田聖子/青い珊瑚礁』。


・えくぼは出来ないらしい
(デレステ「長富蓮実【N】」ホームタップ時)

蓮実「残念ながら、えくぼはできないんです…。お仕事、減ってしまいますか?」
※松田聖子が資生堂の「エクボ洗顔フォーム」のCMオーディションに不合格となった時のエピソードが元ネタ。
【詳細:裸足の季節 - Wikipedia】


・「秘蔵のビデオ」を持っているらしい
(デレステ「[フィーチャースイートピー]長富蓮実」ルーム)

蓮実「秘蔵のビデオがあるんですけど…ここ、ビデオデッキはないんですね」


・十八番はもちろんアイドルソング
(デレステ「長富蓮実【N】」ルーム)

蓮実「十八番はもちろんアイドルソングです。歌には自信がありますよ」


・へそ出し衣装は少し恥ずかしいらしい
(デレステ「[フィーチャースイートピー]長富蓮実+」ルーム)

蓮実「おへそが出ている衣装は…少し、恥ずかしいです」

蓮実「恥ずかしさも乗り越えるのが、アイドルですよね」


・友人の母親と仲良くなりやすい
(デレステ「長富蓮実1コマ劇場①」)

長富蓮実1コマ劇場1

・初期Nのイラストは現在修正されている
(デレマス、デレステ)

長富蓮実初期N修正
上が初期版で下が修正版
特訓前はベルトの色が変わり、特訓後は全体的に細身になっている


長富蓮実デレステ版初期N修正
そしてデレステでは顔が現在の画風に合わせて書き直され、
加えて特訓後のボタンの位置が女性の洋服同様左になった

・初期N特訓前で着ている私服は古着屋で一目惚れして購入したもの
(デレステ「長富蓮実【N】」ホームタップ時)

蓮実「この服は古着屋さんで見つけたんです。一目ぼれだったんですよ」


・ファンの前では必ず笑顔をいるよう心がけている
(デレステ「長富蓮実【N】」ルームタップ時)、「長富蓮実【N+】」ホームタップ時)

蓮実「笑顔の練習はできています。アイドルはいつでも笑っていないと、ですね」

蓮実「ファンには笑顔以外は見せたくないです。つらくても笑ってたい!」


・白いバルコニーのある家を買うのが夢らしい
(デレステ「長富蓮実のウワサ」)

・CDを出すときには、同時にレコードも出したいらしい
(デレステ「長富蓮実のウワサ②」)
関連記事