ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2016

原田美世 設定メモ

SR [乙女の素顔]原田美世[プロフィール]
身長:163cm
体重:46kg
血液型:O
年齢:20歳
誕生日:11月14日
利き手:右
スリーサイズ:86/59/85
星座:蠍座
出身地:石川
趣味:車・バイクいじり

・Pの車がエンストしたところを助けた事がきっかけでスカウトされた
(デレステ「原田美世とのメモリアル1」)

―海岸沿い―

車が動かなくなった……

P「このままでは仕事に間に合わない……!」
美世「あれれー?どうしたのー?エンストー?」

頷いた……

美世「そりゃ困ったね……あーあ、ほんとに止まってる。これはレッカーかな……。って、切羽詰まった顔してるねー。どうしたの?」

事情を説明した……

美世「ふーん。アイドル事務所のプロデューサーさんで、LIVEに遅れちゃいそうなんだ。つまり、急いでる。……分かった!会場まで送ってあげる!あたしの車、乗りなよ!」
美世「シートベルト締めたー?レディ……………………ゴー!!!」

―ライブ会場―

美世「はぁー♪楽しかったぁ~!着いたよー!……生きてるー?ほらほら、目まわしてる暇ないって♪アイドル達が待ってるんでしょ!いってらっしゃい!プロデューサーさんっ!」

―数時間後―

美世「よっ。終わった?」
P「どうしてまだここに?」
美世「いたいや、車置いてきちゃったじゃない?忘れてた?ほら、乗ってよ。あたし、整備士だから、あの子のメンテもしてあげられるしさ。……大丈夫、次は飛ばさないで安全運転するから、ね?」

車に乗り込んだ……

美世「さて、お客さん、どちらまで?なーんて、車置いてきたところまでだよね……。」
P「トップアイドルまで。」
美世「……なにそれ?ふふっ。面白い人だね!勧誘か何か?ドライブしながら、話くらいだったら聞いてあげるよ。でも、話が横道にそれないように……。そこはちゃんとあたしのハンドル握ってね!プロデューサーさん!それじゃ、出発ー!」

※デレマスでは「サーキットでレース観戦中にスカウトされた」という設定。
「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10より。

美世「サーキットでレース観戦中にスカウトされたアイドルなんて、世界でもあたしひとりじゃないかな!」


・今はアイドルをやっているが、将来的には車に関わる仕事に携わりたいと思っている
(デレステ「原田美世とのメモリアル3」)

美世「あたしのこと、わかってくれてるね。うちのアイドルですからって答えてくれたのも、嬉しかったよ♪車は大好きだし、車に関わる仕事がしたいとも思ってるけど、それは、アイドルをしっかりやらないってことじゃないから。アイドルをちゃんと頑張った先で、好きなことに関われたらいいな。うん、ありがとうっ!今は、車があたしを輝かせてくれるけど、いつか、あたしが車を輝かせられるアイドルになるよっ!」


・好きな色は赤
(デレマス「[クリスマスパーティー]原田美世」マイスタジオ、[クリスマスパーティー]原田美世+(特訓後)アイドルコメント、「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」鎌倉でお参り プロデュース、「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」グラビア撮影 プロデュース、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30)

[クリスマスパーティー]原田美世_(特訓後)

美世「赤ってカッコイイと思わない?」

美世「この赤い流線型ボディ、どうかな! え? もちろんあたしのこと! これでもアイドルになってから色々と気を使ってるんだよ? プロデューサーさんがしっかりメンテしてくれるおかげかもね♪」

美世「こ、この神社は!? 思い切りあたし好みの色だね、ここ!」

美世「赤は好きだけど、さすがに赤い紫陽花は…ないかなっ」

美世「クルマってさ、断然赤がカッコイイって思うんだ!だから、ステージ衣装も赤だとテンション上がっちゃう!」

※ただし、「[ドライブRQ]原田美世+(特訓後)」のマイスタジオでのセリフでは「ピンクも好きかも」と語っている。

美世「カッコイイ赤もいいけど、ピンクも好きみたい。あたしも女の子だし♪」


・タクシーはあまり利用しない
(デレマス「[クリスマスパーティー]原田美世」お仕事)

美世「タクシー乗るならマイカーの方が良いな」


・特別手入れしているわけではないが髪はツヤツヤ
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」鎌倉でお参り ノーマルコミュ)

美世「少し髪が濡れちゃった。でもこれぐらい、たいしたコトない!あたしの髪は撥水性バツグンだから」
パーフェクト⇒美世「あっ…拭いてくれるの? さすがプロデューサーさん♪メンテは万全だね! 優しいなぁ!」
グッド⇒美世「この髪、あんまりマメに手入れとかしてないんだけどね! ツヤツヤしてる? へへ、ありがと」
ノーマル⇒美世「ツヤの秘訣? カーワックスなんて塗ってないって。普通にシャンプーとリンスしてるだけ!」


・耐久レースの観戦にハマっている
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」鎌倉でお参り ノーマルコミュ、デレステ「原田美世【R】」ホーム)

美世「今度のオフは、こういう落ち着いたスポットに来るのもいいね。趣味の幅も広がるかも!」
パーフェクト⇒美世「最近は耐久レースの観戦にハマってるんだ。いっしょに行くならペアチケット取ってあげるよ♪」
グッド⇒美世「あたしの趣味はクルマいじり! って知ってるよね! 愛車を触ってると幸せなんだよね!」
ノーマル⇒美世「あたしの趣味? 部屋でゴロゴロ! なーんてね。また今度教えてあげるねっ」

美世「最近は耐久レースとか好きで…プロデューサーさん、知ってる?」


・洗濯が得意
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」鎌倉でお参り ノーマルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP 全Lv共通)

美世「よく降るね。梅雨だから当たり前だけど。あれ?そういえばあたし、洗濯物しまってきたっけ…?」
パーフェクト⇒美世「洗濯は大得意っ! よく機械いじって油がつくから、洗剤にもくわしかったりしてさ!」
グッド⇒美世「大丈夫よね! 天気予報見てたはずだし。そういえば部屋干ししてきたような気が…」
ノーマル⇒美世「…出したままだったら、もう手遅れだよね。あーあ、部屋に帰るの、こわいなぁ」

美世「家事は…洗濯が得意なんだー!服についた機械油って、頑固でさー。まいっちゃうよね」


・石川の実家まで車で日帰りしたり、重いタイヤを持つくらいの体力がある
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」鎌倉でお参り スペシャルコミュ)

美世「プロデューサーさん!あたし、どんな悪天候での仕事でも、全力で走り抜けてみせるよ!」
パーフェクト⇒美世「石川の実家まで、クルマで日帰りするぐらいの体力あるし!あとクルマの重いタイヤ持ったりとか…」
グッド⇒美世「仕事がはじまったら傘は無しだよねっ。大丈夫、ウェットコンディションでも上等!」
ノーマル⇒美世「…撮影の仕事なのに、走り抜けるのはヘン? 別に仕事場から逃げ出すわけじゃないんだけど」


・ミントガムを携帯している
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」鎌倉でお参り スペシャルコミュ)

美世「プロデューサーさん、お疲れなのかな? 仕事の前は、あたしのとっておきのコレで、目さましておく?」
パーフェクト⇒美世「な…なに期待してたの? プロデューサーさん、変な想像とかはしちゃだめだよ!もう!…ふふっ」
グッド⇒美世「はい、ミントのガム。これ、すごくスーッとするんだ!運転する時には欠かせないよね」
ノーマル⇒美世「ビンタ!? ビンタとかしないよ? やさしくだったら、いいけど…そういうのがいいの?」


・好きな車種はスポーツカー
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」グラビア撮影 ノーマルコミュ、エンドレスプロデュース スペシャルコミュ、デレステ「原田美世【R】」ホーム親愛度MAX、「ぷちデレラ」ステップアップエピソード1)

美世「この階段はさすがにクルマじゃ登れないね。あたしも…赤いスポーツカーくらい馬力が必要かも」
パーフェクト⇒美世「あたしのエンジンを見くびらないでねっ。プロデューサーさんもビックリさせてみせるから!」
グッド⇒美世「やっぱり赤いスポーツカーは、みんなの憧れだよね? 燃費はまあ…少しガマンで♪」
ノーマル⇒美世「衣装の色は赤じゃないけどね…。あくまでもイメージ!イメージだからっ」

美世「小さい頃に赤いスポーツカーを見て、一目で恋しちゃったんだ♪だから今の恋は二度目、かな」
パーフェクト⇒美世「プロデューサーさん、あたしはトップスピードで駆け抜けるから、ちゃんと並んで走ってよね!」
グッド⇒美世「答えはもちろんアイドル! 徐々によさがわかってきたけど、恋の行方はまだまだこれからねっ」
ノーマル⇒美世「うーん、プロデューサーさんは鈍感だからねっ。仕方ないな!」

美世「あたしのこと知りたい?好きな車種は、やっぱりスポーツカーでさ~」

美世「ね、プロデューサーさん!プロデューサーさんの小さい頃の最初の記憶って、何かな?あたしはね…真っ赤で、ピカピカなスポーツカーなの!あたし、それからずっとクルマに夢中なんだ。中学の頃、クラスのみんなはサッカー部のキャプテンに夢中だったけど…あたしは興味なくって!今思えば…あたしは赤いスポーツカーに心奪われちゃってたのかも。…女の子がクルマに夢中だなんて、ヘンかな?ふふっ♪だからね、プロデューサーさん。あたし…あの赤いスポーツカーみたいなアイドルになりたいなって思うの。みんなを夢中にさせるアイドルに。プロデューサーさんは、その夢を一緒に叶えてくれるパートナーなんだよね。だから、これからもあたしの隣で、しっかりナビしてね!」


・実は裁縫が得意
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」グラビア撮影 ノーマルコミュ)

美世「この衣装、これなら思い切ったポーズ決められそう!ほら、結構しっかり作ってあるみたいだし!」
パーフェクト⇒美世「プロデューサーさんには、特別なポーズも見せちゃおうかな? なんてね!ファン優先だけどっ!」
グッド⇒美世「じつは裁縫も得意なのっ。手先が器用なんだよね。クルマの整備以外でも手作業は好きなんだ!!」
ノーマル⇒美世「さすがアイドル衣装だね。ほら、縫製が雑なものとか結構あるじゃない?」


・普段ガレージで車をいじっている時はおにぎりやサンドイッチばかり食べている
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」グラビア撮影 ノーマルコミュ)

美世「撮影の合間にお腹すいちゃったら困るな! 少し食べておきたいけれど、何かあるかな?」
パーフェクト⇒美世「近くのお店に行ってみよっか! しらす丼とかけんちん汁が、この辺の名物みたいだよっ」
グッド⇒美世「和風カフェで豪華ランチ…鎌倉だから、できればそうしたいけど、時間の余裕ないね」
ノーマル⇒美世「いつもガレージでクルマいじってる時は、おにぎりとかサンドイッチなんだよね。だから、今日もそれで!」


・字はあまり綺麗な方ではない
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」グラビア撮影 ノーマルコミュ)

美世「えっ、サイン?プロデューサーさん、撮影中にサインねだられちゃった。してあげてもいいかな?」
パーフェクト⇒美世「プロデューサーさんにもサインしてあげよっか? どこにサインしてほしい?」
グッド⇒美世「最近やっと、ちゃんとしたサイン考えたんだ。ファンにはちゃんとしたものを書いてあげたいし!」
ノーマル⇒美世「あたし、字はあんまりキレイな方でもないけど…そんなに汚くないよ? た、たぶん」


原田美世のサイン
ちなみにこちらが美世のサイン
「Miyo」の下の絵はイニシャルの「H」とスパナを意識している?

・好きな曲はレース番組のテーマ曲。ちなみにヘヴィメタを聴くと強気になりすぎてしまうらしい
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」グラビア撮影 スペシャルコミュ)

美世「撮影もいい感じね!こういう時はふさわしい音楽っ。プロデューサーさんだったら何かける?」
パーフェクト⇒美世「うんうん、レース番組のテーマ曲だよねっ。さすがプロデューサーさん、あたしの好み、わかってるー!」
グッド⇒美世「クラシック? うん、悪くないかな。静かな場所だし、結構しっとりした雰囲気出るかも」
ノーマル⇒美世「ヘ、へヴィメタはマズいかも…。激しすぎる曲聴くと、強気になりすぎちゃうし…キノコ生えてきそう」


・昔父親にねだって買ってもらった工具一式が大切な宝物
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP 全Lv共通、デレステ「原田美世【R】」ルームタップ時、ルーム)

美世「プロデューサーさんには、大切にしてる宝物ってある? じつはあたしにはひとつあるんだけど…」
パーフェクト⇒美世「プロデューサーさんとの時間も、これからは宝物にしていきたいな。ふたりで周回重ねていこうね」
グッド⇒美世「それはね、工具一式。昔、お父さんにねだって買ってもらって、今でも大事に使ってるんだ」
ノーマル⇒美世「あたしにとってはすごく大事なもので…でもたいしたものじゃないから秘密!」

美世「エンジン音と、油の匂いって最高だよね。それと、お父さんに買ってもらった工具は宝物だよ!」

美世「工具のことなら任せてよー。いつも一式持ち歩いてるからね♪」

美世「はんだごてとか得意だよ。知ってる?はんだごて!熱いヤツ!」


・エンジンの音を聴くだけで車の大きさが分かるという特技がある
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

美世「あ、プロデューサーさん! 大きなクルマが来るから、すこし車道から離れて。こっちこっち!」
パーフェクト⇒美世「あ、手握っちゃった…。い、いいよねっ、緊急事態だしっ。ほらほら、早くこっちきて!」
グッド⇒美世「エンジンの音で、クルマの大きさわかるんだ。へへっ、ちょっとした特技かな! すごいでしょ!」
ノーマル⇒美世「きゃっ、冷たっ! もうっ、水はねられちゃった…。あのトラック、運転が乱暴すぎ!」

美世「耳はいいんだよね。エンジン音だけで車種やコンディションを当てるのは伊達じゃないみたい!」


・あまり男性にモテてこなかったらしい
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ)

美世「こんな話するのも変だけど、実はあたし…あんまりモテないんだよねっ。クルマが趣味とかだから…」
パーフェクト⇒美世「プロデューサーさんも、あたしのこと…ただのアイドルとして見てるのかな? これからも、ずっと…?」
グッド⇒美世「でもいいのっ。プロデューサーさんに教えてもらったもん。今じゃファンにモテモテだってこと!」
ノーマル⇒美世「私からもドライブ行こうとかレース見にいこうとしか誘えないし…女の子らしくって難しいなっ」


・交代で運転するドライブデートに憧れている
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ)

美世「この街道は地元でも有名なデートコースみたい。プロデューサーさんには憧れのデートコースってある?」
パーフェクト⇒美世「なんか…プロデューサーさんは相手を大事にするデートが上手そうだよね。そう思うよ!」
グッド⇒美世「あたしは、交代で運転しながらドライブするのが憧れ! いっしょに走ってるって気がするし」
ノーマル⇒美世「ノープランなの? そっか…何か面白いプランは考えてほしいな」


・おとなしい性格の弟がいる
(デレマス「アイドルプロデュース 鎌倉あじさい巡り」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ)

美世「あたし、今はひとり暮らしだけど、実家では騒がしかったからちょっと寂しいなっ」
パーフェクト⇒美世「でも、みんなといられるから今は寂しくないよ!それにプロデューサーさんもいるし…!」
グッド⇒美世「あたしが元気でヤンチャだったせいか、弟はおとなしい性格なの。悪いことしちゃったかなぁ…」
ノーマル⇒美世「事務所が第二のお家みたいな感じ、あるよねっ!プロデューサーさんはみんなのパパかも?!」


・趣味のバイクつながりで拓海や夏樹とも仲が良い
(デレマス「第9回アイドルLIVEロワイヤル」3日目ライバルユニット ゆかいなたくみんと仲間たち、シンデレラガールズ劇場第304話、第320話、第550話、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

※出現時
夏樹「ははっ!拓海、ずいぶんと可愛らしい格好してるじゃないか」
拓海「う、うるせぇー!好きで着てるわけじゃねぇんだ!!」

※LIVE開始時
美世「でも似合ってるよ!」
拓海「う、嬉しくねぇよ…」

※勝利
美世「もぉ、恥ずかしがってたらお客さんが盛り上がらないよ?」
拓海「軽く言ってくれるじゃねぇか美世!!じゃあ衣装交換しろオラァッ!」

※引き分け
美世「せっかく新年に合わせて羊コスなら、これでバイク乗って走れば?」
拓海「ば、ばかっ!こんな格好で外を出歩けるかよっ!!!」

※敗北
夏樹「歓声が聞こえただろ?拓海に求められてるのが何か分かったろ」
拓海「み、認めねぇぞ!だいたいなんだこのユニット! おかしいだろ!」


デレ劇ダチャーンと拓海となつきち

美世「最近ね、事務所のバイク好きの子たちとツーリングに行くんだ。バイク女子、ブーム来ちゃうかも!」


・リラックスして眠りたい時にはホットハニージンジャーを飲むようにしている
(デレマス「[ナイトパーティー]原田美世(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ)

美世「ふふっ、甘くていい香りでしょ。リラックスして寝たい時、よく淹れるんだよね。今日はグッスリ眠れるようにって、わざわざ準備してきてたんだよ。プロデューサーさんも、一杯どうかな?美味しいよ♪」

美世「ホットはちみつジンジャーだよ。…ハニーだっけ?でも、はちみつだし?」


・レースゲームはあまり得意ではない
(デレマス「[乙女の素顔]原田美世(特訓前)」アイドルコメント、親愛度MAX演出、シンデレラガールズ劇場第593話)

美世「ふふふ…ハンドルを握ったら、プロデューサーさん相手でも容赦しないよ?優秀なドライバーは、ゲームでも……わわわ、思ったよりも難しいっ!このボタンは…かかっ、加速!?きゃーっ、クラッシュかもっ!」

美世「あー、面白かったぁ♪あたしがドライブテクでプロデューサーさんに負けるなんて…悔しいけど、また一緒に走ろうね、仕事でも!」


デレ劇第593話

・父親の影響で免許を取れる年齢になる前から車好きになった
(デレステ「原田美世【R】」ホーム)

美世「免許を取る前から車は大好き!お父さんの影響かな」


・手はゴツゴツしているらしい
(デレステ「原田美世【R+】」ルームタップ時)

美世「整備士だったとは思えないでしょ?でも手はゴツゴツしててさ…えへ」


・「[秘めた輝き]原田美世」のイラストで手にしているスパナは父親からの誕生日プレゼント
(デレステ「[秘めた輝き]原田美世」ホーム)

[秘めた輝き]原田美世

美世「このスパナ、お父さんからの誕生日プレゼントなの。いつだったっけな…」


・ポニーテールはお気に入りの髪型らしい
(デレステ「原田美世【R+】」ルームタップ時、「[秘めた輝き]原田美世」ルームタップ時)

美世「ポニーテールなら激しいダンスも大丈夫!車いじりのときにもやるの」

美世「ポニテ、似合ってるかな?結構好きな髪型なんだよね!」


・夏休みの宿題はギリギリまで放置してしまうタイプだった
(デレステ「[ドライブインサマー]原田美世」ルーム)

美世「あたしも夏休みの宿題はラストスパートかけるタイプだったからなぁ…」


・エアコンは苦手らしい
(デレステ「[ドライブインサマー]原田美世+」ルーム)

美世「エアコンって苦手なんだよね。窓開けていいー?」


・車を粗末に扱ったり危険運転をする人は嫌い
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP 全Lv共通)

美世「クルマを粗末に扱ったり、危ない運転をする人はキライ。プロデューサーさんはもちろん大丈夫だよね?」


・車だけでなく機械関係全般に強い
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP 全Lv共通)

美世「ふふっ、クルマいじりが好きだからか、機械関係には割と強いんだ。手先も器用なほうだしね!」


・実は自己アピールが苦手
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

美世「オーディションかー…受かるかなぁ。あたし、自分をアピールするのって、苦手なんだよね…」

※しかし、ボード2(Vi)を解放すると、レッスンの成果により人と話すことに自信を持つようになる。

美世「人と話すことに自信は持てたよ。あたしの気持ち、今なら、しっかり伝えることができそう!」


・仕事先には、可能な限り車で向かうらしい
(デレステ「原田美世のウワサ」)
 
関連記事