ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

19 2017

栗原ネネ 設定メモ

[チェリッシュチアー]栗原ネネ_[プロフィール]
身長:161cm
体重:44kg
血液型:A
年齢:15歳
誕生日:9月9日
利き手:右
スリーサイズ:77/54/78
星座:乙女座
出身地:群馬
趣味:テレビ鑑賞・健康作り

・誰かの憧れになれるような、そして元気を与えられるアイドルを目指すため、オーディションに参加して合格し所属した
(デレマス「栗原ネネ(特訓前)」アイドルコメント、デレステ「栗原ネネとのメモリアル1」、デレマス「ぷちデレラ」ステップアップエピソード2、デレステ「栗原ネネ【R】」親愛度50)

ネネ「栗原ネネです。ステージを元気に駆け回るアイドルに憧れて応募しました。誰かの憧れになるような、元気を与えられるようなアイドルになりたいです。よろしくお願いします、プロデューサーさん」

―オーディション会場―

P「次の方……。」
ネネ「栗原ネネです。よろしくお願いします。」
P「志望動機は?」
ネネ「ステージを元気に駆け回るアイドルに憧れて応募しました。誰かの憧れになるような、元気を与えられるようなアイドルになりたくて。」
P「どうして、元気?」
ネネ「えっと……。」
P「何か、理由が?」
ネネ「あまり、明るい話ではないのですけど……うち、妹が病気がちなんです……。けど妹はアイドルを見ていると、すこし顔色も良くて。そうして、姉妹でアイドルを追っているうちに、私もアイドルが好きになりました。それで、いつからか憧れるように……。アイドルは、私たち姉妹の絆を繋いでくれました。アイドルのおかげで、妹は笑顔になって、そんな妹を見て、私も笑顔になれたんです。だから、私もそんなふうに……妹やたくさんの人を笑顔にしたい。元気をあげられるようになりたいんです。」
P「元気に頑張ろう」
ネネ「それって……採用ってことですか?ありがとうございます。私の活躍がたくさんの人に届くように……笑顔で、頑張りますね。」

ネネ「私がアイドルを目指したのは、妹の笑顔が見たいから。テレビで見たアイドルのように、私も妹を、元気づけてあげたかったんです。でもアイドルのレッスンは、想像以上に大変で……ステージに上がるための道は想像以上に険しくて。挫けそうにもなりました。そんな時は、プロデューサーさんが励ましてくれたり、妹が元気づけてくれて。私を支えてくれる人がいたから、がんばれたんです。それで、わかったんです。アイドルの笑顔には、支えてくれる人たちへの感謝がこもってる……だからあんなに、眩しいんですね。今の私なら、胸を張ってステージにも上がれると思います。みんなや、プロデューサーさんへのありがとうを、形にするために……!」

ネネ「ずっと、アイドルに憧れていました。 今は少しずつ、レッスンなどをやらせてもらって 厳しいことや辛いことも知りました。現実を知るってことは、 憧れに少し近づけたってことだとも思うんです。 いまはそれが、嬉しくて。辛いことも乗り越えて、 アイドルに、なっていきたい。 そんな気持ちが大きくなるばかりです。」


・初めて「アイドルになりたい」という思いが現れたのは病気がちな妹が入院した時
(デレステ「栗原ネネの特訓エピソード」、デレマス「栗原ネネ+(特訓後)」親愛度MAX演出、「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」ナイトサファリをお散歩 スペシャルコミュ、デレステ「栗原ネネ【R】」ホーム、「[水彩の乙姫]栗原ネネの特訓エピソード」)

ネネ「初めて、アイドルになりたいと思ったのは、妹が入院したときでした。一緒にいてあげたいのに、できなくて。お姉さんらしいことも、笑わせてあげることもできなくて。妹が苦しい思いをしているのに、何もできなくて、悲しかったんです。でも、元気のなかった妹が、テレビの中で歌って踊るアイドルを見て、笑ったんです。私がアイドルだったら、そばにいなくても、笑わせてあげられる……元気にしてあげられるのにって、そのとき、強く思いました。あれから、時間が経って……人を元気にする難しさも、アイドルのお仕事が甘くないこともわかりました。でも、あの日感じた憧れだけは、変わりません。厳しいことにも耐えてみせます。私、アイドルになって、妹を……みんなを元気にしたいんです。そばに心を感じて、笑ってもらえるような、そんなアイドルを目指して……憧れに向かって、走り出しますねっ。」

ネネ「ほんとは病弱な妹の為だったんです。私の頑張っている姿を見て欲しくて…でも今は、プロデューサーさんの為でもあるんですよ!」

ネネ「真面目な話をしてもいいですか? 私がアイドル目指したのは妹を勇気づけるためでした。でも…」
パーフェクト⇒ネネ「でも妹が完治しても…私、アイドルを続けたいです! プロデューサーさんが…いてくれるから」
グッド⇒ネネ「それが、こんなロケにまで連れてきてもらえるなんて…。出来すぎですよね。私、幸せです」
ノーマル⇒ネネ「あ、自分のためじゃないなんて、真面目な話じゃなくて不真面目な話ですね。きっと…」

ネネ「妹のためにも、アイドルに…あ、いえ…自分の憧れも、です」

ネネ「えっ……もうこんな時間なんですね。じゃあ、着替えて……あっ、その前に、ちゃんと整理体操もしましょうね。はぁ……楽しかった。楽しい時間って、どうして、あっという間に過ぎてしまうんでしょうね。前は、こういうとき、『時間が止まっちゃえばいいのに』って思ってました。妹のお見舞いに行ったときとか、ですね。病院の面会時間は短くて、あっという間に過ぎてしまって……。別れ際に、妹の寂しそうな顔を見るのが辛くて。でも、今日は違いますね!一緒に行って、一緒に帰ってきて……また行くんですよ。大切な人たちに出会いに……!そして、みーんなを竜宮城にご招待です!仲間たちと舞い踊って、時間なんて忘れさせちゃいますから。この手を取って、キラキラの海の底へ一緒に……♪」


・昔からアイドルの番組をよく見ていた
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30)

ネネ「昔から、アイドルの番組をよく見てました。だからやっぱり、テレビのお仕事が好きですね」


・「アイドルになる」という話をした時は家族に反対はされなかったが、妹は心配したらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ステップアップエピソード1)

ネネ「……うん、わかったよ。無茶はしない。そっちも無理はしないでね。それじゃ、またあとで…………。ふふっ、元気そうでよかった。あっ、プロデューサーさん、お疲れ様です。今のは、妹と電話していました。妹とは、よく電話するんです。私のこと、応援してくれてて。私がアイドルになるって話をしたときは、家族にビックリされました。反対はされなかったけれど、心配はされました。特に……妹に。けれど、私がアイドルになりたい理由を話したら、喜んでくれて。今では、私の夢を応援して、支えてくれてる……大切な妹です。私の夢……そして、妹の期待にもしっかり応えられるように、私もっとがんばります。必ず一人前のアイドルになってみせますね!」


・空いた時間に発声練習をしている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

ネネ「空いた時間に、発声練習してます。少し恥ずかしいけど、苦手なままにはできませんから……」


・デレマスでは実家暮らし(?)で、デレステでは寮暮らし
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30、Lv11~20、「デレぽ」2019年1月2日、デレステ「栗原ネネとのメモリアル4」)

※出身は群馬だが、群馬から事務所に通っているのか家族で東京近辺に住んでいるのかは不明。
ネネ「レッスンやお仕事で、家にいる時間は減りましたが、家族との繋がりは前より強く感じます」

ネネ「いろんなお仕事をすると、お話のネタも増えますからね。家で待ってる妹が、喜んでくれます」

※デレステのコンテンツ「デレぽ」でのセリフで「里帰りをしている」との発言がある。親の里帰りに付いていっているとも取れるが、後述する2018年11月11日のデレぽでも実家からは離れて暮らしていると受け取れるセリフになっているため、デレステでは寮暮らしでほぼ確定と思われる。
下記の「栗原ネネとのメモリアル4」のコミュより、デレステでは寮暮らしで確定した。

あやめ「忍法、分身の術!テレビに映っているわたくしと、祖父の隣にいるわたくしとの分身です!」
ネネ「あやめちゃん里帰りしてるんですね。私もです♪」
肇「やっぱり、家族にアイドルとしての自分を観てもらうのはまだ少し緊張しますね。」
あやめ「そうですね。ですが同時に、もっと精進せねばと、身が引き締まる思いになります!」

ネネ「プロデューサーさん、ありがとうございました!家族みんな、とっても喜んでました!しーちゃんも、元気になったって……!」
P「よかった!」
ネネ「はい!みんな、さっきのステージを見て、やっぱり近くで応援したいから、いっそ東京に引っ越そうか、なんて盛り上がっちゃってるみたいで……えへへっ♪」


・子供の頃はネネも身体が弱い方だった
(デレマス「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」エアーズロックをお散歩 スペシャルコミュ)

ネネ「子供の頃、私、体が弱い方だったんです。でも妹に強い私を見せなきゃって思って、運動しました」
パーフェクト⇒ネネ「私をさらに強くしてくれる、プロデューサーさんは恩人です♪もっとレッスンで鍛えてくださいね」
グッド⇒ネネ「たまに思うんです。妹は、私を強くしてくれたのかもって。アイドルにしてくれたのも妹ですし」
ノーマル⇒ネネ「あの頃の私のままだったら、この砂漠でダウンしてたかもしれません。本当に暑いですね、ここ…」


・アイドルになって以降、妹の体の調子が少しづつ良くなってきている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30、「[サマーライブ]栗原ネネ+(特訓後)」親愛度MAX演出、「[ドキドキの体験]栗原ネネ+(特訓後)」マイスタジオ、「[カラダリフレッシュ]栗原ネネ+(特訓後)」マイスタジオ、「[クール・ミーツ・ガール]栗原ネネ+(特訓後)」マイスタジオ)

ネネ「最近、妹の調子がいいみたいなんです。私の元気が少しでも伝わっていたなら、嬉しいな」

ネネ「ステージを観た妹も喜んで元気になってました! アイドルって本当に素敵なお仕事ですね。プロデューサーさん、私アイドルが大好きです!」

ネネ「これほど陽気な私を見れば、妹もはしゃいでくれるはずです!」

ネネ「元気な私…妹に見せますっ!」

ネネ「妹がカッコイイねって言ってくれて。また元気をあげれたかな…♪」


・運動は好きで、健康のために軽い運動を続けている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30、ボード5解放セリフ、Daレッスンエピソード1、2、「[サマーライブ]栗原ネネ(特訓前)」マイスタジオ、「[ロワイヤルND]栗原ネネ(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、親愛度MAX演出)

[サマーライブ]栗原ネネ [ロワイヤルND]栗原ネネ

ネネ「健康のために、軽い運動は続けてました。今はそれが、お仕事でも役に立ってます」

ネネ「最近はランニングやストレッチも勉強してます。ダンスレッスン以外でも、体を動かすのが気持ちよくて♪」

ネネ「ふぅっ……今日は、ダンスの基礎レッスンを受けてきました。思いっきり体を動かすのは、久しぶりです。とっても楽しめました。最近は、今日みたいな激しい運動をする機会がなかったので……あ、苦手ではないんです。むしろ、運動は大好きなんですが。……私の妹は、昔から体があまり丈夫ではなくて。最近は少し元気がないようだったから、家の中で遊ぶことが多かったんです。本当は妹も、外で思いっきり体を動かして、元気に遊びまわりたいんでしょうけど、激しい運動は体に負担が大きいですからね。だから、その分、私が活躍しなくちゃいけません。カッコイイ、元気なダンスをステージで披露できるように……それが私の夢ですから!」

ネネ「プロデューサーさんっ!私、今日のダンスレッスンで、トレーナーさんに褒められました♪「最初の印象よりも、しっかり踊れてますよ」って。自分でも感じるんです。ダンスをしているときの充実感や高揚感……これはきっと、意識が変わったからだと思います。この間、レッスンで習っているダンスのことを、妹に話したんです。そしたら、「お姉ちゃんのダンス、見てみたいな」って言ってくれて。だから私、妹に約束しました。「お姉ちゃん、はやく一人前のアイドルになって、ステージで踊るよ。だから絶対、見にきてね」って。プロデューサーさん。改めて、よろしくお願いします。私、これからもレッスンがんばります。妹との約束を、必ず叶えるためにっ……!」

ネネ「LIVEに備えて体力づくりのジョギング、一緒にいかがですか?」

ネネ「ふひぃ~っ……、今日はだいぶ走ったかな…?足がパンパン。でも、これで次のLIVEでは、ハードなパフォーマンスもこなせそう。よし、ラストにもう一周!プロデューサーさん、もう少し待っててください!」

ネネ「運動後は、入念にストレッチを…」

ネネ「最近、だいぶ体力がつきました!」

ネネ「アイドルは健康第一、体が資本ですから!プロデューサーさんも最近、運動不足って言ってましたよね?よし、一緒に走りましょう!」


・水泳が好きで、なかでも背泳ぎが得意
(デレマス「[水彩の乙姫]栗原ネネ(特訓前)」マイスタジオ、「[さざ波の歌姫]栗原ネネ+(特訓後)」マイスタジオ、デレステ「[水彩の乙姫]栗原ネネ」プロフィール、ホーム、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、ベースレッスン Lv21~30)

[水彩の乙姫]栗原ネネ

ネネ「泳ぐのは好きなんです」

ネネ「水泳は健康に良いんですよ!」

ネネ「水泳は健康に良いんですよ!」

ネネ「泳ぐのは好きです。体力づくりでプールに通ってましたから!」

ネネ「水遊びも、次のお仕事に生かせるかなって思って…。泳ぐのは好きなんです。プロデューサーさんも一緒に泳いで、もっと健康になりましょう?まずは準備体操からですよ!」

ネネ「温水プールで泳ぐのは、久しぶりで。今度、妹も連れてきてあげたいな」

ネネ「昔はビート板にしがみついてたんですけど…。今はちゃんと泳げますよ」

ネネ「得意なのは、背泳ぎです。泳いでる間にも、景色が見えるから…好き」

ネネ「スポーツだと、水泳が好きです。水の中でゆったりするだけでも、心が安らぐんですよ」

ネネ「子供の頃、実家の近くの川で泳いだのが、懐かしいです…え?い、今は泳ぎませんよ?」


・水着にも色々な種類がある事を知らなかった
(デレマス「[水彩の乙姫]栗原ネネ(特訓前)」アイドルコメント、親愛度MAX演出、デレステ「[水彩の乙姫]栗原ネネ」ルーム、親愛度100)

ネネ「せっかく誘ってもらったので一緒に遊びたいなって思って着てきたんですけど、実は私…水着って学校で使ってたコレしか持ってなくて…恥ずかしいです。…あ、あの…変じゃないですか?」

ネネ「水着を買いに行くことなんてないから困っちゃって…。あの、プロデューサーさん…もし良かったら今度、水着を選んでください!」

ネネ「水着っていろんな種類があるんだ。初めて知った…!」

ネネ「ほ、本当は……新しい水着を買いに、お店まで行ったんです。でも、可愛い水着を選んでる自分が恥ずかしくなっちゃって……耐えられなくなって、お店を出ちゃって……。次に来るときは、可愛い水着で、プロデューサーさんと、遊びたいから……今度、お店へついてきてください!い、言えた……!」


・デレステ世界では運動はあまり得意ではない模様
(デレステ「栗原ネネ【R】」ホームタップ時、「栗原ネネとのメモリアル2」)

ネネ「運動もしなくちゃ。でも、苦手で…。教えてもらえますか」

―レッスンルーム―

ネネ「ついに初レッスンですね。アイドルのドキュメンタリーとかでも、レッスンは大変そうですけど……。私、頑張ります!それで、何をしましょう?」
P「まずは、軽く走ろう」
ネネ「あ、ウォーミングアップですね!身体を慣らすのに必要ですよね。……よし、早速行きましょう!」

***

ネネ「はぁ、はぁ……。うう……。ウォーミングアップで、息が上がってしまうなんて……。運動は、あまり得意じゃないんですよ……。でも、へこたれてられませんね。頑張ります!」

***

ネネ「ふぅ。次はダンスレッスンですね。気合い入れて、いきますね!」

***

ネネ「1・2・3・4……うーん、ここのステップがうまくできない……。」

***

ネネ「はぁ……はぁ……ちょ、ちょっとつかめてきたような……!もう一回!もう一回、お願いします!1・2・3・4……ここでっ……わ、わわっ……!」
P「大丈夫!?」
ネネ「いたたた……。だ、大丈夫です!転んで、ちょっと足をぶつけただけですから。」
P「今日は終わりにしよう」
ネネ「えっ。私、大丈夫ですよ!動けますし、まだやれます!」
P「無理は禁物」
ネネ「あ…………はいっ。無理して、こじらせたら、レッスンできなくなっちゃいますもんね……。健康第一、ですよね。……わかりました!」
P「どうして、そんなに頑張れるの?」
ネネ「私はアイドルになるチャンスをもらったから……。頑張らないなんて、ありえません。やりたくても、できない人たちもいるんです。でも、私は踊れるから……。アイドルは、私だけの夢じゃないから……。もっと頑張りたいんです。」
P「ぜったい叶えよう」
ネネ「入っ!レッスンをして、完璧なパフォーマンスができるようになって……。テレビで観たような、みんなに元気を届けられるようなアイドルになります!ぜったいに!」


・アイドルになるまでファッションはあまり意識していなかった
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちプロフ)

ネネ「小さい頃から、自分のオシャレってあまり意識していませんでした…わ、私、変じゃないですか?」

ネネ「私に似合う服、ありますか?自分にもわからなくて…ぷ、プロデューサーさんに、お任せします!」


・幼稚園で浦島太郎の演劇をやったときはヒラメの役だった
(デレステ「[水彩の乙姫]栗原ネネ+」ルーム)

ネネ「幼稚園で浦島太郎の演劇をやったときは、ヒラメの役でしたね…」


・セクシーな衣装にも少し憧れはある
(デレステ「[水彩の乙姫]栗原ネネ」ルームタップ時)

ネネ「セクシーなのは、まだ早いかなって…。憧れは、少しあるけど…」


・小さい子の世話をつい焼いてしまう
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30、「[淡色の花びら]栗原ネネ(特訓前)」アイドルコメント、お仕事、お仕事(親愛度MAX)、シンデレラガールズ劇場第378話、第873話)

[淡色の花びら]栗原ネネ

ネネ「事務所には、小さい子も多いですよね。放っておけなくて、つい世話を焼いちゃいます」

ネネ「わぁ雪美ちゃん、見つけてくれたんですね!おつかい、上手にできました♪じゃあ、あとは4人でお菓子も選んで帰りましょうか。プロデューサーさんや事務所のみんなを喜ばせちゃいましょう!」

ネネ「お姉さん役は任せてください!」

ネネ「みんな、高い棚のお菓子は無理せず、私に言ってくださいね!」

ネネ「気をつけて帰りましょうね。プロデューサーさんも手…繋ぎますか?」


シンデレラガールズ劇場第378話 シンデレラガールズ劇場第873話

・お世話される事に慣れていない
(デレステ「栗原ネネ【R+】」ルームタップ時)

ネネ「髪、編んでくれるんですか?お世話されるのって、慣れなくて…」

ネネ「なでなでは、妹ばかりで…。あんまり、慣れません…」


・乗り物酔いしやすい体質
(デレマス「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」シドニーをお散歩 ノーマルコミュ、ベースレッスン Lv11~20)

ネネ「すこし足元がフラフラします…。いえ、別に体調が悪いわけではないのですけれど…」
パーフェクト⇒ネネ「のぼせ気味かもしれません。プロデューサーさんに、オーストラリアへ連れてきてもらえたから…」
グッド⇒ネネ「じつは乗り物の揺れに弱い方なんです。何時間も飛行機に乗ったから、そのせい…かなって」
ノーマル⇒ネネ「出会ったばかりの頃は、私が病弱だってカン違いされちゃいましたよね。ふふっ」

ネネ「元々私って、よく歩く方なんですよ。むしろ電車やバスに揺られるほうが苦手で…」


・オーストラリアの動物ではカモノハシがプロデューサーに似ていて一番好きらしい
(デレマス「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」サファリをお散歩 ノーマルコミュ)

ネネ「オーストラリアの動物、どれが好きですか、プロデューサーさん? 迷っちゃいますけど、私は…」
パーフェクト⇒ネネ「カモノハシが一番好きです♪どこか放っておけない感じで。プロデューサーさんに…似てるかも?」
グッド⇒ネネ「ワラビーが、こんなにかわいいなんて知りませんでしたっ。人懐っこくて…すっかりなかよしです」
ノーマル⇒ネネ「コアラは、もちろん私も大好きです! 普通なお返事で、すみません…誰でも好きですよね」


・動物に好かれやすい
(デレマス「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」前半3日目飛鳥プロデュース)

飛鳥「ネネさんは動物たちに好かれるようだね。純粋な心が伝わるんだ」


・日焼けはしないタイプ
(シンデレラガールズ劇場第127話、デレマス「[サマーライブ]栗原ネネ(特訓前)」マイスタジオ、「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」サファリをお散歩 ノーマルコミュ、デレステ「栗原ネネ【R】」ルームタップ時)

デレマス劇場127話

ネネ「あまり日焼けってしないんです」

ネネ「葉がつくる日陰は多いですけど、それでも日は強いですね。日焼けに注意した方がいいかも…」
パーフェクト⇒ネネ「プロデューサーさん、私の帽子、かぶりますか? もし、イヤじゃなかったらですけど。交替交替で♪」
グッド⇒ネネ「といっても私は日焼けしない方なんですけれど。肌が赤くなるくらいで…」
ノーマル⇒ネネ「みんなで、ずっとユーカリの木陰に入ってましょうか? あ、でもそれじゃお仕事になりませんね」

ネネ「日光浴も大事…。日焼けはだめなんですね。でも、私、焼けないほうで」


・料理がお菓子作りが得意
(デレマス「栗原ネネ(特訓前)」マイスタジオ(親愛度MAX)、「2018年クリスマス」栗原ネネがくれたクリスマスケーキ フレーバーテキスト、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、Lv21~30、「[サマーライブ]栗原ネネ+(特訓後)」マイスタジオ、デレステ「ホーム・ルーム共通」昼12時~14時まで、「栗原ネネ【R】」ルームタップ時親愛度MAX)

ネネ「プロデューサーさん、お弁当作ったので…健康志向メニューですよ」

【栗原ネネがくれたクリスマスケーキ】
健康に配慮し、オーガニックな食材で作ったヘルシーケーキ。もちろん、美味しさだって確かな満足!ネネ特製ヘルシードリンクもセットでどうぞ♪

ネネ「お弁当の栄養バランスも、しっかり整えてます。メニューを考えるのも、得意なんですよ」

ネネ「プロデューサーさんは、外食が多いんですか?手作りのお弁当もいいですよ。よければ、私が…」

ネネ「お弁当作ってきたので、どうぞ」

ネネ「お昼ごはんは、はい。栄養バッチリのお弁当ですよ」

ネネ「健康メニューでお弁当を作ってきました。受け取ってもらえますか?」


・健康志向のミックスジュースが好きで自分でもよく作っている
(シンデレラガールズ劇場第729話、第743話、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、「[クール・ミーツ・ガール]栗原ネネ(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、親愛度MAX演出、お仕事(親愛度MAX)、「[ステディバディ]栗原ネネ(特訓前)」お仕事、デレステ「栗原ネネ1コマ劇場①」、「栗原ネネ【R】」ルーム)

シンデレラガールズ劇場第729話 シンデレラガールズ劇場第743話

ネネ「楽しく作って、美味しく飲めて、体も健やかに!野菜ジュースってすばらしいですよね」

ネネ「はい、栗原ネネのオススメフルーツですよ~! 今からこれで、美味しいミックスジュースを作りますっ。プロデューサーさん、最近お疲れのようでしたから…ビタミンや食物繊維をたっぷり摂ってくださいねっ♪」

ネネ「楽しめるよう、変化をつけて…」

ネネ「グレープフルーツジュースは、筋肉の疲労を回復してくれるんですよ♪」

ネネ「体調に合ったフルーツをご用意♪」

ネネ「フルーツパワーが支えてくれますよ♪」

ネネ「美味しいですか? よかった…プロデューサーさんのためなら毎日だって作りますっ。だから、いつまでも元気でいてくださいね♪」

ネネ「プロデューサーさん、ご注文を♪美味しいジュースを作りますよっ」

ネネ「差し入れは、特製ヘルシードリンクで!稽古中も好評だったんですよ」


栗原ネネ1コマ劇場1

ネネ「事務所の自販機、ジュースばかり…野菜ジュースとか、ないのかな…」


・妹が肉料理を苦手としているため、自分が「肉料理が大好き」という事にして食べているらしい
(デレマス「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」ナイトサファリをお散歩 ノーマルコミュ)

ネネ「晩御飯はバーベキュー料理なんですね。私、肉料理も好きですよ。でも、あんまり食べないので」
パーフェクト⇒ネネ「野菜をたくさん食べたいです、プロデューサーさん! 日本のとは風味も違いそうで、楽しみです♪」
グッド⇒ネネ「妹がお肉、好きじゃないんです。で、私大好き! ってことにして食べてます。体のためなので」
ノーマル⇒ネネ「オーストラリアは、かけるソースも独特…な、なるほど…。じゃあ少しだけ試してみます」


・早寝早起きが習慣となっている
(デレマス「栗原ネネ(特訓前)」マイスタジオ、「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」ナイトサファリをお散歩 ノーマルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、デレステ「栗原ネネ【R】」ホーム)

ネネ「早寝早起きは体に良いんですよ」

ネネ「こんな遅い時間まで起きていることは、あまりありませんね。普段はわりと早く寝てしまう方で」
パーフェクト⇒ネネ「プロデューサーさんと、夜の動物探しなんて…ドキドキです。だから今は、全然眠くありません!」
グッド⇒ネネ「早寝早起きが習慣なんです♪気持ちよく過ごせるので。でも今日はお仕事ですから特別ですね!」
ノーマル⇒ネネ「だから深夜番組とかは、ほとんど見られないんです。私、中身がお子様で…。お恥ずかしいです」

ネネ「昔から早起きなんですが、その分夜更かしは苦手で…子供っぽいですよね、えへへ」

ネネ「早寝早起きしましょうね。だって、健康の基本ですから」


・結構な怖がりで、特に夜は不意を付かれると何を見ても驚いてしまう
(デレマス「2014年誕生日アイドル紹介」通常コメント、「[ドキドキの体験]栗原ネネ(特訓前)」アイドルコメント、お仕事(親愛度UP)、親愛度MAX演出、「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」ナイトサファリをお散歩 ノーマルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、Lv21~30)

[ドキドキの体験]栗原ネネ

ネネ「ひゃん!プロデューサーさん!あ…お誕生日のクラッカーだったんですね。突然の大きな音に少しびっくりしました…でも、嬉しいです」

ネネ「ひゃん!急に大きな音が~!…これ、ブーブー風船っていうんですか?駄菓子屋さんで買ったんですけど、思ったより迫力ありますね。ビックリするの苦手なのに、心臓に悪いですよー。ふぅ…」

ネネ「お仕事中鳴らないように、押えてもらえますか?助かります…」

ネネ「大きな音にも…だいぶ慣れてきました。でもまた驚いてしまったら、プロデューサーさんにしがみついても…いいですか…?」

ネネ「私、ついビックリしちゃう方なんです。とくに夜はなにを見ても驚いてしまって、たまに大騒ぎに…」
パーフェクト⇒ネネ「ワニ!? ワニです、プロデューサーさん! 放しませんっ。この腕、帰るまで絶対放しません!」
グッド⇒ネネ「フクロモモンガに…ポッサム! ここは、夜もかわいい子ばかりですね。これなら、怖くありません♪」
ノーマル⇒ネネ「きゃあああああっ、幽霊~!? …あ、プロデューサーさん。ごめんなさい、本当にごめんなさい!」

ネネ「ひゃうぅっ!?い、今の、犬の鳴き声ですか?ビックリしましたぁ…え?事務所に、犬?」

ネネ「大きな音とかサプライズとか、ビックリさせられるのが苦手で…もっとしっかりしなきゃ」


・ハーブティーに詳しい
(デレマス「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」ナイトサファリをお散歩 ノーマルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

ネネ「なにか眠気覚ましになる飲み物も用意した方がよさそうですね。オーストラリアには、どんなお茶が…」
パーフェクト⇒ネネ「妹の健康のため、ハーブティーにもくわしくなりました♪プロデューサーさんの健康も任せてください」
グッド⇒ネネ「レモンマートルっていうハーブがあるらしいです! さわやかな風味らしいので、ハーブティーを入れますね」
ノーマル⇒ネネ「最初はコーヒーって思ったんですけど、みんなは飲めないですよね。私も苦いのは、そんなに…」

ネネ「ハーブティ、一緒にどうですか?この香りと、温かさ…緊張もほぐれて、ゆったりできます」


・プライベートで旅行は殆どしたことがない
(デレマス「アイドルLIVEツアー in バリ島」栗原ネネ※コテージエリア、「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」エアーズロックをお散歩 スペシャルコミュ)

※出現時
ネネ「コテージの窓から、花の香りが吹き込んでくるんです。すっごく素敵な気分ですね…!」

※LIVE開始時
ネネ「私も歌で…癒したいな」

※勝利
ネネ「私のチカラじゃありません。リラックスさせてくれた島のおかげです」

※引き分け
ネネ「ジンジャーティー、飲みますか? ちょっと味が強いみたいですけど」

※敗北
ネネ「妹にも聴かせたかったな…。いつかバリに連れてきてあげたいな」

ネネ「じつはプライベートで旅行って、したことがないんです。海外どころか、国内もほとんど…」
パーフェクト⇒ネネ「だから、私の旅行の思い出には、いつもプロデューサーさんがいます♪お仕事の旅ばかりですから」
グッド⇒ネネ「妹を残して、家族旅行にはいけないですし。でも、どこかに行かなくても楽しいことはあります」
ノーマル⇒ネネ「あ、修学旅行には行きましたね。でも旅行中も落ち着かなくて、そわそわしてました」


・炭酸が苦手
(デレマス「[アクティブサファリ]結城晴(特訓前)」お仕事)

晴「ネネさんほら、コーラ!炭酸飲んだ方が、テンション上がるって!あ、苦手?」


・人の顔色や表情からその考えを読み取るのが得意?
(デレマス「[ステディバディ]栗原ネネ(特訓前)」マイスタジオ)

ネネ「私が刑事だったら…顔色や表情から、読み取るのが得意かも?」


・妹から貰った付箋を愛用している
(デレマス「[チェリッシュチアー]栗原ネネ(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、お仕事(親愛度UP)、マイスタジオ(親愛度MAX))

[チェリッシュチアー]栗原ネネ

ネネ「ふふっ、カラフルで可愛いでしょう?この付箋たち、妹から貰ったんです。勉強がはかどるから、お姉ちゃんも使ってねって。いつの間にか、しっかりしちゃって…おかげで台本の予習もバッチリです!」

ネネ「可愛くても、しっかりしてます!」

ネネ「よく一緒に買いに行くんです」

ネネ「台本を開くたびに聞こえるんです。妹の、がんばって!の声が♪」

ネネ「お芝居の時も、活用しました♪」

ネネ「ひと目でわかりますし、何より…見ると元気になれるんです!」

ネネ「お気に入りは、うさぎさん。プロデューサーさんに似てますから♪」

ネネ「プロデューサーさんも使ってみますか?ハート形の付箋、オススメです♪」


・シオン(紫苑)の花が誕生花であることを妹が教えてくれた
(デレマス「[淡色の花びら]栗原ネネ+(特訓後)」お仕事、親愛度MAX演出)

[淡色の花びら]栗原ネネ_

ネネ「シオンの花って、私の誕生花なんですよ。妹が教えてくれました」

ネネ「シオンの花言葉は、君を忘れない…。いつも心にプロデューサーさんや妹、仲間がいて、元気をくれて…忘れられない、大切な毎日です」


[すこやかな願い]栗原ネネシオンの花
ちなみに「[すこやかな願い]栗原ネネ」の衣装にもシオンの花があしらわれている

・現在妹はようやく病気への抵抗力がつき、実家で普通に生活が送れるようになっている
(デレステ「[すこやかな願い]栗原ネネ」アイドルコメント、親愛度100、親愛度200、ホーム親愛度MAX、ルーム親愛度MAX、ルームタップ時親愛度MAX、「[すこやかな願い]栗原ネネ+」ルーム、親愛度400、親愛度600、「デレぽ」2018年11月11日、デレマス「リフレッシュルーム」ヘルシーサバイブの1日おでかけプラン♪)

[すこやかな願い]栗原ネネ
PLACE:ネネの家・リビング

※妹の名前は2019年2月現在不明だが「しーちゃん」と呼ばれているようだ。前述したネネの誕生花が「シオン」であるのを妹が教えたという設定から、「妹の名前は『しおん』なのではないか?」と考察する声も多い。
ネネ「はしゃいじゃって。本当にアイドルが好きだよね。ん?いいの。お姉ちゃんは、楽しそうなしーちゃんを見てるのが楽しいの。ふふっ、アイドルって、本当に素敵なお仕事だよね」

ネネ「妹が笑っていてくれること。 やっぱりそれが、私の初心です。あの笑顔を知っているから、厳しいアイドルの世界だって、どこまでも進んでいけます!」

ネネ「妹が、お医者さんからお墨付きをもらえたんです!病気への抵抗力がついてきてる。普通の人と同じ生活で大丈夫。もう心配しなくていいよって。それを聞いて嬉しそうに笑った妹の顔を見て、これまでの全部が報われた気がして……本当によかった。プロデューサーさんに、是非言いたいことがあって。ここまで支えてくれて、ありがとうございました……!でも、終わりじゃありません。ここは新しい始まりです。だから、改めて。……これからも、よろしくお願いします!」

ネネ「もう病気の心配をし続けなくていい。それだけで、全部報われたみたい」

ネネ「あの子の道は、ここから変わるんです。私のアイドルも、またここから」

ネネ「事務所のみんながおめでとうって言ってくれて…すこし泣いちゃいました」

ネネ「大丈夫って言われた途端、妹が野菜ジュースを嫌がって…困っちゃいます」

ネネ「毎日、妹がいってらっしゃいと元気に送り出してくれる。事務所でプロデューサーさんがおはようと言ってくれる。それだけで私、いくらでも頑張れます!」

ネネ「誰よりも目を引く輝きや、どこまでも美しい歌声。そういったものは、もしかしたら備わっていないかもしれません。でも、いいんです。私が届けたいものは、別にありますから。テレビを見て笑いあえる家族の団らんや、青空と陽の光の温かさ、みずみずしい自然の美しさ。どこにでもあるような、ほんの小さな幸せ。それを届けることが、私のやりたいことです。その幸せを知ってることが、きっと私の一番の強み。妹がいて、あなたがいて。だから私は、どこまでも輝けますっ!」

※また、妹と一緒に旅行に行くこともできるようになった。

出発前にキメ顔を披露する若葉

美世「出発前にキメ顔を披露する若葉ちゃん!昨日群馬ドライブしたよ~。」#みんなでオフ
若葉「とっても運転上手に見えます ! …よね?地元だけど緊張で肩バキバキでした~。美世ちゃんのナイスサポートに感謝っ!」ネネ「運転ありがとうございました!紅葉で染まった山を見られて良かったです。妹もすっごく喜んでました!」
美世「楽しかったね~。妹ちゃんも楽しんでくれてて良かった♪」
ネネ「アイドルのお姉ちゃんが3人もいるって帰ってからも嬉しそうにしてたらしくて、母もお礼を言ってました!」
若葉「お姉ちゃん…!嬉しいな~、またお出かけしようね~♪」
美世「あたしもまたサポートするからさ、車で出かけたくなったら言ってね!」
ネネ「ありがとうございます!」

妹も最近はネネに影響されて健康づくりに興味が出てきている。
星花「それではさっそく…♪ネネさん、妹さんとは普段、どんな風に過ごされているんですか?」
ネネ「妹とは、家で過ごすことがほとんどで…身体にいい献立や、ドリンクを一緒に作っています♪」
亜季「…と、言うことは!妹殿も健康作りに興味があるとお見受けましたが!」
ネネ「そうですね!私の影響を受けたみたいで…♪」


・たくさん食べる人が好きらしい
(デレステ「栗原ネネのウワサ」)

・毎日、必要な栄養を必ず摂っているらしい
(デレステ「栗原ネネのウワサ②」)
  
関連記事