ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2016

松永涼 設定メモ

SR_ [ミュージックスクリーム]松永涼_[プロフィール]
身長:160cm
体重:47kg
血液型:AB
年齢:18歳
誕生日:10月1日
利き手:右
スリーサイズ:90/56/86
星座:天秤座
出身地:東京
趣味:ホラー映画観賞

・ソロCDデビューのお祝いに千枝から「うさちゃんヘアピン」をもらった
(CD「CINDERELLA MASTER 047」)

涼「あとこっちは……『うさちゃんヘアピン』だって?……えー…ラジオだから、まあいいか!付けて挑むぜ!」


デレマス劇場第6話
佐々木千枝とはシンデレラガールズ劇場第6話で絡んでいる
ヘアピンは千枝が付けているものとお揃いだったりするのだろうか

・ホラー映画観賞が趣味になったのはライブハウスでのバイトがきっかけ
(CD「CINDERELLA MASTER 047」)

涼「これは、昔バイトしてたライブハウスが原因なんだ。そこで何度も観せられたせいでさあ。ほら、ライブハウスって、客入れ前や終演後に、掃除したり片付けとかするだろう?そういう時に、店長がフロアのモニタで流してたんだよ、ホラー映画をさ。で、ボーッと観ている内にハマったってワケ。あ、別に最初からスプラッタな物が好きだったわけじゃないんだぜ?だから、マジモンのホラーとか心霊現象は……カンベンだな」


・クラシックやジャズなどにも造詣が深いらしい
(デレステ「松永料のウワサ」)
このウワサは後述する「イベントコミュ 純情Midnight伝説第4話」にて掘り下げられた。

・ロックバンドの道を歩み始めたのは親に強いられたお嬢様としての生き方に反抗したため
(デレステ「イベントコミュ 純情Midnight伝説第4話」)

涼「アタシは手が掛からない……いい女でいたくってね。」
夏樹「ははっ。そういう欲のなさは美徳って言えるのか?」
涼「どうかな。まぁ、昔から望んだものが手にはいらないことが多くってね。そういう性格になっちまったのさ。」
夏樹「へぇ……?」
涼「昔話だが……今でこそこんなカッコしてるが、昔はお嬢サンだったんだぜ。意外だろ。」
夏樹「ははっ。そりゃあいい。ひらひらのスカートに清楚なブラウスか?」
涼「まぁな、聞くのはクラシックの交響曲ときたもんさ。けど、そんな生き方は堅っ苦しくてね。反抗してたら、ロックバンドを経て……いまじゃアイドルさ。」
夏樹「そいつは……驚いた。なかなかロックだな。」
涼「だろう?そんなアタシだが……アイドルになってからは変わるって決めたんだ。だから、今回は……ステージの上では、ワガママにやらせてもらう。」
夏樹「あぁ。アタシだってそうさ。5人全員、ワガママに暴れ回って、観客全員を燃やし尽くしてやろうぜ。」


    
関連記事