ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2016

堀裕子 設定メモ

SR_ [さいきっく☆ボイス]堀裕子_[プロフィール]
身長:157cm
体重:44kg
血液型:O
年齢:16歳
誕生日:3月13日
利き手:右
スリーサイズ:81/58/80
星座:魚座
出身地:福井
趣味:サイキックトレーニング

・アイドルになってステージに立つ未来の自分の予知夢を見たため、オーディションに応募した
(デレステ「堀裕子のメモリアル1」)

裕子「堀裕子!16歳です!オーディションに応募したキッカケは……ズバリ、予知夢!アイドルになってステージに立つ未来の自分が見えたんです!」
P「…………。」
裕子「驚きで声も出ないみたいですね……。実は私、ここだけの話ですが……超能力者なんです!練習中の能力は、テレパシー、透視、そしてサイコキネシス!」
P「…………。」
裕子「あ、その目は……疑ってますね?『何言ってるの?この子……』って顔してますね?しかたありません、では特別に能力をお見せしましょう!
ふふふ、じゃじゃーん!ここに取り出したるは、何の変哲もない先割れスプーン!今からこのスプーンを超能力で曲げてごらんにいれますっ!むんっ!ぬぬぬぬぬぬぬぬぬっ!……はあっ!
………………………………………………………………
………………………………………………………………
………………………………………………………………。」
P「(応援する)」
裕子「あ、あれ……今日はちょっと調子が悪い……かな?オーディションで緊張して、昨日はあまり眠れなかったから、『さいきっく・ぱわー』が足りてないようです。でも、ホントなんですよ?ホントに私、超能力者なんです!それに世界初のサイキック・アイドル!……これってかなりセンセーショナルじゃないですか?」
P「面白そうなので採用!」
裕子「採用ですか!?やったー!これから、アイドルと超能力者、どちらもがんばりますっ!エスパーユッコを、よろしくお願いしますっ!失礼しますっ!」

裕子が忘れていったスプーンが、床に落ちている。
……なんと、そのスプーンは曲がっていた!


・小学生の頃に超能力があることを自覚した
(CINDERELLA MASTER 030、デレステ「堀裕子【N】」ホーム)

裕子「堀裕子……16歳。福井県の平凡な家庭に生まれた裕子は、幼い頃から周囲の人間とはどこか違う、非凡な才覚を漂わせていた……。そしてその力に覚醒したのは、小学生の時。給食の時間、その力は突然暴発した!なんと、手にしていたスプーンが、見る見る間に曲がっていったのだ!同級生からのあこがれの視線!鳴りひびく喝采!ふふふっ、ふははははー!それ以来、さらなる超能力を身につけるため、恵まれた才能に慢心することなく、日々研鑽を重ねているのだった!突き進めユッコ!その超能力を世界に見せつけるためにーっ!エスパーユッコ伝説、トゥービーコンティニュー!」

裕子「はい、子供のころから、私は他の人とどこか違うなーと思ってました!」


・現在できる超能力は「スプーン曲げ」だけらしい。しかしあまり成功しない
(デレマス「堀裕子(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、「堀裕子+(特訓後)」お仕事(親愛度MAX)、CINDERELLA MASTER 030)

裕子「アー、アー、私は超能力者デース。このスプーンを曲げるデー…え? あ、普通に自己紹介ですか? コホン…堀裕子、16才、特技は超能力ですっ。スプーン曲げますよ! サイキックアイドル、エスパーユッコをご覧あれ! えいっ!」

裕子「曲がらない…いやまさかそんな」

裕子「私はスプーン曲げだけじゃないって、みんなに見せつけますよっ」

裕子「ほらーっ、曲がりましたー!」

(不正解音)

裕子「ええーっ!?曲がったじゃないですかーっ!?……え、力技じゃないかって?……あぁ!『さいきっく力技』のことですね?さすがはプロデューサー、よくご存知ですねー♪要は、私のパワーで曲がったんですよー!そういうことですよね?ねっ?」

(正解音)


・現在は透視能力も訓練中
(デレマス「堀裕子+(特訓後)」お仕事、「[サイキックマジシャン]堀裕子+(特訓後)」思い出エピソード前編、「[大地のぱわー☆]堀裕子」思い出エピソード前編、「[さいきっく☆ボイス]堀裕子」思い出エピソード前編)

裕子「透視能力はまだ訓練中なんで…」

裕子「プロデューサー! どこですかプロデューサー!! 大変です! 大変なんですってばーこのユッコの超能力が、超☆来てるんですってー!い…いない…!? ふっふっふ…このエスパーユッコならプロデューサーの場所を突き止めるくらい…ムムム…ムンッ!さいきっく~…クリアボヤンス!説明しよう! これは透視能力のことである! どこかなー? あれ…いないなー…透視能力はちょっと調子が悪いみたい…しかたない…今日はこのあたりにしておいてあげましょう…
…ってプロデューサー!!! いたんですか! …こ、こんなに近かったら透視能力も効きませんよ…しょうがないですね! あはは…そうだ聞いてください! 新しい能力開発をしてて気づいたんです! さいきっくぱわーを使えばマジックとかできちゃうって!いま支度しますから! いいですか! さいきっくマジック、世界初公開ですよ! みんなにも見てもらいましょう! このあと…すぐ!!」

裕子「はぁ~……ほぇ~……。あ、プロデューサー。聞いてください~。このエスパーユッコ、最近さいきっくぱわーが枯渇しているんです~……。あ、夏バテともいいますね。いやいや、で、パワーが枯渇したときにどうするかというと!補給が必要なんです。栄養と一緒です!さいきっくぱわーは自分の内から沸いてくる力ですけど、補給もできるんです。世界にはそんなパワースポットがあるんですよ!そう、もうお分かりですね?このエスパーユッコの透視能力を使えば……ふっふっふ……パワースポットへいくお仕事がありますよね!海外ロケ!オーストラリア、行きたい!あ、ホワイトボードの予定を見ただけなんて、そんな!ちゃんと私はプロデューサーの脳内を覗いて……!あーとにかく、オーストラリアのエアーズロックは現地の人からも聖域としてあがめられていて、それはそれは強力なパワースポットなんですよ。まぁ、こまかい説明はいいからいきましょう!連れてってください!れっつ!さいきっくじゃーにー、しゅっぱーつ!」

裕子「ムムム……プロデューサーは不在ですかね……?お仕事で外出していて、戻りが遅れている……とか、かなぁ?フッフッフ……だがしかし!このユッコの透視能力が炸裂すれば!プロデューサーの予定など、丸見え丸はだかっ!……あ。事務所のホワイトボードに予定が書いてありましたね。透視したら見えなくなるところでした。あはは……。なになに。帰社予定……未定。未定ですか~、そうきましたか……これでは、いつ帰ってくるかわからない!よーし、今度こそ透視して……ムムムムーン!プロデューサー、今どこで帰ってくるのは何時なんだーっ!?フンッ!あぁっ!? さいきっくぱわーが強すぎて、プロデューサーをテレポーテーションさせてしまったというのかー!……違いますか、はい。いやいや、そんなことはよくてですね!プロデューサー、特訓ですよ特訓!ついてきてください!はやく!大切なことなんです!」

※デレステでは「読心術」や「テレポート」も練習中と語っている。
「堀裕子【N】」ホームタップ時より。
裕子「透視能力と読心術も練習中なんです。い、いまはまだ、練習中…」

※「堀裕子【N+】」ルームタップ時
裕子「今、テレポートを習得中です。これがあれば遅刻ゼロ!の予定…」


透視といいつつ基本的にホワイトボードで確認するのがお約束になりつつある。

・常に先割れスプーンを持ち歩いている
(デレマス「堀裕子(特訓前)」お仕事、「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」後半1日目 スペシャルコミュ、デレステ「堀裕子【N】」ホーム)

堀裕子と先割れスプーンを

裕子「スプーンはいつも持ち歩いてます!」

裕子「たとえオーストラリアでも常にサイキックパワーを見せられるために、実はバッグにスプーンを忍ばせてあります!」
パーフェクト⇒裕子「プロデューサーにいいところを見せたくて…今回のロケは気合入ってますからね! フン!」
グッド⇒裕子「やっぱりコレは私のアイデンティティですから、いつだって準備してあるんです! 先割れがポイント!」
ノーマル⇒裕子「今回の撮影では使いどころないですか? いや、万が一! 何かあるかもしれないので! カレーとか!」

裕子「スプーンはいつも持ち歩いてます。いつでも曲げられるように…ね!」


・裕子の持っているスプーンは「旧ソ連の極秘研究所で開発された」代物……らしい
(デレステ「堀裕子【N】」ルーム)

裕子「これは、旧ソ連の極秘研究所で開発された特殊な先割れスプーンなのです」


・「超能力でできない仕事はない」という設定
(デレマス「[おちゃめなサイキッカー]堀裕子(特訓前)」お仕事)

裕子「ムムム…超能力でできない仕事はない設定なんですが…」


・超能力で自分の声を増幅させることができる
(デレマス「アイドルLIVEツアー in スペイン」バルセロナエリアボス バルセロナエリアD、「[湯けむりサイキッカー]堀裕子(特訓前)」LIVEバトル、デレステ「[湯けむりサイキッカー]堀裕子」ホーム)

※開始前コメント
裕子「私の声を超能力で増幅させれば…歌のパワーは何倍にもふくれあがる。どうやらこれで終わりね!」

※バトルコメント
裕子「ぼえええええええっ!!」

※バトル後コメント
裕子「…そ、そうね。声が大きくなっても、うまくなるわけじゃないし」

裕子「温泉エコー! ぼえええええっ!」

ちなみによく自分の事を「美少女」と言うユッコだが、自分の声は「美声」とは思っていない模様。

※「[CDデビュー]堀裕子+(特訓後)」お仕事(親愛度MAX)より。
裕子「美声…ではないかもですがっ!ちゃんと歌えてますよねっ!?」

裕子「美声になあれ~さいきっく美声になあれ~!エコーでぼえええ~…」

※歌唱力に多少難がある設定な模様。
デレマス「ぷちデレラ」テクニカルレッスンVo Lv11~20より。

裕子「あ゛ー、あ゛ー、あ゛ぁ~♪どうですか?上達したってトレーナーさんにも言われたんです!一応!」

※デレマス「ぷちデレラ」Voレッスンエピソード1より。

裕子「あーっ!あーっ!プロデューサー、私、声の大きさには自信があるんです!ご存知でしたか!あ……でも、音程をとるのとかは……得意じゃないですね。ほら、スプーン曲げは得意でも透視は苦手なのと同じですよ。同じ。ですが、苦手はよくないですよね。うーん……困った時のサイキックパワーで、音程もなんとかならないかな……?ムムム……サイキックパワーを喉のあたりにためて……ムムム……よし!らー♪らー♪らー♪らー♪らー♪……ダ、ダメか。サイキックパワーで自分の喉を操るのは難しかったようです。はぁ……サイキック頼りはダメかぁ。はい。ちゃんとレッスンします~。」


・本人が意図しない形で超能力は発動している?
(デレマス「第2回アイドルLIVEロワイヤル 2日目ライバルユニット」ミステリアスガールズ、シンデレラガールズ劇場第293話、第575話、第919話、あんさんぶる!3巻)

※出現時
裕子「サイキックと占いのコラボレーション!新たな力が神秘の扉が開きます!」

※LIVE開始時
裕子「サイキック…占い!」

※勝利
裕子「これ、本当に占いで超能力が強化されたのかも…すごいですよ!」

※引き分け
裕子「超能力と占い…同じ神秘の力なのに…コラボはむずかしい…」

※敗北
裕子「サ、サイキックじゃなくて占いの方が強化された?的中率上がってる?」


劇場ユッコサイキック集

あんさんぶる3巻ユッコ回

デレアニユッコサイキック
デレアニ第5話では「さいきっく逮捕!」でなぜか雫の制服のボタンが吹き飛び、
第25話ではスプーンを曲げようとして何故か幸子の座ったパイプ椅子が曲がってしまった
ちなみに雫の服のボタンが吹き飛ぶのはこれ以降お約束ネタとなったのか
デレステコミュでもちょくちょく出てくる

・「さいきっくぱわー」の制御率は本人によると半々らしい
(デレステ「ストーリーコミュ」第20話)

愛梨「あっ、裕子ちゃん~。今日は、よろしくお願いしますねっ。あっ、でも、さいきっくぱわーは、控えめでお願いしますっ♪」
裕子「そうですね……歌を収録しているあいだは、チカラを封じておかなければ……!」
藍子「大丈夫なのかな……?何も起きないといいけど……。」
裕子「藍子ちゃん!安心してください!このチカラ、制御率は半々ぐらいの精度ですから!」
藍子「半分は制御できないってことじゃないですか……!?」
裕子「なんとかなります!なんとかします!信じてください!最後には笑顔になれること間違いなし!」


・英語力はさっぱり
(デレマス「[大地のぱわー☆]堀裕子」思い出エピソード特別編(シドニー))

裕子「着きましたねぇ、オーストレェイリァァ! ふっふっふ、飛行機の中で勉強した付け焼き刃の英語が火を吹きますよ!日本にいた頃の私は当然英語なんて喋れませんでしたが、10時間もあれば一夜漬けでなんとかなります!
ヘイ、カモーン、ベイベー! サンキュー! アイ アム ユッコ! ジャパニーズアイドル! ベリーストロング サイキックパワー! イェース!なんか、反応が薄いですね。……日本人の美少女に話しかけられてビックリしたんでしょうか。たぶんそうです! たぶん!
さぁて、プロデューサー! この地でも、日本から来た美少女アイドルユッコのファンをたくさん獲得しちゃいましょうね!トップを目指す私たちにとっては大切なことです! 私のさいきっくぱわーと、プロデューサーの力を合わせましょう!では、決意の掛け声、いきますよー! エイ、エイ、オー! リピート アフター ミー! エイ、エイ、オー!」


語学力がさっぱりでも堂々としているあたりに出川イングリッシュみを感じる。

・サイキック念話により動物たちと心を交わすことができる
(デレマス「[大地のぱわー☆]堀裕子+(特訓後)」アイドルコメント、お仕事、親愛度MAX演出、マイスタジオ、「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」後半1日目 プロデュース、ノーマルコミュ)

[大地のぱわー☆]堀裕子_

裕子「さいきっく美少女ユッコは動物にも好かれちゃうんです。言葉はわからなくても、心で念じれば伝わるって信じてますからね!へへっ♪さぁ、動物たちみんな、ついておいで~!」

裕子「サイキック念話を使えば、動物とだって話せるんですよ、プロデューサー!」

裕子「プロデューサー!エスパーユッコは動物たちのアイドルにもなれたみたいです!このまま地球上みんなのアイドルになりたいな!」

裕子「エサを仕込んでる?なんのことですかね…私は念話で対話を…」

裕子「サイキック餌付け! …きて!」

裕子「動物たちは小さい子から大きい子までそれぞれ魅力がありますね。触れあうたびに楽しいです!」
パーフェクト⇒裕子「ぜひプロデューサーも触れあってください! …おっと、私に触れるとヤケドしますよ?」
グッド⇒裕子「コアラはあまり動きませんし繊細な動物ですから、やさーしく…サイキックタッチ…う、動いた…」
ノーマル⇒裕子「昔から動物には好かれやすいんです! サイキックテレパシーで良い人間だって伝わるのかな?」


・ホラーやオカルトは平気
(デレマス「アイドルプロデュース どうぶつアドベンチャー オーストラリア編」後半2日目 スペシャルコミュ)

裕子「私くらいになると夜のジャングルくらい怖くないですよ! なんてったってサイキックアイドルですから!」
パーフェクト⇒裕子「…大きい声じゃ言えませんけど、プロデューサーが近くにいるから大丈夫っていうのは、内緒です」
グッド⇒裕子「ア、アレ、みんなこういう時だけやけに素直に同意しますね。そして私が一番前を歩くんですか!?」
ノーマル⇒裕子「怖いものといえば…なんでしょう。サイキックがらみでホラーとかオカルトは怖くないんですよね…」


・学校の成績は中の下の下……らしい
(デレマス「[夕焼けテレパシー]堀裕子」思い出エピソード前編、後編、デレステ「[セーシュンエナジー]堀裕子」ホーム)

[夕焼けテレパシー]堀裕子

裕子「おはようございます、プロデューサー!今日もユッコは絶好調です♪驚異の連続スプーン曲げ、お見せしましょうか。学校……?ええ、そっちも問題なく。クラスの友達も、アイドル活動を応援してくれてます。今度のLIVEにも来てくれるそうですよ!勉強……?あ~、はい。勉強ですか……えへへ、まぁ、その。そこそこ、ですね。成績は中くらい……いえ、中の下……下の……。うう……ごめんなさいっっっ!ユッコはダメっ子なんです~!頑張ってるつもりでしたが、その、段々ついていけなくなって……。プロデューサーに言われて、やっと気づけました。このままだと私の成績、問題アリですね。アイドルとしてスキャンダルになっちゃうかも……!そんなの、絶対にいけませんよね!美少女サイキックアイドル・ユッコのパーフェクトなイメージを保つためにも、学校の勉強を頑張ります!大丈夫、アイドル活動もきちんとやります!ふふふ……本気を出した私の本気、期待しててくださいね♪すぐに結果を出しますよ!」

裕子「お日様、あんなに傾いちゃってるし……。なのにユッコは、ひとりぼっちで居残り課題……寂しいなぁ~。ムムムーン、時間よ、戻れ~。……ハァ、さすがに時間の巻き戻しはムリかぁ。でもでも、この数学問題も難しすぎる~!なんでみんなは解けちゃうんだろう。ホントだったら、今頃はとっくに事務所に到着してて……元気なユッコ、スマイルでプロデューサーに『お疲れさまでーす!』って……。うぅん、ユッコ、ピンチ……。あ!ピンチの時って、サイキッカーは新たな能力に覚醒するものだったような!なら、今がその時では!?ユッコ・セカンドステージ!覚醒せよ!はぁっ!…………むーん。まだその時じゃなかった、か。でも、これでいいんだよね。たぶん。だって、今の私の超能力は、シシリー、ニューヨーク……じゃない、私利私欲のために使うものじゃなく、ファンを笑顔にするためのパワーだし!それに、プロデューサーと勉強頑張るって約束したし!待っててください!……この気持ちだけでも、テレパシーで伝わったら、いいな。」

裕子「数学も古典も強敵ですけど、私には、さいきっく猛勉強がありますから☆」

裕子「物理の先生に質問すると、よく言われます。『またお前か』って」


・おバカキャラであることは自覚している
(シンデレラガールズ劇場第478話)

シンデレラガールズ劇場第478話

・その日の体調によって超能力の強さが変わるらしい
(デレステ「堀裕子【N】」ルームタップ時)

裕子「超能力の強さは体調で変化するのです…今日はちょっと調子悪い…かな」


・規則正しい生活を心がけている
(デレステ「堀裕子【N+】」ルームタップ時)

裕子「サイキックパワーを蓄えるため、規則正しい生活を心がけなくっちゃ」


・温泉卵が好物
(デレステ「[湯けむりサイキッカー]堀裕子」ルーム)

裕子「好きですよ…♪温泉卵。秘めたるエナジーを感じるんです」


・爽やかさを演出するためにポニーテールにしている
(デレステ「[湯けむりサイキッカー]堀裕子」ルームタップ時)

裕子「ポニーテールは爽やかさの演出…サイキックは演出じゃないです!」


・早苗顔負けの腕力を持っている(ただし本人が言うにはハンドパワーらしい)
(デレステ「ストーリーコミュ第41話」、「堀裕子【N+】」ルーム)

裕子「ふふふっ♪その感謝の言葉が一番のごほうびですっ!さいきっくぱわーを鍛えていた甲斐があったというものっ!」
雫「そうですねー、すごい握力ですー!」
裕子「いいえ、雫ちゃん。これはハンドパワー!つまり、さいきっく!」
雫「そうなんですかー。よくわからないけど、やっぱりユッコちゃんはすごいですー!」
早苗「本当ね。あたしも負けそう。その腕力……。」
裕子「ハンドパワーですっ!」

裕子「毎日訓練してますからっ!見てくださいこの腕力!」


・学校では超能力同好会をやっている
(デレステ「ストーリーコミュ第41話」、デレステ「[セーシュンエナジー]堀裕子」親愛度200、ホーム)

裕子「ええ!私、学校では超能力同好会をやってまして。その活動の一つが『さいきっく・人助け』!」
早苗「へぇ、人助けとは感心ね―!どんなことをやってるの?」
裕子「そうですねー。ハンドパワーで重たい教材を運んだり、どこかに飛んで行った野球ボールをダウジングで探したり……一番の目玉は未来予知!」
雫「えっ、そんなことができるんですかーっ!?」
裕子「はいっ!次のテストのヤマを予知すべく、日々努力していますっ!意外と当たるって、みんなに喜ばれます!」
早苗「それ、サイキック~?そんなことやってるから、テストの点が良くならないのよ~?」

裕子「残念ながら、私の所属する超能力同好会は、全国大会に出られません……。予選に負けたわけじゃなく、大会そのものがないですから。完全燃焼できない日々……。でもアイドルとして、超能力を披露できるなら……!希望のなかった私に、ようやく一筋の光が差してきました。もはや、プロデューサーとの絆は、ふたりだけのものじゃありません!学園サイキッカーたちの夢を乗せて、走れ青春!」

裕子「学校の超能力同好会、顔を出せてなくて。話はしてますけどね、スマホで」


・「月刊モノリス」という雑誌を愛読している
(デレステ「[セーシュンエナジー]堀裕子」ホーム)

[セーシュンエナジー]堀裕子

裕子「あ、今月号、もう読みました?よかったら、どうぞっ。月刊モノリス!」


・予備のスプーンを大量にストックしている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

裕子「スプーンの予備はたくさんあります。これはいつ曲がってもいいようにという備えですっ!」


・調子が上がらないときはパワースポットに行っている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

裕子「調子が上がらないときはパワースポットにいって力をチャージするんです。プロデューサーもぜひ!」


・集中力はあるほうらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30)

裕子「集中力はある方だと思うんですよ!なにも考えてないわけではありませんからね!?」


・風邪をひいたことがない
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30)

裕子「身体が健康なのは全ての基本ですからね!私、風邪ひかないんですよ!さすが私!」


・学校ではムードメーカーな模様
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

裕子「ユッコはクラスでも大ウケですよ!みんなの羨望の眼差しで、さらなる力が目覚めそうです!」


・視力が良く、100m先に居る相手の顔を認識できる
(CINDERELLA MASTER Passion jewelries! 002)

裕子「藍子ちゃん、ほらっ、愛梨さんですよ!お~~~い!!」
愛梨「藍子ちゃ~ん、裕子ちゃ~ん!」
裕子「愛梨さ~ん!こっちですよ~!ねぇ、藍子ちゃん!100m先まで見える私の『さいきっくアイ』、どうですかぁ!?」
藍子「さ、さいきっくアイはすごいと思うんだけど……恥ずかしいよぉ……」


・堀裕子の顔デザインの原型は2012年5月発売の『キャラ★メル Febri Vol.12』に掲載された杏仁豆腐氏による描き下ろしのオリジナルキャラクターとの事
(電撃萌王2016年8月号)

堀裕子の原型キャラクター?

・常に7つのサイキックアイテムを持ち歩いているらしい
(デレステ「堀裕子のウワサ」)
    
関連記事