ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2016

斉藤洋子 設定メモ

[バイタルチアー]斉藤洋子_[プロフィール]
身長:157cm
体重:46kg
血液型:O
年齢:20歳
誕生日:12月29日
利き手:右
スリーサイズ:85/57/82
星座:山羊座
出身地:福岡
趣味:半身浴

・ジョギング中、健康美に惚れ込んだPにスカウトされた
(デレステ「斉藤洋子とのメモリアル1」)

―撮影中―

洋子「やっぱり走るのって気持ちいいな~……。あれ、何か、撮影してる……?あの子、いま売出し中のアイドルかな。……ふーん。ま、私もすっぴんなら負けないけど。」
P「たしかに」
洋子「わっ!びっくりしたぁ~。……わ、私、行きますね。」
P「(追いかける)」
洋子「あの人、さっきの……!?なんで追いかけてくるの!?よくわかんないけど、このままだと追いつかれる!」
P「(さらに追いかける)」
洋子「うわああぁ!なんで追いかけてくるの~!?私、何かした!?」
P「こういうものです」
洋子「はい……?あの、私をアイドルにしたいってこと?これってスカウト?でも、なんで私?」
P「君の健康美をプロデュースしたい」
洋子「そうなの!私、健康にはかなり気をつかってて。すっぴんと、体力には自信アリなんだ!それを少し見ただけで見抜くなんて、なかなかやるね!でも、私、メイクは苦手だし、ファッションも運動ができればいいって感じで、よくわからなくて……。こんな私でも、アイドルになれるの?」
P「してみせる」
洋子「あなたの情熱は伝わってきたよ。こんなに追いかけてきてくれたしね。いいよ。私をアイドルにして!代わりに、私もあなたを健康にしてあげる!これくらいで息が上がってるようじゃ、いっしょに走って行けないでしょっ♪」


・美容に良いとされている運動やスポーツを数多くこなしてきている
(デレステ「斉藤洋子とのメモリアル2」)

―レッスン中―

洋子「……ワン、ツー、スリー、フォー!はぁはぁ……今の動き、どうかなっ!?」
P「よかった」
洋子「ホント?そう言ってもらえて、すっごく嬉しい!」
P「ダンス経験があるの?」
洋子「うーん……スポーツジムのプログラムでちょっとやったくらい。でも、こんなに本格的なダンスは初めて!アイドルのレッスンって、スゴイんだね!このまま続けたら、すごいキレイなボディラインになれそう!……って、こんな動機じゃ、ダメ?」
P「問題ない」
洋子「よかった!私、昔から美容に良い運動とかスポーツは何でもやってみたくなっちゃうの。ヨガとか、エアロビとか、ボクササイズとか、水泳とか……。あとは……えーっと、たくさんやり過ぎて思い出せない!」


・メイクはあまり得意ではない
(デレマス「斉藤洋子+(特訓後)」マイスタジオ、デレステ「斉藤洋子とのメモリアル2」)

洋子「じ、自分でメイクは…苦手かも」

洋子「ビジュアル……メイクとか?あんまりメイクは得意じゃないけど……スキンケアも勉強できるなら、美肌になれるかもっ!」

※デレマス「[テーマパーク]斉藤洋子(特訓前)」マイスタジオセリフではお化粧の練習を始めたと語っている。

洋子「お化粧の練習始めたんですっ!」

※そしてデレマス「[アクティブチアー]斉藤洋子(特訓前)」マイスタジオセリフより、ようやくナチュラルメイクを習得したのだった。

洋子「ナチュラルメイク…覚えました!」

※デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv20~30より。

洋子「いつまでもメイクが苦手じゃいられない!今は、美肌だからこそ映えるメイクに挑戦中です!」


・美肌の秘訣は「たくさん運動してからの半身浴」とのこと
(デレマス「斉藤洋子(特訓前)」アイドルコメント、「[アクティブビューティー]斉藤洋子(特訓前)」ガチャ、「[アクティブチアー]斉藤洋子+(特訓後)」マイスタジオ、デレステ「斉藤洋子【N】」プロフィール、ホーム)

洋子「やっほー! プロデューサー!! うんうん、元気と健康が一番だね!
なになに、私の美肌の秘訣ですか? ん~やっぱりたくさん運動して、の~んびり半身浴! コレに限るよね!」

洋子「ランニングして、汗を流して、心も身体も健康です!これが私の美肌の秘訣なんです。当たり前だけど大事です!」

洋子「半身浴が健康と美肌の秘訣っ!」

洋子「やっほー元気ー?やっぱり健康が一番だよね~。なになに、私の美肌の秘訣?とにかく健康であること!それから、運動と半身浴と…。この美肌を生かして、アイドルやっちゃおう!」

洋子「休みの日は、運動して半身浴して…心も体もキレイでいたいからね!」


・勉強はあまり得意ではない
(デレマス「アイドルLIVEツアー in イギリス」ライバルユニット ライトグリーンセーフ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

※出現時
洋子「海外でLIVEなんて、テンション上がっちゃいますね!もう早くLIVEしたくてウズウズしちゃいますよ!」

※LIVE開始時
洋子「元気いっぱい、がんばるぞ!」

※勝利
洋子「はぁ、楽し♪全力でLIVEすると心も身体もスッキリしますね!」

※引き分け
洋子「やっぱりLIVEはこうでなくちゃ! まだまだこれからですよね!」

※敗北
洋子「この辺は大学多くて…勉強とか苦手なんですよね…」

洋子「レッスンは、歌ったり体を動かすだけじゃないんですね。勉強は苦手だけど、がんばらなきゃ…」


・遊園地で遊ぶことが好き
(デレマス「[テーマパーク]斉藤洋子(特訓前)」アイドルコメント)

洋子「プロデューサー、遊園地って私大好きなんですっ!だっているだけでワクワク出来ませんか?私もそんなアイドルになりたいな!見ただけでみんなにワクワクしてもらえるアイドルに!」


・酔うとかなり言動が怪しくなる
(デレマス「[湯けむり月夜]斉藤洋子(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、お仕事(親愛度UP)、LIVEバトル、親愛度MAX演出、マイスタジオ(親愛度MAX)、お仕事(親愛度MAX)、ぷちデレラ「ぷちTOP」Lv20~30)

[湯けむり月夜]斉藤洋子

洋子「んん、なによ、プロデューサー? ちょっと礼子さんに飲まされて、赤くなってるらけでしょ…。温泉なんだから、少しぐらいハメ外したっていいのよ。今夜は健康美人はお休み…ひゃう!」

洋子「美肌でしょ! 美肌! ほら見て!」

洋子「美肌見てよ…ほらぁ…モチモチよぉ」

洋子「あれぇ、ここ、どこ? 打ち上げ? 温泉で飲んでたはずじゃ…」

洋子「プロデューサー、そばにいて。寄りかからせてー…ふぅ」

洋子「カラオケ? カラオケ大会?」

洋子「すぐ顔が赤くなるのはねー、健康な証なのよぉ? ちょっと聞いてる? こらぁ、こっち向け、○○。私のことどー思って…」

洋子「プロデューサー、介抱して。こんな姿、他には…ひっく」

洋子「プロデューサー、今日はなかったことにして…。ね?」

洋子「友達が言うに、私ってお酒に弱いらしいんですよ。酔い潰れた記憶とかないんだけどな…」


・お仕事で参加したフルマラソンではなかなかいい位置についていたらしい
(デレマス「[ハッピーチアー]若林智香(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ)

[ハッピーチアー]若林智香

智香「あっ、来た!来ましたよっ、プロデューサーさんっ!いつきさんと洋子さん、結構いい位置につけてます!がんばれーっ、そこだよっ、抜いちゃえー☆ほらっ、一緒にランナーたちを応援しましょう!!」

智香「フレーフレー、いつきさん、洋子さん!勝負は30kmからですよ☆」


・寝る前に軽くヨガをやるのを日課にしている
(デレマス「[ナイトパーティー]斉藤洋子(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、シンデレラガールズ劇場第474話)

[ナイトパーティー]斉藤洋子

洋子「ちょ、ちょっとまってね、プロデューサー。まだ始めたばっかりだから、あと五分はこうしてないといけなくて…あ、大丈夫ですよ!これはヨガだから、変なポーズとかじゃないから!」

洋子「寝る前に軽くするのを日課にしてるんですよ。健康のためにっ!」


シンデレラガールズ劇場第474話

・子供の頃から肌を褒められていた
(デレマス「[ウェルネスデイズ]斉藤洋子(特訓前)」マイスタジオ)

洋子「子どもの頃から肌はよく褒められて。母に感謝、ですね♪」


・座っているのが苦手でつい体を動かしてしまう
(デレマス「[バイタルチアー]斉藤洋子(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ)

[バイタルチアー]斉藤洋子特訓前

洋子「お疲れ様です、プロデューサー!今は台本の確認を…え、この格好?あー、その…私、座ってるの苦手で、つい体を動かしたくなるんです。でもこれ、気分転換にいいですよ。オススメです!」

洋子「じっとしてるより好きなんです」


・洋子がアイドルになったことは家族、友人の皆が驚いたらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20)

洋子「アイドルになるって言ったら、家族も友達もみんな驚いてました。そんなに意外かなぁ…?」


・家族は洋子が出ている仕事を全てチェックしているらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20)

洋子「私が出てる仕事、家族がぜーんぶチェックしてくれてるんです。少し照れるけど、嬉しいな」


・写真写りを気にするようになった
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20)

洋子「最近は、写真写りも気にしてます。私の魅力、ちゃんと見てもらわなきゃもったいないし」


・アイドルを始めてから喉のケアにも力を入れている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

洋子「アイドルを始めてからは、肌以外に喉のケアにも力を入れてます。声はアイドルの命ですからねっ」


・休日はカラオケで歌の特訓や流行のファッションのチェックなどをしている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv20~30)

洋子「カラオケで歌の特訓したり、流行のファッションをチェックしたり。休日の過ごし方もいろいろ増えたなぁ」


・美容教室の講師をやってみたいと思っている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv20~30)

美容教室の講師とか、やってみたいなー。アイドル斉藤洋子流、美肌の十ヶ条!あ、いけそう!


・球技がちょっと苦手
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

洋子「体を動かすのは好きなんだけど、球技はちょっと苦手で…どうしてなのか、自分でも不思議」


・N立ち絵のリュックにはレッスンの着替えなどが入っている
(デレステ「斉藤洋子【N】」ホームタップ時)

斉藤洋子【N】デレステリュック

洋子「このリュックには、ほら、レッスンの着替えとか。必要なことも多いし」


・ファッションセンスはこれから磨いていく予定らしい
(デレステ「斉藤洋子【N】」ホームタップ時)

洋子「服装のセンスは、これから磨く予定で…えへへ」


・アホ毛の部分はつつかれても折れないとのこと
(デレステ「斉藤洋子【N】」ルームタップ時、「斉藤洋子【N+】」ルームタップ時、「[アクティブビューティー]斉藤洋子+」ルームタップ時)

洋子「この前髪はつつかれても折れませんよ。普通ですよね?」

洋子「だから、その髪の毛は折れないってば。不屈の精神ってやつ!」

洋子「汗だくでもこの髪の毛はヘタれない!気合が違うから!」


・スポーティーな服装が好き
(デレステ「斉藤洋子【N】」ルームタップ時)

洋子「スポーティーな服装が好きなんです。いつでも走れるように!」


・身体の柔らかさには自信がある
(デレステ「[アクティブビューティー]斉藤洋子」ルームタップ時)

洋子「身体の柔らかさには自信あり!さぁ、ぐいっとどうぞ!」


・周囲の植物まで元気にする力がある?
(シンデレラガールズ劇場第102話)

シンデレラガールズ劇場第102話

・通販で健康器具を買っても、一回しか使わなかったものが数多くあるらしい
(デレステ「斉藤洋子のウワサ」)

※ちなみにデレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv20~30ではPに健康器具をオススメする一幕も。
というか押し付けられてる……?


洋子「オススメの健康器具があるんです。よかったらプロデューサーも使ってみませんか?遠慮せずに!」


 
関連記事