ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

11 2017

島村卯月 設定メモ

[シンデレラガール]島村卯月_[プロフィール]
身長:159cm
体重:45kg→44kg
血液型:O
年齢:17歳
誕生日:4月24日
利き手:右
スリーサイズ:83/59/87→83/58/87
星座:牡牛座
出身地:東京
趣味:友達と長電話

・次々と同期生が辞めたりデビューしていくなか一人養成所でレッスンを続ける日々を送り、ようやくPから所属決定を告げられた
(デレステ「島村卯月とのメモリアル1」)

―アイドル養成所 レッスンルーム―

卯月「ふぅっ……ダンスレッスン、今日はこの辺にしておこうかな……。スタッフさん、明日もよろしくお願いしますっ!お疲れさまでした!……あうっ ! あのっ、ど、どなたですか?事務員の方、かな……?遅い時間まで、すみませんっ。もう、帰りますから……。」P「(プロデューサーだと名乗る)」
卯月「へっ、プロデューサー……さん?まさか、アイドル事務所のプロデューサーさんですか?でも、もうレッスンしてる子はいませんけど……?」
P「(所属決定を告げる)」
卯月「ええっ、私の所属が決まったって……本当ですか ! ?いえ、あの、とっても嬉しいです!本当にアイドルになれる日がくるなんて……。だって……だって私だけ、ずっと居残りでしたから。この養成所の同期生は、つぎつぎと辞めていっちゃったり、デビューしたりして……。当たり前ですよね……。みんな、歌もダンスもうまくて、お芝居だって……。私、全然かなわなくて。でも、頑張るって気持ちだけは誰にも負けないって思って、だから、今日なんかもひとりでレッスンを続けてたんです。たった一度でもいいから……。チャンスをもらえたら、きっと掴んでみようって思って、ずっと……。プロデューサーさん、私、普通の女の子ですけど、
アイドルになりたい気持ちと笑顔だけは、誰にも負けませんっ。アイドルになって、ずっとずっと想ってた夢、叶えたいんです。だから……これから、よろしくお願いしますね!プロデューサーさん!」


・小学生の頃には既にアイドルに憧れていた
(デレステ「[ラブレター]島村卯月」ホームタップ時、シンデレラガールズ劇場第271話)

卯月「これは小学校の時の写真…たぶん、アイドルのマネっこ写真ですっ」


シンデレラガールズ劇場第271話

・アイドルに憧れたきっかけはかなり昔のことらしく本人も母親も覚えていない
(デレステ「島村卯月とのメモリアル5」)

P「アイドルに憧れたきっかけは?」
卯月「アイドルに憧れたきっかけですか?……それが、もう、ずっとずっと前のことで。えへへ。私も気になって、前にママに訊いてみたんです。でも、ママも覚えてなくって。気がついたら、いろんなアイドルの真似をしてたわよって。小さい頃は家の中で歌ったり踊ったりしてて……。小学校の頃にはアイドルになりたいって思っていたんです。将来の夢はアイドルって、書初めに書いてましたから。」


・養成所に入ったきっかけは中学生の頃に友人に誘われたため
(デレステ「島村卯月とのメモリアル5」)

P「養成所に入ったきっかけは?」
卯月「そういえば、まだお話ししてなかったですね。中学校のとき、友達に誘われたんです。高校生になったら、一緒に養成所に入ろうって。その子も、私と同じでアイドルになりたかったんです。頭がよくて物知りで。アイドルになるには養成所に入るのがいいって教えてくれて。私、それを聞いて両親にお願いしたんです。パパもママも、私がアイドルに憧れてるのは知ってたから、反対はされませんでした。ただ、受験する高校のレベルを上げるように言われました。それで、きちんと合格できたら養成所に入っていいって。だから私、すごく勉強を頑張ったんです!おかげで、なんとか志望校にも入学できましたし。約束通り養成所にも入れてもらえて……それからのことは、プロデューサーさんも知っているとおりです。」
P「その友達は?」
卯月「その子は……しばらくして辞めちゃいました。レッスンも大変でしたけど、それ以上に学業との両立が難しかったみたいです。養成所を辞めるときには、謝られちゃいました。私が誘っておいて、ごめんって。謝る必要なんてなかったのに……。その子が誘ってくれたから、私は養成所に入れたんです。一緒にアイドルになるための一歩を踏み出してくれたから、私は諦めないでレッスンを続けられたんです。それに、養成所を辞めた後もずっと応援してくれてるんです。今も私のお仕事があるときには見にきてくれたり、時間が合わないときには、夜遅くまで電話しちゃって……。」


・現在は高校二年生
(CINDERELLA MASTER 010)

卯月「今回のパーソナリティは、高校二年生の17歳、島村卯月です!」


・4月生まれのため「卯月」と名付けられたらしい
(CINDERELLA MASTER 010)

卯月「まずは自己紹介しますね!名前は島村卯月です!4月生まれだから卯月といいます!」


・自分の誕生日が近づくとそわそわしてしまう
(デレマス「2017年誕生日アイドル紹介」レベルMAXコメント)

卯月「私、お誕生日の前はソワソワしちゃって…。プロデューサーさんのお祝い、楽しみにしちゃってるんです!えへへ…♪」


・運動神経は高くない
(デレマス「[ニュージェネレーション]島村卯月(特訓前)」お仕事、マイスタジオ)

卯月「運動は自信ないです…てへっ」

卯月「体育は…成績3ですけど、でも!」


・笑顔には自信がある
(デレマス「[ニュージェネレーション]島村卯月+(特訓後)」お仕事、「[CDデビュー]島村卯月(特訓前)」マイスタジオ、デレステ「島村卯月【R】」プロフィール)

[ニュージェネレーション]島村卯月_

卯月「笑顔なら自信あります! へへっ」

卯月「笑顔だったら1番自信ありです!」

卯月「島村卯月です。ずっとアイドルになりたくて、養成所でたくさんレッスンしてきました。笑顔とやる気は負けないつもりです!よろしくお願いしますね、プロデューサーさん!」


・おみくじでは毎年「吉」を引いてしまう
(デレマス「[新春の華姫]島村卯月(特訓前)」ガチャ、シンデレラガールズ劇場第66話)

卯月「そうだ、一緒におみくじ引きませんか? 毎年吉ばかりなので、今年こそは大吉を目指しちゃいます! 今年こそ…頑張ります!」


シンデレラガールズ劇場第66話

・料理ができる。ただし母親の手伝いが無いとやや危なっかしい?
(デレマス「[新春の華姫]島村卯月(特訓前)」マイスタジオ(親愛度MAX)、「[ワンダーメイド]島村卯月(特訓前) 」マイスタジオ、「[アニバーサリープリンセス]島村卯月(特訓前)」アイドルコメント、お仕事(親愛度UP)、親愛度MAX演出、思い出エピソード特別編、思い出エピソード後編)

お料理卯月

卯月「プロデューサーさんおせち食べます?ママと作ったんです」

卯月「このクッキーは一人で作ったんです。ママの手伝いも無しでですよっ」

卯月「ちょっと焦げてますけど…うぅ」

卯月「手作りロールキャベツ、ちゃんとできてるかな?…ん、美味しい♪これならプロデューサーさんも、喜んでくれそう。お料理よし、パーティーの準備もよしっ。楽しいアニバーサリーになりそうです♪」

卯月「食べてくれる人を思い浮かべるのが、一番の調味料…ママ直伝!」

卯月「料理に一番大事なのは、心…ママに教わったこと、実感できたかも。一緒に受け取ってほしい気持ちも、いっぱいあるから…♪」

卯月「プロデューサーさんっ。アニバーサリーパーティー、楽しんでくれていますか? お喋りして、お料理食べて、私もとっても楽しんでます!実は今日のパーティー、一応私がリーダーってことになってて。アイディア出したりまとめ役になったり、いろいろがんばったんです。出てるお料理も、いくつかは私が作ったんですよ♪どれが卯月シェフの作品か、プロデューサーさんはわかりますか? な~んて♪ロールキャベツが美味しかった、ですか? すごい、正解ですっ! どうしてわかったんですか? さすが、プロデューサーさんですね♪パーティーはまだまだ続きますっ。思う存分、たくさんお話して、もっと盛り上がってくださいねっ♪プロデューサーさん♪」

卯月「ん……じっくり煮込んで、いい匂いがしてきたっ♪あとは、味付けだけど……ちゃんとできてるかな? 味見してみようっと。……あっ、美味しい♪トマトの味も、しっかりしみこんでるみたい。ママに教わって、こっそり予習しておいてよかった~♪……プロデューサーさん、驚いてくれるかなぁ? 前にお菓子をプレゼントしたことはあるけど、こんな本格的な料理は初めてだもん。……そういえば、ママも言ってたなぁ。まごころを込めた手料理を食べてくれる相手がいるのは、すごく幸せなことだって。私がお料理を、食べてほしいって思うのも……プロデューサーさんやみんなが、私の大切な人たちだから……かなっ♪……あっ、もうこんな時間。じゃあ、仕上げを済ませて、盛り付けの準備をしたら、迎えに行かなくっちゃっ。……待っててくださいね、プロデューサーさん。気持ちを込めた手料理で、みんなと一緒に、アニバーサリーのお祝いですよっ♪」


・卯月のキノコ料理は輝子が太鼓判を押すほど美味しいらしい
(デレマス「《5thアニバアイプロ》星輝子 4日目」ノーマルコミュイベント)

輝子「フヒヒ…みんなが集まる日は、キノコ仲間を増殖させるチャンス…さっそく動くぞ」
パーフェクト⇒輝子「でも、どんなにキノコ仲間が増えても…一番の大親友は、別格なんだ、フヒヒ、言っちゃった…!」
グッド⇒輝子「文香さんにも、キノコ図鑑を勧めてみよう…ひっそりしっとりキノコライフ、きっと気に入ってくれる…」
ノーマル⇒輝子「…卯月さんのキノコ料理、美味しいな…キノコ愛がないと、これは作れないぞ…実は仲間だった…?」


・徒競走ではいつも真ん中の順位になってしまう
(シンデレラガールズ劇場第11話、デレマス「ぷちデレラ」ベースレッスン Lv1~10)

シンデレラガールズ劇場11話

卯月「走りこんだら、徒競走でもトップになれますかね?いつも真ん中の順位なんです~」


・ミルクティーが好物。コーヒーは苦手
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」市内散策 ノーマルコミュ、デレアニ「MAGIC HOUR #2特別編」、デレステ「島村卯月【R+】」ルームタップ時親愛度MAX、「イベントコミュ STORY」第4話)

卯月「おしゃれなカフェがたくさんあって、歩いているだけで楽しいですね。私がなにか飲むとしたら…」
パーフェクト⇒卯月「そのお店のおすすめを頼んでみることにします。新しいものに挑戦するのがアイドルですよね♪」
グッド⇒卯月「ミルクティーがいいですね♪きっと、どのお店にもあるし、おいしいじゃないですか~♪」
ノーマル⇒卯月「コーヒーは苦手です…だって、苦いじゃないですかぁ~…だけど、あま~いものなら大丈夫です!」

未央「今日は、しまむーの好物、ミルクティー……と見せかけて」
卯月「見せかけてー?」
未央「しぶりんの好物、カフェオレで!」
美嘉「おー、いいじゃん★じゃあ今日はそれで、カンパイしよっか!」

卯月「プロデューサーさん、ミルクティーはいかがですか」

卯月『未央ちゃん、どうやって話を切り出したらいいんでしょう~』
加蓮「……卯月、飲み物どうする?えっと、アタシはハーブティー、アイスで。」
卯月「あ、えっと、えっと……。ロイヤルミルクティーを、ホットでお願いしますっ!」


・敬語で話すのがすっかり癖になってしまっている
(CD「ANIMATION PROJECT 07」マジックアワー new generations特別編)

凛「じゃあ、卯月。試しに敬語無くしてみようか?」
卯月「敬語…けいご~……ああぁぁ~っ、『敬語』って何ですかぁ~!?」
未央「しまむーはこんらんしている……じゃあ、しまむーの敬語禁止まで、3・2・1……キュー♪」
卯月「えぇ~…………」
凛「…………」
未央「おぉ…………」
凛「卯月……なにか、話してよ……」
卯月「な、何を話せば……?」
未央「確かに、何かお題がないと難しいよね~……あっ、じゃあ、しまむーの学校に、購買ってある?」
卯月「あっ、はい!あります!」
凛「卯月、敬語」
卯月「い、いやっ、あるぜ!」
凛「えっ、何でその口調?」
未央「私、しまむーの後輩やるから……あっ、そっか……ゴホン、島村センパイ、そろそろお昼っすね~!自分、何か買ってきますよ~?」
凛「未央も、何か違うような……」
卯月「え、ええと……お、おう!本田ァ、焼きそばパン買ってきて~……こいよ!」
未央「ちーっす!焼きそばパンっすね~!飲み物は~?」
卯月「ミルクティー……いや、コーヒー!ブラックで!」
未央「マジすか島村センパイ!ブラックっすか、パネェっす!」
凛「何このコント」


ただし、最初期はわりと砕けた口調で話す卯月の描写があったりする。
CD「輝く世界の魔法」ドラマパートより一部引用。

凛「何なのよふたりとも……一体何があったの?」
卯月「えへへっ、実はね……じゃーじゃん!これ、貰っちゃったんだ♪『輝く世界の魔法』のサンプル盤!」
凛「ああっ!」
未央「ふっふっふ……なんと!私ももらっちゃった……って、ああーっ!し、CDがコナゴナにぃ~……」
卯月「ちょっと~……勢い付けすぎたね~……」
未央「うぅ~っ、ゴメンねしぶりん!しぶりんが頑張っておすまししたジャケットがコナゴナに……」
凛「未央、そこまで気にしなくていいから……それよりも、どうしてふたりともそれを持ってるの?」
未央「あ、それはね?しぶりんの新曲が誰よりも先に聴きたい聴きたいよー!って、プロデューサーに一時間ほどつきまとってたら、プロデューサーがくれたんだ♪」
凛「未央……それってくれたって言わないんじゃない?」
未央「まあまあ!細かいことは気にしない、気にしちゃいけない!そんなことより、しぶりんの貴重なおすましジャケットだから、サイン入れてほしいんだ!はいこれ!ちょっと端っこの方が破れ気味だけど」
卯月「凛ちゃん、ペンならここにあるから、これで『卯月ちゃんへ♪』って書いて?うふふっ!」
凛「どうして私がふたりにサインを書くの……それよりも未央、さっきから『おすましジャケット』って言ってるのは、何のこと?」
未央「ええ~っ?そんなの見たまんまじゃ~ん!いつもクールな仮面の裏側に、熱く血をたぎらせるしぶりんが皆に混じってるこのジャケット!おすましジャケットと言わずしてなんと言おうか!」
凛「私、そんなに変だったかな……?」
卯月「ううん、全然変じゃないよ~、凛ちゃんすっごく可愛く映ってる!……うふふ、凛ちゃ~ん♪」
(凛に抱きつく音)
卯月「うふふっ♪」
凛「ふむっ!……ちょっと卯月、愛情表現はもういいから……」


・部屋の片付けは苦手。自宅の自室も片付けは母親がやってくれている
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」市内散策 ノーマルコミュ、エンドレスプロデュース プロデュース、デレステ「島村卯月【R+】」ルーム、「[スマイル・アンド・トリート]島村卯月」ルーム、「ストーリーコミュ」第18話、コンプリートアニメファンブック P.251)

卯月「プロデューサーさん、凛ちゃんと未央ちゃん、たまに私の家に遊びに来るんですけどー…」
パーフェクト⇒卯月「私たちとうちの家族で、ご飯を食べたりするんです!パパがみんなうちの子みたいだって♪」
グッド⇒卯月「バレンタインではチョコをつくったんです♪私のママのエプロン着た凛ちゃん、かわいかったです~♪」
ノーマル⇒卯月「未央ちゃんには「しまむー、部屋きたなーい」って言われちゃいました…。反省です…」

卯月「並べるのは得意なんですけど…片付けは苦手ですねぇ~」

卯月「お部屋の片づけと飾り付けは…私がやるより、任せた方がいいかな…」

卯月「料理も洗濯も掃除も勉強中ですけど…肩たたきなら自信がありますっ」

―美穂の部屋―

美穂「ふぅ~。あっ、卯月ちゃん、どうぞ入って。」
卯月「お邪魔しま~す。」
美穂「……ここが、地元から出てきてからの、私のお家なんだ。ゆっくりしてね。」
卯月「すごい、整理整頓されてる……。」
美穂「そうかな? 親が厳しかったから、つい……。」
卯月「うちのママは優しいから、散らかってると片付けてくれるんだ。だから、つい散らかっちゃって……えへへ……。」
美穂「ふふっ。そういうのって、なんかいいね。」


しまむーの自室


CVを担当している大橋彩香氏が片付けできないという、いわゆる中の人ネタを取り入れた設定

・家族全員パンよりもご飯派な模様
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」市内散策 ノーマルコミュ)

卯月「大切なLIVEの日ですから、朝はしっかり食べてきました。家の朝食に欠かせないメニューといえば…」
パーフェクト⇒卯月「そう、温野菜です! ニンジンにブロッコリー。ビタミンをちゃんととらないと! 健康、大事ですからね♪」
グッド⇒卯月「目玉焼きやソーセージが、メインメニューですね。ベーコンエッグやスクランブルエッグの時もあります」
ノーマル⇒卯月「パンではないですね。白いご飯の日の方が多いです。家族みんな、ご飯の方が好きみたいで…」


・長くて2時間半は長電話する
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」市内散策 ノーマルコミュ)

卯月「私、友達と長電話するの大好きなんです! 一番長い時はなんと2時間半! 相手、誰だと思います?」
パーフェクト⇒卯月「未央ちゃんなんです。2時間半でも短いって言われましたけど。いつも付き合ってくれるんです!」
グッド⇒卯月「凛ちゃんと話す時は、わりとすぐに切りますね。凛ちゃん、長電話苦手なの、わかってますから」
ノーマル⇒卯月「あ、でも昨日の夜はしてませんよ? お仕事の前の日は、長電話は控えようって決めてるんです」


・アルバイトに興味があるが、それよりはレッスンに時間を割きたいらしい
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」市内散策 スペシャルコミュ)

卯月「ブティックの店員さんや、カフェのウェイトレスさん…。通りを見ると、いろんな人が働いてますね」
パーフェクト⇒卯月「アイドルだって、一生懸命働かなくちゃ! ファンのみなさんの憧れになれるよう、がんばります!」
グッド⇒卯月「アルバイトもしてみたいですけど、ガマンします。だって、その時間もレッスンしたいですから♪」
ノーマル⇒卯月「私、お店に入っても、あんまりアイドルって気づかれないんですよね。なんでだろう…」


・島村家は父、母、祖母の4人家族
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」アニバーサリーLIVE プロデュース、NEW GENERATIONS第1巻)

卯月「パパ、ママ、おばあちゃん…。私、がんばってるよ!」


ニュージェネ1巻しまむーおばあちゃん

・おしゃれとして髪型の編みこみを毎朝頑張っている
(「Cinderella Cafe Vol.1」島村卯月に50の質問!)

・得意な教科は音楽で、苦手な教科は国語
(「Cinderella Cafe Vol.1」島村卯月に50の質問!)

・ふわふわした動物が好きで、3位がうさぎ、2位が羊、1位がアルパカとのこと
(「Cinderella Cafe Vol.1」卯月のなんでもベスト3![ふわもこ動物編])

・卯月の雑談にはオチがない模様
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」アニバーサリーLIVE ノーマルコミュ)

卯月「プロデューサー、MCをするときって、どんなことを話したらいいんでしょう…?」
パーフェクト⇒卯月「とにかくお礼ですね!不安にありがとうってたくさん言います!それが私の気持ちですし!」
グッド⇒卯月「ギャグをやるとか…? 天然だしなにが面白いのかわからないのが面白いって言われるから…」
ノーマル⇒卯月「気軽にやればいいですか? でも私の雑談って、ずっとオチなしで続いちゃうんですよね…」


・ピザ、生ハムメロン、みかんジュースが好物
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」エンドレスプロデュース プロデュース、ノーマルコミュ)

卯月「お寿司より、ピザがいいです~♪」

卯月「生ハムメロン、美味しいです~♪」

卯月「私はジュースがいいです!100%みかんジュース!」

卯月「プロデューサーさん、なにか飲みますか? 取ってきます! えーと私はなにを飲もうかな」
パーフェクト⇒卯月「あ、果汁100パーセントのみかんジュースがあります! いつもお家で飲んでるんです~♪」
グッド⇒卯月「凛ちゃんは…ウーロン茶を飲んでるのかな。私も同じものにしようかな~えへへ♪」
ノーマル⇒卯月「未央ちゃんは…コーラだ。しかも「まあまあ一杯」とか言って、まわりに注いでまわってる…」


彼女の生ハムメロン好きは卯月を演じる大橋彩香氏が生ハムを好物としているため、そこから転じた中の人ネタの可能性もある。

・凛の事は目標にしている相手でもあるらしい
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ)

卯月「そういえば今日のお礼をまだ言ってなかったです。身近な人にも、ちゃんと気持ちを伝えたくて」
パーフェクト⇒卯月「成長した私を、プロデューサーさんに見せたいから、がんばれました! ありがとうございます!」
グッド⇒卯月「未央ちゃんがいてくれると、失敗した時もすぐに立ち直れるんだ! 元気をくれて、ありがとう」
ノーマル⇒卯月「凛ちゃん、今日はカッコよかったよ。これからもずっと私の友だちで…それから目標でいてね」


・パフォーマンスは少し苦手
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ)

卯月「話してる人、食べてる人、過ごし方はそれぞれですね。私が一番したいことは…」
パーフェクト⇒卯月「ひとりひとりとお話してきます!一緒のステージに立ってくれて、本当にありがとうって♪」
グッド⇒卯月「反省会、したいです! でも今やると堅苦しいって思われるかな…? あとでぜひお願いします!」
ノーマル⇒卯月「パフォーマンスはちょっと苦手で…。素の自分でなにかやるのは、うーん…」


・美穂とは半日ぐらい一緒におしゃべりして過ごすこともある
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ)

卯月「今日は、仲のいいアイドルのお友だちがたくさんです!たとえば…ほら、あそこ!」
パーフェクト⇒卯月「美穂ちゃんは、半日くらいおしゃべりしたりするんです! とってもがんばりやさんでカワイイ!」
グッド⇒卯月「菜々ちゃんは同い年なのに、とてもしっかりしてるんです。尊敬しちゃいますよね!…ね?」
ノーマル⇒卯月「杏ちゃんはいつも寝てるのに、アイドルになるとかわいくて…ギャップがすごいですよね…」


・「頑張る」ことができるのは特技でもあるらしい
(デレマス「[ワンダフルマジック]島村卯月(特訓前)」お仕事、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

卯月「頑張ります!コレ、特技ですから!」

卯月「私、くじけない性格で、くじけても、また頑張ろうって思うんです。あれ?くじけてますね…。」


・フリフリの可愛い服が好き
(デレマス「[ワンダーメイド]島村卯月」思い出エピソード後編、デレステ「ストーリーコミュ」第1話)

[ワンダーメイド]島村卯月

卯月「あのぅ……プロデューサーさんっ!着替えてみたんですけど……どうでしょう?メイド服、似合ってるかな……?……ふふっ♪あっ、すみませんっ、ちょっと、うれしくって!小さいころから、こういうお洋服って好きだったんです!だってほら、かわいいじゃないですか♪きれいなリボン、ひらひらのスカートにふわふわのフリル……女の子の憧れですよねっ♪その、私って、外見で強くアピールできるところがないんですけど……そのぶん、どんな服も着られるのかなって。だから、メイド服の卯月も、かわいいなって思ってもらえたら嬉しいです。考え方はポジティブに、ですよねっ!いつも思うんです。プロデューサーさんが着せてくれる服は、毎回ビックリするけど、どれも楽しくて、嬉しいなぁって。なので……このクッキーは、そんなかわいい衣装をくれるプロデューサーさんへ、ほんのお礼の気持ちです。召し上がれっ♪」

未央「んもう!つれないなー。ねぇねぇプロデューサー、質問っ!しぶりんが着たら似合うと思うのはどっち?」
P「フリフリ」
凛「えっ……。こういうのは、卯月の方が似合うと思うけど……。」
卯月「私ですか? うーん、そうですね、フリフリのお洋服もカワイイなって思います!」
未央「んもー、しぶりんったらしまむーに押し付けて~。素直じゃないんだからー!」


・持ってきているお弁当は母親の手作り
(デレステ「島村卯月【R】」ホーム)

卯月「お弁当はいつも、ママの手作りなんです♪おいしくて、栄養ばっちり!」


・母親はこまめに家の庭のお手入れをしている
(デレステ「[ピースフルデイズ]島村卯月」プロフィール、ホーム)

[ピースフルデイズ]島村卯月

卯月「みんな、笑顔になーれっ♪どうですか、この庭。広くはないですけど、こまめにお手入れしてるんです。…ママが。ほら、普通の花も愛情いっぱいに育てれば、こんなにキレイに!」

卯月「自慢の庭ですっ。小さくても、花もチョウチョも、こんなに元気ですから」

卯月「お花、どんどん増えてるんです。ママが買っては植えてるので…えへへ」


・マンション暮らしにも憧れている
(デレステ「[ピースフルデイズ]島村卯月」ルーム)

卯月「マンション暮らししている人にも、憧れますねっ」


・母親とよく一緒にホームセンターに行く
(デレステ「[ピースフルデイズ]島村卯月」ルーム)

卯月「ママとよくホームセンターに行きます。この部屋に合うものもたくさん!」


・超能力の才能がある?
(シンデレラガールズ劇場第318話)

シンデレラガールズ劇場第318話
裕子のサイキックは本人の意図とはずれた形で発動するため、
実際は卯月は関係なしに裕子一人で曲げた可能性も捨てきれない
とはいえこの出来事をきっかけに裕子は卯月のことをサイキックアイドルとして認定している


2017y04m24d_221249469.jpg

・「卯月の肩たたき券」のプレゼントは島村家ではかなり評判が良いらしい
(シンデレラガールズ劇場第422話、第813話)

シンデレラガールズ劇場第422話 シンデレラガールズ劇場第813話

・家でもストレッチと自主トレをしている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

卯月「おうちでは、ストレッチと自主トレーニングをしてるんです。なにかしたいなと思って!」


・パズルは得意ではない
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

卯月「コツコツやるの好きなんです。パズルとかは…器用じゃないから苦手ですけど…えへっ」


・じゃんけんではチョキを出してしまうことが多い
(デレマス「アニメ放映記念キャンペーン 応援1コマ」)

応援1コマ卯月
伊達に毎回エヘ顔ダブルピースしていない

・天然なところがある
(デレステ「イベントコミュ アタシポンコツアンドロイド」第4話)

みく「ん~、卯月チャンと美穂チャンって、似てるようで、似てないんだねぇ~。」
卯月「そう……かなぁ?」
美穂「そうだと思うよ……たぶん!」
卯月「ねぇ、みくちゃん、私たちの違いってどこだと思う?」
みく「ん~……卯月チャンの方が、天然っぽい!」
卯月「ふぇ!?わ、私、天然ですか~!?」
美穂「それはちょっと分かるかも!ふとしたときにゆる~く天然っぽく行動するよね!」
卯月「ふとしたときってなんですか~!」
みく「控え室で、紙コップにお味噌汁注いでるとき、とか?」
美穂「マドラーでわかめ食べようとしてるの、かわいかったよね!」
みく「割り箸が横に置いてあるのに、頑張ってたにゃ!」
卯月「さ、さっきの私、見られてたんですか~!?はうぅ~……じゃ、じゃあ、美穂ちゃん!美穂ちゃんの特徴はなんですか!」


・クリスマスには毎年母親が一羽丸ごとのチキンを焼く
(デレステ「イベントコミュ Snow Wings」第3話)

卯月「だって、楽しいじゃないですか、クリスマス♪」
凛「まぁ、楽しくないわけじゃないけど……クリスマスってだいたい、当日よりそれまでの方が盛り上がってるイメージだからさ。」
未央「当日だってパーティーしたりプレゼント交換したり楽しいこといっぱいあるじゃん?」
卯月「ですね!うちは、毎年ママが一羽丸ごとのチキンを焼くんです。2人は、そういうのってないかな?」


・母親の料理は洋食が多い?
(「シャイニーナンバーズ」第1回)

卯月「さぁ、どんどんいきますね!ラジオネーム、こんさんから!『お母さんの料理で、一番好きなものはなんですか?今回、お母さんにお祝いはしてもらいましたか?』とのお便りです。同じような質問を、ナナえもんさんほかからも頂きましたー。ええっとー……ママの作る料理だとー……オムライスとか、パスタ、ハンバーグとか、普通の家庭料理が多いですね!お祝いでいうと、ママは喜んでくれましたし、パパは花束を買ってきてくれたりしましたよ!」


・朝食はしっかり取るようにしている
(「シャイニーナンバーズ」第1回)

卯月「『私が大事にしている○○』、第5位は……朝ごはんです!……ええっとー、いきなりこんな感じの普通な内容で、なんだかすみません。でも、家族揃っての食事って、私にとっては大事なんです!パパもママもおばあちゃんも、大好きですから♪アイドルが忙しくなってから、晩ごはんは一緒に食べられないことが多いんですけどー……だから、朝ごはんはなるべく大事にしてます。そういう意味で選びました!」


・スマホでゲームをすることもあるらしい
(「シャイニーナンバーズ」第1回)

卯月「『私が大事にしている○○』、第4位は……スマホです!……あぁ~、またなんか面白くないもの選んじゃったかなぁ~?未央ちゃんに、『しまむー、もっと面白く!』って言われちゃう~……でも、ほんとに大事なんですよ!お友達と電話したり、待ち時間にゲームしたりもしますし!……そういう、ね?」


・アイドルの収入はそのまま貰っているわけではなく家でお小遣いとして貰っている模様
(デレアニ「No Make!」#14)

智絵里「あの……卯月ちゃん?」
卯月「なんですか?」
智絵里「もしかして……その机の上にあるCDって……ぜんぶ?」
卯月「はい!私が買ってきたCDです!」
智絵里「そういえば、この前たくさん買っちゃうって言ってたね……でも、本当にこんなに買っちゃうんだぁ……」
杏「どれどれ~……?ひい、ふう、みい……ねえ、卯月ちゃん。これ20枚くらいあるんじゃないの?」
卯月「あ……あっハイ~……今月のお小遣いは、殆ど使っちゃいました~……」
杏「マジで……?」


・クラスメイトの誰もが「卯月ちゃんは友だち!」と言うらしい
(デレステ「島村卯月のウワサ」)

・自分をほめられるのはシューズに穴が空いたときらしい
(デレステ「島村卯月のウワサ②」)
    
関連記事