ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2016

島村卯月 設定メモ

SR+ [G4U!]島村卯月+[プロフィール]
身長:159cm
体重:45kg→44kg
血液型:O
年齢:17歳
誕生日:4月24日
利き手:右
スリーサイズ:83/59/87→83/58/87
星座:牡牛座
出身地:東京
趣味:友達と長電話

・家でもストレッチと自主トレをしている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

卯月「おうちでは、ストレッチと自主トレーニングをしてるんです。なにかしたいなと思って!」


・パズルは得意ではない
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

卯月「コツコツやるの好きなんです。パズルとかは…器用じゃないから苦手ですけど…えへっ」


・徒競走ではいつも真ん中の順位になってしまう
(デレマス「ぷちデレラ」ベースレッスン Lv1~10、シンデレラガールズ劇場第11話)

シンデレラガールズ劇場11話

卯月「走りこんだら、徒競走でもトップになれますかね?いつも真ん中の順位なんです~」


・敬語で話すのがすっかり癖になってしまっている
(CD「ANIMATION PROJECT 07」マジックアワー new generations特別編)

凛「じゃあ、卯月。試しに敬語無くしてみようか?」
卯月「敬語…けいご~……ああぁぁ~っ、『敬語』って何ですかぁ~!?」
未央「しまむ~はこんらんしている……じゃあ、しまむーの敬語禁止まで、3・2・1……キュー♪」
卯月「えぇ~…………」
凛「…………」
未央「おぉ…………」
凛「卯月……なにか、話してよ……」
卯月「な、何を話せば……?」
未央「確かに、何かお題がないと難しいよね~……あっ、じゃあ、しまむーの学校に、購買ってある?」
卯月「あっ、はい!あります!」
凛「卯月、敬語」
卯月「い、いやっ、あるぜ!」
凛「えっ、何でその口調?」
未央「私、しまむーの後輩やるから……あっ、そっか……ゴホン、島村センパイ、そろそろお昼っすね~!自分、何か買ってきますよ~?」
凛「未央も、何か違うような……」
卯月「え、ええと……お、おう!本田ァ、焼きそばパン買ってきて~……こいよ!」
未央「ちーっす!焼きそばパンっすね~!飲み物は~?」
卯月「ミルクティー……いや、コーヒー!ブラックで!」
未央「マジすか島村センパイ!ブラックっすか、パネェっす!」
凛「何このコント」


ただし、最初期はわりと砕けた口調で話す卯月の描写があったりする。
CD「輝く世界の魔法」ドラマパートより一部引用。

凛「何なのよふたりとも……一体何があったの?」
卯月「えへへっ、実はね……じゃーじゃん!これ、貰っちゃったんだ♪『輝く世界の魔法』のサンプル盤!」
凛「ああっ!」
未央「ふっふっふ……なんと!私ももらっちゃった……って、ああーっ!し、CDがコナゴナにぃ~……」
卯月「ちょっと~……勢い付けすぎたね~……」
未央「うぅ~っ、ゴメンねしぶりん!しぶりんが頑張っておすまししたジャケットがコナゴナに……」
凛「未央、そこまで気にしなくていいから……それよりも、どうしてふたりともそれを持ってるの?」
未央「あ、それはね?しぶりんの新曲が誰よりも先に聴きたい聴きたいよー!って、プロデューサーに一時間ほどつきまとってたら、プロデューサーがくれたんだ♪」
凛「未央……それってくれたって言わないんじゃない?」
未央「まあまあ!細かいことは気にしない、気にしちゃいけない!そんなことより、しぶりんの貴重なおすましジャケットだから、サイン入れてほしいんだ!はいこれ!ちょっと端っこの方が破れ気味だけど」
卯月「凛ちゃん、ペンならここにあるから、これで『卯月ちゃんへ♪』って書いて?うふふっ!」
凛「どうして私がふたりにサインを書くの……それよりも未央、さっきから『おすましジャケット』って言ってるのは、何のこと?」
未央「ええ~っ?そんなの見たまんまじゃ~ん!いつもクールな仮面の裏側に、熱く血をたぎらせるしぶりんが皆に混じってるこのジャケット!おすましジャケットと言わずしてなんと言おうか!」
凛「私、そんなに変だったかな……?」
卯月「ううん、全然変じゃないよ~、凛ちゃんすっごく可愛く映ってる!……うふふ、凛ちゃ~ん♪」
(凛に抱きつく音)
卯月「うふふっ♪」
凛「ふむっ!……ちょっと卯月、愛情表現はもういいから……」


・部屋の片付けは苦手。自宅の自室も片付けは母親がやってくれている
(デレステ「島村卯月【R+】」ルーム、コンプリートアニメファンブック P.251)

卯月「お部屋の片づけと飾り付けは…私がやるより、任せた方がいいかな…」



CVを担当している大橋彩香氏が片付けできないという、いわゆる中の人ネタを取り入れた設定

・ミルクティーが好物
(デレアニ「MAGIC HOUR #2特別編」)

未央「今日は、しまむーの好物、ミルクティー……と見せかけて」
卯月「見せかけてー?」
未央「しぶりんの好物、カフェオレで!」
美嘉「おー、いいじゃん★じゃあ今日はそれで、カンパイしよっか!」


・じゃんけんではチョキを出してしまうことが多い
(デレマス「アニメ放映記念キャンペーン 応援1コマ」)

応援1コマ卯月
伊達に毎回エヘ顔ダブルピースしていない

・卯月のキノコ料理は輝子が太鼓判を押すほど美味しいらしい
(デレマス「《5thアニバアイプロ》星輝子 4日目」ノーマルコミュイベント)

輝子「フヒヒ…みんなが集まる日は、キノコ仲間を増殖させるチャンス…さっそく動くぞ」
パーフェクト⇒輝子「でも、どんなにキノコ仲間が増えても…一番の大親友は、別格なんだ、フヒヒ、言っちゃった…!」
グッド⇒輝子「文香さんにも、キノコ図鑑を勧めてみよう…ひっそりしっとりキノコライフ、きっと気に入ってくれる…」
ノーマル⇒輝子「…卯月さんのキノコ料理、美味しいな…キノコ愛がないと、これは作れないぞ…実は仲間だった…?」


・「食べてくれる人を思い浮かべるのが一番の調味料」「料理に一番大事なのは心」と母親から教わっている
(デレマス「[アニバーサリープリンセス]島村卯月」親愛度Up、親愛度MAX)

・クラスメイトの誰もが「卯月ちゃんは友だち!」と言うらしい
(デレステ「島村卯月のウワサ」)

・自分をほめられるのはシューズに穴が空いたときらしい
(デレステ「島村卯月のウワサ②」)
    
関連記事