ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

13 2018

相川千夏 設定メモ

[モードリーブル]相川千夏_
[プロフィール]
身長:161cm
体重:43kg
血液型:B
年齢:23歳
誕生日:11月11日
利き手:右
スリーサイズ:82/56/85
星座:蠍座
出身地:北海道
趣味:カフェで読書

・カフェで読書をしていたところをPからスカウトされ、大学生活に退屈していたのもあって話を受けた
(デレステ「相川千夏とのメモリアル1」、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30、Lv1~10)

―カフェ―

読書をしている知的な女性がいる

P「(話しかける)」
千夏「私に何か用……かしら?悪いけど今、読書の最中なの。午後の昼下がり、カフェで過ごす、この一時……。私のお気に入りの時間。悪いけど邪魔しないでくれる?」
P「(自己紹介をする)」
千夏「芸能事務所のプロデューサー?……ふぅん。今まで、色々な業界の方に声をかけられたけど……。アイドルのスカウトは初めてよ。」
P「アイドルは嫌い?」
千夏「ううん、別に嫌ってわけじゃないわ。むしろ光栄よ。……アイドルって、派手な衣装でステージで踊ったり、歌ったり?なんだか想像つかないわ。興味もなかったもの。でも……アイドルねぇ……うふふ、ちょっと楽しそうだわ。表現力を磨いて、新しい自分にチャレンジするチャンスかもね。ちょうど、大学生活にも飽き飽きしていたし。あ、店員さん。エスプレッソ・ドッピオで、お代わりくださる?……アナタも何か飲む?話を聞かせてくれるんでしょう?私の午後の読書タイム以上に、楽しいお話をね。」

千夏「退屈していた大学生活も、アイドルを始めてからは不思議と華やかで、楽しめているの」

千夏「私の午後の時間を、アナタのスカウト話が充実させてくれたのよね。あの時のこと、忘れないわ♪」


現役の大学生らしいが彼女の年齢は23歳。留学して少し学年が遅れたのか、6年制の大学なのか、それとも院生なのか……

・洋書をよく読んでいる
(デレステ「相川千夏1コマ劇場①」、デレマス「相川千夏(特訓前)」マイスタジオ、「[敏腕刑事]相川千夏+(特訓後)」お仕事、デレステ「ルーム共通セリフ」、「相川千夏【N】」ホーム、ルーム、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

相川千夏1コマ劇場1

千夏「プロデューサーさん、本屋、知らない? 洋書って置いて無いの。」

千夏「フランスのミステリはお好き? オススメを紹介してあげるわ。…原書だけど」

千夏「洋書を読みながらコーヒーは最高の時間ね」

千夏「カフェでコーヒーを飲みながら本を読む時間は、なによりも貴重なの」

千夏「洋書を置いている本屋を探しておくべきかしらね…」

千夏「カフェでコーヒーを飲みながら、お気に入りの洋書のページをめくる…これが私の至福の時間よ」


・フランス語を読んだり話したりすることが出来る
(デレマス「相川千夏+(特訓後)」マイスタジオ、「2013年誕生日アイドル紹介」通常コメント、「[お花見]相川千夏+(特訓後)」LIVEバトル、「[ロワイヤルスタイル]相川千夏+(特訓後)」お仕事、LIVEバトル、「第3回アイドルLIVEロワイヤル」ライバルユニット ファム・ファタール・トロワ、「[メルヘンアニマルズ]相川千夏+(特訓後)」LIVEバトル、「[敏腕刑事]相川千夏+(特訓後)」マイスタジオ、「[招福萬来]相川千夏(特訓前)」マイスタジオ(親愛度MAX)、「[モードリーブル]相川千夏+(特訓後)」LIVEバトル、シンデレラガールズ劇場第783話、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、デレステ「相川千夏【N】」ホーム、「[ナイトエレガンス]相川千夏」ホームタップ時親愛度MAX)

千夏「プロデューサーさん、仏蘭西語は読める?」

千夏「おめでとうって言えば、喜ぶと思った? …なんて。そうね、仏蘭西語で言えば、答えはウィーよ。気づかいが嬉しいわ。ありがとう」

千夏「デュ・スペクタクル♪」
※「ショータイム」という意味。

千夏「以上、相川千夏でした。今後も声援よろしくね。ア ビヤント!」
※「またね」という意味。

千夏「ボン、オン、コマンス?」
※「さあ、始めましょうか」という意味。

※出現時
千夏「この会場、いいムードよね。その気分で歌を届けるわ」

※LIVE開始時
千夏「シャンソンでも歌ってみる?」

※勝利
千夏「場の雰囲気にピッタリだったみたいね。お姉様方も心強いわ」

※引き分け
千夏「私が一番年下だもの。もうしばらくよろしく、お姉様方。ふふっ」

※敗北
千夏「仏蘭西語だと受けがいまいちのようね。完敗よ。…ボンヌ シャンス」
※「幸運を祈るわ」という意味。

千夏「ラ・ソバージュ♪」
※「野生の女よ」という意味。

千夏「モ・ド・パスを決めましょう」
※「合言葉」という意味。

千夏「プロデューサーさん、食べさせてあげる。口を開けて…ボナペティ」
※「召し上がれ」という意味。

千夏「リギャルド モア?」
※「私を見て」という意味。


シンデレラガールズ劇場第783話

千夏「コマンタレヴ?ジュマベール チナツ。ふふっ…挨拶したのよ。よろしくね、プロデューサーさん」
※「ご機嫌いかが?私の名前は千夏よ」という意味。

千夏「仏蘭西文化に興味があるの。仏蘭西語も、ちょっとはね…?教養の一つ、かしら。ふふっ」

千夏「仏蘭西語ならすこし。ジュ ヴ スエット ボンヌ シャンス、ふふ」

千夏「アナタのお誘いなら…アヴェックプレズィール。ふふ、意味は調べなさい」
※「喜んで」という意味。


・英語も少しはできるらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

千夏「英語も、多少はできるけれど…やっぱり仏蘭西語の方が好みね。私に合っているの」


・知識欲が強い模様
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

千夏「自分に必要なもの、興味があるものを過不足無く取り込みたいの。それが、私の生き方よ」


・唯と特に仲が良く、彼女に言及するセリフが多い
(デレマス「[お花見]相川千夏+(特訓後)」マイスタジオ、親愛度MAX演出、「第2回花見DEドリームLIVEフェスティバル」第1ラウンド エントリー2 サクラブロッサム、「[ナイトエレガンス]相川千夏(特訓前)」マイスタジオ、親愛度MAX演出、デレステ「[ナイトエレガンス]相川千夏」ホーム、「[ナイトエレガンス]相川千夏の特訓エピソード」、WWG第3巻、第5巻)

お花見ゆいちな

千夏「唯ちゃん、元気で可愛い子よね」

千夏「唯ちゃんと似た衣装…プロデューサーさん、これはそういうこと?」

※このユニットを組んだことがきっかけで親しくなっていった模様。
千夏「プロデューサーさんにはやられたわね。クールな私にあんな元気な子を組ませるだなんて、そうそう考えないわよ? …面白かったわ」

※出現時
唯「サクラブロッサム、登場☆お花見LIVE、ぶあ~っと盛り上げるよ♪」
千夏「花は一人では咲けないわ。とびきり元気な声をお願いね」

※LIVE開始時
千夏「春の輝きの季節…ね」
唯「むしろ、眩しすぎ注意」

※勝利
唯「あはっ、やっぱちなったんとのLIVEは楽しー!ゆい、絶好調☆」
千夏「ふふっ、私も同じよ。二人で咲かせた桜に、夢中になるほど…」

※引き分け
千夏「貴方たちの花も、魅力的…。でも、ステージの華は私たちよ」
唯「元気に可愛く、エレガントに♪ゆいとちなったんなら敵なしだ~☆」

※敗北
唯「あれ、終わり?ちなったんとのコンビ技、まだ見せてないのに!」
千夏「出し惜しみはダメね。…ところで、そんな技は知らないわよ?」

千夏「これは唯ちゃんには苦いと思うわ。砂糖とミルク入りもいいものよ」

千夏「アイドル活動がどんなに忙しくなっても…こういう時間を持ち続けたいわ。プロデューサーさんと唯ちゃんと…マ・ファミーユ…かしら」
※「私の家族」という意味。

千夏「すっと入ってきちゃうのよね、唯ちゃんったら。ふふ」

千夏「そろそろ仕事の時間ね。えぇ、またね、唯ちゃん。後で連絡するわ。さぁ、行きましょう、プロデューサーさん。」

***

千夏「あなた、安心した?そんな顔に見えるわ。その理由はさしずめ……。私が他のアイドルと仲良くしてるから、ってところかしら。そうね。唯ちゃんに慕われて悪い気はしないわ。ふふ、意外でしょう?私自身も意外だと思っているもの。あの子ともだけど、事務所のほかのアイドルや、あなたともよ。自分と違う世界の人間と打ち解けて、語らう日がくるなんて……。カフェテラスであなたに声をかけられたあの瞬間から、私の人生は変わりだしたの。きっかけはもらったけど……自発的な意志もあるわ。だから……最後まで楽しませてね?さあ、エレガントにいきましょうか。私もあなたに飽きられたりしないように、全力で楽しませてあげるから……覚悟なさい?」


WWG3巻5巻ゆいちな
WWGでは『互いに別事務所』という世界線でありながら仲が良い
この世界だとどういうきっかけで出会ったのかが気になる

唯が千夏に言及する分については【大槻唯 設定メモ】で。

・かつてかけていた眼鏡は唯に譲ったため、「[ロワイヤルスタイル]相川千夏」以降は新しく赤い眼鏡をかけるようになっている
(デレマス「相川千夏」、「[ロワイヤルスタイル]相川千夏+(特訓後)」マイスタジオ、「[サマーショッピングブラウン]大槻唯+」マイスタジオ、「ぷちデレラ」ヘッドアクセサリ 赤縁の眼鏡・千夏 フレーバーテキスト、デレステ「[ナイトエレガンス]相川千夏」ホームタップ時)

ちなったん眼鏡変遷

千夏「眼鏡取られちゃったの、スペアよ」

唯「ちなったんのメガネ貰ってきたじぇ! 変装用ってことでぇ~♪」

【赤縁の眼鏡・千夏】
赤い縁がオシャレな千夏の眼鏡です。
前使っていたのは、取られてしまったから。

千夏「この眼鏡…そうね、二番目に気に入ってるわ。一番目は、あげちゃった」


デレステでもこの設定を反映しており、初期Nの時点で立ち絵や初期Nが赤い眼鏡に変更されている……のだが、Pとの初邂逅を描くコミュ「メモリアル1」の時点で赤い眼鏡になっているので若干不自然な感じが出ちゃってたり。

Screenshot_2016-09-22-09-21-49.png
唯と出会ったのはアイドルになってからのはず……なんだけど

唯は変装用として貰った彼女の眼鏡を愛用しており、「千夏から貰ったこの眼鏡以外はかけない」と決めているとか。

※デレステ「イベントコミュ Snow Wings第5話」より。
春菜「フフフ……。ならば唯ちゃんも、お一つかけていきませんか!」
唯「ゆい、パース☆」
春菜「ええっ……パスって……あっ、あの、もしかして不快にさせちゃいましたか?たまに冗談の域を超えちゃうの、私の悪い癖で……。」
唯「ゆいは、トモダチにもらった眼鏡があるから、それ以外はかけないって決めてるんだー☆」
卯月「へ~……あっ、あのちょっと古めのデザインのやつですか?以前、雑誌のグラビアでかけてましたよね!」
春菜「もしや……ウエリントン型のフレーム眼鏡ですか?」
唯「そーそー!だから春菜ちゃん、ゆいになにかプレゼントするときは、眼鏡以外でお願いね!」


・千夏が唯の事を気にかけているのは、コレットの小説「青い麦」に登場するヒロインのヴァンカに似ているため?
(デレマス「[お花見]相川千夏(特訓前)」カードイラスト)

N [お花見]相川千夏

※【mobage】アイドルマスターシンデレラガールズ2517人目より
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/appli/1352559480/

205 :非通知さん@アプリ起動中:2012/11/11(日) 00:27:21.18 ID:lcPENtfx0
>>121
おっつおっつ
そういやちなったんと言えばお花見Nで本持ってるじゃん?良く見るとタイトルが書いてあって
「Le Ble en herbe」、つまりフランスの女性作家コレットの「青い麦」の原著なのよ

んで「青い麦」ってフランス文学上初と言っても良い青春時代の恋愛を描いた作品で
ヒロインのヴァンカって女の子は天真爛漫で金髪碧眼がトレードマークなのね
いやフランスなんだから金髪碧眼は当たり前だろって思うかもしれんがとにかく描写の執拗さが尋常じゃない
ヴァンカが出て来る度に、それどころか主人公がヴァンカと対峙する度に金髪と青い瞳が強調されまくる物語の重要なファクターでさ
それでモバマス全体を眺め回してみたらさ、海外出身含めて金髪のアイドルは結構いるけど
金髪碧眼は千夏さんがお花見でユニット組んでたあの娘だけなんだよね


つまり何が言いたいかというと運営さんゆいちなユニット再結成はよ

267 :非通知さん@アプリ起動中:2012/11/11(日) 00:34:23.18 ID:lcPENtfx0
>>215
ついでに言うとコレットってフランスのキャバレー(サクラ大戦3のシャノワール的なアレね)で
ダンサーとして踊ってた事があったから、お花見ユニットの衣装を鑑みるに運営も絶対意識してたと思う

更に言うとコレットはその時同じダンサーだった"女性"と恋仲だったっていう


2017y01m03d_083420902.jpg

ちなみにデレステの「[ソル・パライソ]大槻唯」特訓エピソードでは「青い麦」と同様海辺に唯がおり、作中でヴァンカも着ているような白いワンピース姿を披露している。まあこのコミュで唯がいるのはフランスではなくスペインなんだけれども。

・ティーン向けのファッション雑誌をチェックしている
(デレステ「[ナイトエレガンス]相川千夏」ルームタップ時)

千夏「あ、私の雑誌よ。…ティーン向けのファッション誌…べ、別にいいでしょ」


・好きな色は黄色
(デレステ「[招福萬来]相川千夏」ルームタップ時)

千夏「このストール気に入ってるの。ほら、黄色って元気を貰える色だから」


・自己表現が苦手とのこと
(デレマス「[お花見]相川千夏+(特訓後)」お仕事(親愛度UP)、「[メルヘンアニマルズ]相川千夏(特訓前)」マイスタジオ、デレステ「相川千夏【N】」ホーム、ルーム)

千夏「クールだとは言われるけど…自分を表現するのが下手なだけよ」

千夏「神経質で臆病ね…似ているのを否定するのは…少し難しいわね」

千夏「落ち着いてなんかないわ、私、結構繊細なのよ?」

千夏「ダメね、自分を表現するのはどうも苦手だわ…」


・ズバズバものを言ってしまう性格
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

千夏「高飛車なつもりはないのだけれど…ズバズバものを言ってしまうのが、よくないのかもね」


・以前は馴れ合うのは苦手だった
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

千夏「馴れ合うのは苦手だったけれど、今まで関わらなかったタイプと知り合えるのは楽しいわね」


・チーズやブラックコーヒーが好物
(デレマス「3周年クリスマスハッピープレゼントキャンペーン」千夏が好きな濃厚な味がするプレゼント フレーバーテキスト、「アイドルLIVEロワイヤル」ライバルユニット 後半ステージ3日目 ロワイヤルガールズ、「[ナイトエレガンス]相川千夏(特訓前)」アイドルコメント、お仕事、マイスタジオ、「[メルヘンアニマルズ]相川千夏(特訓前)」マイスタジオ、「[イージーモーメント]相川千夏(特訓前)」アイドルコメント、デレステ「相川千夏【N+】」ルーム、「[ナイトエレガンス]相川千夏」ホームタップ時、「[招福萬来]相川千夏+」ルーム)

[ナイトエレガンス]相川千夏

【千夏が好きな濃厚な味がするプレゼント】
千夏が作ったしっとりとしてクリーミーなレアチーズケーキ。コーヒーと一緒に食べたい。

※出現時
千夏「そろそろ一息、コーヒーでも楽しみたいわ。先に休むのはどちら?」

※LIVE開始時
千夏「LIVEの結果次第ね」

※勝利
千夏「あら残念。お客さんが私を離してくれないわ。お先に休憩どうぞ」

※引き分け
千夏「引き分けでコーヒーブレイク…。でもコーヒーは飲めないなんて、皮肉ね」

※敗北
千夏「ふぅ、神様も休めって言っているようね。しばらくは任せるわ」

千夏「コーヒーはブラックが一番好きよ。肌寒い夜だからこそ、程よい苦みが温かく身体に染みるの。ふぅ…。大切な友人やプロデューサーさんと、こうして過ごせるなんて…ホントに充実しているわ」

千夏「あら、コーヒーぐらい、いいでしょ?」

千夏「エスプレッソも美味しいわね」

千夏「コーヒーでもどう?そうね…キリマンで」

千夏「とても美味しいワインね。この爽やかな香りも素敵…ふふ、これは美味しいチーズがほしくなるわね。でも一緒に飲んでくれる人がいるなら…それだけで十分なのかも。ね、プロデューサーさん…」

千夏「コーヒーはブラックに限るわね」

千夏「えぇ、コーヒーはブラックって決めてるの。アナタは何にする?」

千夏「豆買い足さなきゃ。大豆じゃなくてコーヒーのほうね」


・コーヒーを味わう時はカフェに行くほうが好き
(デレステ「[ナイトエレガンス]相川千夏」ルーム、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

千夏「コーヒーを味わうなら、カフェに行く方が好きだわ」

千夏「家でコーヒーを淹れたりもするけれど…環境が変わるカフェでの一杯は、格別なのよね」


・スタイルの維持には気を使っている
(デレマス「[ロワイヤルスタイル]相川千夏(特訓前)」アイドルコメント、「[メルヘンアニマルズ]相川千夏+(特訓後)」マイスタジオ)

[ロワイヤルスタイル]相川千夏

千夏「ボディラインを意識したトレーニングで、身体を思うようにデザインしていきたいわ。ステージ上の余裕を支えるのは…日頃の地味な鍛錬よね。しかしこうして汗を流すのは、意外と気持ちのいいものね」

千夏「スタイルには気を使ってるもの」


・推理力はある方らしい
(デレマス「[敏腕刑事]相川千夏+(特訓後)」お仕事)

千夏「推理力はある方だと思うわ」


・麗奈のイタズラをよく諌めている
(シンデレラガールズ劇場第230話、第528話)

シンデレラガールズ劇場第230話 シンデレラガールズ劇場第528話

・出身が北海道なため、節分では落花生を撒いていた
(デレマス「[招福萬来]相川千夏(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、デレステ「[招福萬来]相川千夏」プロフィール、ホーム、ホーム親愛度MAX)

[招福萬来]相川千夏

千夏「節分ね。落花生を撒く地域があるって知ってた? 私の故郷、北海道では落花生だったわ。ほら、雪の上でも見つけやすいでしょう? ふたりでやってみましょう。鬼役は、プロデューサーさん♪」

千夏「殻つき落花生なら、撒いて地面に落ちても衛生的ですものね」

千夏「落花生を割って、食べる…意外と、心が落ち着く時間なのよ」

千夏「シュールな行事よね…考えてみれば」

千夏「私の出身地だと殻つきの落花生を撒いていたわ。…アイドルになってからは忙しくてできなくなるのかと思っていたけど、逆ね。むしろ盛大にできるなんて。…さぁ、準備はいい?」

千夏「殻つきなら落ちても食べられるわ。一緒に後でおいしくいただきましょう」

千夏「落花生、食べだすと止まらないわ…プロデューサーさんもどうぞ」


・[秋の学園祭]相川千夏(特訓前)で着ている制服は、高校時代に着ていた物と似ているのを選んでいる
(デレマス「[秋の学園祭]相川千夏(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、お仕事(親愛度UP)、親愛度MAX演出、マイスタジオ(親愛度MAX))

[秋の学園祭]相川千夏

千夏「用意された制服の中から選べっていうから… 私が高校時代のものと似ているのを選んだのよ。そうね、あの頃の私は純真な…んもう、何を話させるのよ。アナタの過去も聞きたくなるじゃない」

千夏「私にもあったのよ、女子高生時代というものが。ふふっ、驚いた?」

千夏「さすがにミニにはできないわね…」

千夏「輝かしい青春、か…それは失われたりなんてしないのかもね」

千夏「これでも結構、恥ずかしいのよ。あまり、みつめないでね…」

千夏「あの日に思い描いたのとは随分と違う未来だったけど…夢を越えて遥かに充実しているわ。プロデューサーさんのおかげでね」

千夏「私の昔話は、もっと相応しい雰囲気の時にね、プロデューサーさん」


・マルシェイベントによく顔を出している
(デレマス「[モードリーブル]相川千夏(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、お仕事(親愛度UP)、親愛度MAX演出、マイスタジオ(親愛度MAX))

[モードリーブル]相川千夏

千夏「ん…、いい匂い。プロデューサーさんもどうぞ?ここのマルシェイベントは週1で開催してるの。旬の野菜が揃うし、歩いてるだけでも楽しいわ。まだ見て回りたいから、もう少し付き合ってくれるかしら」

千夏「パリの空気を感じられるでしょ。つい買いすぎてしまうのよね」

千夏「オマケしてくれるの?嬉しいわ」

千夏「向こうの春野菜も見たいわ。プロデューサーさん、行きましょう」

千夏「マルシェの雰囲気を楽しみましょう、プロデューサーさん」

千夏「アナタと一緒に来たからかしら?いつも以上に、楽しいオフを満喫できたわ。マルシェの片隅にいいカフェがあるの。寄っていきましょ」

千夏「通い慣れたマルシェも、プロデューサーさんと来ると新鮮ね。ふふっ」


・人からの初対面の印象があまり良くないらしいのが悩み
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、デレステ「相川千夏【N+】」ルーム)

千夏「私、初対面の印象って、あまり良くないらしいのよね。…そんなに冷たい雰囲気がする?」

千夏「周りの子達に私、溶け込んでいるかしら…」


後述のデレステのウワサ2では「パーソナルスペースは広いつもり」とあるけれど、デレステのメモリアルコミュ1でPが話しかけた時点では確かにちょっと冷たい感じがしたかも……?

・朝食はクロワッサンにマーマレードのコンフィチュール、そしてコーヒーとの事
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

千夏「朝食は、クロワッサンに甘酸っぱいマーマレードのコンフィチュール。それに、コーヒーがあればいいわ」


・小物にこだわるのが好き
(デレマス「[モードリーブル]相川千夏(特訓前)」お仕事、「ぷちデレラ」ぷちプロフ、デレステ「相川千夏【N】」ホームタップ時)

千夏「小物は、シーンに合わせて選ぶの」

千夏「眼鏡は欠かせないわね。それに、帽子や小物も好きよ。小物にこだわるのが好きなの」

千夏「何かしら…そうね、眼鏡は好きなアイテムね」


・ポージングのレッスンが得意
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

千夏「ポージングのレッスンは得意ね。視線の使い方が上手いとトレーナーさんは言っていたけれど…どう?」


・ファッションは流行のものよりも自分の好みでコーディネートしている
(デレステ「相川千夏【N】」ホームタップ時、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

千夏「ファッションは、流行よりも自分の好みね」

千夏「ファッションも好きよ。ブランド品が好きなわけではなくて、品が良くて自分に似合うものを選ぶわ」


・街を歩くのが好き
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

千夏「街を歩くのは好きよ。そこを歩く人々、街の空気…そこには、色んな物語があるものね」


・ショートヘアはお気に入りな模様
(デレステ「相川千夏【N】」ホームタップ時)

千夏「そうね、髪は短い方が好みよ。すっきりしてる方が、スマートじゃない?」


・眼鏡はスペアも用意している
(デレステ「相川千夏【N+】」ホームタップ時)

千夏「眼鏡が気になるの?貸しましょうか?平気よ、スペアもあるから」


・夜景を眺めるのが好き
(デレステ「[ナイトエレガンス]相川千夏+」ホーム、ルーム)

[ナイトエレガンス]相川千夏+

千夏「ビル群もネオンも好きよ。人が生きている証みたいで」

千夏「夜景は…LIVEステージから見る景色に似てるわ。光がたくさん…」

千夏「事務所から見る夜景もキレイよね。知ってるわ」


・ピアスは開けるのが怖いらしく、耳に付けるのはイヤリングにしている
(デレステ「[ナイトエレガンス]相川千夏+」ホームタップ時)

千夏「ええ、これはイヤリング。ピアスは…何だか怖くて。意外?」


・あくせくするのは得意じゃない
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

千夏「あくせくするのは得意じゃないの。まったり行きましょ。アトゥ トワ ラントゥマン…ってね♪」
※「ゆっくり急げ」……つまり「急がばまわれ」という意味。


・自宅はシンプルなインテリアで纏めている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

千夏「自宅はシンプルなインテリアにしているわ。物が多いと気が散るし、雑然としているのは苦手なの」


・プレゼントに香水はいらない?
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30)

千夏「私にもしプレゼントを贈るのなら…そうね、香水はやめておいたほうがよくてよ?ふふっ」


・これまで運動も勉強もそつなくこなしてきたらしい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、Lv11~20、テクニカルレッスンDa Lv11~20、デレステ「相川千夏とのメモリアル2」)

千夏「比較的なんでも器用にこなす方だから…私が苦手なものなんて、あるかしらね?ふふっ」

千夏「自分の価値を見誤っていたわ。想像以上に、できないことが多すぎて…面白くなってきたわ」

千夏「運動は不得手ではない…なんて思っていたけれど、実際はそうでもなかったわね」

千夏「……お疲れさま。」
P「感想は?」
千夏「そうね……予想外だったわ。何がか分かる?」
P「厳しさ」
千夏「ええ、私の予想よりもはるかに厳しいものだったわ。トレーナーが鬼の形相で『もう一度』って……。あぁ、思い出すだけで苦い気分になるわ。私自身、もう少しできるかと思っていたんだけど、全然歯が立たなかったわ……。今まで、運動も勉強もそれなりに優秀だったし、ソツなくこなして、周囲には認められてもきた。でも、実際はそうじゃなかったのね。自分が苦手なことはしてこなかっただけ……つまり、そういうことだったんでしょう。」


・好きな作家は『フランソワーズ・サガン』
(デレステ「相川千夏とのメモリアル2」)

千夏「それに、私が好きな作家は、こんな言葉を残しているの。『生きることを学び直すのに年齢なんて関係ない』ってね。」


元の発言は「Il n’y a pas d’âge pour réapprendre à vivre. On ne fait que ça toute sa vie.」。
これはサガンがかつてインタビューで発言したものらしい。
【Françoise Sagan du 21 mars sur France 5 - Lire la page 15 (TeleScoop)】

・髪の分け目は今の位置がお気に入りらしい
(デレステ「相川千夏のウワサ」、「[ナイトエレガンス]相川千夏+」ホームタップ時)

千夏「ダメ…前髪は乱さないで。…後ろならいいってものでもないわ」


・パーソナルスペースは広いつもりらしい
(デレステ「相川千夏のウワサ②」)
 
関連記事