ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

04 2016

ミステリー・メン

ミステリーメン予告編ミステリー・メン
【原題】Mystery Men 1999年【米】


スーパーヒーローの世界にも階級制度があったらビックリ?スターにもなれず、世界の裏方だけを務めているヤツらって?
悪党に一矢報いるため、そしてチャンピオン・シティで名を上げるため、ミスター・フューリアスとシャベルマン、ブルー王子という3人のB級ヒーローは戦いを続ける。
それでも、3人にとって道は険しい。見かけ倒しのキャプテン・アメイジングは、お寒いアイデアをあれこれとひねり出し、陰陽パワーお墨付きの商品を売りさばいていた。いつも怒り狂ってばかりのミスター・フューリアスにしても、なぜか緑色の服を着ているブルー王子にしても、本人たちに言わせれば「すべてタイミングの問題」だった。キャプテン・アメイジングの実体は商業主義にどっぷり漬かった最低の俗物だ。
だがそんなキャプテン・アメイジングが、世紀の大悪党カサノヴァ・フランケンシュタインの罠に落ちてさらわれてしまう!街の危機を知った3人は、カサノバの魔の手から人々を守るべく立ちあがるが……

ダークホースコミックスの『フレイミング・キャロット』を原作とした、「街を救うためにボンクラヒーローたちが立ち上がるぞ!」ってな内容のアクションコメディ映画。
といっても原作で主役のフレイミング・キャロットは登場せず、この作品に登場するミステリー・メンというヒーローチームがメインになっています。
そもそもはフレイミング・キャロット自身も所属するチームらしいんだけどね……

ミステリーメン
『TMNT/Flaming Carrot Crossover #1』より

日本では劇場公開されずビデオスルーとなった作品なのですがそれなりにお金がかかってはいる映画で、舞台となる架空都市チャンピオン・シティのどこかうらぶれた東洋風のビジュアルは一見の価値あり。

事の発端はスーパーヒーローのキャプテン・アメイジングが悪党不足に悩まされ、「このままでは失職してしまう」と考えて投獄されていた大物犯罪者カサノヴァ・フランケンシュタインを仮釈放させてしまったのが原因。
これでもう一度街に犯罪の嵐が吹き荒れるとほくそ笑むキャプテン・アメイジングだったが、逆にカサノヴァに捕らえられてしまい、チャンピオン・シティが危機に陥ってしまうという、なんともひっどいストーリー展開(褒めてる)

そこで街の危機を救うために立ち上がったのがミステリー・メン!
しかし彼らの能力は驚くほどに微妙なパワーばかり。
ミスター・フューリアスは怒りのパワーで戦うという能力なんだけど、ハルクのようなトンデモパワーが発揮されるわけではなく、ホント常人レベルで暴れまくるだけ。
昼間は土木工事作業員として働くシャベルマンは、シャベルの扱いに長けているだけの家族持ちの戦うお父さん。
ブルー王子はフォークを投げて戦う能力で、しかも命中精度はそれほど高いわけでもない。
っていうかこれ全員スーパーパワーとは言いがたい。
この他にもスカンク並みのオナラを出すことができるスプリーン、誰も見ていないという状況であれば透明になれるという意味無し能力を持つ透明ボーイなど、個性的かつ微妙すぎるパワーを持つB級ヒーローが目白押しだ!

こんな感じでバカバカしさ満点のヒーロー物ですが、なんだかんだで自らの持つパワーをフルに活かして悪党と戦っていくアクションシーンはグダグダっぷりで笑わせつつも結構アツい。
マーベルやDCの大作アメコミ映画に埋もれがちな作品だけど、本作はなかなかに傑作なので是非一度見てみてほしい。

【The Mystery Men】※海外サイト「International Superheroes」様。

 
関連記事

0 Comments

Leave a comment