ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

16 2017

相葉夕美 設定メモ

[祝福の花]相葉夕美_
[プロフィール]
身長:158cm
体重:42kg
血液型:O
年齢:18歳
誕生日:4月15日
利き手:右
スリーサイズ:81/57/80
星座:牡羊座
出身地:神奈川
趣味:ガーデニング

・秋葉原エリアでのLIVE勝負に負けたことで「このPなら自分の魅力をもっと引き出してくれるかも」と考え、現在の事務所に移籍した
(デレマス「相葉夕美(特訓前) 」プロフィールコメント)

夕美「この前は素敵なライブだったね! 楽しかったよ♪でね、私考えたんだけど、あなたなら私の魅力をもっと引き出してくれるんじゃないかな?ってことで…お世話になります、プロデューサーさん♪」


※デレステでは公園でPにスカウトされたという設定のため、最初からPの事務所に所属している。詳細は後述。

・ボランティアで公園の花壇のお世話をしていたところをPにスカウトされた
(デレステ「相葉夕美とのメモリアル1」)

夕美「ふんふんふふん~~♪キレイなお花、たくさん咲かせてねっ。お水はたっぷりあるから。
でも、飲みすぎはダメだよ~っ。
あっ、このつぼみ、だいぶ膨らんできたなぁ……そろそろ、きれいなお花が咲くかも。こっちのお花は……うん、元気そうっ♪よしよし♪」
P「キレイなお花ですね」
夕美「へっ!?わっ、びっくりしたぁ……。あっ、あの、ありがとうございますっ。あ……もしかして、お花に喋りかけてたの聞かれちゃった……?
その、私、ボランティアでこの花壇のお世話をしてるんです。手をかけるほどキレイに咲いてくれるので、やりがいもあって。褒めてもらえて、この子たちも喜びますっ。」
P「似ていますね」
夕美「似ている……?それって、どういうことですか?」

名刺を渡す

夕美「アイドル事務所の……プロデューサーさん、ですか。へぇ……なんだが、意外です。
芸能界の方って、夜のイメージがあったから。
でも、そんな人がどうして真昼の公園に……。あっ、お花、好きなんですか?この公園、いろんなお花が咲いてますもんねっ♪
私のおススメのお花、あっちの花壇にあるんですっ!よかったら、一緒に見に行きませんか?育てるのは苦労したけど、キレイに咲いてくれたんですよ~。」

花について、いろいろと話した

夕美「ふぅ……なんだか、たくさんお話ししちゃって、すみませんっ。普段一人で育てているから、お花についてお話できるのがうれしくって!」

スカウトする

夕美「……あらためて、私をアイドルに……ですか?うーん……お話なら、聞きますよ。あなたも、私のお花の話を聞いてくれましたからっ。
それに、似てるって言ってくれたこと、その理由もまだ聞いてませんし……。それに、お花の好きな人に悪い人はいませんからっ。
今度はあなたのお話、聞かせてくださいっ♪」


・バレンタインには友チョコを貰っていた
(デレマス「アイドルプロデュース チョコレートフォーユー!」チョコレートフォーユー! エクストラコミュ)

夕美「バレンタインのチョコレート…もらった事あるよ。…女の子からの友チョコだけどね♪」
パーフェクト⇒「私も友チョコしか経験ないけど、もし本命チョコを作るなら…きっと特別な花の形をしてるかな♪」
グッド⇒「そのチョコ、友達の本命チョコの余りだったんだけどね。でも贈る相手がいたのは少し羨ましいかな♪」
ノーマル⇒「でも、すごく苦かったの…チョコレートなのに。あはは…料理、出来ない子だったから仕方ないけどね!」


・仲の良い人相手にはイタズラっぽくなることがある
(デレマス「[花の小悪魔]相葉夕美(特訓前)」お仕事(親愛度UP))

夕美「私、イタズラっぽいところもあるのかも。仲のいい人にはね♪」


・大好きな季節は春
(デレマス「[さくらふわり]相葉夕美」思い出エピソード前編、後編)

夕美「おはようございます、プロデューサーさん。事務所までの道も、心がほっとするような暖かさだよっ。もう春って感じだねっ。春っていいよねっ。私、大好きな季節なの!だって暖かい日差しはお花にも嬉しいから。街も彩りが華やかで、明るくって!だから毎日お散歩して、街に咲いた花を探してるんだ。道端に咲いてる小さなお花を見るだけでも楽しいんだよ♪桜のソメイヨシノもそうだし、公園のひだまりで咲いてるタンポポとか、花壇のチューリップ、土手のレンゲソウや、あとマーガレットもいいし……。あっ、ごめんなさいっ。お花の話になったらつい夢中になって……えへへっ♪でも、本当に春が大好きなの、伝わったかな?今度の撮影場所もすっごく素敵なところなんだよね!そろそろ桜の咲く時期だし、タイミングもバッチリだね。今から行くのが楽しみ!もしかしたら、空いた時間にお花見を楽しめるかも……?なら、私も期待していようかな♪プロデューサーさんとの、お花見♪」

夕美「わぁ……きれい……。やっぱり春は素敵だなぁ。あたたかい風に桜の香り……うーん、幸せな気分……♪
あっ、プロデューサーさん!見てた?ふふっ。春に包まれてて気づかなかったよ。桜色いっぱいで、幸せいっぱいだったから。
春のお花もたくさんあるけど、桜は特別だよね。この景色を見られると、今年もまた新しいことが始められそう。
だから、お花見もプロデューサーさんとしたかったんだ。桜を一緒に眺められたら、新しいことも、一緒に始められるかもって!
新しいお仕事も、お花のきれいな季節にできて、嬉しいなぁ。これもプロデューサーのおかげだよね。ふふっ、ありがとう!
私、春は好きだけど、もっと大好きになったみたい!春がプロデューサーさんとの大切な季節になったから、ね♪
プロデューサーさんは、いつも私の心にたくさんの素敵な花を咲かせてくれるよね。私も、もっと笑顔のお花、咲かせるからね♪」


・ガーデニングをするときはよく歌を口ずさんでいる
(デレマス「ぷちデレラ」Voレッスンエピソード2)

夕美「ふぅ……ヴォーカルレッスンお疲れさま!うんっ、声を出すのにもだいぶ慣れてきたよ。喉の調子もとってもいいの♪レッスンのおかげか最近は歌うのが楽しくなって、よく口ずさんじゃうの。だって、やっぱりアイドルとして歌は歌いたいもんね!だから自宅でもけっこう歌ってるんだよ。もらった歌をうたいながらガーデニング作業をすると、調子もよくて♪植物の成長に音楽がいいってよく聞くでしょ?だからお花のお世話をするときは、私も心を込めた歌を聴かせてるんだ!しっかりとお花が咲いたら鉢植えを持ってきてあげるね!プロデューサーに、あたしの歌で育ったお花、見せてあげるから♪」


※「あたし」は原文ママ。

・手先は器用なようで、手作りのバラのデコレーションチョコやバラの飴細工を披露したこともある
(デレマス「シンデレラガールズ劇場242話」、デレステ「[重ねた花びら]相葉夕美」プロフィール、親愛度100、ホームタップ時)

劇場242話

[重ねた花びら]相葉夕美

夕美「バレンタインにチョコ以外のものを!そう思ったら、薔薇の飴細工はいかがっ?1枚1枚つくった花びらを束ねていくの。咲いたお花はオリジナル♪あなただけの想いを形にしてね」

夕美「見つめ合うたびに、思い出がひとつ♪これを新しくつなぎ合わせて……。私のバレンタインフラワー、完成まであとすこしだよ、プロデューサーさん♪」

夕美「エプロン夕美ちゃんも悪くないかな?じつは、お料理の飾りつけも好きっ」


・学年は大学1年生
(デレステ「相葉夕美【N】」プロフィールコメント、ホーム画面、CINDERELLA MASTER 044)

夕美「あらためて、ご挨拶っ。相葉夕美、18歳の大学生だよ。私のこと、あの公園のお花みたいにキレイに咲かせてほしいなっ♪……ということで、よろしくねっ、プロデューサーさん♪」

※相葉夕美はデレマスサービス開始当初から登場しているアイドルだが、デレステで明かされるまではずっと高校生なのか大学生なのか不明だった。

夕美「私、普通の大学生やって、普通のOLになると思ってたんだけどね…」

夕美「まずは自己紹介から。相葉夕美、神奈川県出身の18歳、大学生です!大学でお勉強しつつ、ボランティアで、地域の花壇のお世話をしてるんだ。漠然とだけど……将来も、ずっとお花に関わっていたいなぁって思ってて……アイドルのお仕事でも、お花の知識とか、ガーデニングの経験を活かせたらいいなぁって。例えば、そうだなぁ…雑誌のコラムで、花言葉紹介とか!あとはー……情報番組で、ガーデニング講座とか?」


・小さいころはお花屋さんか、フラワーデザイナーになりたいと思っていた
(デレステ「アイドルコミュ [つぼみ]相葉夕美 特訓エピソード」)

夕美「ねぇ、プロデューサーさん、お花のつぼみと人は、ひとつ違うところがあるんだね。
それは……将来の色も形も決まってないこと。
私、小さい頃、将来はお花屋さんか、フラワーデザイナーになりたいなぁ、なるだろうなぁって思ってたんだ。でも……。
アイドルにスカウトしてもらって、こうして活動してるうちに……わからなくなってきちゃった。なにになったら、いいのかって。
目標意識がないって、怒られるかなぁ。でも私、決めたんだ。自分の将来を、自分だけで決めないようにしようって。
大事に思ってくれる人の声を聞きながら、私やみんなにとって一番いい咲き方を決めたい。それが今、私の一番したいこと!
せっかく、この世界に芽吹いた命だもんね。なにができるか、もっと知りたくて。花の色は……これから、ゆっくり決めていきたいな」

しかし今は花屋をやる自信はあまり無いらしい。
デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10より。

夕美「昔はお花屋さんとか憧れたよ。でも私きっと、お花は売れないから…寂しくなっちゃうもん」


・ルームでは最もはしゃぐタイプのアクションを取る
(デレステ「ルーム」)

パッション感溢れる相葉ちゃん
ライトスタンドをカチカチしまくったり新聞紙で剣を作って振り回したり
ロッカーの中でガタガタ動いて顔を覗かせたり傘を激しく開閉したり
ベッドの上でぴょんぴょん跳ねたり等、やたらパッション感に溢れている
普段の行動が(パッション属性にしては)ややおとなしめな分、ルームでのはじけっぷりのギャップに驚く


相葉夕美アクション修正
※2016年12月8日に修正され、
スタンドをカチカチしたりベッドで跳ねたりなどはしない大人しいアクションに変更となった
ロッカーにも入らない。悲しい

・服の好みは花柄
(デレマス「[真夏のフラワーガール]相葉夕美(特訓前) 」お仕事、「ぷちデレラ」コーディネイト、デレステ「相葉夕美【N】」ホームタップ時)

夕美「やっぱり私は花柄が好きなのっ」

夕美「私の好みは、やっぱりお花のお洋服かな。あっ、やっぱり答えは読まれちゃってた?」

夕美「花柄のワンピ、カワイイでしょ?お気に入りなの♪」

※「相葉夕美【N】」ホームタップ時では「ナチュラルファッションが好き」という情報も出てくる。

夕美「ナチュラルなファッションが好きかなぁ!メイクも、持ち物も!」


・「[束ねた気持ち]相葉夕美+」での衣装は芳香剤いらずなほどいい香りが漂っているらしい
(デレステ「[束ねた気持ち]相葉夕美+」ルーム)

[束ねた気持ち]相葉夕美+

夕美「「芳香剤いらないね」って言われちゃって。今の私、いい香りするみたい」


・いつも楽しいことを考えるようにしている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

夕美「いつも楽しいことを考えるようにしてるの。笑顔が綺麗に咲いている人に憧れるからねっ」


・グラビア撮影は好きなお仕事とのこと
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

夕美「グラビア撮影は好きかも。撮影に使うお花って、普段見ないお花も見られるからね♪」


・新たな趣味として写真やドライフラワーを検討している
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

夕美「写真を覚えるのもいいなぁ…でも、ドライフラワーを趣味にするのもいいかなぁ…悩むねっ」


・ランニングコースに咲いている花を全部覚えている
(デレマス「ぷちデレラ」ベースレッスン Lv21~30)

夕美「体力がついて楽になったかも。おかげでこのランニングコースに咲くお花、全部覚えられたよ♪」


・意外とビリヤードが上手い
(デレステ「ストーリーコミュ第37話」)

夕美「次は私の番だよっ。えいっ。あは!……やった♪」
拓海「意外とうめぇな……夕美はこういうビリヤードとか結構やんのか?」
夕美「大学のお友だちと、ちょっとだけね♪」


・演技するのが苦手で、なかなか演技のお仕事が来ないらしい
(デレステ「イベントコミュ 生存本能ヴァルキュリア」 第5話)

美波「アイドルとしてみられてると、ちゃんとした、『新田美波』って言うものが要求されてると思って、そういう人格を演じようとしちゃうのかも……。」
藍子「そうなんですね。いつもの自分と、アイドルの自分がちゃんと分かれてるんだ。」
夕美「私は演じるのって苦手だなぁ……。だから演技のお仕事があんまり来ないのかも。いつも同じ自分でいたいって思っちゃうんだ。」
藍子「別人になりきるのって大変ですもんね。かっこいい私を見てもらえるように、頑張らなきゃ……。」


・普段から怒るタイプではないため、怒る演技が苦手
(デレマス「ぷちデレラ」)テクニカルレッスンVi Lv1~10)

夕美「笑顔は…うん♪でも、怒る演技は難しいなぁ…私、あんまり怒らない方だと思うから」


・大学ではよくまとめ役を担っている
(デレステ「イベントコミュ きみにいっぱい」 オープニング、第1話)

夕美「あのう……。」
友紀「ん? どしたの夕美ちゃん?」
夕美「私も、立候補しようかなって思うんだ……。みんなの役に立ちたくて!」
早苗「夕美ちゃん。書類仕事は得意?スケジュール調整とか、連絡役とか、やることはいろいろあるわよ!」
夕美「大学では、そういうまとめ役なんかをよくやってるけど……。」
友紀「おぉ~。しっかりしてる~!たしかに、夕美ちゃんならいろいろ任せられる感じ!」
唯「んなら、リーダー、夕美ちゃんでよくない?」
仁奈「仁奈は、それでいーと思うです!」
早苗「うん ! あたしも異存ないわ!」
友紀「じゃあ、こっからは夕美ちゃんの仕切りでよろしく!」
夕美「あっ、はい!期間限定とはいえ、リーダー役、頑張るね!それじゃあ、さっそくいろいろと決めていくよ!」

友紀「うわー、時間なーい……もー、ちょっと詰まりすぎだよ~。っていうか、夕美ちゃんテキパキしすぎだよ~。」
夕美「あっ、あっ、ごめんねっ。ついつい、やることがいっぱいだから頭がいっぱいになっちゃって。」
友紀「あたしも野球のことで頭いっぱいになっちゃうことはあるけどさー、夕美ちゃんはこんなところもなんて、すごいねぇ。」
夕美「そうかなぁ? なれてるから、かな?大学や、ボランティアなんかでもこういう役目が回ってくることが多くって。」
友紀「なるほどねぇ。あたしはそういうの、苦手だからなぁー。周りの人によくガサツって言われるし。」
夕美「ふふふっ。こういうのは得意な人がやれば良いんだよ。野球だって、投げるのが得意な人がピッチャーでしょ?友紀ちゃんの得意なところで、活躍してね!」
友紀「夕美ちゃん……!野球分かるの ! ねぇちょっと好きな球団どこ!? 選手は!?」
夕美「野球は、ちょっと……。そんなことより、唯ちゃんはどうしたんだろう?」
友紀「そ、そんなことより……がっくし。唯ちゃんなら、その辺フラフラしてるんじゃないの~?」


・夜寝る前についアイスを食べてしまう
(デレステ「イベントコミュ きみにいっぱい」第1話)

唯「うひー。夕美ちゃん、あんがい思ってたよりマジメだなー。」
友紀「唯ちゃん、あきらめよ。きっと夕美ちゃんさ、今回のユニットで一番マジメだから。」
唯「だよね。ナンバーワンマジメだわー。」
夕美「もー、みんなしてマジメマジメっていうんだから。この私だってマジメじゃないところもあるんだからねっ!」
友紀「えっ、たとえばどこが!?」
夕美「それはね!それは……えっと……不真面目なところでしょ?うーん、えっと……えっと……ええっと……………………。
唯「おぉ~……めっちゃ考え込んでる。」
友紀「ないのかな……?」
唯「あっ!」
友紀「あった? 不真面目なところ!」
夕美「つ、つい、夜、寝る前にアイス食べちゃう……!」
唯「かーわーいーいー!」
友紀「ぜんぜん不真面目じゃないよ!カワイイポイントだよ!アイドルとしては大正解すぎるよ!」
夕美「えぇ~、そんなぁ~。もう、わかったよ……。今回のお仕事のあいだは、マジメキャラでいいもん……。」


・ジャスミンティーが好物
(デレステ「イベントコミュ きみにいっぱい」第5話)

唯「夕美ちゃんにはー、ジャスミンティー!これ好きでしょー? 前飲んでた気がするし!」
夕美「わぁ!ありがとう!私がジャスミンティー好きなの、知ってたの?」
唯「へっへー☆ トモダチのことなら、忘れないってゆーぷち特技があるんだよね!」
夕美「さっすが友達思いの唯ちゃんだね!ありがとう!」
唯「そんで仁奈ちゃんには動物のかたちしたビスケットっしょー、それからー、ゆっきーには野球選手のカードがついたポテトチップスね!」
早苗「あっらなつかしい……2人も喜ぶと思うわ~!こうなると、あたしには何が来るのか楽しみね!」
唯「んふふー☆ 早苗さんとプロデューサーちゃんにはコレ!ノンアルコールビール☆」
早苗「やったー……かどうか微妙ね……。ノン、アルコール……。」
唯「もち、LIVE終わったあとに飲んでね☆」
早苗「その気づかいが、何より嬉しいわ……。ううぅ……。」

「[ふんわり花乙女]相葉夕美(特訓前)」ではPに、デレアニ「MAGIC HOUR特別編」#10でも藍子にジャスミンティーを振る舞っていた。

※「[ふんわり花乙女]相葉夕美(特訓前)」マイスタジオより。
夕美「ジャスミンティーのおかわりはいかが?」

※「MAGIC HOUR特別編」#10より。
夕美「じゃあ、今度は私から藍子ちゃんへ!お茶会の飲み物は……ジャスミンのお花が咲く、お茶だよっ♪」
藍子「わあっ……!グラスの中で、お花が咲いてるんですねぇ~。とっても素敵ですねっ!」


モクレンが咲く時期には必ず花を見に出かける
(「CINDERELLA MASTER 044」)

夕美「私は今、ある木の隣に居るんですけど……その木に咲いている赤紫のお花。これがモクレンの花です。実はこのお花、私の誕生日、4月15日の誕生花なんですよ♪花言葉は『自然への愛』。誕生花については諸説あるけど、私にぴったりの花じゃないかなっ。相思相愛って感じがします♪モクレンが咲く時期には、必ず花を見に出かけるんだ。うちの庭はそんなに広くないから木を育てることはできないけど、いつかおっきいお家に住んで、広いお庭ができたら育ててみたいなぁ……」


・母親もガーデニングを趣味としており、夕美は子供の頃からよく手伝っていた
(「CINDERELLA MASTER 044」)

夕美「それに、私のお母さんがガーデニングをやってて、私も手伝ってたから慣れてたのもあるかなぁ。」


・小学校の頃は一時期“アサガオ夕美ちゃん”というアダ名を付けられていた
(「CINDERELLA MASTER 044」)

夕美「それでね、アサガオってさ、花が枯れた後、いっぱい種がとれるじゃない?小学校の時の私は、それがうれしくってうれしくって……その種を、ぜーんぶ学校の裏庭に蒔いて、こっそり育ててたの♪
そしたら、もうすごいの!どんどんツタが伸びて、なんか、ジャングルみたいになっちゃって!で、結局先生にバレて怒られちゃった♪ふふっ、意外とヤンチャでしょ?昔の私っ♪一時期、“アサガオ夕美ちゃん”ってアダ名も付けられて、大変だったんだから。
それでその後、アサガオが処分されそうになって……結局、お母さんと二人で先生に謝って、育ったアサガオはお家に持って帰って、グリーンカーテンにしたよ♪今思えば、ちょっとやりすぎちゃったなあって反省してる……それからかなぁ、本格的にガーデニングを始めたのは。お母さんが、庭の一角……ほんとにちっちゃなスペースなんだけどね、そこを好きにしていいよって、私にくれたんだっ。もしかしたら、『放っておくと何をしでかすかわからない』って思われたのかも♪」


ちなみにここでは『小学校の夏休みの宿題で出たアサガオの観察で初めて自分で花を育てた』という情報も出てくる。

・食虫植物も「キレイなお花がいっぱいある」という理由で大好きな模様
(「CINDERELLA MASTER 044」)

夕美「ねえねえ、あそこっ!食虫植物コーナーがあるのっ!ずっと気になってたんだぁ~♪え?大丈夫っ、本当、ちょっとだけ、ちょっとだけだからっ!あのね、食虫植物って怖いイメージあるけど、ホントはそんなことなくて、キレイなお花がいっぱいあるんだよっ♪ほら、例えばこれは、ムシトリスミレって言って、スミレそっくりでしょう?でもね、この葉っぱの部分が虫をくっつけて溶かしちゃうんだよ~♪それからこっちは、モウセンゴケ……」


・Pに恋心を抱いている?
(デレマス「[フラワーブーケ]相葉夕美+(特訓後)」アイドルコメント、親愛度MAX演出、「[ムーンライトフラワー]相葉夕美(特訓前)」親愛度MAX演出、「[ムーンライトフラワー]相葉夕美+(特訓後) 」親愛度MAX演出、シンデレラガールズ劇場第402話、第768話、第911話)

花言葉相葉夕美衣装

夕美「プロデューサーさん、次のLIVEの衣装が届いたの! 私にデザインさせてくれたから、一番最初に見せたくって…可愛らしく出来たかなっ? ポイントはイキシアの花だよっ!花言葉は…ふふっ! 秘密っ♪」

夕美「プロデューサーさん、私っていう花束…受け取ってくれるかなっ? ポイントのイキシアの花言葉はね…秘密の…ううん、ヒ・ミ・ツ、ねっ♪ 」

夕美「この柄は、ナデシコの柄なんだよっ!花言葉は…調べてみてね?ふふっ、プロデューサーさんも花に詳しくなってくれたらいいな♪ 」

夕美「プロデューサーさん、この衣装、コスモスだね。私の気持ち伝わって…それとも偶然かな?ふふっ、コスモスの花言葉、知ってる?意味は…」


相葉夕美Pドルな劇場

・里奈と親しい?
(デレマス「[真夏のフラワーガール]相葉夕美+ 」イラスト、「アイドルLIVEツアー in ハワイ」フラワービーチマーメイド、デレステ「イベントコミュ イリュージョニスタ!」エンディング)

里奈と夕美

夕美と里奈

絡みは少ないが一緒に行動している描写が多い。
ちなみに同じくフラワービーチマーメイドで一緒だった拓海ともデレステコミュでちょくちょく絡んでいる。

・お花関係の仕事ではまったく緊張しないらしい
(デレステ「ストーリーコミュ第48話」)

デレステ_2017-11-08-17-36-38

・オーガニックのカフェにいってまったりするのが好きらしい
(デレステ「相葉夕美のウワサ①」)

・野菜を育てたこともあるが実より花を優先してしまいうまく育たなかったらしい
(デレステ「相葉夕美のウワサ②」)
    
関連記事