ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

23 2016

白菊ほたる 設定メモ

SR+ [ゴシック・モデル]白菊ほたる+
[プロフィール]
身長:156cm
体重:42kg
血液型:AB
年齢:13歳
誕生日:4月19日
利き手:左
スリーサイズ:77/53/79
星座:牡羊座
出身地:鳥取
趣味:笑顔の練習・アイドルレッスン

・以前には別の事務所に所属していたが倒産してしまい、現在の事務所に移籍してきた。セリフによると少なくとも3度以上倒産を経験している模様。この不幸っぷりは業界でも有名らしい
(デレマス「白菊ほたる(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」浅草寺で花火 スペシャルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、デレステ「白菊ほたる【R】」プロフィール)

「は、はじめまして…白菊ほたるです。実は暗い話で申し訳ないのですが以前所属していたプロダクションが倒産してしまって…すみません…その前も…その前も…。あ、でも私、頑張りますので!!」

「これで移籍は…何回目か…」

ほたる「私が入る事務所は必ず潰れるって有名で…ここに拾っていただけたのは奇跡なのかも…」

ほたる「前の事務所がつぶれたのも、私のせいかもしれないと思ってます…だから…その…」
パーフェクト⇒ほたる「プロデューサーさんがいる限り大丈夫…? それは心強いです」
グッド⇒ほたる「今の事務所に来てから、かなり救われた気分です…。みんなやさしくて、明るいから…」
ノーマル⇒ほたる「私が仕事で大失敗した直後に倒産しちゃったんです。偶然…ですか? そ、そうですよね、きっと!」

ほたる「自己紹介代わりに、今まで起こった不幸を…。
所属していた事務所が次々に倒産したり…物をなくす、知り合いが入院、事故、えっと、これ以上は…。迷惑をお掛けするかも…」

※デレマス「ぷちデレラ」ステップアップエピソード1では前事務所で具体的にどのような被害があったのかも語られている。

ほたる「お疲れ様です。あの…事務所の戸締りは大丈夫です?火の元は?……あ…す、すいません!つい…心配になってしまって。以前所属していた事務所では、空き巣被害やボヤ騒ぎが多発していたので……すみません。きっと私の不幸体質のせいなんです。はぁ……こんな私をプロデュースなんて、プロデューサーさんは災難かも……。…あの、本当に何か不幸があったら…すみません…!でも、不幸なできごとは私のせいじゃないって…プロデューサーさんが言ってくれて…私、とってもとっても……嬉しかったです。プロデューサーさんの優しい言葉に、たくさん勇気を貰いました。だから…恩返しができるように、私…せいいっぱい頑張ります!」


また、デレマスの2013年誕生日イベントセリフによると、毎度誕生日を迎える前に事務所が倒産してきてしまったため、きちんと誕生日をお祝いしてもらえたのは現在の事務所に移籍してから初めての経験らしい。

通常コメント⇒ほたる「あの…私なんかの誕生日をお祝いしてくれるなんて…いいんですか? 私、まだ全然プロデューサーさんのお役に立ててないのに…!」
レベルMAXコメント⇒ほたる「今までは誕生日を迎える前にプロダクションが倒産してしまったり…こうして落ち着いてお祝いしてもらったの…初めてなんです」
親愛度MAXコメントほたる「私、プロデューサーさんとなら…きっとどんな困難だって乗り越えていけそうです…。だから、これからも…!」


まだ13歳なのにアイドル人生が壮絶すぎる。
より詳しい移籍の経緯は後述のデレステのメモリアルコミュで。

・久々の仕事まで不幸で失いプロダクションから追い出され、公園で途方に暮れていたところをPにスカウトされて移籍した
(デレステ「白菊ほたるとのメモリアル1」)

P「横のスタジオで、収録をしているようだ……」
P「(見学をしていく)」
ほたる「本日の出演者の白菊です……。みなさん、よろしくお願いします……。」

………………いつまで経っても収録が始まらない……

ディレクター「おい?どういうことだよ!」
スタッフ「それが、今回の主役の子がドタキャンしたみたいで……。」
ディレクター「はぁ?じゃあ、あの辛気くさいバーターだけで番組やれってか?無理だよ無理!今日はもうバラして!おーい、そこの……アンタ!今日はもう帰っていいよ!」
ほたる「……えっ。わ、私ですか?」
ディレクター「そう!お疲れさん!おいAD!番組のPとクソ事務所のP呼んで!会議するぞ!」
ほたる「あの……すみませんでした。」

***

ほたる「ぐすっ……。」
P「どうしたの?」
ほたる「……ちょっとだけ、つらいことがあって。」
P「収録のこと?」
ほたる「どうして、それを……?」
芸能プロダクションのプロデューサーであること、収録現場にいたことを伝えた……
ほたる「そうだったんですか……。でも、違うんです。つらいのは、収録のことじゃなくて。私、アイドルじゃなくなっちゃいました。」
P「どうして?」
ほたる「実は、暗い話で申し訳ないのですが……。今まで私が所属したプロダクション、全部倒産してるんです。前のも、その前のも……。
今回のプロダクションでは、お仕事をもらえて……。売れっ子さんのバーターでの出演でしたけど、それでもいけるかなって思ったんですけど……やっぱりダメで。
その人は、私なんかと組みたくなかったらしくて……。プロダクションの人からは、大きな仕事がなくなったのは私のせいだって言われて……。
いつもそうなんです。事故とか、アクシデントが、私のせいでたくさん起きて……。私なんかがアイドル目指したら、ダメだったんですね。」
P「ダメじゃない」
ほたる「ダメですよ……。私は人を不幸にしちゃうんです。呪われてるんです。そんな人は、アイドルにはなれないんです。きっと。」
P「アイドルになりたくない?」
ほたる「そんな……スカウトですか?私はもうアイドルにはなれません!私は疫病神なんです。関わったら、あなたも、あなたのプロダクションも不幸になるかもしれないんですよ。」
P「幸せになりたくない?」
ほたる「幸せに……。アイドルの、私に……。」
P「なろう」
ほたる「ぐすっ……。な、なりたい……です……!」


・開運グッズなどを見つけるとついつい手にとってしまう。また、幸福のシンボルであるウサギも好きな模様
(デレマス「[一輪の幸せ]白菊ほたる(特訓前)」ガチャ、「[小さなひかり]白菊ほたる(特訓前)」マイスタジオ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

ほたる「幸運のお守りとかに弱くて…つい…。でも、一番幸せを運んでくれるのは…きっとプロデューサーさんです…」

ほたる「牧場にウサギさんはいるかな…? ウサギは、幸運のシンボルなんです」

ほたる「趣味、ですか…。ええと、色々なお守りを集めてます。少しでも運が良くなればいいなって…」

デレステ「[一輪の幸せ]白菊ほたる」特訓エピソードによるとせっかく買ったお守りやお札は紛失などでダメになる事が多く、なかなかご利益を感じられないらしい。

ほたる「もう、お仕事の時間……。楽しい時間ってあっという間なんですね。お土産屋さんが楽しくて、つい……。お守りやお札って、買っても、いつの間にかなくなってたり、汚れちゃったりして、なかなかご利益って得られないんです……。
でも、このお守りは違います。肌身離さず持ち歩いて、特別大事にします。ひもが切れないように、二重、いえ、三重にして。プロデューサーさんが選んでくれたものだからっていうのもありますけど……楽しかった今日の、思い出の品でもありますから。
私、プロデューサーさんや事務所のみんなといると、楽しくて……ファンの人に笑ってもらえると、また楽しくて。そういうとき、幸せを感じられるんです。私が不幸なのは、今感じている幸せにちゃんと気づけるようになるため……
だったのかな……?そう思ったら、今までの私の経験も悪いことばかりじゃないのかなって、
認めてあげられるようになったんです。でもまだ、今日は終わりませんよ。お祭りの最後まで幸せな気分でいられるように、笑顔で見守っていてくださいね。」


・線香花火をしてもすぐ落下してしまう
(デレマス「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」浅草寺で花火 ノーマルコミュ)

ほたる「花火といえば…プロデューサーさんにはどんな思い出がありますか? 私はですね…」
パーフェクト⇒…ほたる「プロデューサーさんと見た今日の花火が人生で一番の思い出です…」
グッド⇒ほたる「線香花火、好きです。でも自分でやるとすぐ落ちるから、誰かがやるのを見るのが好きです」
ノーマル⇒ほたる「思い出あまりないかもしれません…。だから、これから花火の思い出を増やしていきたいです」


・前の事務所に所属していた時は怒られる事が多く、それが原因で少し怖がりになってしまった
(デレマス「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」浅草寺で花火 スペシャルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、テクニカルレッスン Vo)

ほたる「私、前の事務所で怒られることが多かったんです。それで…少し怖がりになっちゃって」
パーフェクト⇒「プロデューサーさんになら怒られても平気です…優しい人って、分かってますから…」
グッド⇒「けど、言うことはちゃんと聞かなきゃって思ってます。逃げたくは…ないですから」
ノーマル⇒「だから…大きな音も苦手なんですよね…。花火を近くで見たら…音に驚くかも…」

ほたる「急に大声を出されるのは…怖いから苦手、です…。あ…あの…小心者で、すみません…」

ほたる「歌は…好きなのですが…大きい音が苦手で…。少し緊張しちゃいます…すみません…」


・あまり器用な方ではない
(デレマス「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」浴衣で撮影 ノーマルコミュ)

ほたる「私、そんなに器用じゃなくて…。自分はできないんだって思うと、どんどん悪く考えちゃって…」
パーフェクト⇒「プロデューサーさんは不器用な私でも受け入れてくれるから…安心して頑張れます!」
グッド⇒「だから今日は、あまり考えないようにしようと思うんです。がんばるから見ててください!」
ノーマル⇒「それで前の事務所だと、ずっと落ち込んでいて…それでどんどん暗く…」


・前に所属していた事務所の仲間は現在どこに居るのか分からないとの事
(デレマス「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」浴衣で撮影 ノーマルコミュ)

ほたる「去年の夏は、前の事務所の方々といました。でも今はどこにいるのかわからなくて…」
パーフェクト⇒ほたる「ただ一緒にいられるのでも、奇跡ですよね。でも私、プロデューサーさんとならずっと…」
グッド⇒ほたる「きっとどこかで元気にやってますよね…。私でも…こんないい人に拾われたんですから」
ノーマル⇒ほたる「え、夜空を指差されても、こ、困ります…。知り合い、お星様にはなっていませんし…」


・ほたるの家族は娘の事をかなり心配しており、当初はアイドルをやることに反対していた
(デレマス「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」エンドレスプロデュース ノーマルコミュ)

ほたる「私の家族、最初はアイドルやるのに反対だったんです…。すごく心配だったらしくて…」
パーフェクト⇒「プロデューサーさんがいる今なら、家族も安心です。笑顔を見せられます」
グッド⇒「でも最近は「TVで見たよ」ってメールくれたりするんです。やめないで…よかったな…」
ノーマル⇒「…それはそうですよね。オーディションなんか全然受かりませんし、私の不運は知ってたから」


※デレマス『「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10』でのセリフによると、表情が暗く、第一印象が良くないのが落ちてきた原因らしい。

ほたる「オーディションって、苦手なんです…。表情が暗いから…、第一印象がよくないみたいで…」


・スチールモデルの経験がある
(デレマス「アイドルチャレンジ 目指せきらきらモデル」お仕事)

ほたる「スチールモデルの経験はあって…前の…前の…いつだったか」


・現在は自身の不幸話をネタに出来るほどに成長している
(デレマス「[たいせつな言葉]白菊ほたる+」仕事終了時)

ほたる「私も不幸話しましょうか?いいんです、みんな笑ってください」


・早起きして人気のない公園を散歩したり、平日の美術館を訪れる事が好き
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

ほたる「早起きして、人気のない公園を散歩するのが好きです…。あとは…平日の美術館とか…」


「周りに人が少ない場所で過ごせば他人を不幸に巻き込まない」というのもあるのかなと思ったり。

・ダンスが苦手。それ以前にこれまでダンスレッスンの機会がなかった
(デレマス「ぷちデレラ 」テクニカルレッスン Da、ぷちTOP Lv21~30)

ほたる「ダンスは苦手…というより、レッスンの機会がなかったんです。だから、基礎から…おねがいします」

※ただしぷちTOPやDaレッスンエピソード2によると一番好きなのはダンスレッスンらしい。
ほたる「一番好きなのは、ダンスのレッスンです…意外ですか? 体を動かすのは…気持ちがいいです…」

ほたる「お疲れさまです…!あの……ダンスって、こんなに楽しかったんですね。プロデューサーさんのおかげで、改めて気づかされました。ダンスは…昔から好きだったんですが、事務所の倒産や移籍に追われて、こんなに集中してレッスンしたことがなかったので……。ずっと同じ事務所で仕事ができて、一緒に頑張る仲間やプロデューサーさんがいる…。当たり前のことが、私にはとっても幸せで…。この幸せがずっと続くように……日々感謝しないとですね。特にプロデューサーさんには……本当に感謝しきれないくらい…!私、世界一のダンスを踊れるようになって……この恩、必ず返しますから!これからも私のこと…どうかよろしくお願いします!」

また、ボード7(Da)開放後のプチコメントではジャズとか日本舞踊にも興味を持ち始めていることが判明する。

ほたる「もっとアイドルとしての幅を広げるために、ジャズとか日本舞踊とか…色々習ってみたいな…」


・アイドルに憧れるようになったのはTVで見たとあるアイドルがきっかけ
(デレマス「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」浅草寺で花火 ノーマルコミュ、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

ほたる「暗かった自分に希望をくれたのは…TVで見たアイドルだったんです。それで私も憧れるように…」
パーフェクト⇒ほたる「プロデューサーさんと会って、初めて願いが叶いそうな気がしました…」
グッド⇒ほたる「そう、あの花火みたいにまぶしく見えたんです…。今はまだ遠いですけど、でもいつか…」
ノーマル⇒ほたる「…だからって、同じようになれるわけじゃないですけど。元が私ですから…」」

ほたる「小さい頃に見たアイドルはキラキラ輝いてて…私もああなりたい、だなんて…過ぎた望みですね」


より詳しい理由は後述のぷちデレラステップアップエピソード2で語られている。

・自身の不幸体質に他人を巻き込んでしまう事が最も辛いため、子供の頃から自然に他人と距離を置くようになっていた
(デレマス「ぷちデレラ」ステップアップエピソード2)

※アイドルを目指した理由も語られる重要エピソード。

ほたる「私……自分の不幸に誰かを巻き込むことが、一番つらいんです……。だから……子供の頃も、自然と他人と距離をとっていて…。そんなある日、テレビでアイドルを見ました。彼女は本当に楽しそうで……見ている私まで、幸せな気分にしてくれたんです…。不幸を振りまく私と、幸せを振りまくアイドル……私と正反対…。だからこそ、アイドルにはずっと憧れたんです。とても、とっても…。
それが、私がアイドルを目指した理由です。色々あって、挫けそうでしたけど…プロデューサーさんに会えて、またその夢を追えます。あの日見たアイドルのように、いつか私もみんなに幸せを届けたい……。そのためなら私……どんな不幸にだって…負けません!」


眉毛がやや薄い
(デレマス)

薄い眉毛がチャーミング
ほたるの特徴的な薄眉毛はデレステでも忠実に再現

シンデレラガールズ劇場ほたる
その一方でシンデレラガールズ劇場でのほたるは眉毛が普通に描かれてたり

・初期はPの事を「○○プロデューサー」と呼んでいたが、現在は「○○さん」と呼び方が変化している
(デレマス「[ヴォヤージュ・ブレイバー]白菊ほたる」以降)

・私服の色が黒基調なのは、明るい色を自分が着るのはおこがましいと思っているため
(デレステ「白菊ほたる【R】ホーム」)

ほたる「私服は…私が明るい色なんておこがましくて…黒が多いです…はい」


明るい色の服を着るようになったほたるちゃん
しかし性格が明るくなるにつれて私服も明るい色のものを着るようになってきている

・道を歩けば植木鉢が降ってくる
(デレステ「白菊ほたる【R+】ホーム」)

ほたる「…何かします?道を歩けば…植木鉢くらいは降ってくると思いますけど」

※ちなみにデレステ「[ヴォヤージュ・ブレイバー]白菊ほたる」のルームタップ時セリフにはこんなのが。

ほたる「いつも鎧を着て出かけたら、突然何か落ちて来ても安心ですね」


・昔は髪を伸ばしていたこともあったが切ってしまった
(デレステ「白菊ほたる【R】ルーム」)

※事故を起こす原因にならないよう自分から切ってしまったのだろう。
ほたる「髪…伸ばしたこともあったんですけど切りました。危ないので…」


・肩こりというわけではないがいつも肩が重い
(デレステ「白菊ほたる【R+】ルーム」)

ほたる「どうしてここに来ると…肩が軽くなるんでしょう?」

※こちらはタップ時のみ。

ほたる「あ…肩のへんが重いのはいつもなので…肩こりとは違うと思いますが…」


・携帯には不幸のメールばかりが届く
(デレステ「白菊ほたる【R】ルームタップ時」)

ほたる「あ、携帯が鳴って…不幸のメールばかり来るんですよ、私」


・前事務所ではろくに衣装も着せてもらえなかった
(デレステ「白菊ほたる【R+】」ホームタップ時)

ほたる「素敵な衣装…こんなの初めて…。今までの事務所は、私服と変わらなくて」


・ほぼ毎朝犬に吠えられているらしい
(デレステ「ホーム・ルーム共通セリフ」朝専用。10時頃まで)

ほたる「おはようございます。今朝は犬に吠えられなかったです…」


・暗めな役柄の演技が得意
(デレマス「シンデレラガールズ劇場280話」、「ぷちデレラ」テクニカルレッスン Vi Lv1~10、Viレッスンエピソード2)

シンデレラガールズ劇場280話
他のアイドル達が闇の姿の演技に苦労している一方で、ほたるは光の姿の演技を苦手としていた

ほたる「喜怒哀楽…どれも演技には大切な感情表現ですね。「哀」は得意なんですが…それ以外は…」

ほたる「プロデューサーさん、人生に無駄な経験なんてないって言いますけど……本当なんですね。私、今日のレッスンでそれを実感したんです。トレーナーさんに、演技が上手くなったって褒められて…。特に悲劇のヒロインの役をやらせたら、右に出る者はいないって…!悲劇のヒロインは…感情移入もしやすくて、つい熱が…。今までの不幸な体験が、こんなときに役に立ったのかな……ふふっ。それに最近…運が悪くて落ち込むことが減りました…。だって、私……ちゃんと大好きなアイドル、続けていられてるから……。今の事務所は、仲間がいて、頼れるプロデューサーさんがいて……。もしかして私…今までの人生で一番、幸せなのかもしれません!」


・静かな場所に居ると落ち着くとのこと。「ひっそりと片隅にいるタイプ」とよく言われている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30)

ほたる「静かな場所にいると…落ち着きます。不幸なこととか、考えなくてすみますから…」

ほたる「ひっそりと片隅にいるタイプってよく言われます。でも、隅っこも悪くはないと思うんです…」


・ラッキーなことが続くと逆に落ち着かなくなる
(シンデレラガールズ劇場第571話、デレマス「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」浴衣で撮影 プロデュース)

劇場第571話

ほたる「楽しいと…怖いんです。…いいんでしょうか」


・月見草にシンパシーを感じている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~30、デレマス「アイドルプロデュース 夜空に咲く花火編」浴衣で撮影 ノーマルコミュ)

ほたる「月見草って…知っていますか? 夜にひっそり咲いている姿が…なんだか、自分に重なるんです…」

ほたる「月見草って花が…あるんですって。他の花とちがって、夜にこっそり咲く小さな花だって…」
パーフェクト⇒ほたる「でも、プロデューサーさんは月見草のよさに気付く人だから…私はそれだけで…」
グッド⇒ほたる「日菜子さんや紗枝さんは、お昼に咲く明るい花って感じですよね。私もあんな風になりたいな」
ノーマル⇒ほたる「まるで私みたいですね…。それでも咲けただけいいかも…。たとえ見てもらえなくたって…」


・おみくじを引くと基本的に凶と大凶しか出ない
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~30)

ほたる「この間、おみくじ引いて…末吉でした。凶と大凶以外を引いたのは初めて…嬉しいです… 」


・フリルやレースのついた可愛い衣装が好き
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちプロフ、ぷちTOP Lv11~30)

白菊ほたる「フリルとかレースとか、可愛いなって思うんですけど…あの、似合いませんよね。すみません…」

ほたる「衣装が可愛いと、心のモヤも少しとれるんです。肌をたくさん見せるのは恥ずかしいけど…」


・かるたの腕には少し自信がある
(デレマス「新春あけおめ振袖」思い出エピソード後半)

フレデリカ「ん……んん~、お雑煮がデリシャ~ス。味見のつもりが止まらないよ~♪」
雪美「フレデリカ…お雑煮…先に…食べてる…」
フレデリカ「味見だよ、ア・ジ・ミ♪フランス語で、ツマミィグィって言うんだよ☆」
藍子「日本語だと思いますけど…うふっ、フレデリカちゃんは食いしんぼさんですね♪
ほたる「あの…藍子さんが作った…そのお正月の飾り、とっても可愛いですね。」
藍子「そう言ってもらえると、嬉しいです♪」
フレデリカ「ワオ!藍子ちゃんめっちゃ手先器用じゃん!アタシそういうの無理な人~。」
雪美「そう言えば……ほたる……書き初め…してたの…?」
ほたる「は、はい。やっぱり、お正月は書き初めかなって思って…。今年の抱負を書いてみました。」
藍子「『笑顔』…いい抱負ですね♪私もあとで書き初めしようかな。私の今年の抱負は…、うーん『みんな元気』…かな。」
フレデリカ「おーアタシたちの元気を祈るとは、さすが藍子ちゃん。そんじゃアタシの抱負は『みんなと楽しく』ー♪もう楽しんでるから達成ー♪」
雪美「……それじゃ……私も……書くね……。私は……『ペロとみんなといっしょ』……って……」
フレデリカ「そんじゃ、新年の抱負も決まったし、お餅をしるぶぷれ♪砂糖に醤油、きなこもあるよー!食べちゃえ食べちゃえ~♪」
藍子「は~い、いただきます♪美味しいお料理があって、みんながいて…いいお正月ですね。」
フレデリカ「そうそう。こんな風に、みんなで一緒にのんびりするのが一番♪ゆったりとすごそー。」
雪美「お餅…おなかいっぱい……食べる……そしたら……かるたで……遊ぼう…私……強いよ……ふふっ……」
ほたる「私も…、かるたなら…ちょっとだけ、自信があります。かるたは、運は関係ないですからね…。」
藍子「そう言えば、プロデューサーさんも、すぐ来るみたいですから、来たら一緒に遊びましょう♪」
フレデリカ「そんじゃ、プロデューサーが来たら、みんなでお雑煮食べながら、かるた大会をいってみよう~!」
藍子「ふふっ、賑やかなお正月になりそうですね。みんなでお正月を満喫しましょう♪」
ほたる「はい。えへっ、なんだか…こうしていると、今年は、いい年になりそうな気がしますね。きっと…。」


・折りたたみ傘を持っているといつも快晴らしい
(デレステ「白菊ほたるのウワサ」)
 
関連記事