ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

14 2016

前川みく 設定メモ

ムーンナイトキャット前川みく[プロフィール]
身長:152cm
体重:45kg
血液型:B
年齢:15歳
誕生日:2月22日
利き手:右
スリーサイズ:85/55/81
星座:魚座
出身地:大阪
趣味:猫カフェ巡り

・元々は別のアイドル事務所に所属していたがなかなか芽が出ず、Pの評判を聞きつけてなかば押しかける形で現在の事務所に移籍してきた
(デレステ「前川みくのメモリアル1」)

(事情を尋ねられて)
みく「あ、うん、理由を知りたい?まぁ、当然だよね……。
え~とね、みくはいま、別の事務所にいるの。なんだけど……ゼンっゼン芽が出ないのにゃ!
それもこれもプロデュース方針の問題で……。みく、キャラは立ってるし、お仕事はマジメだし、大事にしてもらえれば、できる子なのに……。
いまの事務所ったら、ねこはもう古いなんて言い出して!これからはキリンアイドルだって!キリンて!にゃんでやねん!
あ……ともかく、キリンはどうでもいいにゃ。ゴ、ゴホン!今日はそんなことを話しに来たわけじゃなくって!
この事務所ってまだまだできたばっかりなんでしょ~?みく、これでも一応実績はあるんだモン!
担当アイドルにしたら、即戦力まちがいなしだよ~!」


ただし、デレマスの方ではLIVEバトルに負けた後、プレイヤーの事務所にそのまま転がり込んできたという設定。

※デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary」より
みく「Pチャンと会ってから、どのくらい経ったかにゃ?みくとの最初の出会い、おぼえてる?
そう!みくは、Pチャンのライバルだったにゃ。負けたけど、仲間になれてよかったにゃ♪」


・猫キャラだが魚が苦手で肉類を好み、大好物はハンバーグ。ただ猫舌ではある
(デレマス「前川みく+ あいさつ」「[セクシーキャット]前川みく ガチャ所属時コメント」「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary エンドレスプロデュース」など)

・私生活では真面目な学生で、普段は猫語を封印している。しかし油断すると猫語が出ることも
(デレマス「[マジメ/ネコチャン]前川みく」、など)

Screenshot_2016-04-14-21-41-06.png

みく「……フンフン。他動詞と自動詞……なんなのこれ。違いが分かん……ない……。
目的語があって……補語が……あうっ……あ、す、すみません……。
……はぁ……みくは立ってただけなのに。駅は人も多いし、仕方ないか……。
……はぁ……文法は苦手だに……だな。今度ちゃんと勉強し直そう……。やっぱり通学中は単語を覚えるのが一番かも……。」


眼鏡をかけていたりもするのだが、視力に関する公式描写は2016年4月現在特に無し。
アニメ11話を見る限りオフの時は眼鏡……というわけでは必ずしもないようで、普段はコンタクトを入れているのか伊達なのかはっきりしない。
かけないよりはあったほうが良いぐらいの視力なんだろうか。

・身体がかなり柔らかい
(デレマス「ぷちエピソード3」)

みく「にゃはは♪みくの隠れた特技!身体がねこチャンばりに柔らかいのにゃ~♪どう?びっくりしたー?
これは生まれ持ってなの!別にお酢を飲んだりはしてないからね!変な噂とか、流したらダメだにゃ!
この身体の柔らかさがダンスに役立つとは、なかなか意外だったけど、これもアイドルの資質ってことかにゃあ~♪
体力も人並みにあるし!みくって意外とダンス向きなのかも?ふふ~ん、いい気分になってきたにゃあ~♪
そうだPチャン!みくにいい考えがあるにゃ。名づけて、にゃんにゃんダンスってどう?盛り上がること間違いなしでしょ~♪」


・みくが猫語を話すのは、幼い頃は猫の気持ちを知る事ができた、その時の気持ちを忘れないようにするため
(デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary 市内散策」、デレステ「ストーリーコミュ第6話」)

※デレマス「アイドルプロデュース the 2nd Anniversary 市内散策」より
みく「 にゃふふ~、とっておきの秘話を教えてあげるにゃ♪みくの猫語の秘密…♪
みくは子供の頃、猫チャンの気持ちが分かったの。…ホントだモン!その気持ち、忘れないように♪」

※デレステ「ストーリーコミュ第6話」より
みく「Pチャン、みく、わかったにゃ。
みくは、猫チャンが大好き。小さいころに、猫チャンとお話できたの、今でも覚えてるよ。
それを思うと、ねこみみはみくにチカラをくれるにゃ。大好きな猫チャンのパワーと、Pチャンのプロデュースで、前川みくはアイドルみくにゃんに変われるの!」


・私物のねこしっぽはけっこう高い代物らしい
(デレステ「前川みくのメモリアル2」)

・最初の頃は正統派アイドルとしてデビューしようとしていたが、周囲には自分くらいの可愛い子はいくらでも居るという事に気づいたため、猫キャラ系アイドルという道を極めることを決意した
(デレステ「前川みくのメモリアル3」)

・エビフライもあまり好きではない。生臭さのある海鮮類がそもそも苦手
(デレステ「イベントコミュ アタシポンコツアンドロイド第3話」)

杏「まぁまぁ、つけあわせのエビフライあげるからさー。」
みく「みく、エビフライもあんまり好きじゃないし……。」
杏「えっ、そうなの?もー、めんどくさいなー……。」
美穂「みくちゃん、魚介類は全部ダメなの?」
みく「んー、生臭いのは、ちょっと……。火が通ってれば、少しは食べられるけど……。」
杏「ふーん……。」
みく「は!?でも、たこ焼きのタコは大丈夫だよ!ふふーん!」
杏「そんなドヤ顔されても……。」
みく「いいでしょー!?こっちにとっては大問題なんだから~!!」


申し訳程度の関西人要素。

・寮の自室のフォトボードに家族写真を貼っている
(デレアニ第11話)

・目玉焼きはソース派
(デレアニ第11話)

前川みく両親
両親のビジュアルはアニメで初めて描かれた

・ネコ耳のスペアを自分のカバンに大量に忍ばせている
(漫画「NEW GENERATIONS」)

ネコ耳スペア

・自室のネコ耳クローゼットには子どもの頃に撮った猫との写真がおいてあるらしい
(デレステ「前川みくのウワサ」)

・猫の毛を取るためのブラシを持ち歩いているらしい
(デレステ「前川みくのウワサ②」)
関連記事