ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

02 2016

アンディ・ディグル&ジョック他/グリーンアロー:イヤーワン

グリーンアローイヤーワン表紙

「わたしたちにとって、あなたはヒーローよ。
 侵略者に抵抗して、
 奴らの飛行機を棒切れとオウムの羽根で撃ち落としたんですもの。
 さっきの言葉の意味は…“緑の矢”グリーンアロー

「タイアナ…俺はヒーローなんかじゃない。
 実際のとこ、まるで正反対の男さ。
 人生を通じて、自分のことしか考えてこなかった。
 他人なんて、どうでもよかったんだ。
 あんたにここまでしてもらう価値だって、あるかどうか…」

「人は変われるわ。さよなら、オリバー・ク…」


エメラルドの射手グリーンアローの原点に迫る一冊――

オリバー・クイーンは軽薄なプレイボーイだった。彼にとってはすべてが……自分自身のことですら……どうでもよかった。
しかし、信じる人に裏切られ、絶海の孤島に置き去りにされた時、彼の頭に浮かんだのはたった一つ……正義だった。手製の弓矢だけを頼りに、密林のなか生き残りをかけて苦闘するクイーンは、やがて彼をいまの境遇に追い込んだ、恐ろしいドラッグ商人と対決することになる。
近年注目度が上昇中の《グリーンアロー》。その決定的なオリジンとなる伝説の傑作コミックが満を持して登場!


◆収録作品

2007年09月:Green Arrow: Year One #1
2007年09月:Green Arrow: Year One #2
2007年10月:Green Arrow: Year One #3
2007年10月:Green Arrow: Year One #4
2007年11月:Green Arrow: Year One #5
2007年11月:Green Arrow: Year One #6


◆Isolated. Beaten. Hungry. Vengeful.
現在シーズン4まで製作されている、DCコミックスの『グリーンアロー』を原作としたドラマ『アロー』
このドラマが日本でも放送され、今現在もグリーンアローの知名度がじわじわと上昇中であることを受けてか、小プロからついに『グリーンアロー』が主役の邦訳本が刊行!
顔が広いメジャーなキャラなんで過去の邦訳(グリーンランタン関連とかニュー52ジャスティス・リーグの邦訳とか)でもちょくちょく活躍は拝めたのですが、グリーンアローの個人誌の邦訳は今回が初。

本作『グリーンアロー:イヤーワン』はタイトルの通リ、グリーンアローというヒーローが生まれるそのオリジンを描いた一作。
グリーンアローはスーパーパワーこそ持たないが、卓越した弓術を持つ常人のヒーロー。
彼のオリジンを現代的に再構成したというのもあり、爽快なエンタメ性とエグみのあるリアリズムが同居した作品に仕上がっています。

序盤は心に虚しさを抱えたスリル中毒の若き富豪、オリバー・クイーンの軽薄なプレイボーイっぷりをそれはもう腹立つくらいに描写。
その姿たるや、とても後に正義のヒーローに目覚めるとは思えないくらいにだらしない。

軽薄すぎるプレイボーイ

チャリティ・オークションで憧れのハワード・ヒルの弓を10万ドルという大金で一発で競り落とし、酒でベロンベロンに酔った状態で壇上に上がり、参加者を煽りに煽った挙句すっ転んでゲロをぶちまけるという始末。
努力という努力をせず、何でも金で解決してしまうため、いい年でありながら自分勝手な子供のような性格なのがこの頃のオリバー・クイーン。

しかし、そんなオリバーが信頼していたボディーガードであり友人でもあるハケットの裏切りに遭い、絶海の孤島に漂着してしまう羽目になってしまいます。
かろうじて生きていたオリバーはハケットへの復讐を胸に誓い、ボーイスカウトの経験と自らの弓術をフルに活かして何ヶ月もの間孤島でのサバイバル生活を続けるのですが、そのサバイバル生活の中でこの島の大きな秘密を知り、やがて強大な力を持つドラッグ商人と対決する事に……

プレイボーイは狩人に

序盤は見るからにろくでなしだったオリバーが、泥にまみれたサバイバル生活と島で出会ったタイアナという女性との交流を通して少しづつ正義の心に目覚めていき、『グリーンアロー』というヒーローが形成されていくその描写が実にカッコいい。

◆感想
持たざる者たちのために全てを投げ打つヒーローであるロビン・フッドに憧れる青年、オリバー・クイーンが如何にして現代のロビン・フッド『グリーンアロー』となったのかが丁寧に描かれていた一作!
ニュー52版のグリーンアローはヒゲもなくなり、大きく若返りハイテク会社“Qコア”の社長というまたも印象を変えたキャラに様変わりしておりますが、本作のリランチ前のグリーンアローもやっぱり魅力的なヒーローだなぁと感じます。

付属の解説ペーパーではグリーンアローの設定の変遷、そしてドラマ『アロー』から形成された独自のユニバース『アローバース』に関する説明があるので、グリーンアローというヒーローを知ることができる、まさに入門書的な一冊でした。
というかほんとにコロコロ設定が変わってるキャラなんでビックリする。最初期、40年代の頃なんて資産家じゃなくて考古学者という設定だったらしいっすよ。

考古学者オリバー・クイーン
考古学者オリバー・クイーン

関連記事

0 Comments

Leave a comment