ツルゴアXXX

ひっそりと運営しているチラシの裏ブログ。

25 2020

トレマーズ

トレマーズ予告編トレマーズ
【原題】Tremors 1990年【米】


ある日、突然、ネバダ州の地下で騒動が起こり始めた。地震計の針が振りきれるほどの地中の揺れを、その時、地上の人々は知るよしもなかった。だが、若き女性が設置した地震計は、確実に地下での異常事態を警告。たえず移動する震源が地表へと近づいた時、地上でも次々と異変が起こりだした。1人また1人と姿を消す人々。気がつくと、砂漠の中の小さな街は、外界から完全に隔離されたエリアとなっていた。その時を待っていたかのように、謎の恐怖は激しく動き出した。地中を自在に移動する謎の恐怖の実態を知った時、街の人々は驚きのあまり、その場に立ち尽くした。だが、刻一刻と恐怖は住民に近づき、襲い始めた。
今まで知ることのなかった未曾有の恐怖。人々は想像を絶する現実に震えながらも、果敢に恐怖へと立ち向かっていった。だが、その戦いは暗い孤独と、限りない絶望をつれた挑戦でもあった。

***


ロン・アンダーウッド監督によるモンスターパニック映画であり、田舎町に突如現れた蛇のような怪物への恐怖に苦しめられつつも、勇気を振り絞り果敢に立ち向かっていく村人たちの戦いを描くという、アクション要素も強めな一作。
モンスターパニックなB級映画で低予算気味とはいっても娯楽作品としてはかなり高水準なデキなのが特徴で、無駄な会話パートは可能な限り省き、かつ戦闘シーンに多大な尺を割いているという、単純明快な脚本にして爽快感をとにかく優先した作りが楽しい。
怪物もCGでは無く人形によって作られているのですが、それが今見るとより生物感が強まっていて堪らない。地中を潜って人を襲うシーンとかでも、カメラワークで誤魔化さずはっきりその姿をじゃんじゃん映し出していくスタイルなのも嬉しい。

怪物はそれなりに頭もよく、また車でさえも容赦なく飲み込んでいくとんでもねえハイスペックっぷりなのですが、「音に反応して襲い掛かってくる」「高い場所には登っていけない」という特徴が与えられていて、その事実に気付いた村人たちが知恵を振り絞りながらあの手この手で怪物との肉弾戦と頭脳戦を繰り広げていきます。
パニック映画にありがちな「必要以上に頭が回らない人物が足を引っ張る」ような展開もほぼなく、みんながみんな協力して持てる限りの知恵と武器を用いて戦っているのが見ていてストレスフリーだったりもする。
ガンマニアであるバート夫妻なんかやたら戦闘スキルが高く、ガチで爆弾を自作したりもしてて頼りがいがありすぎる。

テンポ良く話が運び、数多い登場人物の掛け合いも軽妙で、モンスターパニック映画の教科書ともいえる一作でした。超オススメ!
ちなみにここからは完全に余談なのですが、主役を演じたケヴィン・ベーコンが久々の主演となるテレビ版の新作シリーズが予定されていたりもしたのですがボツに。
しかしその後、何故かその予告編が流出するという出来事があったりしました。
【Tremors : ケヴィン・ベーコンが約28年ぶりにモンスター退治に乗り出すも、シリーズ化が見送りになった幻の新しいテレビ版「トレマーズ」のパイロット版の予告編 ! ! - CIA Movie News】

22 2020

名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウ予告編名探偵ピカチュウ
【原題】Pokemon: Detective Pikachu 2019年【米・日】


かつてポケモンのことが大好きな少年だったティムは、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった──」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウだった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。「ハリーはまだ生きている」。ハリーは何故、姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは? ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう!

***

任天堂から発売された同名のアドベンチャーゲーム『名探偵ピカチュウ』を原作とした、ロブ・レターマン監督によるアクション/ミステリー映画。とはいえキャラ設定や世界観はゲームに近いものの、本筋以外のストーリー展開には改変が多めな模様。
ポケモン初のハリウッド進出作品であり、しかもアニメ映画ではなく実写映画として作られているのが大きな特徴です。

そのポケモンの馴染みっぷりたるや、人間とポケモンが共存している現実世界を見事に演出しています。馴染みすぎてる一方でポケモンの造形も結構リアル寄りになっていて、例えばバリヤードとかエイパム、リザードンなど一部のポケモンは皮膚の質感やら何やらの『生物感』も強く、ぶっちゃけていうと軽く気持ち悪いくらいだったりする。見続けてる内に見慣れて可愛さの方が勝ってきますが!でも凶暴化したエイパムたちが一斉に襲いかかる場面はやっぱ怖いし、ゲッコウガの登場シーンもどこかホラーテイストだったりする。本作、モンスターパニック映画の雰囲気がちょくちょく出てくる。

主人公の相棒となるピカチュウは原作同様の愛嬌と独自のモフモフ感が強調されており、その一方でジョークを介したりコーヒージャンキー気味だったりする「おっさん」なキャラクター性とのギャップが堪らない。
ちなみに、初期案の時点ではピカチュウも、本作での設定に合わせた「おっさん気味」なキャラクター性に合わせた造形だったらしく、煮詰めていった末に現在のデザインに落ち着いていったとか。
【映画「名探偵ピカチュウ」のコンセプトアーティストが、複数の初期デザインを公開。最初はもう少しオッサン寄りだった】

「洋画のノリにポケモンが混ざってくる」という一見キワモノっぽい画作りと話作りが存外面白いハマり方をしており、これが観ているとなかなかに楽しい。
実を言うと僕、ポケットモンスターは「ルビー&サファイア」までしかプレイしてないのですが、要求されるポケモン知識自体も多くなく、極端な話初代の知識さえあれば充分楽しめる作品に仕上がっていたと思います。(ミュウツー周りの描写は映画「ミュウツーの逆襲」を観ていたほうがニヤリとできる作りですが)
『名探偵ピカチュウ』というタイトルに反してミステリー要素はかなり薄めでそこまで凝った伏線があるわけでもなく、実際はアクション要素8割ってぐらいの内容でしたけどね!
【『名探偵ピカチュウ』全編がネット流出、ライアン・レイノルズと米公式も即反応】
【『名探偵ピカチュウ』徹底解説 ─ 出演者、吹替声優から小ネタ、評価まで完全ガイド】
【『名探偵ピカチュウ』バリヤードのシーン、カットされる可能性あった ─ 超困難な映像化のウラ側、パントマイム芸人も参加していた】