ツルゴアXXX

ARCHIVE PAGE

archive: 2012年11月  1/1

アイドルマスターDSコミカライズ作品紹介

  こないだアイドルマスターDSのコミカライズを全巻纏めて購入しちゃいました。原作ゲームと同じように要所要所で他主人公のストーリーとクロスするものの、基本的にはどれも独立した作品として楽しめます。どの作品も原作のアイドルマスターDSがほぼノベルゲー状態で独自展開が描きにくそうなのにもかかわらず、良質なコミカライズになっていたので全作纏めて紹介しようと思います。■アイドルマスターSplash Red forディアリ...

  •  2
  •  0

レジス・ロワゼル&セルジュ・ル・タンドル/時の鳥を求めて

「ブラゴンよ… せ…聖なる根が未来を語った…  か…影がアクバルに近づいとる!」「か…影と戦うんじゃ! そいつはアクバルの月が地の赤色に染まるとき、滅びるであろう…」「じゃが… じゃが、その日、おまえは狂気を目の当たりにし、死を願うであろう!」「そう… し…死を…」呪われた神ラモールの復活を目前に控えアクバルの地に緊張が走る。魔術女王マラはいにしえの神々の魔術書をひもとき、再びラモールを封印する魔法を発見し...

  •  0
  •  0

みんな3DSのフォルダ名はなんて名称にしているんだろう

>>記事タイトル下画面には一文字しか表示されないため、パッと見で判別するにはかなり工夫が必要な気がするんですが。フォルダに一文字だけ表示されているのはなんともシュール一応こんな感じに振り分けています。「フ」→「ファミコン」「g」→「gb(ゲームボーイ)」「G」→「GBA(ゲームボーイアドバンス)」「体」→「体験版」「ダ」→「ダウンロードソフト」フォルダ名そのものは上画面に表示されるので問題ないっちゃあ問...

  •  4
  •  0

デビッド・ラッファン&トニー・ハリス他/スパイダーマン:ウィズ・グレート・パワー

“そう、キミはAMAZING SPIDER-MAN”“キミはスターだ!”“金、名声、パワー、全て手に入れた”“女の子も”“どんなコだってよりどりみどり”“最高の人生だ”大いなる力には…その続きは何だ?何か文句でもあるのか?自分が手にした力を満喫して何が悪いんだ?その時の彼なら、きっとこう言っただろう。クモの力を手にした“直後”のスパイダーマンならば……。スタン・リーとスティーブ・ディッコが生み出した齲蝕のヒーローは、半世紀の時を経...

  •  0
  •  0

イアン・エジントン&デイビッド・ファブリ/ヴィクトリアン・アンデッド シャーロック・ホームズvs.ゾンビ

“混乱が変革を余儀なくさせるのだよ、ワトスン。望もうと望むまいとね”“清国の呪いの言葉で言えば『奇なる人生を生きんことを』だ”“それが真実であるならば、我々はまさに呪われているのさ!”シャーロック・ホームズ対ゾンビ――想像を絶する世紀の対決が幕を開ける。誰が想像しただろうか。あのホームズとワトスン博士がロンドンを覆い尽くそうとするゾンビの大群と死闘を演じることを!シャーロッキアンもゾンビマニアも予想だにし...

  •  0
  •  0

スタン・リー&スティーブ・ディッコ他/ベスト・オブ・スパイダーマン

“寂しげな後ろ姿が闇のなかへと歩き去っていく。 少年はようやく理解したのだ。 大いなる力には大いなる責任が伴うということを”“こうして新たな伝説が生まれ、 空想世界の英雄リストのなかに、新ヒーローの名前が加わることになった!”今から50年前、短命に終わったコミック誌『アメイジング・ファンタジー』の最終号がマーベル・コミックスから発売され、そのなかで新しいタイプのヒーローが誕生した。その名はピーター・パ...

  •  0
  •  0

PROJECT X ZONE(プロジェクトクロスゾーン)

『プロジェクトクロスゾーン』クリアしました!西暦20XX年。世界は静かな混沌の渦中にあった。変わらない平穏な日常の裏に潜む陰。人知れず、闇にうごめく異形たち。現実世界と異世界をつなぐ、謎に満ちた次元の扉。しかし、過ぎゆく日々はそれすらも飲み込み、やがて人々は「それもまた日常の一部」として受け入れていった。日常を脅かす、真の怪異と戦う人々や組織の存在も知らずに。黄龍寺家。古来より歴史の裏舞台で暗躍してき...

  •  0
  •  0

『アイドルマスター アニメファンブック BACKSTAGE M@STER』回収騒ぎ

2012年10月27日に発売された『アイドルマスター アニメファンブック BACKSTAGE M@STER』、満を持しての刊行となったものの、あんまりすぎる誤表記が多すぎて、購入者の間ではちょっとした騒ぎになっていました。「これアイマスにあまり詳しくない人が文章を書いたんじゃないか?」と思ってしまうほどのミス。ただ、購入した特装版は200ページ以上となる分厚い本なので全体でみればミスの量は個人的にはギリ我慢できない...

  •  0
  •  0

アイマス公式コミカライズ感想まとめ(アケマス~SP時代)

ニコマスに嵌って以来、未だに冷めやらぬアイマス熱。今度は色々な書籍に手を出すようになってしまいました。アイマスはコミカライズ方面にも力を入れており、様々な作品が刊行されています。というわけでここで色々紹介。【アイドルマスターDSコミカライズ作品紹介】(※DSのコミカライズの感想はこっちの記事に独立させてます)『アイドルマスター』作者:稍 日向、シナリオ工房月光(柿原優子・赤松中学・重馬敬)出版社: 角川...

  •  3
  •  0

ロバート・カークマン&チャーリー・アドラード他/ウォーキング・デッド3

「とうさんなんかいなくても大丈夫」「最初はこわかったさ とうさんが病気になったときはね…でも今はちがう。 ぜんぜんこわくない。」「もう守ってもらう必要ない。ぼくは強い…成長したんだよ。 まだ大人じゃないけど十分大人に近い。」「とうさんなんかもう誰も守れない…守れなかったし…とうさんは…」※本レビューは過去に邦訳された『ウォーキング・デッド2巻』の結末に触れています。未見の方は閲覧注意!ゾンビに支配された...

  •  0
  •  0