ツルゴアXXX

ひっそりと運営しているチラシの裏ブログ。

バットマンアイアムスーサイド表紙

『未確認の航空機1048に告ぐ』
「ベイン。サイコ・パイレートの件で来た」
『貴機は主権国家サンタ・プリスカの領空を侵犯している』
「助けたい人がいる。そのためには奴が必要だ」
『ただちに着陸して空軍士官に投稿せよ。さもなければ…』
「引き渡しに応じれば、すぐに帰る。拒否するなら…」
『…貴機を撃墜する』
「…お前の背骨をへし折ってやる」


バットマン、決死の特攻任務に挑む

コウモリを倒した唯一の男にして監獄島の独裁者――彼こそはベイン。そしていま、彼はバットマンが求めるある人物を手中に収めている。その人物と接触するため、バットマンは自殺同然の特攻任務に身を投じる。天才的犯罪者の牙城に侵入するために、バットマンは犯罪者をかき集めた部隊を結成する。
アーカム・アサイラムの深奥から選ばれた連中は、危険でイカレた最悪のヴィランばかりだった。そしてそのなかには、キャットウーマンもいた。血塗られた爪を持ちながらも、バットマンを最もよく知る女性だ。
急ごしらえとはいえ、この“自殺部隊”スーサイド・スクワッドの危険性はオリジナルと遜色がない。不安定な精神、欲望、悪癖、そして裏切り……果たして彼らは、ベインの要塞から無事に生還できるのだろうか?


◆関連作品過去記事
【バットマン:アイ・アム・ゴッサム】

◆収録作品

2016年12月:Batman Vol.3 #9
2017年01月:Batman Vol.3 #10
2017年01月:Batman Vol.3 #11
2017年02月:Batman Vol.3 #12
2017年02月:Batman Vol.3 #13
2017年03月:Batman Vol.3 #14
2017年03月:Batman Vol.3 #15


◆Now let's break his damn back.
バットマンが自前の『スーサイド・スクワッド』を作り、彼らと協力して任務にあたる!
……という掴みだけですで面白いトム・キング版バットマンの第2巻。
それが本書、「アイ・アム三部作」の第二部にあたる『アイ・アム・スーサイド』だ!!

今回#7と#8が未収録となっているのは、この2話がバットマン誌とナイトウィング誌、そしてディテクティブコミックス誌の3誌で展開されたクロスオーバー『バットマン:ナイト・オブ・ザ・モンスターメン』という作品のタイイン回であり、そちらのTPBに収録されているからな模様。
前巻での「怪物どもがやってくる」というセリフはこのエピソードの前フリだったらしい。んでもって同じく前巻に登場し事件を引き起こしたヒューゴ・ストレンジ教授との対決もこの作品で描かれているようなんで、邦訳予定が現状無いのがちょっと残念。

モンスターメンストレンジ教授との対決


まあそれはそれとして『アイ・アム・スーサイド』の内容を紹介ね!

***

前巻でサイコ・パイレートによる精神攻撃を受けた結果悪夢に囚われ続けてしまい、非常に精神が危うい状態になりつつあるゴッサムガール。
彼女が囚われている悪夢から解放するためには、再度パイレートに精神操作を受けて恐怖を取り除いてもらう必要がある。
だがヒューゴ・ストレンジ教授と共に行動していたパイレートは取引によって現在はあの宿敵ベインの配下となり、彼が統治する侵入困難な独裁国『サンタ・プリスカ』に引きこもっているのである。

ベインの居城に潜入するという危険で困難な作戦を成功させるため、アーカム・アサイラムから数名の囚人と取引し、独自に“自殺部隊”スーサイド・スクワッドを作り出す。
数年前の悲劇“ジョークとリドルの戦争”の際に8件の殺人を犯し絶対的終身刑となっている、腕人形スカーフェイスに指示されて行動していると思い込んでいる腹話術師のヴィラン、ベントリロクイスト。
2件の殺人罪、仮釈放なしの28年。環境テロリスト集団「リーグ・オブ・アサシンズ」出身であり、一方でとある諜報機関にも所属している……という妄想に囚われているものの、格闘技の腕前は確かなヴィラン、ブロンズタイガー。
4件の殺人を犯し、絶対的終身刑である女ヴィラン、ジュエリー。加えてそのジュエリーの相棒であり恋人でもある変装と脱出の達人、パンチ。

そしてバットマンが最後に潜入メンバーとして選んだのは、237件もの大量殺人を犯し、既に薬殺刑が決定している最凶最悪の犯罪者……キャットウーマンことセリーナ・カイルであった……

バットマン版スーサイドスクワッド

***

……という流れで『アイ・アム・スーサイド』のストーリーは始まります。
ゴッサムガールを救うためにヴィランたちと手を組んでサイコ・パイレート奪取の任務に挑み、その過程であのベインとも対峙するという非常に盛り沢山な内容。ゴッサムヴィラン好きには堪らない。
そしてキャットウーマンがいつの間にかとんでもない凶悪犯になっていて驚く。

邦訳でバットマンを追いかけている身としては、これまでのキャットウーマンは半分義賊として活動してたり、『バットマン:エターナル』のストーリーの流れでギャングのボスであり実の父であるライオンことレックス・カラブレーゼの組織を継いでボスに君臨していたり、ハーレイ・クインとポイズン・アイビーとの3人でワイワイ旅行している姿ばかりを見ていたので今回いきなり大量殺人犯になっていて衝撃だったのだ。

まあもちろんキチンとキャットウーマンが凶悪な殺人犯としてアーカムに収監されていた理由もストーリー後半にはしっかり説明されます。
本書ラストに収録されているバットマンとキャットウーマンの逢引を描くこの前後編がまた良いエピソードなんだ……

◆PICK UP キャラクター パンチジュエリー
パンチとジュエリー
「愛してるぜジュエリースイーティー」「あたしだって愛してるもん、パンチキン」

ぶっちゃけ存在を知らなかったので今回初登場の新ヴィランかと思ってたんですが、実は歴史的初登場が1967年の『キャプテン・アトム』#85という相当な古株ヴィランなカップルです。
とはいえ現在の世界、『プライムアース』では本作が初登場。コミックデビュー時のコスチュームを良い感じにアレンジしてのお目見えとなっています。

で、このパンチとジュエリーというヴィラン。サンタ・プリスカ潜入という超危険で重要な任務中だというのに隙あらばイチャイチャしまくっていて、一緒に行動しているブロンズタイガーを苛つかせるバカップルっぷりを見せつけてくれます。
しかしパンチはこの独裁国サンタ・プリスカから唯一脱獄した経験を持つ相当な実力者。
ジュエリーも普段の言動はおバカ女そのもので相棒パンチを失うと昏迷状態になるほど精神が脆いものの、コンビを組んだ時の機敏さは計り知れない。
んでもって今回の任務では一瞬のミスが命取りな状況に居るっていうのにこの二人は余裕で延々とプライベートな会話をし続けている……ってのがもう最高に堪らないんですよ。

『ゴールデンカムイ』の坂本慶一郎&蝮のお銀、『未来日記』の戦場マルコ&美神愛といい、僕はこういうバカップルな敵キャラがかなり好きなのかもしれない。

◆感想
2巻もホンット面白かった!!!
こう、本来なら敵対するヴィランと目的のためにあえて手を組むという展開は王道だけど実際読むと相当アツイものがありますね……!
バットマン版スーサイド・スクワッドのメンバーチョイスがやけに渋く、その一方で誰が欠けても作戦は成功しないであろう絶妙なチョイスであることがだんだん分かっていくというのも良い。

あと、この『アイアム三部作』は読み進めていく内にタイトルの『アイ・アム・○○』の『○○』に込められた真の意味が判明する……って演出が最高に痺れる!
ただ日本語訳だとどこでタイトル回収しているのか若干分かりにくい気がするので、該当セリフに「アイ・アム・スーサイド」とルビを打った方が良かったんじゃないかとは思う(提案)。
※ネタバレ反転:P.87の「死を選んだ男」というセリフが原書では「I am suicide」となっている。

トム・キングのバットマンはこの2巻まで読んだ感じ、スナイダーバットマンに比べてミステリー要素は若干薄めだけど、色んなキャラを登場させて意外な人物に大きな見せ場を与えるという見事な話運びには感服させられます。
本当エンタメ部分は相当なクオリティだと思いますよ!

一緒にヤツの背骨をへし折るとしよう

17 2017

藤居朋 設定メモ

[フォーチュンチアー]藤居朋_[プロフィール]
身長:163cm
体重:45kg
血液型:O
年齢:19歳
誕生日:7月1日
利き手:右
スリーサイズ:78/57/83
星座:蟹座
出身地:滋賀
趣味:占い

・占いで「今日は人生の転機になる日」と出たその日にPにスカウトされた
(デレマス「[ひな祭り]藤居朋(特訓前) プロフィールコメント」、「2014年誕生日アイドル紹介」レベルMAXコメント、デレステ「藤居朋とのメモリアル1」、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

朋「占いでは今日は人生の転機になる日って出てたんだけど、まさかアイドルにスカウトされるなんてね…。でも昔から人前に出る仕事が向いてるって出てたし、これはチャレンジするべきなのかも!」

朋「そういえば最初に会った時も占いで、プロデューサーが私の人生の転機になるって出てたけど、ここまで変わるとか…すごいわよね」

朋「フフフーン♪パワースポットと名高いこの神社で、運気を回復よー!これであたしも幸せに……。」
P「ストップ」
朋「な、何?あれ、通れないの?」

パワースポット特集番組のロケ中だと伝えた……

朋「そんなぁ……。せっかく来たのに、この先には行けないの……って、あんたの手……!」

手を思いっきり掴まれた

朋「あたし、占いが趣味なんだけど、あんたの手相、素晴らしいわ!あたしにもこんな線があったら、パワースポット巡りをしなくても幸せになれるのになぁ……。ついてないのよね、あたし。よく落し物もするし、遅刻したりとか……。」
P「それは……。」
朋「えっ!な、何か助言があるの!?開運の秘訣とか、教えてっ!ぜひ!」
P「いいよ」
朋「はっ!そういえば、今日は人生の転機になる日って、雑誌に書いてあったんだ。あんたが関係してるのかも!それで、開運のコツって……?」
P「アイドルになろう」
朋「……は?」
P「幸せを掴もう」
朋「アイドルになって幸せを掴む……?」

少女はなかなか手を離そうとしない……

朋「…………。あ。あんたの手、掴んだままだったわね。ごめんごめん……。でも、アイドルに慣れば、あんたの手を掴んだみたいに、自分の手で幸せを掴むことができるのかな……。」
P「できるよ」
朋「そうね、あんたみたいな手相を持つ人とならできるのかも、昔から人前に出る仕事が向いてるって出てたし、これはチャレンジするべきなのかもしれないわね!これから、よろしくね!」

朋「人生の転機になるって出てた日に、アイドルのスカウト…これはもう、運命間違いナシ!」


・昔から運が悪い方だった
(デレマス「[ひな祭り]藤居朋(特訓前)」マイスタジオ、お仕事、「アイドルサバイバルひな祭り編」藤居朋、「[フォーチュン★スター]藤居朋(特訓前)」親愛度MAX演出、デレステ「藤居朋【R】」ルーム、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、ベースレッスン Lv11~20)

朋「昔から運が悪かったのよね」

朋「プロデューサー…きのう包丁で指切っちゃった…ついてないよね」

朋「あそこで転ぶなんて…はぁ…」

朋「プロデューサー…今日の占い最悪だから悪い事が起きるかも…」

朋「あたしと対決しましょう!あきらめてよね。占いじゃあたしが勝つことになってるんだから!」

※LIVE開始時
朋「今日の運勢は最高よ♪」

※勝利
朋「あたしの勝ちっ!いぇい!この占いはよく当たるわね」

※敗北
朋「えぇーっ!占いが外れるなんて!アタシって、やっぱり不運?!」

※勧誘成功
朋「あんた運いいね。ついていけばラッキーなことあるかも♪」

朋「あたし、アイドルになる前は、あんまりついてなかったんだよね。プロデューサーにプロデュースしてもらえたのが…最初の幸運かも?」

朋「昔から運が悪いんだよね。忘れ物とか多いし…」

朋「昔から運が悪いのよね。何もないところで転んだり、お財布落としたり、雨に降られたり…」

朋「事務所に来る時に鞄落としてひっくり返しちゃって…はぁー、今日の運勢悪いのかも…」

朋「転ばないよう気をつけるわ。それじゃなくても運が悪い方だし…うわっと! 危なかったぁ」


・現在は占いの結果を気にしすぎないようになっている
(デレマス「[ゴスペルドレス]藤居朋(特訓前)」親愛度MAXコメント、「[ゴスペルドレス]藤居朋+(特訓後)」アイドルコメント、「[ラッキーフォーチュン]藤居朋+(特訓後)」マイスタジオ、「[ラッキーフォーチュン]藤居朋+(特訓後)」お仕事、「[スピリチュアルガール]藤居朋+(特訓後)」親愛度MAX演出、お仕事(親愛度MAX)、「「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」」1・2日目 チャンスタイム突入、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30、ボード6解放セリフ)

朋「ちゃんとトップアイドルになれますようにってお願いもしたの! …ま、神さまに頼らないでもトップアイドルになれるよう努力はするわ!」

朋「アイドルのお仕事してるときって占いの結果とかどうでもよくなっちゃうのよね。運勢が良かろうと悪かろうと全力でお客さんに楽しんでもらおうというか…あ、プロデューサー、いま笑った?」

朋「悪い占い結果でも、それをバネにすればいいのよ、プロデューサー」

朋「悪い運気も、不幸も、プロデューサーとなら振り払っていけるわ!」

朋「そうね、あたしもいい加減、神様ばかりに頼ってるわけにはいかないし。これからは、困ったときのプロデューサー頼みよね!」

朋「運は自分で切り開くものって、プロデューサーが教えてくれたわ!」

朋「占いに頼ってばかりじゃなくて、自分の力で!でもプロデューサーにはもう少し頼っていいでしょ?あたしのラッキースポットだもの!」

朋「占いチェックはやめられないけど、お仕事前に惑わされないようにはなったかな…た、多分!」

朋「悪い占い結果が出たって、頑張れば運は自力で変えられる!そうよね、プロデューサー!」

朋「占いのせいにしちゃダメ。できないからこそ、努力しなくちゃ何も始まらないって学んだの」


・物心ついた頃から占いが好き
(デレステ「藤居朋の特訓エピソード」)

朋「物心ついた頃から占いが好きだったの。信じてみて、いいことがあると嬉しくて……。だから、もっといいことがほしくなって、たくさんのものを信じてみたんだけどね。信じた分だけ幸せになれたかっていうと、ちょっとわからないわ。でも、プロデューサーは違ったよ。LIVEでたくさんの人に応援されて、もっと頑張ろうって思えて……幸せになれたの。こんな幸せがずっと続けばいいのに……って、そう思ったんだ。アイドルを続けて、たくさんの幸せを感じたいのっ!ありがとう、プロデューサー!信じる以外にも、あたしにできることがあるはず。だから、頑張ってくるね!」


・おみくじでは吉しか引いたことがない
(デレマス「[フォーチュン★スター]藤居朋(特訓前)」アイドルコメント」、デレステ「[フォーチュン★スター]藤居朋」ホーム)

※そのため初めて「小吉」を引いた同カード内では非常にテンションが上がっていた。

朋「見て、プロデューサー!幸運の石を触ってから、おみくじ引いたら、すごくいい結果が出たの!ほら、小吉!…なによ?これまで吉しか引いたことないんだから進歩でしょ?すごいご利益ね!」

朋「小吉!すごーい!…え、だって、最近吉しか引けなかったし」


・「[フォーチュン★スター]藤居朋」で付けているリボンはお気に入りのもの
(デレステ「[フォーチュン★スター]藤居朋」ルームタップ時)

[フォーチュン★スター]藤居朋

朋「このリボンは、お気に入りで…。その、せっかくだから、気分上げたくて」


・スレンダー体型なのをやや気にしている?
(デレマス「[ビーチガール・S]藤居朋+(特訓後)」マイスタジオ、マイスタジオ(親愛度MAX)、「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」1・2日目雫プロデュース時セリフ、「朋をプロデュース」時セリフ)

朋「おいかわ牧場の牛乳で大きく...?それとも豆乳?...悩むわね」

朋「水着やプロポーションだけが魅力じゃないでしょ?例えば・・・笑顔も!」

雫「朋ちゃんも、牛乳いっぱい飲めば、成長しますよー」

朋「看板娘?看板って…こら!どこ見て言ってるのよっ!?」


[ビーチガール・S]藤居朋_

※しかし、グラビア撮影のお仕事自体は結構乗り気な模様。
「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」店内 ノーマルコミュより。


朋「このあと水着のグラビア撮影もあるのよね?まだまだお仕事モード全快で行かなきゃ!」
パーフェクト⇒朋「せっかくプロデューサーが水着のお仕事くれたんだから、この機会にグラビア路線も頑張りたいっ!」
グッド⇒朋「プロデューサーは水着持ってきた?えー、泳がないの?たまにははじけてもいいのにー…」
ノーマル⇒朋「水着姿になってまでみんなのフォローしなきゃいけないなんて…ないわよね?ないって言って!」

※「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」ビーチ プロデュースより。

朋「恥ずかしいって思ってたら、いい写真は撮れないと思うのよね」

※「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」ビーチ プロデュースより。

朋「だんだんノってきたわ!フフ、今があたしのシャッターチャンスよー!」

※「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」ビーチ スペシャルコミュより。

朋「水着のグラビアっていえばセクシーなものが多いのかな。健康的なスレンダーボディもいいはず…」
パーフェクト⇒朋「プロデューサーにはあたしのアピールポイントを分かってほしいわ!ほら、この機会によく見ておいて!」
グッド⇒朋「それに見てよこの肌!キレイってほめられたわ。ま、雪菜ちゃんのコスメのおかげだけど」
ノーマル朋「愛梨ちゃんにコツを教わったし、あたしらしくキメてくわ!ほら、あたしだけの笑顔でしょ♪」

※「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」静かな岩場 プロデュースより。

朋「スレンダー美人…なんちゃって♪あたしらしくやるわ!」


・料理は苦手だが、海の家で料理をする仕事は頑張ってこなしていた
(デレマス「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」1・2日目 プロデュース、スペシャルコミュ、店内 プロデュース、ノーマルコミュ)

朋「料理は苦手だけど、イカ焼きや焼きとうもろこしくらいは…!」

朋「占いによると、今週のラッキースポットは「南」で「水」のある場所だって。この仕事…運命じゃない?」
パーフェクト⇒「この際、苦手な料理も克服しちゃうわよ! 占いはおいといて、チャンスはチャンスだもの!」
グッド⇒「料理する仕事って聞いたから、ちょっと心配だったけど…この運気、逃す手はないね!」
ノーマル⇒「ちなみにプロデューサーは「食あたりに注意」だって。…あたしの料理のせいだったら、ゴメンね!」

朋「プロデューサー!あたしの得意料理みつけたわ!かき氷よ!」

※「[ビーチガール・S]藤居朋(特訓前)」では特製かき氷を「手作り料理」と言ってPに振る舞っていた。親愛度MAX演出より。

朋「んもう~っ、こんな時くらい涼みなさいって!あたし特製かき氷、ご馳走してアゲル。これでプロデューサーとあたしの運気アップよ!」

※お仕事(親愛度MAX)より。
朋「あたしの手作り料理、そうそう食べれないわよ、プロデューサー」

朋「海の家のお仕事ってさ、やっぱり多少は料理ができないとダメよね?うぅ、料理かぁ…」
パーフェクト⇒朋「そうだ、プロデューサー、味見係してちょうだい!あたし、身体で覚えていくから!」
グッド⇒朋「焼きそば炒めるくらいなら、あたしにもできるかも!食材を切るのは…雫ちゃん、お願い!」
ノーマル⇒朋「休憩時間を使って、練習しておかないと…。お客さんに食べられるもの食べてもらいたいし」


・裁縫も少々苦手
(デレマス「[スピリチュアルガール]藤居朋(特訓前)」アイドルコメント、マイスタジオ、お仕事、お仕事(親愛度UP)、「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

スピリチュアルガールふじとも

朋「幸運のマスコット、まもなく完成よ!後は綿ね。中身をうまく詰められれば…。えいっ、えいっ!あれ?入らない…。ひょっとして具が多すぎた?これさえできれば、あたしの開運は確実なのに~」

朋「綿が…出てる。はみ出ているわ」

朋「あたしには小道具係は無理みたい」

朋「そうそう、プロデューサー。ちょっと待って、広げてて。えいえいっ」

※ちなみにこのマスコットはPのために作っていたらしい。
デレマス「[スピリチュアルガール]藤居朋(特訓前)」お仕事(親愛度MAX)より。


朋「プロデューサーがいい仕事持ってこられるように、これ、あげるわ」


劇場342話
裁縫は海に教えてもらった事が劇場342話で明かされている

Screenshot_2016-05-22-11-59-45.png
……が、結局現在では裁縫が必要になると海に助けてもらっている模様

朋「手先は…不器用な方なのよね。なにか悪いモノがついてるのかしら…今度見てもらおっと」


・ユニット「ハートウォーマー」の中では一番年上だが基本的には妹的なポジションらしい
(デレマス「第8回アイドルLIVEロワイヤル 7日目ライバルユニット」ハートウォーマー、「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」店内 ノーマルコミュ、、アイドルトーク、シンデレラガールズ劇場第351話、第403話、第978話)

[ピックアップフォーチュン]藤居朋特訓前特訓後

※出現時
朋「ステージの上なら、あたしがふたりを幸運へ導いてあげないとね!」
海「それじゃ今日は朋にお姉ちゃんらしいところ見せてもらうよ」

※LIVE開始時
雪菜「お任せしますねぇ~♪」
朋「占いは良かったし大丈夫!」

※勝利
朋「今日の私は運勢ばっちり! モチロンふたりの歌があってこそだよ♪」
海「ちゃんとリードしてたし、今日は朋のお手柄で間違いないよ♪」

※引き分け
海「朋が一生懸命に引っ張ってくれるって、なんか新鮮だよね、雪菜」
雪菜「海ちゃんと私は年下だから当たり前。…でも気持ちは分かるぅ」

※敗北
雪菜「待って、朋ちゃん。髪飾りがズレてるみたい、直してあげるぅ」
朋「衣装が乱れてるほど動いてたっけ…気付かなかった。ありがと!」

朋「今日はみんながあたしを頼ってくるのよね。……あ、なになに~、意外って思ってる?」
パーフェクト⇒朋「プロデューサーもあたしを頼ってもいいんだよ?しっかり者な一面、いっぱい見せてあげるわ!」
グッド⇒朋「ま、プロデューサーがいるから安心してるのかも。ドジしても、フォローしてくれるものね!」
ノーマル⇒朋「海ちゃんと雪菜ちゃんは、あたしを甘やかしてくれるから…。ついつい、頼っちゃうのよね。へへ」

朋「海ちゃん、今日のおやつはなーにー?あたしお腹空いたなー」
海「なんでウチに言う?もう、本当に朋は世話が焼けるなー。クッキーだよ。」


シンデレラガールズ劇場第351・403・978話

・時には年長者としてまとめ役を買って出たり、お姉さんとして振る舞うこともある
(デレマス「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」1・2日目 ノーマルコミュ、店内 プロデュース、シンデレラガールズ劇場第116話、第859話)

朋「みんな、どこかちょっと抜けてるのよね。ここはあたしがしっかりしないと…!」
パーフェクト⇒朋「けど、もしあたしが困ったら助けてね!プロデューサーの役目だから♪」
グッド⇒朋「お姉さんのあたしが、ちゃんとまとめてみせるわ! 占いでも、引っ張る役目って出てたし!」
ノーマル⇒朋「なに、あたしにまとめ役が務まるのか不安? いつもの姿はそれはそれ! 今回は違うの!」

朋「くるみちゃん、プルプルして…転びそ…って、あぁ…遅かったか」

朋「みんな足元が危なっかしい…。やっぱり運ぶのはあたしの役目?」


シンデレラガールズ劇場第116話

シンデレラガールズ劇場第859話

・早寝早起きをするようにしている
(デレマス「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」店内 プロデュース、デレステ「藤居朋【R】」ルームタップ時)

朋「早起きは得意よ。朝イチの占いコーナー、チェックしてるからね!」

朋「早寝早起きが美肌の秘訣…これは雑誌の受け売りね」


・琵琶湖には思い入れがある
(デレマス「「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」ビーチ ノーマルコミュ」)

朋「水面を見てると地元を思い出すわ。ほら、あたしって琵琶湖を見て育ったから」
パーフェクト⇒朋「そうだプロデューサー、日頃のお礼に今度案内してあげるわ!オススメのスポット、めぐりましょ♪」
グッド⇒朋「琵琶湖って、夏は海水浴もできるし、本物の海みたいなの!京都の人には悪いけど♪」
ノーマル⇒朋「でも、湖と海じゃ大違いね。やっぱりどこか遠くに繋がってる海ってすてきじゃない?」


・専門学校生だったが中退してアイドルになった
(デレステ「藤居朋【R】」ホーム、デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

朋「専門学校はやめてアイドルに…決断のときって書いてあったし…」

朋「専門学校に通ってたけど…スカウトされた日に辞めちゃった。運を信じて、今はアイドル一本よ!」


・占いが悪い結果のときは雑誌を10冊読んで一番いいものを信じるようにしている
(デレステ「藤居朋【R】」ルーム)

朋「悪い結果のときは、雑誌を10冊読んで一番いいものを信じるの」


・普段はポニーテールにすることが多い
(デレステ「藤居朋【R】」ルーム画面タップ時)

朋「普段はポニーテールにすることが多いわね。これは単なる習慣よ」


・化石がラッキーアイテムだったときはわざわざ採掘しに行った?
(デレステ「藤居朋【R+】」ホーム)

朋「化石がラッキーアイテムだったことがあって…あのときは大変だったわ」


朋の地元である滋賀には化石の発掘体験ができるスポットがあるのでそこに参加したりしたのだろうか。
博物館のお土産屋で買ったとかかもしれないけれど。

・占いの館に行くのは少々抵抗がある模様
(デレステ「藤居朋【R+】」ルーム)

朋「占いの館とかはちょっと…機会があれば行ってみたい気もするけど…」

※同じく同カードルーム画面タップ時セリフより。
朋「大丈夫よ。怪しいものには近づかないようにしてるから」

色々な占いに触れているが、怪しげな商法には引っかからないよう注意している模様。
占いの館に近づかないのも詐欺まがいの店がちらほらあったりするからなのだろうか。


・髪型を変えるのには勇気がいるらしい
(デレステ「[フォーチュン★スター]藤居朋+」ルームタップ時)

朋「たまには違う髪型に…?挑戦には勇気が必要なのよ」


ポニーテール以外の髪型にしていることも多いイメージだけにちょっと意外なセリフ。

・薄気味悪い場所が苦手
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

朋「薄気味悪いところって、運気が下がるって言うし…怖いし。そういうところは、遠慮するわ」


・主にチェックしている占いは星占い、手相、タロット
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10)

朋「星占いに手相、それからタロット!占いって、気になっちゃうわよね!…え、気にならないの?」

朋「タロットで占ってあげよっか?ちょこっと勉強したこともあるから、簡単なやつならできるの」


・朝のニュースの占いを見逃すと一日落ち着かなくなってしまう
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv11~20、21~30)

朋「朝のニュースの占いを見逃すと、もう一日中ソワソワしちゃって…最下位だったらどうしよーっ」


・おそらく綺麗好き?
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

朋「プロデューサーの机、ごちゃごちゃしてる…掃除しないと運気が逃げるわよ。…やったげよっか?」


・オフの日にはパワースポット巡りをしている
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv21~30)

朋「オフの日は、パワースポット巡りをしてるわ。運気あげないとね!次はどこに行こっかな~」


・パワーストーンに詳しい
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちプロフ)

朋「パワーストーンにはちょっと詳しいの。ストーンの力、あなどれないんだからっ!そんな気がするの!」


・お芝居で役を演じる時はその役の占いもチェックしている
(デレマス「ぷちデレラ」ボード2解放セリフ)

朋「お芝居の役とは言っても、その役の占いもチェック!なりきるために必要なの、あたしにはね!」


・オシャレは占い雑誌を読んでいるついでに身に付いた
(デレマス「ぷちデレラ」Viレッスンエピソード1)

朋「オシャレって、いつの間にか身についちゃってたのよ。ほら、あたしって占いが好きじゃない?だから、そのおかげっていうか。占いって、ファッション誌にも載ってるから毎月あれこれ買ってるのよ。そしたら、占いコーナー以外のところも見るようになってさ。それに、ラッキーアイテムとかラッキーカラーとか気にしてたら、自然と身についちゃった!さすがにチグハグの服は着たくないもの。」


・ダンスにやや苦手意識がある
(デレマス「ぷちデレラ」ぷちTOP Lv1~10、テクニカルレッスンDa Lv1~10、11~20、21~30)

朋「ダンスって難しいわ。踊ったことないから当然っちゃ、当然よね。まっ、これからこれからっ!」

朋「ダンスレッスンが上手にできるおまじないもしてきたし、お守りも持ったし…よし、準備バッチリよ!」

朋「簡単そうに見えるのに、いざやってみるとステップひとつこなせないなんて…最悪の日かも…」

朋「ダンスに、歌も合わせるの!?えっと、まずは…歌詞無しの、ららら~♪からでいい?ダメ…?」

朋「あいたっ!!…はぁー、また転んじゃった。運が悪い…ううん、今のは単なるあたしのミスね…」


・お腹をつつかれるのに弱い
(デレステ「[フォーチュン★スター]藤居朋+」ルームタップ時)

[フォーチュン★スター]藤居朋+

朋「あたしのオーラに誘われるのは分かるけどお腹は弱いの!わわっ…」

朋「悪い結果も受け止めるわ…。つつかれるのも…受け止め…」


・たまにパワースポットで変なポーズをしているらしい
(デレステ「藤居朋のウワサ①」)

・占いのラッキーカラーのアイテムを揃えていったら、部屋の中が七色になったらしい
(デレステ「藤居朋のウワサ②」)